目覚めよ!

文明批判と美の探求と

役立たぬことの意義ースポーツ、藝術、宗教の意義ー

松山英樹が日本人初制覇を果たした「マスターズ」ってどんな大会? 私の場合はゴルフ歴が長かったー三十五年程ー訳ですが最近はゴルフに対する具象的限定ー足腰の調子がいま一つーを受け其れを続けられなくなって来て仕舞った。 尤も其れ以前にスポーツ其れ…

進歩と云う名の下に行われし文明の仕業

ANA過去最大の赤字でも「宇宙事業」設置 「いずれ救世主に化ける」3人の熱き思い かうして長引くコロナ禍不況にて資本主義経済体制としての文明の価値が大きく揺さぶられて居ることもまた確かなことである。 コロナ禍其のものを具象的限定と捉える我はまさに…

社會による悪の合法化

社會がなかなか変われぬのは其れが其処に価値ヒエラルキーとして絶対的に構築して仕舞って居るからだ。 其れも観念的、抽象的に規定する価値を価値ヒエラルキーとして絶対的に構築して仕舞って居るからだ。 其の絶対的な価値の場はたとへば封建制の如き社會…

とても楽しみな名古屋大學での結晶展

室井佑月「間違いの根本」 此処で室井 佑月氏が仰って居ることはまさに正論でもって正しひ訳ですが人間参拾年、四十年も生きれば此の世が正邪、また善悪の基準にて動ひて居なひことをむしろイヤと云ふ程に思ひ知らされる訳だ。 で、其処でもってじぶんやが大…

「レンズで見つめた生と死の時」

かくして限りなく負債を積み重ねて行く世ながら時は相変はらず経過し其処に美と美では無ひものとの鮮やかな対比を生み出して行く。 我は其の対比にこそ寄り沿ひ其の美の醸し出すなまめかしひ光景にみとれつつ日々を送って居る。 そんな今庭には紅梅が咲き大…

『コヘレトの言葉』より學ぶー弐ー

ー9かってあったことは、またあろう。 かってなされたことは、またなされよう。 日の下におよそ新しいことはない。 10「見よ、これを、これこそ新しい」と いうことがあろうか。それはわれらの前の 代々にすでにあったことだ。 11前のことは記憶されず、後の…

『コヘレトの言葉』より學ぶー壱ー

現代人の心が今総じておかしくなりつつあるのは悲しみや苦痛と云った負の要素をむしろ社會の側が遠ざけやうとして居るからであらう。 生⇔死 樂⇔苦 靑年⇔老年 金持ち⇔貧乏 現世肯定ー現世利益主義ー⇔現世否定ー救済思想ー 現代人の生の目的が此れ等の二元論に…

罪を憎んで美としての此の世を憎まず

本質的に文明ー社會ーは抽象的利益の為の奴隷であり最終的に其れは自己矛盾をなし崩壊して行くものだ。 其れをなるべく被害が少なくする即ちソフトランディングして行く為には地産地消での限定的経済活動をして行く他は無ひことだらう。 其のやうにまさにみ…

藝術としての天恵を授かりし本日

藝術としての天恵を授かりし本日 先の水曜日に東山へまた石英の採集に出かけた。 其の折にたまたま岳見の豪邸街を抜け八事表山の近辺へと至ったのだった。プールと能舞台 岳見町は豪邸が連なることで有名であるが其れもわたくし達にとっては幼き頃より八事の…

「人類生存の持続可能性」より

ー開発に当たる技術者は、技術が不可避的に有するトレードオフ関係から目を逸らしてはならない。と同時に、気候変動問題のように科学的知見が決定的でない際には、予防原則(precautionary に基づいて「早期の対策」 (early を取ることを怠ってはならない。最…

「持続可能な開発」とは、其のみんなの頭の中の洗脳を解くことのことだ

サステイナビリティに関して論ずるにあたり、まずは其処でもってわたくしが取る立場が特殊なものであることをまずはお伝へしてして置く必要があらう。 先に述べたやうにわたくしは其の社會的危機に関してもう長く學び且つ其れに関して思考を進めて来た者であ…

矛盾した科学にて文明を収束させて行かねばならぬと云ふことのディレンマ

ある問題に対して2つの選択肢が存在し、そのどちらを選んでも何らかの不利益があり、態度を決めかねる状態。葛藤。 哲学や議論、修辞学の分野において前提を受け入れると2つの選択肢の導く結論がともに受け入れがたいものになることを示す論法。日本語では両…

藝術家とされる分からず屋の世の中に對する不屈の闘ひ

美しひものが好きな我は美しひものと心中するなら其れも本望だと日頃からさう思はぬでも無ひのだけれど、だが美しひものには大抵の場合毒が潜み其れも良く良く観察してみるに美しひものが其の侭に美しひのは其れは自然界に於ける美だけなのであり、対して所…

梅原 猛先生の文明に対する悲しみ ー思うままに 人類が存続する道はーより

最終的にわたくしが此処にてやりたかったのは文明に対する全的で且つ根本的な批判である。 何故文明を批判するのかと言へば、結局大元での社会システムの方が悪ければ其の体制の枠内の中で何を言ってもまた何をやっても徒労に終はって仕舞ふからなのだ。 ま…

生命の秘密としての対義性ー生命の本質に居座る弐元的構造ー

ー遺伝子は親から子に受け継がれ、生物の形質(性質)を決定するものだが、遺伝子はDNA上にある。 イメージとしては、DNA上にちらほらと点在している。 遺伝子の正体(本体)がDNAと言われるのもこれが理由である。 全ての生物はこの遺伝子を元に、タンパク質を…

文明の「破滅」を描く『2030 未来への分岐点』より

2030 未来への分岐点 (1)「暴走する温暖化 “脱炭素”への挑戦」 2030 未来への分岐点 (2)「飽食の悪夢〜水・食料クライシス〜」 まずは此れ等の番組こそが事の眞相、人類の未来に於ける眞實の姿を描くものであることをこそ述べておきたひ。 此の番組から現在…

創発ー複雑系ーとしての秩序による文明のリスク・コントロールー世界は元々複雑なものであるー

NHK大河「麒麟がくる」架空キャラ批判を一蹴した「本能寺の変」の新解釈 元より過去を取り扱ふ歴史物語とはフィクションの世界のものであることを免れ得ず、よって基本的に其れは想像上の物語なのですが此の「麒麟がくる」はまさに良く出来た大河ドラマだ…

かうして常にわたくしを悩まさせる自民党とわたくしを癒す石の趣味と

ー麻生太郎財務相も、「(給付金で)当然、貯金は減ると思ったらとんでもない。その分だけ貯金は増えた」「お金に困っている方の数は少ない」などと述べて否定を重ねている。ー ーその株高を買い支えるのが日銀と国民の年金資金を預かるGPIF(年金積立金管理…

コロナ下での尾張の御寺巡りー笠寺観音の節分会に出向くー

此の処兎に角寒く寒ひのが苦手なわたくしはつひに風邪を引ひて仕舞ったやうだった。 さう熱は出ぬのでコロナでは無く風邪である。 昔から馬鹿は風邪を引かぬと云ふがわたくしに限り昔から大変風邪を引き易ひ体質なので自分で言ふのも何だが屹度馬鹿では無ひ…

宗教より紐解く文明の持続不可能性ー人間の内部でのみ完結して仕舞ふ進歩と云ふ危険な物語ー

其れでは何故文明世界には持続可能性が無ひのかと云ふことにつき今此処で考へてみませう。 わたくしは其れを社会的に齎される欲望の肥大化ー抽象化ーによるものだとさう結論付けて来て居る。 さう其れは個としての問題では無くあくまで社會の営為としての問…

田根 剛氏による目覚めた人間の為の建築ーサステイナブルな文明のあり方を模索する試みⅡー

田根 剛×齊藤太一 大地とつながるキッチン。 お手本は縄文の台所です。 其の番組中で最も驚ひたのがこちらの邸宅でした。 見た感じでは非常に洗練された空間でまさにお洒落なのですが、實は脱近代的な要素も其処には多分に盛り込まれて居る。 即ち土壁だのガ…

田根 剛氏による目覚めた人間の為の建築ーサステイナブルな文明のあり方を模索する試みⅠー

本日朝教育TVを視ていたら、たまたま凄ひ番組が流されて居り其れに釘付けとなりました。 一言で評せばまさに其れは眞の意味での文明の進歩のあり方を示すことだらう建築のことでした。 で、其れが或る建築家により東京にて行はれて居るものであることが分か…

現世の極樂へは此の石でもって行かうー宮崎 美子氏の石趣味のことー

さうして人間存在の自己矛盾の様は今に始まったことでは無くむしろ太古の昔よりさう其れが規定されて来たものであった。 故に人間の持つ悩みとは普遍的なものでありつまりは時間を超越し存するものなのだ。 其の普遍的に突き付けられる悩みとまさに対峙せね…

権威主義の果ての文明の行方ーわたくしのポスト・コロナ論ー

おそらく此の世界は有機的な価値を有して居る。 其れを合理化にて抽象的無機的に変換するからこそかうした無理な力が自然にかかり揚句には具象的に限定されざるを得ぬ。 要するに其の具象的に齎される価値崩壊とはむしろ抽象的な価値を無制限に追ひ求めるこ…

価値観の分人化ー平野 啓一郎氏の思想 Ⅰー

日本医師会中川会長の会見に「上から目線」と医師、教授が憤慨 何せわたくしは藤井教授のファンでもありますので此の御意見には是非同調させて頂きたひ。 兎に角まずは医師会がちゃんとやって下され。 何故なら其の為の医師会なんでしょ? 医師会が特権意識…

ほんたうの意味での人類の進歩

此の世に於ける根本の成り立ちは二元対立=二項対立にこそあり其処をどう捉へて行くか、どう解決を図って行くかと云ふことこそが知性に与えられし究極の課題であり価値構築の契機たり得ることだとさうわたくしは此れ迄に述べた訳でしたが其処がお分かり頂け…

パンデミックの哲學的な解釈ー+徳川 忠兵衛の天丼のことー

結局此の社會には元々まともなことなど望み得ぬと云ふのがわたくしの知的探求としての結論でした。 即ち其れが悲観としての實相です。 事實此の世ではとんでもなひことが屡起こり得る訳だ。 たとへば家族が突然交通事故にて死んだり家が火事となり自分も含め…

東山にて幸先よく「東山の泪」を拾ふー本年度の鉱物採集Ⅰー

今の此の文明崩壊の様は、何も今に始まったことでは無くずっと以前から危惧されて居たことでした。 特別な感度を持つ人々にはおそらくはさう予見されて居ただらう筈のことです。 幸か不幸かわたくしも其の一人としてずっと文明の抱へる問題とかうして向き合…

此の矛盾だけが實在するのか?

大阪のコロナ累計死者数が東京上回り全国最多714人 高齢者中心に感染が拡大 かうして何処が危なひのやらもはや分からぬやうになって仕舞った。 菅内閣支持率は崩壊寸前 近視眼的政策からコロナ対策に「全集中」できるか? 何で政治家がちゃんと政治をやれな…

安倍氏の恩師の発言がまさに正鵠を射ていた

ー1つ目は立憲主義を否定して法的安定性を崩壊させたことです。2015年に閣議決定だけで解釈改憲を行い、集団的自衛権を合憲化してしまいました。これは歴代政権で誰もやったことのない暴挙です。憲法解釈を内閣だけでやれるとなれば、何でもできてしまう。内…