目覚めよ!

文明批判と心の探求と

我我は何処から来て、何を為し、そして何処へ行くのか


畢竟限定の解除と云うのは合理化と云うことなのかもしれません。

そも限定の解除を為す為には合理的な思考の素地が必要で、其の合理的な思考の素地を成らしめて居ることそのものが合理化なのだと云えそうです。


ところで、生とは何でしょうか。

何度考えても分からなくなるものが生ですね。

事実生の意味も目的も何も分からないではありませんか。



どだい我我は何処から来て、何を為し、そして何処へ行くのでしょう。


然し我我が何者でそして何をするかと云うことが最も大事なことなのかもしれない。



何故なら何処から来てそして何処へ行くかと云う事は問題として捉えられないことでしょう。

我我が今此処でどんな悪さをして居るか、またどんなバカであるか、色キチ外でアホな我我はひょっとすると宇宙一の厄介者なのではないか。



事実我我が地球を滅ぼす虞は大いにあります。

ただし其の前に文明を滅ぼす可能性の方が高い。



然し文明が滅ぶのはむしろ地球にとっての好都合です。

だから其処には何ら問題は無いと捉えておくのが良さそうだ。

むしろ物凄くええことで、それぞつまり破壊者としての文明が崩壊し我我はまたサルに戻るのでしょうからまことに目出度い限りで御座ります。



今後は其の目出度い未来が日々次第に形作られ文明を圧迫して来ることでせう。


でも其の様こそが多分問題そのものです。

ニヒリズムに蝕まれつつ我我の未来は徐々に崩壊していくのです。


でもだから目出度い。

近代文明が壊れるから目出度い。



尚文明を壊すのは温暖化や自然災害ではなくおそらく精神の崩壊です。

此の精神の崩壊をかのニーチェも予言して居りました。

手段の目的化により必要以上に肥大化した文明は必然的にニヒリズムに陥り人間の精神を圧迫していきます。



ただし其の文明と云うのは西欧近代のことでせう。

近代文明を前提とする限りは其のニヒリスティックな現在であることを免れませんがたとへば東洋型の文明を新たにつくればそんな必然としての破壊から免れることが出来るのかもしれない。

が、東洋の文明は魔法の文明ではないので西欧近代型に比して其れは弱いです。

だから東洋の文明、思想の勢力が削がれていくことは必然です。



其のやうに東洋は滅ぶべくして用意されて居た何かであっておそらくは持続型、つまりはより持久力のある文明の型だったことでしょう。

ショーペンハウアーニーチェも、此の東洋の価値観、思想から大きな影響を受け自らの哲學を完成させるに至った。

其の価値観は基本的に反合理主義なのだとも言えそうです。



ですがニーチェの述べた超人の思想は一面で可成に合理主義なのかもしれない。

どだい超人なんて云うのはそれこそ限定の解除そのものでの思想です。



けれども限定をより強固にする思想こそがズバリ文明の寿命を長持ちさせる考えです。

長持ちさせると云う事は基本的に維持であり保全ですので保守思想ですね。


けだし此の保守と云うのは曲者ですから其処でよーく考えて置く必要が御座ります。


第一安倍政権、コレは急進的な進歩主義に培われた米国保守勢力ー革新を是とするーに追随する革新政権ですので厳密にはまるで保守では御座いません。



米国は基本的に革新政権ですので本当の本当は保守なんて何処にも御座いません。

対して英国には事実保守勢力は存在して居りましょう。


よろしいでしょうか。

保守と云うのはズバリ、進歩主義を認めたくないか軽視する立場のことです。

逆に伝統的な文化や制度を大事にしていく立場のことです。



ですから90年代以降の自由民主党が保守勢力だなんてちゃんちゃらおかしい話です。

米国に追随して日本をぶち壊して来たのが小泉ー安倍政権の流れ、それも米国主導の新自由主義政策の模倣なのでありましょうからもはやコレは急進的革新勢力です。



だから其の革命勢力ー技術革命、近代主義革命=進歩主義ーに投票などしちゃいけません。

と今此処で限定させちゃいます。

アナタの自由を奪いそれこそいいように操りたいのです。

だから此のブログは自由の場などでは御座らぬ。

わたくしの独断と言葉の暴力がちりばめられた恐怖の全体主義の場だ。



では日本共産党は何なのかと云えばもはや紛う事なき保守政党です。

だってアナタ、日本共産党は戦後体制の強力な護持者ではないですか。

憲法を護り戦争に反対する、さらに自由も民主主義も確り守るんでしょう、ならば保守派だ。



まあでも最終的には共産革命にでももっていきたいのかな?

だから何が何やら訳が分からなくなって来るのであります。


一方で左翼政党は例外なく進歩主義者ですので其の点では明らかに革新派です。



左様に訳が分からずとも、かの佐伯 啓思先生の分類によれば進歩主義を奉ずるかそうでないかが革新と保守の本質的な違いなのだそうです。

尚是は非常に分かり易い区別です。



で、アナタは保守派でしょうかそれとも革新派ですか。

わたくしは今明らかに保守派です。

なんとなれば反進歩主義者だからです。


また反合理主義者でもある。

新しいものが嫌いですね、もはや須らく。

スマフォとか仮想通貨とかもうまるで訳が分からないですね、此の社会の新しいもののほとんどが。



其れから人間も訳が分かりませんね。

スマフォ見ながら歩いて居る奴や仮想通貨で大儲けして居る奴等の気がしれません。

尤も何かと云うとすぐに股を開きたがる若い女共の狂った頭の中身こそが最も分らぬが。



保守派だから自民党が好きかと云えばむしろ大嫌ひですね。

もしも世界共産革命が成ったらまた左翼に戻ることでしょうから元々自民党なんて嫌ひだ。


けれど世界共産革命は今後も絶対に無いし近代主義の限定的展開と云う事もまずあり得ない。

じゃわたくしは何を求めて居るのだ、一体今何を?



要するに変わりたくはないですね。

ずーっとこのままで居たい。

逆に過去へは戻ってみたい。


其の進歩が何より嫌ひですから。

勿論合理主義は嫌ひだ。


また自分は好きだが嫌ひです。

女は嫌ひだが好きだ。


さて生きるのが好きか否か?

矢張り嫌ひだが好きだ。


人間を愛して居ますか?

人間は嫌ひだが好きだ。

動物は好きだが嫌ひだ。


革命は好きだけれども嫌ひだ。



米国と北朝鮮のどちらがより好きですか?

どちらも嫌ひだ。

仏蘭西女と北欧女のどちらをより愛して居ますか?

どちらも嫌ひだ。

ただし何人だろうと尽くす女が好きじゃ。



我我が今此処でどんな悪さをして居るか、またどんなバカであるか、色キチ外でアホな我我はひょっとすると宇宙一の厄介者なのではないか?


厄介者であることだけはまず間違いない。

然し問題は其の厄介な人類の滅亡にある訳ではない。



我我の認識の愚にこそあるのだ。

個々の認識の愚と集合的な無意識の愚の両方があり残念なことにどちらも愚である。

と云う事は個々の認識の愚を正しても其の集合的な無意識の愚が自分の一部として保存されて居るので元より解脱などするのは不可能だ。



仏陀は不可能だから、せめて阿羅漢になる。

コレがわたくしの基本としての精神のスタンスである。



さて新しいものより古いものの方が明らかに良いです。

たとへば萬年筆は百年以上前のアンティーク物が一番だ。

ーわたくしはそんな萬年筆のコレクターでもありますー

女、コレも新しい女より古い女の方がよりそそられやう。


ー頭のー古い若い女こそが最高である。

アンティー萬年筆はー出来がー古い新品こそが最高である。



社会は昔ほど貧しくなるが其処では精神が豊かになる。

現代は豊かだが精神はすでにボロボロだ。

ところで社会は何故萬年筆や女のやうにスッキリと規定出来ないのか。


なぜなら昔の社会の方が精神的には良かったとも言い切れずで。

かっては諸の抑圧構造が存して居たゆえに。

だからこそ近代は自由と平等をそして豊かさを追い求めて来た。


こんな風に古いものは良いと言い切れないのが社会の面倒臭さなのだ。

社会とは一体何だ。

社会など無い方がまだましではないのか。



第一其の進歩史観とは何ぞや?進歩史観

「歴史を人間社会のある最終形態へ向けての発展の過程と見なす歴史観。」以上より引用


すると文明に於いては歴史が目的化されて仕舞うのではないか。

歴史が目的化されると常に進歩が偉いと云う事となり即ち手段が目的化されることにも繋がろう。

即ち近代文明に於いては自由が平等がそして豊かさが至上の価値となり其処で精神的な価値などむしろ軽視されていくのだ。



進歩が偉くないと云う考えはタイムマシンのやうに過去へ戻る考え方だが其れは古い萬年筆や古い頭の女のやうに真に出来の良いものを見出していくことでもある。

新しいものが大好きな近代進歩主義は自由と民主主義と性の解放と其の他諸の精神に於ける破壊とが混然一体となって幻想するまさに悪魔の思想そのものじゃ。

或いはタイムマシンで過去へ戻ると我我は何処から来て、何を為し、そして何処へ行くのかと云うことがスッカリ分かるのかもしれない。


いや、もはや我我は過去になど戻れぬ、戻りやうがない。

我我にはもはや過去などない、そしてとうに未来もない。

あるのは現在だ、今と云う此の腐った時間のみだ。


進歩主義に毒された政治に支配されしニヒリズムとしての今のみだ。