目覚めよ!

文明批判と心の探求と

「みんなのうた」としての『金色のバトン』より感ずることー+カントの道徳律より學ぶー

57.「みんなのうた」としての『金色のバトン』より感ずることー+カントの道徳律より學ぶー

 

 

 

 

金色のバトン | NHK みんなのうた

Jr.EXILE 金色のバトン 歌詞 - 歌ネット (uta-net.com)

 

さてもみんなは今日も朝早うから地球を破壊するお仕事に勤んで居ますか?

其れもみんなでもってさうして御遊戯しつつ赤信号をしかと渡って居るのですか?

 

でもみんなはもう檻の中へ入った方が良いのではありませんか?

しゃかいの先生はどうもそんな風に思えてならないのです。

 

だが先生が自転車に乗りながらもしも其れを叫ぶともう先生は精神病院に監禁されて仕舞うんですね。

ああー、困ったなあ、先生はもうほんたうに弱り切っています。

 

 

あれ、A君、君はまたソコでウンコを漏らしましたね。

オシッコを漏らす位ならまだしも良いが其の大の方は絶対に漏らしてはイケませんよ。

 

おや、B君、また👩の子のパンツをズリ降ろして居ますね、👩の子のパンツをズリ降ろすやうな悪い子はもうお尻ペンペンです!

其れとお前のパンツもズリ降ろしてやるわ!

 

さてもコレでどうだ!

わーん、わーん、わーん。

 

尚わたくしは小学校参年生の頃にほんたうに其れをやり壱日中パンツ無しで授業を受けて居たことがあります。

いえ、でも其れはパンツでは無くズボンの方での間違いでした。其れと単なるスカート捲りをやったと云うだけのことでした。

 

 

 

Jr.EXILE 金色のバトン 歌詞 - Lyrical Nonsense【歌詞リリ】 (lyrical-nonsense.com

 

 

でも其の光るバトンをどうしたら後に受け継ぐことが出来るのでせう?

其の光る文明の形とは摩天楼ですか其れとも宇宙開発の様かまたは核兵器か?

 

いいえ、さうではありません。

光るバトンとはさうした外側で光るものでは無い。

 

其の光るバトンとはおおまさに心の中で光るバトンのことだ。

 

 

ー手放していいものは 全部 全部 置いて行こうー

 

まさにさう云うことだ。

つまりは摩天楼もまた宇宙開発も核兵器も全部要らない。

いや其ればかりでは無い。

 

ほんたうは會社も要らなければ豪邸も要らぬ。

労働組合も要らず墓も要らず🚙もまた要らぬ。

 

只自転車壱台のみが要るのである。

 

また妻も要らず子も要らず孫も要らぬ。

要るのは竪穴式住居と豊かな自然だけである。

 

 

しゃかいの先生、また言うてることが極端化して居ます。

しゃかいの先生は悪い人では無いと思いますが其の善を過去へと押し付ける点で僕等はもうついてイケません。

 

あっ、君は壱番良い高校へ入ったS君だね?

先生はいまだに覚えて居るよ。

 

君は先生より頭が良く確かS高校へ入ったよね。

いやあー、頭の良い人はいいなあ。

 

きっと今頃は博士か大臣をやって居るのだろうね。

さうか、大臣には君の名は無いので博士になったんだね?

 

其処でもって物凄く難しい数式とかを操りつつ壱直線に自然破壊へと勤しんで居るのだらうね。

 

 

しゃかいの先生、其のすうがくの因数分解とかがく反応式がまるで分かりません。

其れを補習して下さい、是非お願いします。

 

うわあー、イヤだなあ。

でもおや、こんなところに教師用の数学と理科のアンチョコが…。

 

あああー、ほんたうにイヤだ、もう何処かへ逃げて行きたい。

でも補習して呉れとさう言われておる。

 

では壱番簡単なのだけ分かるやうにして置かう。

しっかし何だ、此の2とか3とかが常に出て来るのは?

 

其れも弐エイチツーオーとか何故そうなる?

 

第壱、1足す1がそも何故何時の間にか2にすり変わるのだ?

1足す1は1と1であくまで違うものだらう。

 

例えば壱人の太宰 治とまた壱人の芥川 龍之介を足しても其れは2とはよもやなるまい。

 

先生、でも其れはあくまで2人の文豪です。

ああ、さうでしたか、流石は頭の良いS君だ。

 

いやあー、逆に教えられちゃったなー、わっはっはっはのはー。

 

 

ーほんとに大事なものを ただそれだけ持って行こう ずっとー

 

其のほんたうに大事なものとはそも何か?

ほんたうに大事なものとは拡げる働きでは無くむしろ狭める心の働きのことだ。

 

我は今其れこそが眞の意味での理性の働きだとさう考えて居る。

眞の意味での理性の働きは其のやうにより多くを欲せず常に慎み深い筈だ。

 

其の心には理性的なものと感情的なものが共に混じり合って現象して居る。

感情的なものは温かいが他面では利己的な性質を帯びざるを得ぬものだ。

 

其の母の愛にせよ會社への愛、郷里への愛、また國家への愛なども全て其の限定的に齎される感情的な意味での心の働きのことだらう。

だが理性の働きとは元来其れとは異なるだらう本質的に限定的な心の働きを司るものだ。

 

其れも丁度かのカントが述べたが如くに。

 

 

定言命法に従う場合、そこには利己的な考えや目的は存在しません。なぜなら、「~せよ」という命令があり、これに無条件で従うのであれば、利己的な動機を差しはさむ余地はないからです。もし、自分の得になると考えて、ある行為をするというのは、後述する仮言命法に従う考え方になります。「~せよ」という命令の形で示される義務に基づき、利己的な動機を完全に排し、ただ無条件に従うことが定言命法の考え方です。

 

一方で、定言命法で示される義務の内容が何であってもいいわけではありません。何でも無条件に従うだけなら、犯罪や悪行でも行ってよいことになり、道徳法則とは言えません。また、行為を行う主体に、自分の意思が存在しないことになってしまいます。そのため、定言命法で示される義務は、普遍的なものである必要があります。
行為をする人やタイミングが変わっても、誰にでも、いつでも、適用できる義務でなければ、普遍的とは言えません。普遍的であるからこそ、誰もが常に守らなければいけない原則となり、原則を命令ともいえる義務にまですることが出来ます。定言命法は、自分の行動基準を普遍的な道徳法則にまで高めるためのルールを課しているともいえます。ー
カントの定言命法と仮言命法 | NOVITA 勉強法 (novita-study.com)より

 

定言命法に相対する概念が「仮言命法」です。仮言命法は、仮言的命令ともよばれます。無条件の命令を表す定言命法に対して、仮言命法は「~ならば、~せよ」という言葉で端的に示されるように、条件付きの命令を意味します。先ほどの例でいえば、「誠実な人だと思われたければ、嘘をついてはならない(真実を話せ)」という命令が仮言命法になります。この命令のもとに嘘をつかなかった人は、仮言命法に従ったといえます。

カントは、仮言命法に従うことは、定言命法に従うことよりも道徳的に悪いことだとみなしました。なぜなら、仮言命法に従うのであれば、行為の結果がたとえ周囲に良い影響を及ぼしたとしても、その人が本当に意図していることは自分の利益を増やすことだからです。
たとえ同じことをしていたとしても、純粋に道徳法則を守ろうとしている人と自分の利益のためにやっている人では、道徳的な善悪が異なるというのがカントの考え方であり、善悪の基準が動機に置かれている点に注意が必要です。

また、仮言命法は条件付きの命令なので、そもそも条件にあてはまらなければ、命令に従う必要もなくなります。先ほどと同じ例でいえば、誠実な人だと思われなくてもよい人は、嘘をついても命令に反したことにはなりません。

そのような命令では、行為を行う人や時と場合によって命令を守るべきかどうかが変わってしまい、普遍性を持つことが出来ません。したがって、人類一般に適用できる道徳法則にもなりません。この意味でも、仮言命法には問題があるといえます。そのため、カントは仮言命法よりも定言命法に高い価値を置きました。ーカントの定言命法と仮言命法 | NOVITA 勉強法 (novita-study.com)より

 

 

左様にカントは所謂道徳律に就きトコトン考え抜いた哲學者でした。

 

さて其の「純粋に道徳法則を守ろうとしている人と自分の利益の為にやって居る人とでは道徳的な善悪が異なる」と云うことこそがまさに示唆的であり道徳の本質を突いた部分なのだと個人的には考える。

 

 

例えば其の仮言命法とは社會が欲するところでの道徳律だとさう規定されるのやもしれません。

ですが、其の仮言命法とはあくまで条件付きで限定された道徳律ですので、例えばA社に取り当然にすべきことがB社に取っては致命傷となり會社が潰れると云うことなどもまた往往にして発生します。

 

であれば其れはA社の利己主義を満足せんが為に行う悪の行為なのですが結果的にA社の社員にとっては其れはあくまで自分を守らんが為の善なる行為です。

またA社の社員の女房と子供もまた路頭に迷わずとも済んだのだがところがB社の社員の女房と子供はすでに餓死しましたのです。

 

其のやうに道徳律は普遍的なものでないと部分的にむしろ悪を成り立たせ且つ蓄積して仕舞う働きがあると云うことです。

従って特に組織に於ける善悪の判断はむしろ悪の方に傾いたものとなり易いと云う事情を我我は此処から是非學んで置くべきです。

 

 

ですので日教組は正しいだの、またNHKは眞面目な番組が多く民放よりはずっと眞面目なので正しいだの、また俺が通う會社だけは正しいだのさう云うのはほぼ妄想でありおそらくは其の全部が悪をしかと内包する組織であることこそがむしろ事の眞相であることだらう。

我の場合組織は左だらうが右だらうがつまりは共産主義者だらうが資本家の集まりだらうが皆悪だともまた考えて来て居り其処が皆様が保ち易い思想的立場とはまた全然違うところです。

 

要するに利己的で感情的な限定の道徳律を近代社會に適合させては基本的にイケないんです。

近代社會とは所謂合理主義社會ですのであくまで合理的に其れも眞の意味での合理性に基づく社會を構築して行かねばならない。

 

で、平たく申せば特に日本の社會ではむしろ其の仮言命法的な道徳律がおそらくは幅を利かせて来たものとさう思われます。

ですので日本の社會では善と判断されることが逆に定言命法的には悪だと判断されることなども實は事實上多いのではなからうか。

 

ですが、では他の先進國はもっとずっと利口か、即ち常に理性的に文明を成り立たせて来て居るかと言えばまるでさうでは無く其処は日本國とまさに似たやうなものでせう。

 

 

ま、要するにカントが言ってることがそも潔癖過ぎて獣染みた普通の人人にはほぼ「何のこっちゃ?」なのでせう。

残念ながら普通の人人は普通馬鹿ですのでそもそんな理性的なことをイキナリ申されても何を言ってるのだからまるで分からぬと云った話のオチなのだ。

 

残念ながら普通の石は普通バカボン石ですのでそんなもんは石採り詩人の興味をまるで惹かぬと云うやうなことと常に其れは等しいことでせう。

 

さうか、天才の言ってることはそも凡人には分からないんだ。

ま、当たり前のことですがね、また其れも。

 

 

ですので、其の悪を行う当の本人にしてみればこんな詩人のおちゃらけとはまるで別次元での真摯なる善の行いの履行なのです。

そもそりゃ当たり前のことだ。

 

何せ妻と子の命さえもが其処にかかって居る。

だからあんな悪のアベやアソーにも頭を下げいや其れだけでは済まぬ、例えば其処に百両を差し出し、どうかどうか先生方、コレをお納め下され、其れでもってB社を潰しても御咎め無きやう是非取り計らって頂きたいのです。

 

おおさうか、さうか、ま、お前にしては今回はなかなか頑張ったな。

だが今度からは是非千両を持って参れ。

 

さすれば是非便意をイヤ便宜を図ってやらうと云うものよ、へっへっへーのへー。

やったー、今夜はもうすき焼きだよー。わーはっはっはーのはー。

 

其のやうにしてむしろ江戸時代位から我が國はそんな悪の権化共に賄賂を贈って来ても居るのだ。

 

 

そんな社會が果たして助かりませうや?

なりませぬ、助かりませぬ、其れも永遠に。

 

其処で立ち上がったのが立花 隆と云う東大出の知の巨人であった。

彼は兎に角其の角栄なる総理大臣に喰らい付いた。

 

此の金権まみれの田舎爺めが!

死にさらせー、此のクソジジイめが!!

 

当の角栄氏は其れが元で総理の座を追われることとなる。

 

 

いやあ流石は東大だなあ。

他にはほとんど良いところが無いが流石は立花 隆であり芥川 龍之介だな。

 

 

 

ーほんとに大事なものを ただそれだけ持って行こう ずっとー

 

ほんたうに大事なものとは元より其の組織なのでは無い。

ましてや妻なのでも無くまた子でも無く孫なのでも無い。

 

またそんな冷たいことを仰る。

アナタは兎に角そんな冷たい人間だ。

 

さうだ、僕は冷たい人間だ。

まるでアノミスター・スポックのやうに常に論理的な人間だし。

 

もしやアナタはバルカン星人なので?

 

いえわたくしはM78星雲から来たウルトラマンと申します。

 

其れも初代のウルトラマンだ。

いや違った、わたくしはウルトラセヴン、其れも人間名としてはモロボシ・ダンだ!

 

矢張りさうだったのか、其の謎めいたanimist7の正體がやっと分かったぞ!

 

 

 

おい、ところでもっと眞面目にやれ。

どだい皆さんお疲れでもって今コレを読んで居なさるのだ。

 

全く哲學する場なのか其れともおちゃらけの場なのかまるで分かりはしない。

まあ其れを狙いわざとさう書いて居りますので…。

 

 

 

ーほんとに大事なものを ただそれだけ持って行こう ずっとー

 

其の本当に大事なものとは理性としての人間の誇りであらう。

さうしてほんたうの理性はむしろ自然を慈しむやうに包む。

 

そんな風に外なる自然と内なる自然の双方を慈しむやうに包む。

 

また其れは利己的な道徳律を離れて居る。

だから彼には妻も子もまた孫もさらに属する會社すら無いが常に彼は自由なのだ。

 

さう自由、其の自由の本質的定義とは己の解放では無くむしろ己を限定することなのだ。

 

理性とはそんな「不自由の自由」をこそ常に欲して歩むものなのだ。

なので其の眞の意味での理性の名の下に不必要なものは何ひとつ要らない。

 

さらなる権利の拡張も溢れかえる物質ももう何も要らぬ。

只其処に要るのは己をさう限定して止まぬ理性の働きのみだ。

 

其のやうな理性としての分別こそが要るものと要らぬものへの「仕分け」をするのである。

 

 

 

ー手放していいものは 全部 全部 置いて行こうー

 

其の手放して良いものを決めるのは果たして誰か?

其れを決めるのは會社か其れとも町内會か或は天皇様か?

 

さうでは無く、其れを決めるのはあくまでアナタ自身としての理性である。

アナタの理性に取りさうして要るものは要り要らぬものは要らぬ。

 

じゃあ妻と子と孫と金の延べ棒だけは持って行きたい。

まあ其れでは哲學上は誤りだが仕方が無い、とりあえずはさうしなされ。

 

 

だが金の延べ棒だけは宗教詩人及び貧乏寺へのお布施として是非此処に置いて行かれたし。

其の金の延べ棒はな、今物凄く値段が高いぞよ。

 

では會社と町内會は捨てろと?

もはや捨てよ。

 

そんな非本來的な価値に惑わされたりしてはならぬ、思い切って其れを捨てよ。

 

では此の植物図鑑と鉱物図鑑は…。

今すぐに其れを死守し其れを未來へと伝えなさい。

 

エロ雑誌は…。

 

其れは貧乏寺へのお布施として是非此処に置いて行かれたし。

へッ?ヘイ。

 

 

 

ー愛なんて 貰ってばかりだと 返し方忘れてしまうかもしれない だからー

 

どうも此の方は其の愛ですら限定的に捉えられて居るかのやうです。

ですが結局はさう云うことです。

 

あくまで理性的には愛は是非普遍化されたものであるべきです。

ですので利己愛はすでに其処には要らぬと云うこととなる。

 

現在、過去、未来。

其の現在とは過去の堆積物であり、でも未來は現在の堆積物だらう。

 

即ち未來を形作るのは過去では無く現在です。

其の現在はたった今要らぬものばかりとなりまさに其れが溢れかえって居ます。

 

 

其れもほとんどのものがもはや要らぬものだが其処であえて輝けるバトンとして後代に渡せるものとは理性としての人間の気付きの力のみでせう。

其れは感情に流されたものであってはならず、また打算的に構築されたものであってもならず、かってかのカントがいみじくも述べたが如くに自律的な理性の働きでなければなりません。

 

さうした自律的な理性こそが人間ー文明ーの未來を可能性に満ちたものとすることだらう。

逆に洗脳人間の末路はすでに決まって居ります。

まさに其れが自滅であると云うことです。

 

 

尚、わたくしは何度も此れ迄に述べて来て居りますので皆様にはお分かりのことかとさう思われますが、人類ー文明ーが今抱える問題の本質とはむしろ其の理性の誤った運用及び解釈にこそあります。

理性とは無限に欲するものであってはならずむしろ此のプロテスト・ソングの如くに自らを律し要らぬものを捨て去るものでなくてはなりません。

 

故に其の意味での理性の流れ、理性的なベクトルの上に我我人類ー文明ーとしての地歩を築いて行かねば此の世界のあり方は変わりやうが無いのだと言える。

ところがむしろ大學教授ですらもが自由主義や拡張主義、強欲資本主義=物要らないのにさらに増やす主義、の信奉者となって仕舞って居る有様です。

 

わたくしは前回「世界革命」だなどと過激なこともまた申しましたが其れが左翼活動家としての意見では無くそんな限定的理性論者としての発言であることにまずはご留意頂きたい。

全く大學教授もまた半分はほぼ馬鹿でせうが、さりとて僕だけかうして頭が良いですよ、とさう申して居るのもまさに其れ自體がアホの証拠なのでせうから其の辺は今少し抑えてもの言いをする必要が今後は是非御座りませう。

 

しっかしそも其の馬鹿大學教授のバイアスがかかりまくりの変な意見よりも此の歌の歌詞の方がかうして胸に突き刺さりまするのは其れは壱體何故なのでせう?

 

 

 

ー胸の奥で火の粉爆ぜたら ためらわないで打ち上げよう🎆ー

 

ドッカーン!!

あれえー、また何て美しい爆発なのでせう、たまやー、かぎやー。

 

ー寒色を暖色に 曖昧を明確に 発想の転換が明日のKey of the answerー

 

ところで此の作詞者の方、もしや我と同じことを述べられて居るのではないですか?

そんな訳でバイアスがかかりまくりの大學教授が書く記事などよりも此の『金色のバトン』と云う歌の歌詞の方が今の僕にはずっとずっと為になるものだった。

 

さて其の発想を転換するには眞の意味での理性ー眞我ーと是非対話する必要がありよってまずは世間的な意味での価値観の洗脳を解く必要が御座ります。

価値観の洗脳を解くにはあえて常識的価値の逆方向を向いてみるべきです。

 

逆方向を真摯に向き過ぎて半分気が狂ったら是非其処で踏み堪えて下され。

全部気が狂えばもはやアナタには精神科の病棟しか残されて居ない筈です。

 

 

ですから何としてでもまずは其処を踏み堪えて下され。

踏み堪えた上で表現に走れば良いのです。

 

但し其処にて相撲を取るのでは無く表現に走るのです。

表現とはかうして曲作りや御絵描きや作文のことです。

 

其の藝術としての表現の自由は現行憲法にてしかと保障されて居ります。

 

ですが其れも公共の福祉に反するやうなおバカをやりますと結局は逮捕され牢屋へ行かねばなりません。

ちなみに僕は今迄逮捕されたことは無くまた獄に繋がれたことなども金輪際御座りません。

 

 

ですが余りに眞面目過ぎても實は獄に繋がれる可能性が實は御座ります。

かのゴッホなどはまさにさうしたタイプのキャラクターの持ち主だったのではなかったか?

 

 

兎に角己が理性にて其の要るものと要らぬものの区別を付け所謂消費を美徳とする資本主義に対し僅かながらでも疑問符を突き付けてやると云うことでせう。

勿論現代社會の諸制度を全否定することなどはもはや不可能なことだ。

 

其の半分の否定ですら或は難しいことかと思われます。

ですが我に限ればかうして考えの方が過激ですのでもしや半分位はイケて居る可能性も實は御座ります。

 

なのだが現状でもはや我は目壱杯です。

此れ以上やればおそらくはタダでは済まなくなることでせう。

 

 

ですがかうして歌と云う形でもって其れが表現されれば其の歌詞より案外深い部分への文明への批判なり疑問なりまた個としての決意なりを直接的に汲み取ることが可能となる。

まさにさうした部分こそが歌詞の力であり言葉の力なのだらう。

 

言葉の力もまた究極的には矛盾的に働くものなのだらうが少なくとも歌詞の次元ではかうしてメッセージとして普遍的に世界へと発信することが可能である。

尤も其れを理解するかどうかはまた別の話です。

 

でも理解し得る人もまた常に此の世には存在し続けて居ることでせう。

此の世はさうした内外に亘る善なる魂と悪の心との対決の場です。

 

故に其の対決に取り役立って呉れる詩なり歌詞だのを発見するとかうして我は無性に嬉しくなる。

NHKの「みんなのうた」はさうした意味で常に示唆的でありまた屡前衛的なのですらある。

要するに其れが我に取り至極役に立って居ると云うことだ。