目覚めよ!

文明批判と心の探求と

いまどきの社会に対する教育ーⅠ


まあ、もはやきち○い社会なので必然として此の世ではとんでもないことが起こり得る。


自分にはとんでもないことなど起こり得ないと考えて居るとしても事実我我の精神の破壊は進んで居ることなのである日突然とんでもないことに巻き込まれて仕舞ったりもする。



ところで真面目なアナタ、アナタにだって何が起こるものかわかりゃあしない。


第一此の世で一番怖いのはお化けではなく人間なのである。


このやうに人間は場合により日本刀を振り回して肉親をブチ殺して仕舞うこともあり得る。



またこのやうに人間は場合により罪なき小学生女子、中高生女子を輪姦して場合によりブチ殺すことをしでかすが如き悪い心を持って居る。いじめで集団レイプ、携帯で撮影 小学生の間でも



このやうにイザ切れると人間は何をするか分からない生き物でありゆえ野放しにしておいてはいけない。



人間は全て檻の中へ入れ男は褌、女は黒い布を被り反省するまで監禁しそして改心することなくば皆死罪を申しつけるのが妥当なのだ。



元より人間はもっと倫理的に生きるべきだ。


でもそんなことは幼稚園児でも分かって居る事であり其れが何故こんなに酷い心の持ち主ばかりになって仕舞うのか。


いいや、俺など僕などワタシなど何も悪いこと等して居ない。


殺しもせず輪姦もせずただただ真面目にこれまで生きて参りました。



然し君は女房を裏切り神社の裏や体育館の裏で不倫をなしたことはこれまでなかったか。


君はピンサロや変な風呂へ昔通っていたようだがそこで一体何発やって来て仕舞って居るのだ、


それではいかん、いかんのだ。


今すぐに其の数を正確に数え其の分だけの女犯の罪を原始仏教のお坊様にでも申告し罪障消滅して貰わねば長生きなどは決して出来ぬ相談だ。


或いは今すぐにこれまで行って来し姦淫の数を正確に数え神父様のところへ行き懺悔すべきである。



それで、もしこんなキチ○イ宮司が他にも居てアナタが初詣に行き拝んで居る最中に日本刀で首をスッパリ切られたらそれで嬉しいのか。


またもしアナタの大事な娘や息子がこんな風に悪い奴等につかまり凌辱の限りを尽くされたとしたら一体どうするのか。



アア、私か、私の場合は意外と過激で其のキチ○イ宮司を執拗に追い回した上必ずや地獄に追い込んでやる。


さうしてどこまでも精神的に追い詰めてやる。


そして其の未成年レイプ犯共も皆地獄に追い込んでやる。


さうしてどこまでも精神的に追い詰めてやる。



要するにわたくしは合理主義者なので甘くはない。


目には目を歯には歯を、でもって精神の地獄へと追い込むのだ。



社会が悪いのも金輪際許せやしない。


社会が悪いからこんなとんでもないことが屡起こり得る。



特に凶悪犯の低年齢化は起きてはならないことである。


これは、おそらく戦後民主主義に於ける平等教育から引き起こされて居ることである。



そして、性の自由化から輪姦の自由化と云うことが当たり前にもなって居るのである。



まあ兎に角都会では何が起こるか分からず安心して住めるようなところではない。


然しわたくしはたとえ夜寝て居る時に暴漢に殺されそうになっても全然怖くはない。



何故なら枕元には常に武器があるからだ。


其れもナイフではなく、チタンヘッド製のゴルフのドライヴァーがある。


之をわたくしがひと振りすれば、暴漢の頭は半分位吹き飛ぶのだし必ずや全身の骨は砕け散る。




さて丁度良い塩梅に検診の結果も出て私は今健康だし体調も良くパワーが全開である。


尤も精神の方が頗る辛くいつも死人のやうな感じがしているのではあるが兎に角飯をモリモリと食いガブガブと酒以外のものを飲んで百馬力位の力は多分いつも出て居る。



それもこれも、自動車などと云う文明の利器に頼らずヒーコラしつつ自転車で移動して居たところ何と変だった右足が最近物凄く太くなり兎に角わたくしの足は今競輪選手並の太さである。


足が太く尻もでかくパワーがあるので兎に角良く球が飛ぶ。



なので暴漢など恐くない。




でも女が恐い。


兎に角女にイジメられるので其れがまさに玉に瑕であり辛いところだ。


ナゼわたくしは女に理解されることがないのでしょうね。



こんなに頭が良くしかも百人力なのにモテないですねー何故か。


嗚呼ー、怖い、怖い、女は恐い。


女は恐いよ、魔物だよ。



此の魔物の価値観でもって余りに快適な世界を創り過ぎると人間の精神が鈍磨しそればかりかほんたうに狂っていくのではあるまいか。


それもどうも我我五十代から其の破壊が生じ始めて居るやうな気がしてならぬ。


事実殺された女宮司さんは私と同い年だった。



そしてまさにおぞましき輪姦の低年齢化。



此の一見違うもののやうに見える問題が実は精神の破壊、豊かさの中での、平和のさ中での必然としての精神の破壊と云う事を指し示してもいよう。


だから現代の日本に於ける異常な事件の底には須らく此の精神の破壊と云う問題が巣食って居る。



精神を破壊したのは誰なのか?


GHQなのか、それとも左翼による民主主義教育だったのか。


否、そうではなく矢張り其れは欲望なのである。



そして其の欲望の元を辿ると、所謂女の欲望そのものへと行き着く。


即ち便利で快適で豊かであること、このことこそが女を満足させ世界を女性化させる原動力だったのである。



ところがいざそうなれば人間の心は貧しくなりやがては壊れていって仕舞う。



だから矢張りそれだけではダメなのだ。



便利ではなく快適でもなく金が無いことこそがむしろ人間を鍛え正しい方向へ心身を導くのだ。


事実自転車とゴルフの猛練習でもって私の躰は今強靭化して来て居る。



そして精神は常に倫理と道義に刺し貫かれて居りゆえに援交には決して手を出さず、ピンサロにも行かず女にもまるで触れない。


なーるほどー、我が女にモテない理由がたった今分かった。



1.女よりも頭が良過ぎる
2.文明そのものを否定している
3.常に精神論をぶつ


とのことで、コレが全部女の大嫌いなことばかりなのでありました。


4、マニアであり自分の好きなものばかりに金を使う
5.足が臭い


と云うことも実はあり、ところがわたくしは実はハンサムな方で若い頃はほんたうにそうだったのでしたがもはや女には見向きもされないやうなハゲ男になりつつあります。-でもハゲはまだほんの少しですよー-