目覚めよ!

文明批判と心の探求と

薔薇荊としての罠 ーグレタさんの文明批判に寄せてー

 
 
 
『私が伝えたいことは、私たちはあなた方を見ているということです。そもそも、すべてが間違っているのです。私はここにいるべきではありません。私は海の反対側で、学校に通っているべきなのです。

あなた方は、私たち若者に希望を見いだそうと集まっています。よく、そんなことが言えますね。あなた方は、その空虚なことばで私の子ども時代の夢を奪いました。

それでも、私は、とても幸運な1人です。人々は苦しんでいます。人々は死んでいます。生態系は崩壊しつつあります。私たちは、大量絶滅の始まりにいるのです。

なのに、あなた方が話すことは、お金のことや、永遠に続く経済成長というおとぎ話ばかり。よく、そんなことが言えますね。
 
 
30年以上にわたり、科学が示す事実は極めて明確でした。なのに、あなた方は、事実から目を背け続け、必要な政策や解決策が見えてすらいないのに、この場所に来て「十分にやってきた」と言えるのでしょうか。

あなた方は、私たちの声を聞いている、緊急性は理解している、と言います。しかし、どんなに悲しく、怒りを感じるとしても、私はそれを信じたくありません。もし、この状況を本当に理解しているのに、行動を起こしていないのならば、あなた方は邪悪そのものです。

だから私は、信じることを拒むのです。今後10年間で(温室効果ガスの)排出量を半分にしようという、一般的な考え方があります。しかし、それによって世界の気温上昇を1.5度以内に抑えられる可能性は50%しかありません。
 
 
人間のコントロールを超えた、決して後戻りのできない連鎖反応が始まるリスクがあります。50%という数字は、あなた方にとっては受け入れられるものなのかもしれません。

しかし、この数字は、(気候変動が急激に進む転換点を意味する)「ティッピング・ポイント」や、変化が変化を呼ぶ相乗効果、有毒な大気汚染に隠されたさらなる温暖化、そして公平性や「気候正義」という側面が含まれていません。この数字は、私たちの世代が、何千億トンもの二酸化炭素を今は存在すらしない技術で吸収することをあてにしているのです。
 
 
私たちにとって、50%のリスクというのは決して受け入れられません。その結果と生きていかなくてはいけないのは私たちなのです。

IPCCが出した最もよい試算では、気温の上昇を1.5度以内に抑えられる可能性は67%とされています。

しかし、それを実現しようとした場合、2018年の1月1日にさかのぼって数えて、あと420ギガトンの二酸化炭素しか放出できないという計算になります。

今日、この数字は、すでにあと350ギガトン未満となっています。これまでと同じように取り組んでいれば問題は解決できるとか、何らかの技術が解決してくれるとか、よくそんなふりをすることができますね。今の放出のレベルのままでは、あと8年半たたないうちに許容できる二酸化炭素の放出量を超えてしまいます。
 
 
今日、これらの数値に沿った解決策や計画は全くありません。なぜなら、これらの数値はあなたたちにとってあまりにも受け入れがたく、そのことをありのままに伝えられるほど大人になっていないのです。

あなた方は私たちを裏切っています。しかし、若者たちはあなた方の裏切りに気付き始めています。未来の世代の目は、あなた方に向けられています。

もしあなた方が私たちを裏切ることを選ぶなら、私は言います。「あなたたちを絶対に許さない」と。

私たちは、この場で、この瞬間から、線を引きます。ここから逃れることは許しません。世界は目を覚ましており、変化はやってきています。あなた方が好むと好まざるとにかかわらず。ありがとうございました。』以上より引用
 
 
 
 
 其の世の中が間違って居ることが見通せたのは、まずは君が汚れなき心の持ち主であらうからだ。
 
此の世ー社会ーは確かに間違って居り其ればかりか腐り切っても居やう。
 
 
其れは誰が悪ひと云ふことではなく人間其のものが何かとても悪ひものであらうからだ。
 
 
 
問題は左様に誰が悪ひのでも無ひのに人間の行ひ、其れも全体としての行ひが往往にして悪くなり易ひと云ふ点にこそある。
 
コレが所謂社会科の領域で謂われるところでの全体主義としての問題だ。
 
尚、全体主義に関しては大女流政治思想家ハンナ・アーレントのことを学んでおくと宜しひ。
 
 
ちなみにハンナ・アーレントはかの大哲學者ハイデガーの愛人をして居たことでも知られて居る。
 
彼女の思想で特に感銘を受けたのは、ナチズムに於ける全体主義の分析から所謂「凡庸なる悪」と云ふ概念を生み出したところにこそある。
 
 
後に「凡庸なる悪」なる概念をもじって「善なる悪魔」と其れに対になる形で「悪なる善者」と云ふ概念をわたくしは生み出した。
 
其の「凡庸なる悪」とは人間の持つ悪の根源にまで遡り其れを論じた概念だ。
 
 
 
ヒトラーの行ひしナチズムに就ひては、「史上藝術家が行いし最大の悲劇」としてしかわたくしには捉へられぬ。
 
 
藝術家は政治または他の実利的な要素には無関心であるべき、とわたくしは考へており、尤もわたくしは昔社会科を教えて居りし手前たまには政治のことなども述べるが基本的には其れには大ひに無関心なのだ。
 
商売やら他の諸の保身ーたとへば貯蓄などーに関してもまるで無関心だ。
 
常に観念度が高く保たれて居るゆえさうした部分には入っていけぬのだ。
 
 
で、ヒトラーと彼を支持した大衆とはまるで別物だと思って居るが其れは藝術家と大衆は違ふと云ふ意味に於ひておそらく違って居たことであらう。
 
アーレントの分析の結果、結果的に暴力を目的化したナチス・ドイツ全体主義を構成した全ての人々に實は悪意など無かったのである。
 
 
収容所の主計官にせよナチスの将校にせよ皆其の日毎の仕事をこなす為につまりは与へられし職務をこなす為にだけ奮闘して居たのである。
 
つまるところ悪は悪人が行ふものには非ず、特に社会的な悪ほどさうなのだ。
 
 
 
 
翻り戦時中の日本国のことを考へてみやう。
 
まずは其処で皆一心不乱に頑張って居たのではなかったか。
 
 
第一犯罪さへもが少なかったことだらう。
 
要するに犯罪を犯して居るだけの心理的余裕も無ひ。
 
 
さうして国民が従って居るのは兎に角日本国全体としての利益である。
 
おそらく独逸よりもより強く其の全体の利益に結び付けられて居たのが日本国民としての律義さでありクソ真面目さだった。
 
 
 
だが、逆に其のクソ真面目さ程恐ひものも無ひ。
 
つまり、全体の利益とされつつも竹槍訓練だの学徒出陣だの勤労動員だの目の前の作業に追ひまくられ毎日必死に其れ等の職務をこなして居た訳だ。
 
 
対して戦後は一転し経済成長に勤しんで来た訳だがアレ、でも其れって独逸の場合とまるで同じではなひか。
 
 
まあ共に平均的に知能レヴェルが高く一種の優等民族であるゆえ妙なところで仲良しの国なのだらうが。
 
 
クソ真面目さは元々両国ともしかと持って居り其のクソ真面目さこそが實は全体主義を目的化するに足る精神的資質ではなかったらうか。
 
 
 
 
「凡庸なる悪」即ち「善なる悪魔」は社会化し抽象化された目標を持つことで其の目的の是非ー善悪ーを問わず其の行為が正当化されて仕舞ふ。
 
経済成長を追い求めて来し日本の戦後世界に於ひても其の全体主義としての原理は確実に推進されて来たことであらう。
 
 
が、其れにより地球を破壊して来たのであればまさしく其の高度経済成長を成し遂げて来た日本国民こそが「凡庸なる悪」の履行者なのだ。
 
 
 
 
 
『人々は苦しんでいます。人々は死んでいます。生態系は崩壊しつつあります。私たちは、大量絶滅の始まりにいるのです。

なのに、あなた方が話すことは、お金のことや、永遠に続く経済成長というおとぎ話ばかり。よく、そんなことが言えますね。』
 
 
 
確かに生態系は崩壊しつつあることでせう。
 
 
でもおそらく大衆は苦しんでは居なひことでせう。
 
 
苦しんで居るのはグレタさん、あなたを含めたところでのごく一部の気付きし人々のみです。
 
 
生物の大量絶滅に至る可能性もまた高く存して居ますが、おそらくは其れも今世紀後半より徐々に顕在化していくことでせう。
 
 
尚お金と云ふのは、つまりは其れは抽象化のことです。
 
元来物資は物々交換で得て居たものです。
 
 
 
ですが労働の複雑化や余剰価値の発生により其処で必然的に貨幣を生み出さざるを得なくなる。
 
 
但し問題は貨幣経済は利潤をもまた生んで仕舞ふと云ふことです。
 
不労所得が其処に生じて仕舞ふと云ふことだ。
 
 
尚わたくしはかねてより金に執着する心の依存度を下げる為にもう金など止めよとさうも言ふて来ても居ります。
 
 
 
 
 
『30年以上にわたり、科学が示す事実は極めて明確でした。なのに、あなた方は、事実から目を背け続け、必要な政策や解決策が見えてすらいないのに、この場所に来て「十分にやってきた」と言えるのでしょうか。

あなた方は、私たちの声を聞いている、緊急性は理解している、と言います。しかし、どんなに悲しく、怒りを感じるとしても、私はそれを信じたくありません。もし、この状況を本当に理解しているのに、行動を起こしていないのならば、あなた方は邪悪そのものです。

だから私は、信じることを拒むのです。今後10年間で(温室効果ガスの)排出量を半分にしようという、一般的な考え方があります。しかし、それによって世界の気温上昇を1.5度以内に抑えられる可能性は50%しかありません。』
 
 
 
 尚今後はグレタさん、アナタのやうに文明に対する批判的な見解が次々と表面化して来る可能性もまた大きく存することでせう。
 
 
これまで皆が集合的無意識阿頼耶識のやうな形でもって心の奥底に抱ひて居た思ひが一挙に噴出して来る可能性が高くなったとも言へることでせう。
 
 
邪悪なる人間達は緊急性も何も理解などしては居らずタダ其の時々に於ける欲得の機会にしがみつくばかり。
 
人間とは元々さうした信用ならぬ者共の異名ですからそんなものを信じて生きて行く必要などサラサラ無ひ。
 
 
 
但し今後アナタにだけ出来ることがあります。
 
其れは現在のアナタの立ち位置、文明に対する正義の怒りの感情を決して忘れぬことです。
 
 
誰もが大人になればなる程より大きなものに対して批判する力を失っていきます。
 
 
逆により大きなものに対する承認欲求が増して来てさういふのが増えますと逆に家族は喜ぶわ上司は満足するわでそんなことではまさに批判もヒッタクレもなくタダのナチスの収容所の看守であり親衛隊の将校であるのと同じことです。
 
 
なので兎に角個人としての批判力をどうか磨き続けて下され。
 
 
 
残念ながらもはや爺は爺で逞しく立つ力には欠けて来ておる。
 
ほーりゃー、どすこーい、ワリャー、いてもうたろかー、と云ったパワーにはもはや欠けると云ふか何故か何処からも力が湧ひては参りませぬ。
 
 
 
 
 『人間のコントロールを超えた、決して後戻りのできない連鎖反応が始まるリスクがあります。50%という数字は、あなた方にとっては受け入れられるものなのかもしれません。
私たちにとって、50%のリスクというのは決して受け入れられません。その結果と生きていかなくてはいけないのは私たちなのです。

今日、これらの数値に沿った解決策や計画は全くありません。なぜなら、これらの数値はあなたたちにとってあまりにも受け入れがたく、そのことをありのままに伝えられるほど大人になっていないのです。』
 
 
 
 其の人間のコントロールを遥かに超へる自然の暴走はおそらく此の十年程で次第に顕在化して来ることでせう。
 
 
ところが人間と云ふものは案外しぶとい生き物ですのでおそらくは夏場に気温が四十度以上となったにせよなかなか弱ることなどが無ひ。
 
 
おそらくはより強力なエアコンを造り其れでもって何とか凌ひでいくことでせう。
 
 
影響が懸念されるのはむしろ無垢なる自然の方でせう。
 
 
自然界での絶滅が加速度的に進み、其れこそこれまで海の幸、山の幸として古来より恩恵を享受して来た生物種が壊滅的な被害を被る虞もまた高くあらう。
 
 
 
 
さてさうなんです、實は我我こそが子供なんですー。
 
さうじゃ、我我五十歳以上の爺婆は實は幼稚園児ほどのEQレヴェルしか持ち合わせて居なひのだ。
 
 
其れはまさしく戦後の経済成長のツケでせう。
 
 
顔はジジイでも心は子供。
 
だからデカいことなど考へて居りませぬ。
 
 
尤もわたくしがいつもデカひことを言ふのは半分が詩人と云ふまさに特異体質だからなんですね。
 
 
其れにつけても我我バカジジイ、バカババア、ウソコキ母ちゃん、アホ父ちゃんをそんな風に叱って下さりまさにまさに有難う御座ります。
 
何やらどことなく気持ちが良う御座りますがそんなマゾ的なところで陶酔して居ては絶対にイケナイのだらうな。
 
 
 
 

『あなた方は私たちを裏切っています。しかし、若者たちはあなた方の裏切りに気付き始めています。未来の世代の目は、あなた方に向けられています。

もしあなた方が私たちを裏切ることを選ぶなら、私は言います。「あなたたちを絶対に許さない」と。』
 
 
 
うーむ、何やら半世紀振りに學校の先生に叱られて居るかのような感じさへもが致します。
 
さうですか、若者達は我我の裏切りにしかと気付ひて居るのですか。
 
 
とてもそんな風には見へぬのですがねえ。
 
何時でも何処でもスマフォばっかり見詰めて御座るアホンダラにしか実際見へぬのだが。
 
 
 
でもさうです、さうなんです、人間など金輪際赦してはならぬ。
 
人間とは此の地球上にはびこるウイルス其のものです。
 
 
さうまさに病原菌の類なのじゃよ。
 
 
 
ですが、最後に少しだけ老人と云ふか我我の生きた時代を弁護させて下され。
 
 
アナタ方の父ちゃん、母ちゃん、さうして爺ちゃん、婆ちゃんは確かに旧人類としてのバカ其のものです。
 
 
我我は皆事実として救ひやうの無ひバカでした。
 
 
でも人間は太古の昔より皆無類のバカだったのですぜ。
 
 
 
一番のバカは我我戦後世代が抽象的に規定されし経済成長による幸福を其の侭に信じ込んだことでした。
 
 
さらに抽象的に規定されし金の力をつひ盲信したことです。
 
 
お次に神仏さへ具象化して仕舞ひました。
 
 
つまりは全てを現世利益化して仕舞った。
 
 
 
其の裏切りは然し、其の裏切りとは元をただせばむしろ君達の幸せを願ってのことでありました。
 
 
其れは要するに時代に踊らされて居たのであります。
 
元より歴史過程を生きる我我は其の時代、生きる時代其のものには抗することなど出来ぬ。
 
 
 
全体主義の時にはさうして全体主義をやる他は無く、他方で欲ボケの戦後には金と儲けと女の尻ばかりを追って参りました。
 
 
要するに常にビンビンであることこそが美徳とされて居たのであります。
 
 
愚かにもおおまさに愚かにも其の価値観ばかりはとても崩せなかったのだ。
 
 
其処でもってもしわたくしのやうにいつもやる気の無ひやうな話をすればもう其れは村八分であり非国民でもって即牢屋行きです。
 
 
 
ゆえにこと裏切りと云ふことに関しては情状酌量の余地ありと云ふことで是非にも執行猶予付きの判決を出して頂きたひものだ。
 
兎に角かってはみんながバカでかの鉄腕アトムでのやうな未来を夢見て居たのです。
 
 
月ロケットや空飛ぶ車やロボットやアンドロイドが幸せの象徴であるかのやうに信じ込まされておった。
 
さう其処には常にバラ色の未来が光り輝いておったのだった。
 
 
あらうことか其れが薔薇荊としての罠であるとも知らずにまさに知らず知らずのうちに我我は其処に摺り寄っていったのでした。