目覚めよ!

文明批判と心の探求と

素晴らしき作家物の銘木万年筆の世界ー今年ヤフオクにて落札した銘木万年筆の数数ー

素晴らしき作家物の銘木万年筆の世界ー今年ヤフオクにて落札した銘木万年筆の数数ー

 

 

 

 

紅酸枝を用いた六角軸のもの

 

ヤフオク! - 職人による手塗り【WANCHER】Dream Penドリーム... (yahoo.co.jp)

こちらが是非欲しかったが1.5万を超えたので諦めた。

其の黄色、ゴールド系の漆塗りの軸はなかなか得難いものである。

 

我はナゴヤ人なので自然とゴールド系の色もまた好きなのだ。

 

 

ヤフオク! - 限定品【Wancher】セレクト 天然木軸 万年筆 台... (yahoo.co.jp)

だがこちらは落札して仕舞った。

 

さうして此れに飛び付いた理由は、

 

1.此処のところ万年筆は其のPEN作家物の安い物に限り集めて来て居たこと。ー勿論壱万円以下のー

2.其の紅酸枝の材とは紅木の其れも上質の材である可能性が高くあること。

3.兎に角角軸に今凝って居ること。

 

である。

 

 

此の洪 明華氏の作品は初めて求めた。

だがまだPENは届いて居ない。

 

でも見なくても分かる、此れは是非得て置かねばならぬ軸である。

さう、此の軸こそが是非欲しいのだ。

 

其の洪 明華氏の作品は首軸が細くペン先も小振りのもので私が好む大きなペン先はおそらく付けられぬことだらう。

だが實はボールペン化する手もまたある訳なのである。

 

其のやうに筆記具で得難いのはむしろ其の軸の良い物である。

紅木は銘木の中でも最も価値の高い材の壱つである。

木材について - 十三堂楽器 (13do.com)

 

 

六角軸型 紅酸枝 Fountain Pen | ワンチャーペン Wancher (wancherpen.com)

 

おそらく同じ物であらうがかうしてオークション以外ではまるで手が出なくなる。

資本主義では同じ物でも買い方により値段に大きく開きがありたまに物凄く安く入手出来たりもまたするものだ。

 

其処が資本主義の信用ならぬところですが同時に面白い部分なのでもまたある。

 

 

【楽天市場】【VO54】希少 新作 六角軸型「洪明華」作 ハンドメイド 天然木軸万年筆 紅花梨(ベニカリン/アフリカンパドウク)M(中字) 限定品【即納/送料無料】:筆記具専門店ペンライフ (rakuten.co.jp)

ヤフオク! - 【Wancher】天然木万年筆 台湾彫刻家「洪明華」... (yahoo.co.jp)

 

似たやうな作品が此れまでもかうして売られて来ているがイチイチ見ては居ない。

どだい昨年迄は此れ等に強く興味があった訳ではなかった。

 

ヤフオク! - 【Wancher】プロデュース 希少 六角ツイスト軸 ... (yahoo.co.jp)

 

個人的に此れ等は良さそうだ。

 

Wancher プロデュース 天然木 万年筆 台湾彫刻家 洪明華 新作 限定 丸型 ペン先 ドイツ製 F 細字 黒檀 コクタン 両用式 /K784(万年筆一般)|売買されたオークション情報、yahooの商品情報をアーカイブ公開 - オークファン(aucfan.com) (aucview.com)

 

其の黑檀の軸も今は昔ー拾年程前ー程には良い材が採れなくなって来て居るものらしい。

かうして木材資源、特に銘木としての資源は年年良い材が得難くなって来て居る。

 

 

つまりは自然由来の物の価値が實質上上がって来て居る。

其れはまた石なども同じことなのやもしれぬ。

 

ヤフオク! - 南アフリカ 宝石質 角礫岩 ブルーダイヤモンド ... (yahoo.co.jp)

 

其のブルーのダイヤの標本が是非壱つは欲しいが…。

 

かうして資本主義社會では欲望は無限に消費されるのだとさう見て置いて良いことだらう。

また其の無限の消費が地球を破壊するのであらう。

 

だからわたくしは自らの欲望を壱万円以下に限定した。

 

 

また👩遊びも酒も捨てた。

 

元舞妓の「5000万円で人身売買」衝撃告発の余波!是枝裕和監督が手がけるネトフリ“舞妓ドラマ”にとばっちり (msn.com)

《元舞妓告発の波紋》「ほんまやからばらされても仕方ない」別の元舞妓も明かした花街に横行する“秘密の遊び”「お客さんの“モノ”を舐めたら何十万円、それ以上のことは…」 (msn.com)

 

しっかしひっでえ話やな。

まあまるで興味の無い話だが。

 

ギャンブルもまたダメですよ。ー其れも此処ナゴヤはパチンコの本場ですが…ー

其れ等酒と薬と👩とギャンブルこそが悪の世界のもの其のものですので。

 

 

限定 天然木 万年筆 ベトナム人作家 Mac Minh Tu/マックミントゥ バンブー型 木材 ローズウッド F 細字 木製ペンスタンド付 /VTM36(万年筆一般)|売買されたオークション情報、yahooの商品情報をアーカイブ公開 - オークファン(aucfan.com)

 

個性的な形の作品だ。

 

 

ヤフオク! - 限定 天然木 万年筆 ベトナム人作家「Mac Minh ... (yahoo.co.jp)

 

コレも落して居まして今使用中です。

問題はキャップが嵌らぬタイプなので嵌めるキャップを探し出すのに苦労して居る点だ。

 

ローズウッド軸ーキャップは嵌らずー

 

 

現在はボロボロのSSSー我が國の戦前の壱流万年筆メーカーーのキャップを付けて居ります。

 

材と作りはとても良いですがかうして安かったものです。

木製軸や竹軸の万年筆は暑い夏場には概して使用感の方が爽やかなものとなるつまるところは快適に使える。

 

また値段的には稀な材などで高くなる場合もあるが大體はむしろ樹脂軸の物より安いものです。

但し安いと言っても日本製の限定万年筆でもって屋久杉だのまた島桑などを使ったものは逆に可成に高価なものとなる。

 

其のメーカーが製作する木製軸の万年筆は其のやうに概して高くなる。-安くても弐、参万はする-

 

 

ですが作家物でしたらかうしてヤフオクや他のところで安く落札出来る。

尚作家物はあくまで作品ですので其の作りは極めて良いです。

 

ある意味では工芸作品の域にまで達して居ることでせう。

逆に申せば日本製の合成樹脂軸の万年筆は予算壱万円ですとロクな物が無い筈だが其の作家物ですと壱生物が實は壱万円内外で売れられて居たりもまたするのです。

 

尚日本の作家物の万年筆は其の値段に比して材の方が余り良くありません。

 

よって中國や東南亜細亜の山や森などから伐り出された材でもって作られる上記でのやうな作家物こそが安くてしかも材が良い万年筆となる訳です。

 

 

さてペン先は最近のスチールニブもまた凄く出来が良くなっては居ますが上での万年筆の場合は伊ヴィスコンティの18K金ペン先へと交換して居ります。

 

要するに改造の素材としても作家物は非常に適して居りまた基本的に作りが良い訳ですのでむしろ其の辺の文具店や百貨店で壱万円の万年筆を買うことの弐、参倍は樂しめます。

 

兎に角其のマック・ミントゥ氏の万年筆作品にはしかと嵌り込み今年になり四本程をすでに求めました。

 

 

ブラックローズウッド軸ーキャップは嵌らずー

ローズウッド軸ーキャップが嵌るー

 

 

其の木の軸のPENには特有の香りがあり特にローズウッド系や香木系ー緑檀(パロサント)や白檀ーの軸のPENは良い香りがまた致します。

但し木の軸のPENは軸が折れる場合もまたあります。

 

我は此れ迄に四本程銘木ボールペンの方の軸を折り何度も接着したりもまたして居ます。

ローズウッド系や紅木などは壱応強さうですが黑檀其れも靑黑檀の軸は兎に角割れが出易いものです。

 

また木材では壱番高価で人気の高いスネークウッドなども美しくはあるが其の割れの方が出易い材です。

其の木材よりももっと涼し気な材が竹軸であり其れもまた中國やら東南亜細亜だので作られて居りさうしたものがアマゾンなどでまた幾らでも売られて居ます。

 

 

他方で日本の竹は余り筆記具には向かぬのか意外と其れが少ないやうですがたまに布袋竹や黒竹などを軸材とした万年筆などが出て居り概して其れは高価な物となる。

 

尚我は自分の家の庭の金明竹でもって拾年程前に本格的なボールペンを作り其れを今でも大事に保存してあります。ー其の金明竹は其の後庭師により伐られ絶滅したー

 

そんな訳で文房具趣味もまたかうしてイザ昂じますと其の銘木軸趣味の方へと走り兎に角木材や竹のことに自然と詳しくなって来る訳だ。

 

 

でもって其のマック・ミントゥ氏のローズウッドの万年筆は尻軸を上手く削ればキャップを付けられるやうにもなります。

 

但し玄人並の技術が要求されることなのでなかなか大変なことだらうがまあ其のうちに鑢でもって少しずつ削ればやれないことでも無いのやもしれません。

 

其のやうに木材を軸に用いた作家物の万年筆はまさに素晴らしいモノです。

木材はまた経年変化も樂しめ且つ杢目の面白さを味わうことも出来る。

 

要するに自然が形成する価値こそが文明の産物である合成樹脂の類などよりはずっと感覚的に贅沢なものとして感ぜられる訳だ。

だから数式などよりも明らかに具象的に其処に有る自然の価値の方が上なのです。

 

其れが分からなくなったからこそ現代人の認識は盲目でありつまりは洗脳の域に落とし込まれて居る。

また最終的にかうして文明を批判して仕舞いましたが兎に角此れ等が良いことはかうして画像で見るだけで壱目瞭然に誰にも分かることでせう。

地球温暖化は何をどう破壊するのか?ー地球温暖化はあくまで此の文明社會が仕出かした大罪であるー

地球温暖化は何をどう破壊するのか?ー地球温暖化はあくまで此の文明社會が仕出かした大罪であるー

 

 

 

 

さて本日は絶好の採集日和にてもしも本日我が山へ行けば間違いなく独りであり従って随分と気樂に山歩きが出来ることだらうがあいにく事件が勃発したのでそんな気がまるで失せて仕舞った。

其の事件とは仔猫の親の其のネコがトカゲを捕えて来て其れを玄関にてムシャムシャと食って居たのである。

ー以前はタマと名付けて居たが今では其の名がズバリ「ネコ」となって居るー

 

其のトカゲは庭に良く出るレインボーの光を放つ奴であるが兎に角其れをバリバリと音をさせつつ頭も足もまたはらわたも背骨も関係無く食うのである。

トカゲが自ら切った尻尾が落ちて居たが拾分後に見に行くと其れも跡形も無く消え去って居た。

 

其れでもってわたくしはまさに其の不条理劇にいたく心を痛めたのである。

其れが何故不条理なのかと言えばエサは特に本日は豊富に与えて居たからである。

 

其れも人間様の食うやうなガストの鳥の唐揚げだの、また冷蔵器を今整理中で古くはあるがハンバーグステーキだの海老だの兎に角普通の人間よりもむしろ良いものが与えられて居るのに何故ネコはさうしてわざわざトカゲを捕え食うのであらうか。

即ち我は其処にまさに獣を感じざるを得なかった。

 

 

さても其の獣とは何か?

獣とは畢竟本能のことである。

 

本能とは所詮食う、子を残す、欲しがると云うことだ。

 

だが我は其の本能其れ自體に今強く疑問を抱いて居る。

と云うよりも昔からさうであったが其れをダメだと云う機會には恵まれずよって今かうして其の本能を否定的に見詰められるやうになった。

 

特に其の食うことと物を欲しがる本能に関して個人的に強く興味がある。

兎に角さうして其の本能つまりは獣性のことが酷く気になって居る。

 

 

ー博物館を案内されているときに、ウヤンワさんはホーキング博士に質問をした。最も変えたいと思う人間の欠点は何で、最も強化したいと思う特徴は何かという質問だ。そこでホーキング博士が選んだのは攻撃性だった。そして、「核戦争が起これば文明が破壊され、人類も生きていけなくなる」と警告した。私たちに必要なのは攻撃性ではなく、共感だという。ホーキング博士は「共感があれば、私たちに平和に愛し合う状態がもたらされる」と語った。ーホーキング博士が警告 滅亡をもたらす「人間の欠点」とは | ハフポスト NEWS (huffingtonpost.jp)より

 

其のホーキング博士はさうして人間の持つ攻撃性に対し常に否定的に見詰められて居た。

さうして「共感」が大事だと言われた訳だが其の共感とは「共苦」であり「共悲」であると今まさにわたくしは理解する。

 

要するに其れは上辺だけの仲間意識、まさに群がって傷を舐め合うことかまたは共通の欲望に対し結束を強めるやうなー其れも今の資本主義國の指導者の如くにーそんな低次元での話では元より無い。

しかしながら其の「共苦」であり「共悲」である心の段階こそがまさに人類に取っては最も難しい壱つの理性的段階なのである。

 

では其のことをまずは其の家のネコの攻撃性の面から考えてみやう。

さてもネコと其の人間の攻撃性の部分とはおそらくはまるで同じことだらう。

 

ネコ→本能にて駆動される獣

人類→抽象的理念ー抽象的な本能ーにて駆動されるケモノ

 

逆に申せば現行の文明のあり方とはまさに其の「弱肉強食」としての原理を壱歩も出て居ないことだらうまさに獣としての攻撃性の表れのことであるに過ぎぬ。

 

であるからこそ其処に核戦争としての脅威もまた常に存して居る訳だ。

尚わたくしは其の獣性の淵源を今性エネルギーに認めるに至って居る。

 

其の性エネルギーこそが所謂「やる気」の源であり其の攻撃性即ち闘争心の正體である。

故に其の性エネルギーをむしろ食欲や物欲、さらに究極的には知識欲へと転化することこそが理性が行う最大限での獣性の放逐の場のことである。

 

 

尚世間はつまり人間の社會はむしろ其の性エネルギーの履行をヨシとするやうな価値観に彩られて居る。

其れに批判的なのは宗教の世界のみで其れも原始佛教やジャイナ教、其れにキリスト教壱部などに其れが見受けられるばかりである。

 

 

さて我は今かうしてエアコンが生じさせた冷気に当たりつつ筆記具でもって遊びつつコレを書いて居るがおそらく外気温がすでに40度近くにもなって居ることであらう。

此の気温は然し異常である。ー其れに名古屋はおそらく日本壱暑いー

 

其の異常に対しさても個はどう判断を下して居るのだらうか?

無論のこと所謂見識が高い我はもう五年程も前から地球温暖化の危機と文明のダメさ加減に就き逐次述べ立てても来た。

 

其れは我が認識がチョット世間の常識とはズレて居るからのことである。

 

我に言わせれば文明もまた現代人も求めるものがそも間違って居る。

其の認識及び欲望のあり方がそもオカシイのでこんなんなって居る。

 

其れは何が悪いのかと申せば文明のあり方=社會のあり方が悪いのであり基本的に個が悪い訳では無い。

但し其の悪い社會のあり方と個は相剋すると共に相即する関係性にあるが故に無関係ではあり得ず結局はソコから逃げ切れない。

 

なので其処でむしろ放棄して行くことを選ばざるを得ない。

放棄が出来なければ努めて限定して行く他は無い。

 

何を?

其の社會としての価値観を。

 

 

人間は死ねば其の認識が終わりを遂げるが結局は彼がまた彼女が生前にどんなことをやったかと云う事實は残ると云うか保存され得る。

まさに其れが例の閻魔裁定だのまた最後の審判だのと云うことで確かに佛教は其の事を否定的に扱うが其れが無いとは言えずむしろ半分位は其の可能性があると見て置くべきだ。

 

では詩人はかうして正しく世を批判したので助かるかと言えばおそらくは助かりはすまい。

詩人はむしろ文人の壱人として神や佛に此の人間界の惨状を訴えてみたいとさう強く望んで居りつまりは人類のおバカさ加減に就き原稿用紙千枚分程ものレポートを書き提出しやうと以前からさう思って居りおおまさに此処こそが其のレポートの内容の場のことぞ。

 

だから詩人は其のレポートと共に憤死するのでありまさに其のことが人類や文明への共苦であり共悲であるところでの特攻であり殉死の様である。

詩人はさうして幸か不幸か頭の中身=認識の仕方がチョット違うことでさうしてみんなとは違うことを言い其のやうに世を去るのである。

 

そんな詩人に対しお布施をしたい方などがもしも居られましたらまた是非御連絡下さい。

 

 

兎に角其のネコのバリバリ程強烈な獣其のものの様は無い。

其れに比べればかのプーチン氏の裸なぞはまだまだ遥かに人間らしいものだ。

 

貴殿はそんなにプーチン氏の裸に飛び付きたいの?

いやあんな露西亜スパイの裸なんぞは嫌いだ。

尤も僕もまた夏場の家では常に其の裸です。

 

 

地球温暖化問題の影響とは?このまま進むと世界はどうなる? | CLOUDIL 【クラウディル】

 

地球温暖化で何が起こる?西暦2100年シミュレーション - ウェザーニュース (weathernews.jp)

 

地球温暖化が続いたらどうなるのか? - Bing video

 

【アニメ】地球温暖化が進むとどうなるのか?今後◯年以内に日本は水没する… - Bing video

 

【漫画】もしも地球温暖化が続いたらどうなるのか?【マンガ動画】 - Bing video

 

地球温暖化は単に文明が危ないと云うより地球存亡としての危機です。

ですので是非眞面目に取り上げねばなりませんのですが、すでに現代人自體に其れと向き合うだけの理性的素地がそも欠けて居ると云うのがむしろわたくしの見方です。

 

要するに其の文明があの手此の手で用意する洗脳の数数にそも浸され切って居りよって自分の頭にてそも考えられぬ訳ですので其れを批判したにせよ何も始まらぬと云うことです。

ですが此処を好んで読まれて居るやうな所謂見識の高い方方には其の文明の悪事に対する免疫が付いて居るやうな精神的にタフな方もまた居られるのやもしれぬ。

 

なのでまずは其の部分から論じてみませう。

其れはあくまで文明の営為を客體視するだけの精神力を持って居ないと地球温暖化の問題点を炙り出しては行けないと云うことだ。

 

 

尚御勧めして置きたいのは地球温暖化を専門家の視点から捉えた以下の動画であり報告書です。

 

 

地球温暖化対策 | 環境省 (env.go.jp)

 

【20分でわかる!温暖化のホント】地球温暖化のリアル圧縮版① - YouTube

【20分でわかる!温暖化ってヤバいの?】地球温暖化のリアル圧縮版② - YouTube

【20分でわかる!じゃあ、どうしたらいいの?】地球温暖化のリアル圧縮版③ - YouTube

 

【速報版】IPCC執筆者が独自解説!「気候変動 国連最新レポート」 - YouTube

 

 

さて其の地球温暖化は核戦争の危機よりも恐ろしいことです。

核戦争はもしも勃発したにせよおそらくは限定的な被害となりませうが地球温暖化は我我の環境其のもの=地球其のものが被る被害のことですのでまさに全的な展開だと云うことです。

 

尚以前から申して来て居ますが近代とはむしろ其の全的な被害を文明に対し齎す社會システムのことだ。

要するに進歩はするのですが其の進歩には破壊が付きものであり其の破壊が全的に展開されるのがまさに地球温暖化だと云うことです。

 

ちなみに地球温暖化で怖いのは、

1.物理的崩壊

2.心理的崩壊

 

の弐面が考えられる。

 

しかも其のどちらもが破壊的で且つ壊滅的です。

 

3.文化的崩壊

 

の面もまたあり、よって次第に文化もクソもつまりは藝術もクソもまた無くなり人間が🐵に戻らざるを得なくなる可能性もまた高くある。

 

 

第壱かうクソ暑くては文化も何も無く只欲しいのは氷飲料であり冷やし中華だけでせう。

仕舞った!其の冷やし中華をまだ買って無い。

 

では饂飩を冷やして冷やし饂飩だな。

いや逆に今ビーフシシューを食うと汗がタップリ出て涼しくもなるのだ。

 

ではビーフシシュー丼を作り今から食べやう。

どうも御馳走様でした。ーかうして汗ダラダラにてむしろ涼しくなったー

 

かう腹が減っては温暖化との戦さえもがまた出来やしない。

つまるところ理性の履行とは其れを使う物理的、心理的、且つ文化的余裕のある時に限られ壱つでも其れが失われれば我我はむしろ獣へと戻って行かざるを得なくなる。

 

 

さて其れではたった今15時廿分にエアコンを切ります。

切りました。

同時に窓を全開した。

 

ああああー、暑い。

おや、でも何だ此の風の心地良さは。

しかもどうも其れが涼しくも感ぜられるではないか!

 

其の人間の感覚による快不快はかうして多分に相対的現象なのでもまたある。

但しビル街で其れをやっても逆に熱風に晒されるばかりで涼しい風の吹き込みなどはまるで期待出来ぬ。

 

ちなみに此処名古屋は今40度近い外気温かとさう思われるが家の近辺は庭付きの家が多くしかも高台なのでかうして比較的風通しが良いのである。

要するに文明を止めた方がむしろ好結果を生むのではないか?

 

文明とは壱線を画し生きることでむしろ命が助かることが多いのではないか?

 

 

とは言え其の種の自衛的行為にもまた限界が訪れることだらう。

やがて人類の営為は須らく制限されざるを得ず要するに戸外での活動は不可能と化す虞などもまたある。

 

さうなればなったでとさうも思うことでせうが其れが全的に齎される現象である以上むしろ其処から逃れる術は無いものと見て置くべきものだ。

逃れる術は無い=危機は眞近に迫って居るものと見て其のやうに認識し且つ其のやうに行動する。

 

其れもくれぐれも文明の言う通りに考えたり何かを行ったりせぬやう、まさに自分でもって判断し自分でもって危機管理をしかと行っておくこと。

まずは其れが最も大事なこととなります。

 

其れと文化文明は今後は特に其の人間のケモノ性と理性との闘争を繰り返しつつ行って行くことでせう。

また其のことは個のレヴェルに置いても常に為されて行くことです。

 

 

今現代文明が抱えることだらう本質的課題の数数はむしろ世界への認識の上での誤謬より齎されて居る。

ところが其のケモノとして欲望に対し目の眩んだ人間には其のことがもはや理解されぬ。

 

さうは決して認識されないと云うことです。

逆に人間は常に正しいとむしろほとんどの人人はさう認識して居ります。

 

ですが其の認識こそが誤りです。

正しくは人間は常に間違って居りむしろ正しいのは佛陀とキリストによる認識位なものなのだ。

 

ですのでまずは自分等は間違って居るとさう認識した上で今何をすべきであるのかを個個にて是非御判断されてみて下され。

我は暫く大掃除に精を出したいとさう思って居ます。

 

此のクソ暑い中でまたよりにより大掃除ですか?

もしや死にませんか、其れ?

 

何を仰いますか、其の掃除こそが修行ですぞ。

暑さで死にさうになりつつもさうして修行に勤しんでこそ佛法を生きることとまさになるのです。

 

 

よって暫く夏休みを取るが其れはネタの方が尽きた訳では無くまさに修行中だと云うことである。

でもって皆様はまずは自らの罪深さに就きしかと反省をしてみて下され。

 

其の社會の罪深さとアナタの罪深さはかうしてしかとリンクされて居ります。

さうして罪深くしてしかも欲望が強く有ることだらう我我現存在なる群れ。

 

其の現存在の毛深さ、つまりはケモノ振りこそが此の温暖化地獄を生じせしめてもまたおるのだ。

 

其の毛深い胸にでも飛び付くのか?

いえ掃除します。

 

偉い!!!

 

何て潔癖な精神の持ち主なのだ。

 

まさしく汝こそが修行者の鑑ぞ。

鑑?

鏡?

 

 

いえ實は其の鏡に大きく疑問が御座りまして其のことだけ書きにまた壱遍は出て参りますので其の折にはまた宜しく。

 

どだい鏡に向かい右手を挙げると決まって何故左手が上がるのでせうか?

うーむ、また問題が根深いと申すか兎に角ややこしい。

 

ではブラックホールから何か出て来るのは其れは物質ですか其れとも反物質ですか?

其の宇宙の果て以外の部分には果たして何がありますか?

 

カントの考えたアンチノミーの中で壱番大きく矛盾を孕むのは果たしてどの命題ですか?

裸は単に服を着て居ない状態のことだが果たして🐈や🐕は裸だと言えるのだらうか?

 

君は僕で僕が君だとすれば此の世での認識にはそも相互作用が認められるがそんなもんが果たして此の世での認識上の眞理であり實相だと言えるのか?

 

 

ちなみにホーキング博士は👩が「全くの謎だ」とさう述べられて居ます。

個人的には其れがほとんど本能による構成物なので本質的に理性に取り理解し難いものなのだとさう思われる。

 

またショーペンハウアーはかって盛んに🚺批判を為したが其れはおそらく彼が特に理性的な人間であったからのことでせう。

 

地球温暖化が進めば、

 

1.人間は戸外活動を著しく制限される

2.最終的に人間は兎に角穴を掘りまくり其処に都市を築き其の地底世界へと移り住み所謂地底人と化す

3.人間の知能は次第に退化しすぐに小学生並となる

4.人類滅亡の直前に人間の知能は幼稚園児並となる

5.2100年頃迄に自然界はホットアース現象により壊滅する

6.人間は神や佛に祈るが神もまた佛も現れず

7.👽が来て救って呉れそうな気もするが其の肝心の👽はちっとも来ない

8.人間は兎に角飢餓と異常な暑さとに苦しめられる

 

こととなる。

 

 

そも生命ー實存ーが生きる上での豊かさと云うことは自然が齎す物理的且つ心理的な恩恵が豊かだと云う事であり人間界で造られしものが本質として豊かなものであり得やう筈が無い。

まずは其のやうな認識上の誤りを正さずば人類に取っての未來は無く其ればかりか拾年後の夏もまたどうなるものやら分かりはせぬ。

 

だから今のうちに自然が齎す恩恵としての生命としての豊かさに是非触れて置くべきだ。

もう何が何でも其れをして置くべきであり今を何とか生きられて居る限りは自然こそが最高の価値其のものであることを實感するに至るならばまさに其れこそが人間に取り幸いなことである。

善悪の基準の是非ー+ホーキング博士による文明論より學ぶことー

善悪の基準の是非ー+ホーキング博士による文明論より學ぶことー

 

 

 

 

何と此の猛暑でかうしてチョコレートが全部溶けて居る!

尤もドロドロのチョコレートはまるで溶岩のやうで美味そうではあるが…。

 

此の溶けたチョコレートを水に入れチョコレート氷飲料などをつくってはどうか?

おそらくは其の凍る寸前のチョコレート氷飲料は滅茶苦茶に美味いことであらう。

 

 

尚現存在の場合は元元事の良し悪し、また善悪の基準などに就き其れを持ち合わせては居ないのである。

何故なら現存在に取り大事なのはあくまで己に取っての良し悪しでありまた善悪の基準なのだから。

 

つまるところ其れでは、

1.価値観が利己主義に陥る

2.価値が感情的に流される

 

側面を多分に持って居る。

 

であるからこそ其処に宗教的な解釈が是非必要となる。

勿論其れは法律や道徳や社會正義と云った所謂社會的規定以上に厳密に定められることだ。

 

ところが其の宗教もまた宗教や宗派の違いによりむしろ大きく価値観が変わるものである。

だから往往にして其処では正教と邪教の区別が生ずるが其の区別自體が實は内部論理にて組み上げられるものだ。

 

即ち自分のトコだけは正しいとさう何処でも信じられて居るが其の正しさ其れ自體を組み上げて居るものとは其れ即ち其の根拠には欠けしかも理性的では無いー信仰と云うー思い込みな訳だ。

だからと言って無論のことわたくしは宗教の意義を否定するのでは無く只さう云うものだと述べて居るのである。

 

 

要するに宗教であらうがまた藝術であらうが最終的には其の思い込みにより価値観を形成して居るのである。

元元其れは客観的要素が欠けて居るので所謂普遍的価値とはなり得ぬ筈なのに何故かさうもまたなって居るのである。

 

では近代科学に其の思い込みが無いのかと言えば其れとはまた別の次元で思い込みが強くある訳だ。

近代科学とはむしろ其のやうに現存在の内部論理にて組み上げられし強度の思い込みとしての産物である。

 

ところが其の思い込み其れ自體は「考える動物」としての現存在のアイデンティティ其のものなのでもまたある。

よって現存在から其のアイデンティティの部分を奪い且つ否定する行為は其の「考える」と云う「理性」を認めぬことと同じである訳だ。

 

無論のことそんなことは元元無理なことで何故なら現存在とは「考える」動物なのであり従って決して🐈や🐕と同じではあり得ぬからなのだ。

では其処でどう「考える」べきなのだらうか。

 

 

個人的には其れは「理性的」に「考える」ことでなくてはならないとさう思う。

「理性的」に「考える」こととは現存在が寄って立つ価値に対し自ら制限を加えまさに其処にて「理性的」に「考える」ことだらう。

 

即ち理性とは其の自ら選び取る欲望の制限であり抑制のことである。

 

求める→求めない

もっと欲しい→もう欲しくない

👩に飛びつく→グレイヘアだけにする

 

尚其処でグレイヘアだけがあれば良いのでありグレイヘアの付いた中身の方はむしろ要らぬのである。

 

さて問題はまさに其の内部論理としての此の世の進め方のことだ。

今や現代社會が求める正義がさうして本能化して居るのはあくまで社會が其の内部論理の内側にて回されて行くからのことだ。

 

だけれどもとりあえず表面化して居る問題が中露による社會主義的覇権主義國家と自由主義資本主義國家との対立の様であり決定的な断絶の様である。

だがむしろ問題の本質は其の内部論理規定にこそよることだらう。

 

其れも、

 

1.価値観が利己主義に陥る

2.価値が感情的に流される

 

の部分へと集約されて来るのではないかとわたくしは見て居る。

 

つまりは宗教的規定の弱體化により其の事の良し悪し、また善悪の基準にせよ須らく内部論理化して仕舞って居るのである。

であるからこそそも他の論理なり価値観に対する寛容性や理解力に欠ける訳だ。

 

要するに其処では客観性に基づくであらう普遍的な視野が得られて居ない。

其れを壱言で述べればさうして理性が原始退行化して居るのである。

 

要するに其の価値基準其れ自體が利己化され尚且つ狭まって仕舞って居る。

 

 

よって理性の枠はなるべく大きく捉え普遍的に事象を見詰めて行く。

まさに其れが眞の意味での理性の働きであり近代的な価値としての要諦でもある。

 

其れを視野狭窄の域にまで落とし込むのは現存在の中に内在するケモノとしての欲望である。

現代社會はむしろ其のケモノとしての欲望をのみ加速させつつ文明の今を成り立たせて来て居る。

 

よって今現代人に取り大事なのはあくまで己に取っての良し悪しでありまた善悪の基準なのである。

 

其処からしてもキリスト教に於ける善悪規定は今大変重要な役割を担って居る。

政治的なまた組織的な善悪規定はもはや矛盾の限界を超えて来て仕舞って居る。

 

其のやうなケモノとしての欲望の場にこそ善は善、悪は悪との潔癖なる宗教的認識こそが是非求められて居る。

 

 

さて本日はまさに採集日和の光の良い日であったが歯医者の予約がある故其れをやっては居られない。

 

其の歯医者に行くだけで實は大変である。

何故なら気温が35度程もあると流石に自転車は厳しいのである。

 

おそらく弐、参拾年後には其れが軽く40度を超えて来る筈だ。

 

であれば、将來自転車は夏場に使えなくなる虞が多分にある。

其れで夏には強い筈の我も兎に角汗ダラダラにて相生山の拾番坂を登るうちに可成に其の暑さが堪えたものだった。

 

だが帰りにはすでに何とも無かった。

 

歯医者ではまた大規模な治療を行うのでまた弐万円ほどもかかる。

だが此の歯医者は信頼出来るのでおそらくは患部がもっと良くなることであらう。

 

良くなる?

其れはもしや近代の齎す罠なのでは?

 

いいや医者とアマゾンー本と文房具ーは矢張り我に取り必要である。

だとするとあくまで限定的には近代的価値を認めるのですか?

 

いや認めざるを得ぬ。

また誰もが結局はさうなる。

 

 

だが馬鹿はむしろ無制限に其れを認める。

対してわたくしの場合は要るものにだけ其の価値を認める。

 

馬鹿は其のやうに常に理性による歯止めが効いて居ない。

尚昨夜NHKの番組で村山と云う高名な宇宙物理学者が変なことを述べて居たのが酷く気になった。

 

 

NHKアカデミア 第3回<宇宙物理学者・村山斉>② - NHKアカデミア - NHK

 

宇宙も人生もすべて数式で表せる!? NHK ACADEMIA ~宇宙物理学者 村山 斉~|予告動画 |NHK_PR|NHKオンライン

 

で、此の人の本を確か読んだこともまたあるのだけれど其の「宇宙も人生も全て数式で表せる」ともしも本気にてさう考えて居るのなら其の考えはもう捨てた方が良いことだらう。

だからさう云うのが合理化と云う事なのであり実際の人間の行いは其れー数式ーよりも遥かに悪どくてしかも常に罪深くしてドロドロして居る。

 

合理化のイケナイところは其のドロドロの部分さえをも変数化?して捉え其れでもって人間が分かった気になることである。

より正しくは人間を學ぶに当たり文學以上に其の人間の本質を捉えた試みは他に無い。

 

其れが数式にてそも表される筈が無い。

第壱文學作品にはまず数式など出ては来ない。

 

 

でもかうして確かに人間を描き切って居る。

つまりは数式や化学式でもって人間其のものが捉えられる訳が無い。

 

むしろさうした考えでもって自然科学者等がやりたい放題にやって来たお蔭でこんな最悪の結果を招いて仕舞って居る。

どだい此のクソ暑いのは果たして誰の責任なのだい?

 

其れが文學と僅かでも関係があるのかい?

いいやさうでは無く其れは科学や科学技術との関連が矢張り壱番疑われる。

 

其の村山氏の壱種高揚したかのやうな発言をTVでもって視て居た我は「此れは酷いな」と正直さう思ったものだった。

其の科学浪漫への耽溺振りつまりは科学者の自己陶酔振りが余りに酷く感ぜられもはや弐の句が継げられなんだ。

 

 

ー発病による心境の変化について、著書『ホーキングの最新宇宙論』で「早死にするかもしれないという現実に直面すれば、誰でも命の大切さや、やるべきことが山ほどあることに気づく」と振り返っている。

 自身の研究を紹介した一般書『ホーキング、宇宙を語る』は世界的なベストセラーに。数式をほとんど載せなかったのは「数式を一つ入れるたびに、売れ行きは半減する」からで、宇宙の魅力を分かりやすく伝えることに心を砕いた。

 死の直前も「宇宙は複数存在する」との学説を証明する論文を仕上げていたといい、最期まで研究に情熱を注いだ。ー【クローズアップ科学】ブラックホールはどうなる? ホーキング博士、革新的理論で常識に挑んだ宇宙論の巨人(4/5ページ) - 産経ニュース (sankei.com)より

 

 

個人的にホーキング博士は所謂ものが良く分かった科学者だったのだと思って居る。

博士はかって御自分では樂観論者だと述べて置きながらも人類の未来に関しては極めて悲観的な発言を繰り返されて居た。

 

ホーキング博士が警告 滅亡をもたらす「人間の欠点」とは | ハフポスト NEWS (huffingtonpost.jp)

ホーキング博士「人工知能の進化は人類の終焉を意味する」 | ハフポスト NEWS (huffingtonpost.jp)

 

尚個人的に興味があるのは其のホーキング博士が病と云うマイナスの立場を背負われた天才科学者であったことだ。

 

ー発病による心境の変化について、著書『ホーキングの最新宇宙論』で「早死にするかもしれないという現実に直面すれば、誰でも命の大切さや、やるべきことが山ほどあることに気づく」と振り返っている。ー

 

兎に角此の壱点である。

其の死を見据えると云うこと、或は己の限界としての病を突き付けられた時に初めて人間の認識は謙虚に且つ清らかになるのである。

 

要するに其の人間に取ってのマイナスの領域を直に見詰めぬ限り其の人には人間に取っての「苦しみ」とは何なのかと云うことがついぞ分からぬものなのだ。

まずは現代人には其のことがまるで分かって居ない。

 

ハイデガーがかっていみじくも述べた如くに「現存在は死を先駆することで初めて本来的な認識へと至る」のだ。

また其れは宗教以前での其れこそ現存在に取り普遍的な認識のあり方のことである。

 

 

で、何故ホーキング博士が其の天才にも関わらずむしろ壱般向けの本では数式を壱切使わなかったかと云う点が重要だ。

何故なら其の数式は現存在の心のあり方を本質的に規定するやうなものでは元より無いからなのだ。

 

また自然界ですら其れを数式のみにて規定することは出来ぬのである。

其れこそ自然界にもまた矛盾は満ちて居り其はまるで此の人間界、文明世界とも似た者同士なのだとも言える。

 

要するに此の世界はそんな合理的に割り切れぬ世界なのだとさう申す他は無い。

また文學は其の割り切れぬ世界である複雑怪奇な此の現象界とむしろ眞正面から向かい続けて来たのである。

 

どだい文豪が其れも多くの文豪が何故幸せには死ねなかったのか?

其れは其の文豪の死其れ自體が其の不条理でもってして割り切れぬ此の世の實相をむしろ其の侭に映し出して居るからのことだらう。

 

 

ー発病による心境の変化について、著書『ホーキングの最新宇宙論』で「早死にするかもしれないという現実に直面すれば、誰でも命の大切さや、やるべきことが山ほどあることに気づく」と振り返っている。ー

誰しもがもしも己の死を先駆的に見詰められたのであれば現存在の認識はおそらく今とはまるで違うものとなることだらう。

 

さて文人は其の先駆した死を生きて居るかのやうな人がまた多いことかと個人的には思って居り其の意味では我もまた其の「半分死んで」今を生きつつある人間の壱人である。

其のやうな心の状態とイザなると、其れこそ社會が擦り寄らうとして居る価値の虚妄性に気付いて行かざるを得ず、またさらに「自分は今何をすべきなのか?」と云う問いに対し此れ以上無い程に明瞭な回答が得られるものなのだ。

 

現代人及び現代社會にはまずは其の理のやうなものがまるで分かって居ない。

では我我は其処に何をすべきなのか?

 

ですがわたくしはすでに其れを日日やって来て居ります。

我はすでにそんな認識世界を日日生きて居りおそらくは其の認識が齎す価値観と現代人及び現代社會が奉ずる価値観とでは根本的な相違がある。

 

よって我はなるべく其の部分を織り込む形にて其の認識に於ける内容を具體的に示して来た積もりである。

其の現存在の未來に関する悲観性は其の認識こそが指し示して居ることなのであり其れは我が曇った心にて其れを語って居るのでは無くむしろ澄み切った心よりさう見えて来るものを其の侭に言語化して居るだけのことである。

 

 

だからホーキング博士もまたそんな負の要素をも見据えた壱種の清い認識でもってさうした発言を繰り返されて居たに違いない。

尚其のやるべきこととは此の世でもってやらんで良いことを除いた上での「やらねばならぬこと」である。

 

個人的には現文明がやらんで良いことをやり過ぎた挙句にかうなって居るものとさう考えて居る。

やらんで良いことをやらぬやうにさう導いて呉れるものとは其の数式などでは無く心のあり方の方だ。

其の心のあり方を整える為にこそ人文學は決まって威力を発揮して呉れる筈である。

そんな三重の森でもってまた癒されたい

そんな三重の森でもってまた癒されたい

 

 

 

要するにホモ・サピエンスは妄想を生きて居るそんなヒマがあるなら今すぐに其れを止め眞實としての今を生きるべきだと壱貫して詩人はさう述べて来て居ります。

要するに此の妙に暑いのは人間共の仕出かして来たことの其の報いでありいざさうであるならばまさに此の文明のあり方其のものが間違って居たのです。

 

また其の文明のあり方其のものが間違って居ることに対し深く悩み苦しむことはむしろ悪いことでは無くアナタの心が其のやうに穢れて居ないからなのだ。

ですが例えば精神科へかかるとまずは「確かに君の気が狂って居るので此処で先生と壱緒に治しませう。」などと言われることだらうがでも其れは壱つの文明の手であり決して其れに騙されてはなりません。

 

だからまずは「先生、むしろアンタの方が文明に洗脳されて居るのだ。」とでも言ってやりませう。

ですがまさか教師をバカにしてはイケナイ。

 

教師は今滅茶苦茶になって居ますが特に國語の先生からは學ぶことが大です。

國語の先生からは三島由紀夫芥川龍之介の生き方などを是非學ぶべきだ。

 

其れから宮澤賢治中原中也の生き様をまたしかと學んで下され。

 

 

左様に人生とは勉強です。

勉強とは👩遊びなどとは違いストイックなことです。

 

最近ホモ・サピエンスが滅茶苦茶なのはそも認識の仕方が狂って居るからです。

どう狂って居るかと云うにホモ・サピエンスは此の世に対し多くを求め過ぎて居ます。

 

ですが其のホモ・サピエンスの半分は動物であるに過ぎない。

残りの半分はニュータイプですが其れが狂うと其の動物であることさえもが維持出来なくなる。

 

でもってすでに其の動物であることさえもが維持出来なくなりつつある。

いや確かに今のところはかうしてなんとかなってるが時間の経過と共に破壊は進むつまりはより問題が深刻化して来る。

 

 

ではどうすれば良いのか?

まずは価値観をなるべく自己化して下され。

 

すると此の文明社會が築きし諸価値の虚妄性に気付くことが出来る。

すると自然と其の文明の諸価値より距離を置くやうになる。

 

さすればアナタ自身がむしろ認識上は救われるのです。

但し地球温暖化だの核戦争だの領土侵犯だの労働の破壊だのそんな数数の社會問題からは元より救われる訳では無い。

 

ですがあくまで個としての認識上はかうして具象的に救われて参ります。

但し其れも理性として選択したところでの社會的隔絶ー精神的な意味でのーが常に求められて居る。

 

 

うわっ、冷てえ。

此の凍る寸前まで冷やした「おいしい麦茶」が兎に角冷てえ。

 

まるで露西亜へでも行ったかの如き気分ぞ。

 

プーチン氏の「裸で乗馬」姿を冗談に、G7首脳がサミットで (msn.com)

 

おい待て、かのプーチン氏にはかうして露出狂の趣味が矢張りしかとある!!

つまりは其の獣であることこそが彼の好みなのだ。

 

G7首脳らがプーチン氏の“裸いじり”? 侵攻後初の動きも…|テレ朝news-テレビ朝日のニュースサイト (tv-asahi.co.jp)

 

でも個人的には先進資本主義諸國の首脳は其のプーチンのケモノ性を笑えぬことかと思う。

なんとなればお前等先進資本主義諸國がこんな温暖化を仕出かしたと云うのにまずはソチラの方をしかと反省すべきでありプーチンの露出趣味などはまだまだ可愛いものではないか。

 

 

 

さて本日は陽の光の具合が良い。

 

だからつい先程迄日光浴をしつつ貴蛋白石を観賞して居た。

貴蛋白石はかうして色とりどりに輝く。

 

静かなる午後がかうして過ぎて行く。

だから其処はまるで絵画のやうに幻想的な現實の様だ。

 

此の時を永遠化したいがそも其れは出来ない。

何故なら諸行は非常であり此の幸福な瞬間もまた半年後、また来年にはどうなっているものやら分からぬ。

 

現存在とはそんな移ろいゆく瞬間をしか生きられぬものだ。

 

尤も自然はもっともっと移ろいゆく瞬間の集積である。

自然に於けるどんな記憶もまた儚げで其の場限りでのものばかりである。

 

 

其の意味では理性とは即ち文明とは其れを永続化しやうとする試みであった。

謂わば其れはキリスト教の現世版のことである。

 

だがキリスト教の現世版は矢張り邪教となるのであらう。

つまりはさうして人間界は邪教をやりながら👿ー悪夢ーを生きて御座る訳だ。

 

さて其の永続化の試み程危険なものは無い。

なんとなればキリスト教は別に現世に神の國を築かうとする訳では無い。

 

キリスト教はさうしてあの世にて救われるのだから其処は浄土教とまるで同じであくまで安全な思想である。

 

尚佛教もまた永続化したいのだが其れが限定された生命の流れー現世としての生ーでは無理なのでむしろ其れを止めれば逆に生命の連鎖より解脱出来るー永遠化出来るーとさう佛陀は考えた。

だが其れは人間としては出来ぬことなのでもはや人間を辞めるしか無く其れで無くてはむしろ其のやうに佛と云う価値を永遠化することなどは出来ぬ。

 

より正確には相対分別を脱することで価値認識を根本より浄化し且つ価値の永遠の放棄をこそ得る。

さうして永遠の有を得ることなのでは無く永遠の無化を行う。

 

 

またより正確には有でも無く無でも無いところに認識をシフトし👿でもまた神でも無い佛としての認識を築く。

さらにまたより正確には其の認識は築くのでは無く放棄することにより結果的に得られる認識としての形である。

 

左様に佛陀の認識は現世を永遠化する試みを捨て去ることでむしろ自己を永遠化する試みである。

 

其の自己とはむしろ「求めぬ自己」である。

何をも求めずしてむしろ全てを得るに至る。

即ち其のやうな論理以前での眞理の履行である。

 

 

夕方にバルコニーより布団を仕舞うと新瑞橋のユニー(現ドンキホーテ)のネオンサインが何時もの如きに見える。

但し天気の良い日は特に其れが美しく輝いて見える。

 

🌸などもまたこんな日は輝いて見える。

昼頃に見たOさん宅の赤い芙蓉の🌸が極めて美しかった。赤花芙蓉はどんな植物? わかりやすく解説 Weblio辞書ー丁度こんな感じであるー

 

かように此の世のなべてはむしろ美しいが只壱つ人間の認識だけが曇って居るかのやうだ。

人間には人間であること自體がおそらくはついぞ乗り越えられぬ試練なのだらう。

 

また🌸も🌸を乗り越えられずさらに🐈も🐈を乗り越えられはせぬが其れでも彼等にはおそらく罪は無いのであらう。

かうも罪深くしてしかも欲深い人間の営為とは違い其れは常に汚れ無き何かにさう其の自然の摂理に従い生きて居る命としての強みを持って居る。

 

だが人間共には其の摂理は通用せず、さうして日日彼等は何らかの価値に突き動かされ如何にも騒騒しく立ち回るのだ。

 

さうして罪無きものは常に美しく逆に罪深い者共は常に醜い。

其の醜さの象徴こそが我が家の前の道を猛スピードにて走り去る🚙の数数だ。

 

まさに其処にこそ人間の抱え込む心の貧しさが正確に表れて居る。

彼等は果たして何をそんなに急いで生きて御座るのか?

 

 

さて昨日寿司を差し入れて呉れた従妹の父、つまりは母の弟である叔父が壱週間程前に田舎でもって自転車で転び入院したのださうだ。

其の田舎とは三重県菰野町のことであり叔父は今其処で壱人暮らしをして居る。

 

其の叔父は仕事の出来た所謂豪傑の人だがかって中学で壱番の成績だった人でもあり現在は俳句を詠む生活を其の壱軒家にてされて居るさうである。

ゴルフが大好きでかって私は叔父にドライヴァーを壱本贈呈したことがあった。

 

従妹が家を観に行くと🐈が沢山居て近所から苦情などもまた出て居るらしい。

何やら我が家の状況と瓜弐つで笑えて来て仕舞った。

 

其の叔父に是非手紙を書きたいところなのである。

家の親戚縁者でもって田舎暮らしをして居る文人などと云うのは其の人ばかりなのである。

 

 

菰野町は何故か昔良く行ったが良き処である。

 

2022年 菰野町で絶対外さないおすすめ観光スポットトップ10【定番から穴場まで!】 トリップアドバイザー (tripadvisor.jp)

 

森で癒される | 三重県民の森 (mie-mori.jp)

と云うことで何故か其の癒しの為に昔は屡こんなところまで訪れて居たのだった。

 

 

全く何をやって居たのだったか?

さうして三重や岐阜やまた静岡などにも屡出没し兎に角さうして森を訪れて居たのである。

 

だがわたくしはまさにソチラへと心の中身ー価値観ーが偏向されたが故にかうして文明其れ自體を批判的に捉えることが可能となるに及んだ。

おそらくはそんな経験が無ければ文明其れ自體を批判的に捉えることなどは決して出来なかったことだらう。

 

わたくしはそんな自身の経験を然し外れ者、はぐれ者の人生だとかっては認識して居り其れを積極的に人に話したりはして居なかった。

だが今其のやうな體験こそがむしろ光り輝くやうな記憶と化して居るのはまさに不思議なことである。

 

 

今思えばむしろ信ずるに足る経験とはそんな自然との交感の體験のみである。

資本主義によるどんな美果もまた其の體験に比せば其れは貧しいものであるに過ぎぬ。

 

叔父へは早う手紙を書き出さねばなるまい。

学生時代に山岳部に居た叔父は山にて滑落して命を失いかけたが生きて帰って来た。-かっての新聞にも其れが載った-

 

其の後大企業の重役まで勤め上げ今はさうして俳人となって居る人だ。

其れにかうして我が何かを書く人間であることもまた叔父は知って居るのである。

夏はこんな氷飲料と寿司とエアコンに限る

夏はこんな氷飲料と寿司とエアコンに限る

 

 

 

 

かうクソ暑い毎日では普通思考の方が停止するのではないかとさう思われますのですがむしろわたくしはかうしてエアコンをガンガンにかけて今沈思黙考ばかりをして居ります。

其のやうな普通人間がやりたいことの逆をあえてやるクセがどうも我にはしかとある。

 

でもってクソ蒸し暑い日に非常に効く飲み物をまた発見致しました。

其れはズバリ麦茶です。

 

其のペットボトル入りの麦茶を冷凍機に入れ凍る寸前に取り出し其れを壱気に飲み干します。

また其れはエアコンをガンガンにかけた部屋にて行われるべきことだ。

 

 

其れをしたところ本屋へ行って来てほてった體が壱気に冷えて来た。

其れも冷え過ぎかと思われる程に冷えて来た。

 

ちなみに所謂清涼飲料水を我は飲みますが其れはデカいペットボトルへと注ぎ込み半分は水を入れ其の侭冷凍機ー冷凍専用機ーにて兎に角冷やします。

其れをやりますと兎に角爽やかな夏用のしかも最高に冷えた飲み物が出来上がる。

 

無論のこと紅茶飲料や珈琲飲料でも其れを致します。

すると其れは半ば氷紅茶や氷珈琲と化しもはや其れだけでこんな夏の極樂の世界としての飲み物が完成する。

 

 

すると今年は氷其れ自體では無く半分氷での氷飲料こそがアナタが目指すところでの究極の清涼飲料水なのですね?

まさに其の通りだ。

 

さうして其れを熱いビーフシシューやまた熱い味噌煮込み饂飩などを食いつつ飲めばまたさらに壱層其の極樂さが味わえると云うものである。

もしやまた弐元対立的な極樂世界での御話ですか?

 

さうです、其の弐元対立的極樂世界にはまた他方にしかと地獄が御座ります。

ですが其れはあくまで文明社會として味わうべき地獄であり我我個が其の地獄に関わり合う必要などはむしろ無いものだ。

 

ですがイザ節電となったらどうするのですか?

其れも中部電力東京電力とは違いおそらくはまだ余裕があると思われるので人のことなんぞどーでも良いことだらう。

 

では中部電力東京電力を助けぬとさう仰るのか?

まあ余力があれば助けますが中部電力以外の電力會社がどうならうがそんなものは知ったことでは無い。

 

でも中部電力も他の電力會社から助けられたことが事實過去に何度もありますよ。

だからあくまで其れは昔の話でせう。

 

だから東京は東京でまた大阪は大阪でもって自分でちゃんとやれよ。

まるで冷たい其れも信長様のやうな御発言で…。

 

 

兎に角中部地方はまた食ってるものもまた違いますしまるでイチローやTOYOTAや藤井君の如くに唯我独尊にてひとり勝ちすると云うそんな土地柄ですので関東や関西がどうならうが基本的には知ったことでは無い。

ですが中部地方の美味い物だけは是非守らねばならぬことだらう。

 

おお、たった今従妹から寿司が差し入れられた!!!

お土産 | お料理 | 札幌 かに本家 (kani-honke.co.jp)

 

しかも此のかに太巻き寿司である。

 

すでに其れをわたくしは食い今満腹である。

しかも其処に若干の菓子と氷飲料までもが入り込みもはや東京のことなどを心配して居る心の余裕などは何処にも無い。

 

いやあ夏はこんな寿司と氷飲料とに限るな。

 

ところで本屋ー七五書店ーでは何を読んで来たのか?

 

 

はい、其れが壱つには此の本です。

知能低下の人類史 - 春秋社 ―考える愉しさを、いつまでも (shunjusha.co.jp)

 

つまりは文明は進歩せずむしろ退化して来て居りしかも人類は総おバカ化して来て居ると云うやうなことが書かれて居り其処が大體に於いて我が意見と近しいものです。

 

『理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性』(高橋 昌一郎):講談社現代新書|講談社BOOK倶楽部 (kodansha.co.jp)

 

でこちらの本も是非読みたかったが寿司がそろそろ来さうなので家へ帰りアマゾンを視たらもう何年も前に買ってあった本でした。-よって何処かにあります-

 

『知性の限界-不可測性・不確実性・不可知性』(高橋 昌一郎):講談社現代新書|講談社BOOK倶楽部 (kodansha.co.jp)

 

なのでこちらの方をまた是非読みたいところです。

其の限界物がわたくしは基本的にとても好きです。

 

 

其の御勉強と云うものは基本的に人知の限界を知る為にこそ為されるべきものだ。

逆に壱旗揚げたいとか良い大學や壱流企業に入る為の所謂現實主義の履行の部分は其の眞の意味での御勉強とはまるで異なるものです。

 

むしろ人間に対し絶望せんが為の御勉強こそが眞の意味での御勉強としての内容である。

 

また宗教なども結局はさうしたことなのである。

人間は其の侭ではダメだから修行したり信仰したりして人間其れ自體を本質的に変えて行かうと云うのが宗教の意義なのでありよって其れは俗世間での欲望に対応するものなのでは基本的に無い。

 

まずは其の社會的欲望は其の種の認識なり価値観とは常に正反対に位置するものであることを個としてしかと知って置いて下され。

 

其の知性にはさうして限界が常に設定されて居るが此の世を駆動させて居るものとは其の知性では無くむしろ欲望ーケモノーの方です。

ケモノがさうして野放図に暴れ回るものだから世界が崩れると云うか事象のバランスを欠き壊して行きます。

 

ところが当の本人さん方はむしろ自分の認識こそが正しいとさう信じても御座る。

 

其の盲信の類を離れるつまりは洗脳を解くことは理性に取り不可能なことなのでは無い。

よってまずは自らの認識ー価値ヒエラルキーとしての認識ーのバカバカしさにまずは気付いて下され。

 

 

其れは大體に於いて文明に対する盲信でありつまるところは進歩主義だの拝金主義だのまた諸の科学的合理化への盲従の様です。

さうして其れに自分の頭がやられまくって居るやうでしたらむしろ引き籠もりだのルンペンにでもなった方がマシと云うものです。

 

其れにしても先程よりどうも眠い。

では寝ます。

…。

 

お早う御座います。

 

高橋昌一郎先生の第一講義「知性の限界」私たちは、世界をどこまで認識出来るのでしょうか?? | 双龍天翔 (comingdragon.com)

 

此処は其の知性のことを可成にお分かりになられた方が書かれて居るものとさうお見受け致します。

 

だけれども其れこそ認識論のことは所謂科学の内部論理だけでは分からぬことなのでせう。

例えば人文的に見詰めればすでに科学は明らかにやり過ぎです。

 

其れもかうして要らぬものをあえて創り其のことでむしろ地球を破壊して行く訳だ。

其れはどんな詩人がまた漱石や芥川がさらに太宰が三島が見ても其の通りでのことです。

 

またMIROから見れば本質的にはさうして樂しい世界である筈の現象界が社會的には何時まで経っても苦しく充たされず逆にドンドン悪くなって行く訳だ。

果たして其れは何ででせう?

要するに人間が社會化されるにつれ其の純心無垢なる心を失って行くからなのだらう。

 

ですから、どうのかうのでは無く科学とは本質的にむしろ要らぬものです。

其れは要らぬから要らぬのであり要ると思って居るのはさうして社會化された大人達だけです。

 

 

其のやうに藝術的な認識論なども組み入れてみますと其れこそ近代科学が信奉するところでの発展の論理がむしろ大間違いであった可能性すらもがまた出て来てだとすれば我我ホモサピエンスは要らぬ価値だけの為にかうしてヒイコラ御勉強してしかも其処で偉さうな理論だのを形作りやって来ましたがおや何処で間違えたのだらう、もはや地球がこんなんなってますがー。

 

バカ、其れはお前等科学者がソコで妄想したからのことだ。

さうか、結局は妄想だったか、此の科学浪漫こそがまさにウソの神だったんだ。

 

だから其れは文學と絵画を見詰めるだけで分かることじゃないですか。

何故其れを見詰めずにそんな妄想ばかりを信じやって来て仕舞ったのだ?

 

なので、

 

人文學<科学技術

なのではなく、

科学技術<人文學

 

とでもしないとむしろ此の世での理性のバランスは狂って仕舞う。

 

 

其のハイデガーによる「世界内存在」の論理ではないが、近代科学其れ自體に其の論理的矛盾を証明する術が無いのであれば其れとは反対の方向を向いて居るものにむしろ其の自身としての存在意義を問うてみて貰えば良いだけのことです。

では果たして人文學や藝術にまた宗教にせよ其処に科学の存在意義を問うだけの論理的整合性が存するのと言えば其れは無く其の代わりに直感力のやうなものが其処に備わるだけです。

 

ですが往往にして其の直感力こそが理論だの論理だののウソを見破ったりもまたする訳だ。

どだい文學はかってあれ程人間をさうして世界を悩みに悩みましたが今でも漱石をまた芥川をさらに太宰を読めば其の人間の苦悩のことだけはしかと分かりませう。

またトルストイをさらにドストエフスキーを読めば人間は合理的には決して定まらぬ複雑な心理を生きる生命であることがたちどころに分かる。

 

従って僕には其の複雑な人間の本質の部分をあえて問わぬやうな合理化こそがかうして世界に余分なるものばかりを蔓延させ挙句には地球をブチ壊すに至るのだとさう思えてならぬ。

要するに理性としての自己矛盾、即ち論理其れ自體が招く矛盾領域にもはや科学技術文明は嵌り込んで居る。

 

 

ですが其処に幼稚園児の如くに清らかな心を持つ詩人が壱人現れかう云うのです。

曰く、「其れウソとちゃうか、其れ要らんとちゃうか?」

 

ウソ臭いー相対論もまた量子論も現實離れした理論の世界のことだー

要らんモノー家電も🚙も✈も🚢も🚀も此れ以上もう要らんー

 

さて三島先生はむしろ日本の未来を信じ切れなかったからこそあれだけのことをなされたのだと個人的には理解して居ます。

また三島先生の予見のやうなものはむしろ当たって居て其れこそ其れは石原先生がかってお書きになられても居たことです。

故に三島先生はさうして滅びゆく日本に対し殉死されたのではなかったか。

 

 

さて其れと言語世界に於ける妄想であり錯覚とは何のことかと言えば人間の大脳新皮質の部分が常に其の相対概念分別の世界=言語的限界を持つ世界だと云うことです。

相対概念分別は基本的に妄想であり錯覚のことです。

 

故に現存在は「世界内存在」であると同時に妄想であり錯覚でしか「今」を生きられぬそも認識論的に且つ存在論的にも矛盾する現象でしかあり得ません。

其の矛盾ーと其処から生じる苦ーをあえて見ないやうにしない限り人間が「今」を元気に生きて行く方策などあり得ません。

 

要するに人間とは其の矛盾的次元を引き摺った侭ウソの今を妄想的に要するに錯覚しつつ生きて居るより他は無い壱つの悪夢としての現象です。

であるからこそ其れを御釈迦様から見たにせよまたイエス様から見てもむしろ間違って居る訳です、何が?其の人間共の認識と現象其のものが…。

 

つまるところはさうして人間とは妄想であり錯覚である今を突き進んで行くことしか出来ぬ者だとのことである。

 

 

さて暑い時にそもアナタ方はどうしますか?

都會へ行きますか、其の摩天楼とタワーとに昇るのか?

 

或は宇宙へ逃げる?

でもそんな金が果たして何処にある?

 

暑い時はそも海と山でせう。

其の海で🐟を獲り山では🐗を仕留め是非其れを食いませう。

 

 

だが海と山には何と冷凍機がありません。

…其れは實に困る。

 

其れにエアコンも無いわ、水洗便所すらもが無い。

さてもみんなはドレを選びますか?

 

 

我は結局自分の部屋でかうして作文する位のことが関の山です。

つまりは現存在の仕出かした過ちを見詰めつつ其れを批判すること位しか出来ない。

 

人文學はかってさうして人間の心の本質に就きもうイヤと云う程に見詰め切りました。

だから人文學にはもはや全てが分かって居たことです。

 

三島先生もまたトルストイもさらに芥川も人間を見詰め切りさうして何故か決まって辛い死に方をされた。

おおおおおおー文學は其の文學はかうして人間にさえも勝った!!

 

勝った?

さう、勝った、温暖化にもかうして勝った。

 

でも違うだらう、其れは?

 

違いました。

温暖化に勝てるのは文學でもお笑い芸人でも無くまた藝術でも宗教でも無くエアコンだけです。

 

まさに其のエアコンと氷飲料とに限るのだよ。

其れと寿司の酢飯なども効きますので其れなども是非御勧めです。

實存としての本質面を維持せんが為の食い物の話

實存としての本質面を維持せんが為の食い物の話

 

 

 

 

ノキアヌ様が何とかうしてグレイヘアに対しスッカリ嵌って居るやうだ。

ソコは今の我とまるで同じである。

 

政府、初の「電力需給逼迫注意報」発令 27日の節電呼びかけ:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

さて此の夏の東京はかうして危ない。

其れではエアコンが使えず死人が出る虞がある。

 

だが都市は皆本質的に危ない。

何故なら地球温暖化対策の為に火力発電を止めやうとして居る筈なのに露西亜からの天然ガスの供給が止まり逆に火力発電を増やそうとさえして居る始末だ。

 

だから何時の間にか地球上の諸都市は滅亡に至る可能性もまた高くある。

故にむしろ田舎にて畑を耕すか又は素潜りにて魚を獲り其れを食い生きて居る人が壱番長生きをする。

 

さうして其の都會での価値観とはまさに虚でありゴミの如きものだ。

と、今我は部屋にてエアコンをかけつつーつまりは樂をしつつーさう思う。

 

 

ようし、其れでは文明が崩壊する前にコノミヤにて何ぞ美味いものでも買って来やう。

 

 

Amazon | 丸成商事 マンゴープリン (118g×6)×12個 | 丸成 | プリン 通販

 

最近凝って居るのがこんなマンゴープリンである。

コノミヤにはコレに似たものと其れから白い杏仁豆腐タイプのプリンがあり共に安くて美味い。

 

Amazon | [冷蔵] 雪印メグミルク アジア茶房 マンゴープリン 140g | 雪印メグミルク | プリン 通販

逆にこちらの方が安いのか?

 

マンゴーゴロゴロ過ぎ!成城石井「濃厚マンゴープリン」「マンゴーゼリーの杏仁豆腐」 – lamire [ラミレ]

其の成城石井の品は無論のこと良いが沢山物を買うと勿論高くつく。

だが元よりこんな成城石井の品では清貧の暮らしを成り立たせることなどは出来ぬ。

 

 

【図解】 文明の崩壊。 昨今の異常気象と正面から向き合ってみる|前田晃平 / 著書『パパの家庭進出が ニッポンを変えるのだ!』🔥 (nikkei.com)

「2040年頃に人類の文明は終焉する」 : 米マサチューセッツ工科大学のコンピュータが弾き出した人類文明の崩壊と終焉……そしてその状況を最も現実化しているのはおそらく「日本」 - In Deep

 

文明の崩壊因はかうして色色と考えられることでせうが個人的には現代人の価値観ー認識上のーの狂いが其れを引き起こすのだと思う。

其の個に於ける価値観の選択ー認識上の方向性ーが社會の側を向いて居る限りはむしろ崩壊への速度が早まるのだと思う。

 

 

文明は何時崩壊に至るにせよまるでオカシクは無いことでありむしろ其れが盤石だとさう思い込んで御座る大衆の認識の方こそが???である。

ですから其の根本での文明に於ける認識論の崩れのやうなものはむしろ社會的には治らない、何をしてもまずソコは変わりやうが無いとさう思って置くべきだらう。

 

 

であれば今のうちに食いたいものを食い何でもやっとく方が得と云うかむしろ知恵の正しい使い方なのではないか。

但し壱般人の場合には其の範囲を「意識が高い人人」と「単なる欲望の亡者」の中間地点にて其れをやって置いた方が良いことだらう。

 

要するに贅沢はなるべく避ける。

尚「意識が高い人人」は結構贅沢であり要するに古民家生活などをしつつ結構良いものを食いつつ「自分等は意識が高い」とさう信じて疑わぬものだがでも其れは詩人から言わせればまるで茶番である。

 

ほんたうに意識の高いつまりは精神を生きる人とは、

 

1.まずは良く考え

2.あらゆるものをむしろ制限する

 

と云う認識論を生きるのである。

 

尚僕の生活は壱見放埓なやうに見えて實は可成に質素である。

でもってして確かにエアコンを入れると云う贅沢はして仕舞ったが本日壱番美味かったのが胡瓜壱本である。

 

 

尚贅沢と云うのは其の胡瓜を酢漬けとなすことであるが無論のこと面倒臭いので単に我は其れを洗い切り皿に乗せ其れを食うだけのことである。

たった其れだけのことであるが考えてみれば其れもまた此の地球上で起きた奇跡としての出来事である。

 

何故なら此の稀なる精神を持つ文人と其の壱本の胡瓜との出遭いこそがまさに奇跡其のものではないか!

 

だからほんたうに意識の高い人は別に古民家などに住んで居らずともまた色色なことでヘロヘロになって居やうが居まいが兎に角只其の侭で常に其の奇跡の場とかうして対峙して居るのである。

だから其の認識の場に於いてまさしく彼は幸せなのである。

 

なのだが普通さうして侘しく胡瓜壱本を齧る爺のことを世間はまさか幸せだとは認めぬ訳だ。

だが詩人の側から言わせると其れはお前等の認識が曇って居るのであり対してオイラの認識はおおまさにアノ長野県の澄み切った空のやうに常に清く正しく且つ美しい。

とさう云うことである。

 

 

さて其の胡瓜壱本丸齧りの効用を甘くなど考えて居てはよもやならぬ。

さう、藝術とはむしろ其の空腹からまた貧しい食事からこそ生まれるものなのだ。

 

其れを世間の人人は完全に勘違いして居る。

 

藝術とは高級億ションのやうなものだと何か全く見当違いな解釈をして御座る。

其の高級億ションも高級車もまた下劣極まり無きものでそんなものに喜んで居るやうでは其れは眞の意味での藝術家とは言えずむしろ其れは下劣なる乞食の様である。

 

 

対して眞の藝術家とは其のやうにむしろ其の空腹がまた幻想がさうして苦しみ其のものがまさに御友達であるやうな人人のことをこそ言う。

ああまるでかのMIROがまた賢治がさうしてベートーヴェンがさうして死にさうになりつつも築きし其の偉大なる藝術の世界のことをまずはさうして正しく理解せねばならぬことだらう。

 

 

だから其れぞ清貧の世界のことぞ。

弐千円の万年筆ばかりで遊ぶのも全ては其の清貧の藝術をしかと此の世に成就せしめんが為のことぞ!!

 

さうして藝術家は何故か其のグレイヘアだけが好み♡なのだ。

 

だがお前は胡瓜だけでは無く何か他のものも食いはせなんだか?

はい、實はコノミヤには他にも色んなものが売られて居り生命維持の為に例えばハムだとかマヨネーズだとか又はプチトマトだとかレタスだとか其の位のものを最低限買って置かねばならぬ。

 

だが今日は他にも何かを買ったのを見たぞ。

 

 

バレたか。

實はコレがどうしても食いたくなり買って来て仕舞った。【実食】「クイックディナービーフシチュー」チンするだけで超便利 -- 手軽に贅沢気分♪ [えん食べ] (entabe.jp)

 

其の夏場にビーフシシューを食うのはまさに夏場に味噌煮込み饂飩を食うのと同じことでまさか其れは基本的にしてはならぬことである。

要するに體温が上昇ししかも保温されるので其れは決してしてはならぬことだ。

 

だが藝術家はどんなことでもひとまずはやってみてから其の正否を判断するものなのだ。

もしや他にも何ぞ悪い物を買っては居ないか?

 

 

塗壁製菓:七味あられ (nurikabeseika.co.jp)

たとえばコレ。

 

此れは海老煎餅以外での完全なる中部地方の名菓の壱つです。

壱言で申せば病みつきになる辛いあられにて壱箇月に壱度位無性に食いたくなる菓子です。

 

またたとえばコレ。

 

明宝ハム|明宝ハム (meihoham.co.jp)

明方ハム(レギュラー)|明方ハム (myogata-ham.jp)

 

尚本日初めて気付きましたのですが、其の「明宝ハム」と「明方ハム」はまた別物なのです。

 

明宝ハムと明方ハムの違い 幻のハム戦記と美味しい食べ方を紹介 (chigai-encyclopedia.com)

どう違う?明宝ハムと明方ハムを食べ比べてみる | TOPPYのくびったけ日記

 

家が以前屡買い求めて居たのは其の「明宝ハム」の方ではないかと思う。

其の味は兎に角美味いの壱言です。

 

ですが此れもまさにアノふりかけの錦松梅  商品案内(kinshobai.co.jp)のやうなもので謂わば高級ハムであり値段が高いので普段は買っては居りません。

 

此の「明宝ハム」を分厚く輪切りにしたものをじっくりとごま油にてソテーをし其れにコーミソース デラックスこいくちソース | ソース | 商品紹介 | コーミ (komi.co.jp)をかけ食うだけでもうどんな仏蘭西料理よりも美味くなるのです。

さらに其処に炊き立ての御飯を用意し其れに錦松梅をタップリ振りかけるのだ。

 

 

だからもう其れはピザだとかそんなものの美味さの比では御座りません。

兎に角其れは和食の基本でさえもあるものです。

 

だからさうして日本の美味い物をまぜこぜにして食うだけでもうとんでも無く贅沢な飯が食えるのです。

 

だから別に美味い物は北海道だけにあるのでは無く日本の何処にでもかうしてあります。

また洋食がNo.1だと云うことでは無く逆に日本でとれた素材でつくられた料理こそがNo.1なのです。

 

ですが其れを普段からホイホイと食って居ると頭の弱い金持ち連中と同じやうに認識の方が濁るのでまさに其れ等は特別な時の為だけに選んで置きませう。

 

 

従って普段は其の胡瓜壱本でもって充分です。

 

だがハムもまた買ったのだらう。

はい、其のコノミヤには安くて量が多く質も良いハムのパックがあり我は其れを好んで買い其れを🐈と壱緒に屡食って居ます。

 

1.仏蘭西パンに其のハムと胡瓜を鋏み其処にマヨネーズをかけたものが我に取っての高級サンドウィッチです。ー他にコンビーフなどもまた可ー

2.其のハム7枚程を大型フライパンに乗せじっくりと時間をかけソテーする、胡椒を少小ふりかけ火を止めさらに最後にコーミソースを流し入れる。

 

ジュワ―――。

其れを温めたパック御飯の上に並べハム丼となす。

 

コレがまた美味い!!

 

 

商品詳細|フジパン (fujipan.co.jp)

 

また此の銀チョコWなる菓子パンもまた屡コノミヤにて買って参ります。

要するに甘味を取る為のものとしてはむしろ最適の商品です。

 

1.美味過ぎない

2.所謂ケーキ類などの洋菓子の代わりとなる

 

本日は其れに、

3.ハムを入れて食ってみる

4.ブルーベリージャムを入れて食ってみる

 

と云うチャレンジをしてみたところ、あくまで其れ等は別別に食った方が美味いと云うことが分かった。

 

其のやうにスーパーへ行き食いモノを買いさらに食いモノを消費するだけで半日は終わって仕舞いますのです。

但し詩人が其の辺の主婦の人人と違うところはさうしたことをしつつも常に何かに就き考えて居ることだらう。

 

 

さうして其の土地土地での日本の食い物と皆様しかと戯れてみて下さい。

さすれば其処で此の日本社會に突き付けられし難課題の数数を忘れることが出来る筈だ。

 

また其のことは逃避では無くむしろしかと己の實存と向き合うことなのでもまたある。

ああ其れと矢張りと云うべきか夏場は兎に角寿司が最高です。

 

家は最近安い稲荷寿司を求めることが多いのだが其の酢の成分が疲労回復には良く効くのでまさに夏はカレーも良いが寿司が最高だとさう言えることかと思われます。

其のやうに食を愉しむことは別に金をかけずとも出来ることです。

 

例え安価なものでも此の世の中には良いものが沢山ある。

むしろ其の点に気付くことこそが實存としての幸福感への第壱歩なのではないか。

 

 

また田舎暮らしにて意識の高い生活が出来ればまさに其れに越したことは無いが實は其のこと自體が壱つの特権意識のやうなものにも繋がって居ます。

詩人の場合は此の日常がすでに詩的世界其のものですのでまた彼等とは違う次元にてかうして意識が其れ以上に高い訳ですのでむしろ最近はさう云うのもまるで相手にしなくなりつつあります。

 

要するに何処に居てもMIROはMIROでまた賢治は賢治でさらに自称詩人は自称詩人ですのでつまりはさうして「かうして自分こそは意識が高いのやう」病からはすでに離れて居りむしろ自分の部屋が其の古民家だと思いさう日日を暮らして居りますのです。-實際に家の半分は古民家で戸に網戸が張られた縁側に居ると夕方以降は涼しくも感ぜられる-

 

つまりは其の認識に於ける本質面こそが大事なのだ。

其の本質面を維持せんが為の食い物のことは我に取り常に大事な話です。

ジョアン・ミロの絵画展ー参 MIROの内面世界ー

ジョアン・ミロの絵画展ー参 MIROの内面世界ー

 

 

 

《月に吠える犬》ジョアン・ミロ|MUSEY[ミュージー]

 

其のMIROの絵には此のやうに所謂深刻さが無い。

果たして其れは何故か?

 

ジョアン・ミロ・農夫のように作品を耕し続けた人生 – SUKORUNI WINE

 

ところがMIROの初期の絵はむしろ深刻と云うか此のやうに極めて神経質である。

また若き頃のMIROの相貌からは其の神経質さが其処に窺え事實彼は18歳の頃より鬱病を病んで居る。

 

かうして藝術家なるものはほぼ頭がオカシクなり易いものと相場は決まって居る。

逆に言えば頭がオカシクならない藝術家などは藝術家としては大した者では無いのである。

 

 

私は色を,
詩を形作る単語のように,
音楽を形作る音符のように
使おうとしている
作品は魂の炎と共に
考えられなくてはならないが
巧みな冷静さで
裁かれなくてはならない
私がキャンバスに向かっている間中,
まったりとした理解から生まれ出
愛と共に,
どうやってそれを愛するように
なり始めているのか感じられる


私は最小の手段で最大の色の彩度を
得る必要性を感じる
これこそが,私の絵に
一層素晴らしい赤裸々さを
加味させてくれているものだ


私の性格は色と同じ
純化のプロセスを経てきた
今ではもう純化されているので,
あらゆる細部に至るまで
表現された時よりも,
もっと人間的なようだ


私にとって,物体は生き物だ
このタバコやこのマッチ箱でさえ,
とある人間たちなどより
ずっと鮮やかな秘められた生を
内包している


私が探し求めているのは…
動かぬ動きだ
それは,沈黙の雄弁さと呼ばれるものと
等しいだろうものだ
もしくは,私が思うに,
十字架のヨハネが「無音の音楽」
ということばで描写されたものだ



ジョアンミロの代表作は?【ミロ展2022】スペインの巨匠、彼の生涯や日本との関係、作品の特徴、ミロが残した名言などを紹介 (nblood.jp)より



まさにこちらでのMIROの発言内容にこそ彼の内面世界への理解への道筋が示されて居ることかと思われる。


まず驚かされる部分が其の「物體」は生き物だとの発言である。

またさうした部分はわたくし自身にもまた無いでは無くだからわたくしは概してモノを大切に扱うことが多い。



さうした意味での物質と精神の区別の曖昧さのやうな部分もまた共感覚者としての典型的な心理なのだと思われる。

共感覚者には所謂「分別概念」の設定が堅固には行われて居ないので良く言えば融通無碍なまた悪く言えば幼稚園児並の感覚世界に生きて居るのである。


だが表現者としてはむしろ並の人間以上の理性的能力が其処に常に要求される訳だ。

であるが故に藝術作品はまた幼稚園児の御絵描きなのでは無くむしろ其の無垢なる感覚世界をイヤと云う程に理性的に見詰めた営為ともまたなるのである。


また其の「無生物」である単なるモノに対し「生命」としての輝きを感ずることは勿論悪いことでは無い。

但し其の感度其のものがまさに感覚として汚れて居る世間の人人には通じぬものであることがまた多い。


謂わば其処には根源的に生ずる壁の如きものが其のピユアーな感覚世界と分別世界との間に生じて仕舞う訳で所謂其れが認識上の「齟齬」であり「軋轢」と云うこととならうかと思う。

よって藝術とはまず其の特殊な認識世界を生きる人に取っての壱つの「解放」の途なのでありある意味では其れが表現者に取り「救済」ともまたなり得るものなのだ。



其の絵画や音樂に限らず例えば文人の方でもさうした意味ではまさに書くこと表現すること自體が其の「解放」であり「救済」たり得る訳だ。

なので本質的には其処で何を語って居るのかと云うことよりもさうして俺が作家であり俺が詩人だとさう宣言しつつ何かを語って居る事自體に作家である彼や詩人である彼の精神の「解放」であり「救済」の場が有るのである。



其の意味でもまさに藝術とは「有」の営為である。

其れは「無い」のでは無く常にさうして「有る」。


但し其れは誰にでも「有る」のでは無くさうして謂わば「持ってる」人だけにさうしてしかと生ずる世界なのだ。



さてもアナタは今其れを持って居ますか?

かうしてしかと持ってます。



其の持ってることはもはやかうして隠しおおせぬことだ。





個人的に此の藝術による世界認識、世界把握の世界こそがまさに宗教的認識にも匹敵する人間に取り高次な精神のあり方の世界なのだとさう考えるに至って来て居る。


宗教は人間の精神の救済を目指すべき精神的営為だが其れと対置される形で此のやうな感覚的に成就される救済の世界が其処にしかと拡がって居ることだらう。

最終的には其の宗教は個としての救済ー自力救済ーを離れて社會的救済ー他力救済ーへと向かうこととなるがあくまで個としての救済を目指す限りは其れが禅や原始佛法と並び立つ形にて藝術の場としての救済が其処に確立されるのである。


では其の藝術を生きれば個は救われるのですか?


其れもあくまで「持ってる」人に限り。

対して「持って無い」人はどう努力しやうと元元持って無い訳ですので藝術にて救われることなどはあり得ません。




それではアナタは今其の「持ってる」人として勝手に藝術を生き自分だけ助からうとさうされて居るのでせうか?

むしろさうでも無いですね。


何かかうソコがやり切れて居ないので「持ってる」癖になんか中途半端な感じでせうか。


で其の「持ってる」人は壱般に精神病體質であり同時に人間嫌いです。

何故なら眼前の此のタバコやマッチ箱が人間よりもずっと「鮮やかで秘めやかな生」を内包して居るなどと感じること其れ自體がまさに常軌を逸した感覚でのことでせう。


もう其れは誰が見てもむしろ異常でせう。

ですが實際に僕も人間のことなどはどうでも良くむしろ身の周りのモノの方が好きであり其処に人生を感じたりもまた致します。



また其の「純化のプロセス」のことだがあくまで其れは彼に取っての感覚的純化の世界のことなのであり要するに其れは「分別概念」規定以前での感覚的原初性への回帰であり要するに色や形やさらに時間概念に至るまで分離されること無き未分化状態を其の侭に見て居ると云うことなのだらう。


其のやうな認識に於いてより其の共感覚が強化されモノや色彩が自ら踊り始めるのではなからうか。

もしや其れは命無きもの達の命としての乱舞ですか?



またまるで詩人のやうなことを良くぞ言ったな。


其の「命無きもの達の命としての乱舞」を可能とするものとはつまりは「詩」の世界でのことだ。


「詩」と云う世界の場が其処に生命としての彩りを与えるので必然として其れが命を獲得するのだ。




すると藝術とは藝術家自身が神となり其の創造世界に命を吹き込むことなので?

まあ神其のものでは無いがまるで神の如きものが其の作品に取っての作者である藝術家だらう。


ところで藝術はさうして作品としての命を創造するのですか?

…創造する。

其れもさうならざるを得ぬところへと追い込まれさうなって仕舞う訳だ。




さても其のMIROが探し求めて居たと云う「動かぬ動き」とは壱體何のことでせう?

其の「動かぬ動き」とは言わば其の共感覚を観念の方にも当て嵌めてみたらどうなるかと云うやうなことではないだらうか。


共感覚とは謂わば異質な次元を結び付けることを可能とする感度の高さのことだ。

普通物は物で其れは色彩其のものでは無くまた生きても居ない。

ではあるが其れをより原初的な認識でもって見るとまさに其れが生きて居るかの如くに感ぜられて来る訳だ。


また色彩其のものもまた生きて居て其れが観念ともまたさうして連なって来る。

其の種の全體性のやうなもの、其の全體論的認識が観念上の矛盾、所謂アンチノミーのやうなものですら許容しむしろ其処に豊かな彩りに満ちた命を与えて行く。




其れと藝術に可能なことが生の哀しみをむしろさうして肯定的な段階、まさに生きる歓びへの階梯へと変えて仕舞うことなのではないか。

まさしく其れがポエムとしての藝術にのみ可能なことなのではないか。


ポエムはさうしてあえて場違いな認識をして生の哀しみを消し去って仕舞うのである。

其れは純文學によるシリアスな現實との関わり方とはまた全く違うことだらう言わば禅で言うところでの「寒山拾得」的な「遊び」の境地を指し示すところでのものなのではないか。


謂わば其の老成した概念的理解がむしろ幼子に於ける遊びの世界と結び付くのである。


事實僕などは今やまた小学生の頃に戻った積もりにて此の世界の諸と遊び初めて来ても居るのだ。

わたくしもまた其の人間としての概念としての苦を極めた上でまさに其のやうな境地へと今至って居るのやもしれぬ。



生の哀しみを消し去る方法に弐種があり、壱つは其れが宗教の次元でありいま壱つが藝術の次元である。

当初我は宗教の方をこそ重んじて居たものだったが其れにもまた限界が感ぜられ始めて来た。


なんとなれば宗教は組織的な行いでありよって其の集団の信念乃至は信心の力が何より力を発揮するであらう何かである。

だが藝術に於ける救いはあくまで個を対象とする救いであり解放である。


宗教は救いを齎すがかうして藝術のやうに個を解放に導く訳では無い。

其れも禅宗と原始佛教を除いてはおそらくはさうなのであらう。



よって其のポエムとしてのMIROの音樂性に其の解放者として生きたMIROの創造性にこそむしろ今我は最も惹き付けられ且つ共振して居る最中なのだ。

尚藝術にも合う、合わぬの違いがあり其れは特定の人間が合う、合わぬと云うこととまるで同じで其れが實は論理以前でのフィーリングのやうなものから決定されることなのである。


ちなみにかって我は3Mの画家が好きであり、其れがMIRO及びMATISSE及びMONETであった。

後にREDONが最高の画家として認識されるやうになったが兎に角MIROの絵画は其れこそ小学生の時分より好きであった。




ピカソと並ぶ現代スペインの巨匠・ミロと日本の深い結びつきを紐解く 『ミロ展―日本を夢みて』内覧会レポート | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス (eplus.jp)

こちらも以前の東京展の模様が紹介されて居るが大體こんな風に名古屋展でも展示されて居た。


ミロ展 ―日本を夢みて - Bing video

ミロ展──日本を夢みて|愛知県美術館 (miro2022.jp)


其の名古屋展の模様だがMIROが所謂日本贔屓の人であったことが紹介されて居る。

MIROはさうして所謂天才的な感度を持つ割には無口でもって眞面目な人だったとされて居る。


さうして派手な人では無く元元内面的に沈潜して行くタイプの藝術家でもあった訳だ。

また日本贔屓な割には余り日本的な感性を其の作品より感じ取ることは出来ずあくまでスペイン的な感度の持ち主だったのだと言える。




(365) Pinterest

昔観たMIROの絵画作品の中で壱番インパクトがあったのがまさに此の作品だった。



The Smile of the Flamboyant Wings, 1953 - Joan Miro - WikiArt.org

かう云う作品もまた好きである。



作品詳細|20世紀|作品紹介|国立西洋美術館 (nmwa.go.jp)

其の赤い日の丸の如きものが屡出て来る。
或は禅で云う円相のことか?


『愛知県美術館・絵葉書で綴る展示会(2):『ミロ展』』名古屋(愛知県)の旅行記・ブログ by 旅人のくまさんさん【フォートラベル】 (4travel.jp)

此処でのージョアン・ミロ(1893-1983)『女、鳥、星』1942年 デ・モイン・アートセンター蔵(アメリカ・アイオワ州ーと云う絵葉書は是非欲しい。
現場でつい見落して仕舞って居た。

『女、鳥、星』1942