目覚めよ!

文明批判と心の探求と

明けまして何が目出度いか


明けまして目出度い。

本年も甘いものを食べつつ脳みそを働かせ発禁文を次々と生み出していくか、それともまた一筆記具愛好家に戻りモノへのラヴレターを書いていくか、と云う選択に迫られし昨今の我である。

そればかりではなくゴルフの方でつひに真理の打ち方が分かったのでもうこのままゴルフ三昧で腹上死ならぬラウンド死かまたは練習死してみたりするのもまた乙な死に方なのではないだろうか。


うわおー、兎に角早く球を打ちたい。

そして教えて進ぜよう。

悩んで居る君等アベレージゴルファーに福音を授けるのだ。


そんな訳でわたくしはレッスンプロにでもなった方がむしろ良いのではなかろうか。

それで稼げるなら文明批判は即止めてゴルフの方で食っていっても良い。

それにスポーツは体を丈夫にするし精神面でも常に前向きになれるから案外好きなのだ。


このやうに真理をみつけるのが上手いわたくしは何にでも真理を掴み取って仕舞う。


でも個人的にはまた筆記具への愛の内側へ戻っていきたい。


文明は相変わらずバカだからばかはばかとしてそっとしておくべきなのやもしれぬ。

その間わたくしはゴルフとペンで遊び回り理性のことなど何も考えないこととなろう。


そうだ、わたくしは理性を捨て批判を捨てて生きるのだ。

楽しいことばかりして生きていきたい。


仕事での高ストレス判定も出て居ることだし、それでもってもし癌にでもなり死んだら全部会社が悪い、即ち社会が悪い。

然し文明のバカさ加減は矢張りどうしても述べておかねばならぬ我が畢生の大仕事じゃ。


それでは皆様どうかごゆるりとお過ごし下さい。

会社にこき使われた挙句にこんな暗い話ばかりのブログを読んで居ると絶望の余りに自殺したり癌になったりともうロクなことはない。

どうか珈琲でも飲みながら或はショコラでも食いながらついでに黒猫の頭を撫でつつ是非お読みください。


此の世には言葉になる真理などはなく我我の心身も虚の肉まんじゅうであり牛蒡の千切りであるに過ぎない。


明けまして目出度い。

と信心することにより事実目出度くもなろう。

明けまして絶望です。

とはなかなか言い切れぬ故目出度いと云う事にしておくが其れが不思議なことに目出度いと言っておけば事実目出度くもなってこよう。

謂わば依正不二であり不確定性原理である。

全ては必然であり運命のようでいて自分が変われば周りも変わるからそうしてみて下さい。


私?

わたくしはたいして目出度くも無い今に目出度いとは言いたくはないがゴルフの打ち方が分かったことと念願の古いプラチナ萬年筆が得られたのでそうした意味では明らかに目出度い。

然し母の体調が思わしくないので其処は目出度くはない。

でも黒野良猫のクロが餌やりの時になついて来たことが存外に目出度い。

だが明日の朝早う起きて仕事に出向くのは何十年やっても嫌じゃ、まるで目出度くはない。