目覚めよ!

文明批判と心の探求と

#その他環境問題

絶滅の今ー現實としての敗者を選ぶ者が精神の勝者であり現實としての勝者を選ぶ者が精神の敗者であるー

環境の問題に於ける課題が、人間の社会に対し究極的な課題であることを我我個はすでに気付き始めて居る。 無論のことコロナ禍も集中豪雨も其の環境問題である。 環境問題が文明社会にふり掛かると事實上社会は麻痺し挙句には機能不全に陥る。 故に環境問題こ…

環境問題と幕藩体制はどちらがより大事か

かのグレタさんが今トランプ大統領とやり合って居るとのことである。トランプ氏、「今年の人」トゥーンベリさんは「怒りを抑制すべき」 「すごくばかげている。グレタは自分が抱えているアンガーマネジメント(怒りのコントロール)の問題に取り組んで、友人…

常に具象的な自然の怒り

元より文明とは抽象概念の巨大なる集積なので、自然の齎すところでの具象的破壊力に対しては手も足も出ぬ。 其の具象的破壊力をむしろ文明は長きに亘りナメて来て居た。 具象的破壊力は地にも満ち天にも満ち人間界にも實は満ち満ちて居る。 よって抽象的に形…

仏法から辿る環境問題

其の抽象願望を過度に追求していく世界観を仏法は極度に嫌ひます。 特に禅家に於ひては其の観念的過程こそが煩悩の温床であり苦の母胎であるとして其の観念自体を否定するのです。 つまるところ其処では認識作用の根本にまで遡り観念としての因を滅却してい…

「温暖化非常事態」を視てー2ー

2.今何が進みつつあるのか さてこれまで述べて来たやうに文明とは抽象願望を過度に追求していく現象だと云ふことです。 人権の拡張然りまた幸福追求への権利然りで其処ではまさに何処までも人間中心主義を貫かんとして居る訳です。 然しあくまでも其れは抽象…

「温暖化非常事態」を視てー1ー

さて此の度16歳の少女が訴える 温暖化非常事態を繰り返し四度程視てみました。 何故なら結構内容のあるものでまさに大問題を真正面から取りあげた番組であったからだ。 1.グレタさんの活動に就ひて まさにとんでもなひことになって居た。 つまり今やグレタ…

たまにはNHKの番組を視てみやう

16歳の少女が訴える 温暖化非常事態 此のグレタさんの怒りの顔つきが兎に角とても怖ひ! さて言ふまでもなく地球温暖化はまさに人類にとっての死活問題なのだ。 但し其れが我我に取りいまひとつ危機として感じられぬのは我我現代人が思想的洗脳を受け其の大…

白黒をつける是非

怒りと涙の訴え 16歳 グレタさんを知っていますか? 「『大切な勉強の時間を無駄にしている』と言われるかもしれないが、政治家たちはこの数十年間を何もせず無駄にしてきた。私たちは温暖化の問題解決まで活動やめない」以上より引用 政治家はこれまで何も…

薔薇荊としての罠 ーグレタさんの文明批判に寄せてー

グレタさん演説全文 「裏切るなら絶対に許さない」涙の訴え 『私が伝えたいことは、私たちはあなた方を見ているということです。そもそも、すべてが間違っているのです。私はここにいるべきではありません。私は海の反対側で、学校に通っているべきなのです…

一人の少女の正論に対し正論でもって応ずる

「子どもの未来、奪わないで」 15歳の活動家、COP24で演説 『私はグレタ・トゥーンベリといいます。15歳です。スウェーデンから来ました。「クライメート・ジャスティス・ナウ」の代表として演説しています。 スウェーデンは小国なので、私たちが何…

環境問題は「セクシー」か否か

玉川徹氏「セクシー発言」の小泉進次郎氏に「潮目が変わったのは結婚から。意外と視聴率取れない。ファンの人たちは虚像を見ていた」 其の結婚前であれ結婚後であれ元々かの小泉 進次郎に望むべき理性などは無ひのでありだからこそ直ちに大臣など辞めよとさ…

真の幸福とは何か

モノ、カネ、ギジュツを追求することで進む現代文明に於ける人間の幸福の追求は、其の幸福ということの意味の本質をむしろ外して仕舞って居ることだろう。 真の幸福とは何かということをいつの間にか問わなくなって仕舞った現代人は謂わば心の盲人のようなも…