目覚めよ!

文明批判と心の探求と

具象化せし未来を此の手に取り戻さうー其の為には我我はルンペンにだってなれるー

さて未来をどう築くか、どうこれからの時代を構築するか、と云ふことが我我にとって成し得る唯一の選択であり自由としての具体的内容なのでもある。

 

ところが未来を見る為にはまず過去を顧みなければならぬ。

 

過去に我我は何を為し何を求めて来たかと云ふことこそが重要だ。

 

 

我我が今何処に居てさうして何処へ向かふかと云ふ羅針盤としての役割はむしろ過去が担ふのだ。

 

但し現在とは過去の蓄積などでは無くあくまで現在としての現在なのだ。

 

 

 

「ガンを克服」「4時間労働」1970年に描かれた2020年が未来すぎる

 

わたくしが11歳の頃に大阪にて万国博覧会が開催された。

無論のことわたくし達も一家総出で其れを観にいったものだった。

 

其の折に日本のパビリオン「三菱未来館」に展示されていた未来としての社会の内容が今ネット上で話題を呼んで居るものらしひ。

 

 

ー50年後のあなたー

 

「家事はすべて機械がやるために、主婦は電子チェアにすわって、家事プログラムに合わせたボタンを押すだけとなる」

「一生のうちで唯一の財産という所有物的な考えはなくなる」

「科目別進学制」

学校は「人間性や団体生活を養う」場へと変わる

「会社内の業務は、完全にオートメーション化され、ボタン一つですべてが操作できるようになる」

「会社は、24時間業務を続けるが、人間の働く時間は1日4時間に短縮される」

 

肉体労働は「まったく姿を消」す

通勤ラッシュは「伸縮自在の高速通勤列車」のおかげで解消される

 

病院は「ドライなイメージ」となり癌は克服される

「日常的な義務スポーツ」が行われる

 

稲作が減少し酪農に重点が置かれ、機械化された集約化や、「多様化した専門的個別経営の農業」が進む

天候が自動調整され、人工照明のおかげで生産性は増大する

 

漁業では衛星によるレーダーが活用され魚は工場船で加工されヘリコプターで運ばれる

魚の減少を防ぐため、栄養分を海水に混ぜておく

人工養殖も発達し、マスやウナギは世界中に輸出される

 

 

さうして超大型台風を制圧するロケット隊の宇宙ステーション、油田や発電所を整備した海底都市、壁掛けテレビやホーム電子頭脳が整備された住宅、そして超高層ビル群なども造られる。

 

 

 

件の「三菱未来館」へ行ったかどうかはもはや覚えが無ひ。

だが月の石を観た覚へだけはある。

 

米国館とソ連館に人気が集まり待ち時間が長く確か米国館をのみ訪れたやうに記憶して居る。

 

さて、問題は此の未来予想図はほぼ全滅、つまりまるで当たっては居なかったと云ふ部分にこそ存して居やう。

 

未来予測は何故当たらなかったのだらうか。

 

矢張り其れは科学技術への過信があったことだらう。

 

 

さうしてコレ位の予想はSF文學や映画の世界では当時からむしろ当たり前の内容だった。

むしろごく普通の未来予測図だと言ひ得るのではなひか。

 

其れでも結局其の人類の抽象的願望が成就することは無かった。

但し部分的には大ひに当たって居るのだ。

また一方では全く当て嵌らぬことなども多ひ。

 

 

事実家事に於ひて現在ロボットが役立つ部分は極僅かのみ。

第一お掃除ロボットなどは段差の多ひ昔の家などにはまるで役立たずでもってして。

其のことは今後もおそらく変わることは無ひことだらう。

 

勿論料理なども無理である。

機械には料理など結局出来ぬものだ。

 

肉体労働は宅配便の配送などでむしろ増へ通勤ラッシュなどもまるで解消などされて居らず。

🏥は1970年当時とほとんど変わらずで癌も治り易くはなったが未だ不治の病で、スポーツは相変わらずあくまで娯楽の部類でのものだ。

 

 

かくして人間社会は案外変わらぬものなのである。

かっては半世紀も経てば其処ですわSFの世界の到来だとさう考へても居たが実際には決してさうはならなかった。

 

わたくしの実感では人間はなかなか楽に生活するやうにはして貰へぬものなのでもある。

特に肉体を使ひ行ふ作業に於ひてはさうだ。

 

尤も工場などでは確かにロボット化が進んで居やうが結局其れが家庭に入るまでには至って居なひ。

さうして労働時間なども依然として長く設定されて居やう。

おまけに日本人の場合には纏まった休暇がなかなか取りにくひ。

 

また現在でも天候などは変へやうが無く完全養殖のウナギなども出来ては居なひ。

 

 

其れどころかむしろウナギの絶滅の方が叫ばれて居る程だ。

 

つまり、此処には感情的に規定された人間の期待値としての未来が描かれるのみなのだ。

 

ところが科学技術には其処までの力は無かったと云ふことなのだらう。

 

いや、確かに今後に於ひて此の科学的な理想郷が誕生しなひとも限らぬのだ。

 

但し其れはかっての地球環境を維持した上での話である。

 

 

地球環境が壊れウナギが絶滅すれば養殖も何も無ひ。

其ればかりか当時は想定外だった気候変動による災害リスクが大きく浮上して来ても居る。

 

つまるところは其処で科学技術や経済成長による負の側面がまるで考慮されて居なかった訳である。

其れは世界大戦の前に其の大量殺戮の恐怖を誰も考へやうとしなかったこととまるで同じだ。

 

当時はナショナリズムと云ふ熱狂に踊らされ戦争して敵国を蹴散らすことこそが正義だと誰もがさう思わされて居たのだ。

従って科学技術が人類に幸福を齎すと今も誰もがさう信じ込んで居やうが其れもさう思わされて居るだけでのことなのだ。

 

 

要するに都合の良ひ未来を、現代社会はさうして進歩は正しひとさう盲目的に信仰しSF映画でのやうな破壊は齎されぬ、アレはあくまで空想としての話だとさう仰ひますが事実として予想はまるで外れて居るではなひか。

 

 

では未来はどうなると仰ひますので?

 

いつものやうに破滅だとさうすでに決め付けているのでせう?

 

破滅つまりは人類の滅亡こそがアナタ様の望みなのでせう?

 

 

まあ其れに近ひやうな気もしなひではなひが實はさうでも無ひ。

 

人類を助ける為には此のブログの内容を確りと研究し退歩をも視野に入れた上で心を入れ替へて生きるべきだとさう言うて居るのである。

 

 

問題はむしろ悲観的な側面が此処には一切含まれて居なひと云ふ事実である。

だがほんたうは其の-の部分を見詰めてこその理性の働きなのだ。

 

其の理性が失われたか又は壊れたが故におそらくは其の負の側面が見へにくくなって居るのだ。

 

要するに其の人類の抽象的願望が成就することは今後も無ひ。

 

人間は元より宇宙に移住することなど出来ず毛の無ひ🐒のやうに愚かで嗚呼まさにうっきっきーな存在でしか無ひ。

 

さうしたうっきっきーな奴の癖に欲望だけはとんでもなくデカひ。

 

 

何で抽象的願望が成就することは今後も無ひのだ?

 

第一科学技術は日々着々と進歩して居るであらうに。

 

いや其の成就の前に気候変動により文明が終焉を迎へる可能性の方がおそらくは高くあらう。

 

 

では何でいつまで経っても人間は楽に生きられぬのか?

 

結局欲望の質が変わりより抽象化されし範囲でしかも其れがよりデカくなるからでしかなひからだ。

 

 

つまりは欲望自体は消すことなど出来ぬ。

 

たとへば我のやうになぎさババアと美幸ちゃんへの性欲並びに印度や中国の訳の分からぬ万年筆への執着とさらに菓子への欲、また石への欲なども決して消へ去りはせぬ。

 

またゴルフ欲さへもが復活しつつある。

矢張り運動は体に良ひ。

 

ネット作家をやるよりはずっと健康的であり気分も晴れやうぞ。

 

ではネット作家はバカらしひのでもう止めるのですか?

 

さうでは無ひ。

 

人類のおバカさが治らぬ限り詩人がもの申さねばお先は真っ暗だらう。

 

 

「一生のうちで唯一の財産という所有物的な考えはなくなる」

 

其ればかりか、文明は生自体、地球自体を財産化して居るのだとも言へやう。

 

ですから、元より其れは君等の所有物などでは無ひ。

何故なら君は単なる🐒だ。

 

其れも楽園を追われし嗚呼哀れなるうっきっきーの一匹であるに過ぎぬ。

 

人間にはちゃんと理性があらう筈だがハッキリ言って君等には其の理性が無ひ。

 

いや勿論昔はあった。

 

でも今や其れが壊れつつある。

 

 

さてうっきっきー共よ、何故そんなに君等は下品なのか?

 

極めてお上品な精神をお持ちであるお釈迦様かまたはイエス様のやうに何故解脱又は救ひを考へることが出来ぬのだ?

 

うっきっきー、ソレは我我がお利口さんだからです。

 

 

馬鹿者!

 

実際おまへらのやうなバカなどこれまでに見たことが無ひわ。

 

嗚呼むしろ宇宙一のバカだ、宇宙一の罪人だぞよ。

 

 

確かに其の通り。

わたくし達はご指摘のやうにバカです。

 

でも苦労を重ねて参りました。

 

此の正月に民放でやって居た番組での大間のマグロ漁師などは八十八歳にも関わらず日々の糧を得る為一獲千金の夢を追ひ漁に出るのです。

 

しかも船の燃料費がかさむばかりでマグロは獲れませぬ。

さうかうするうちに喀血して入院して仕舞ひました。

八十過ぎの母ちゃんと借金ばかりが其処には残されました。

其れに入院費も。

 

 

まさに人生は闘ひの連続でしかも其れは生死を賭した闘ひなのだ。

かうして庶民の闘ひとは常に過酷なものです。

 

だが何処かに旨い汁を吸うて居る奴等が居ることでせう。

のうのうと生き生をこんなに苦しくして居る奴等が居るのです。

 

だからこそのマルクス主義であり革命思想なのであります。

 

が、たとへば皇族などでも日々様々な責任を課せられ其処に思想の自由などはまるで無ひ。

 

つまりは本質的には誰にとっても生とは苦の連続であるばかりでのこと。

 

 

釈尊は其の苦の連続としての生から離れよとさう申されましたがわたくしに限りさうは申して居りませぬ。

わたくしはバカを治せとさう言うておるばかり。

 

個人のバカではなく人類ぜんたひのおバカさ、つまりは文明のおバカさ即ち価値観としての誤謬を正すべきだとさう言うて来ておる。

 

どうすれば其れが治りませうや?

 

 

結局は治らん。

 

治らんので解脱する他無し。

 

 

かと言って解脱は無理なのでまずは脱俗化することを目指す。

 

なるべく普通の会社へは行かず👪なども勿論持ってはならぬ。

 

さうして橋の下か林の中にてルンペン生活を行ふ。

 

 

👩への断ち難き未練が残らうから、其処は尼僧か又はシスターを抽象化して妻に迎へる。

 

或は君の好きな芸能人を抽象的なマドンナに仕立てあげて置けば其れで宜しひ。

 

 

其れこそがまさに聖なる世捨て人の暮らしと云ふものよ。

 

昔ー廿年程前までー白川公園と云ふところにルンペン部落が造ってありわたくしは其処を具に観察して居たものだった。

 

其れが凄ひのである。

 

小屋の中にはTVもあれば立派な日本人形さへもが飾ってある。

 

さらに本棚もあれば辞書もある。

 

なんて文化的なルンペン生活振りなのだ。

 

 

其の集落は愛知万博の折に全部立ち退かされていったがアノ生活こそがもしや理想的なものだったのではなひか。

 

尤も君等には決してさうは思へぬことであらうが。

 

 

さうして豊かさうに見へる都会にも生活の苦しひ人々が実際には居るのだ。

 

勿論関西にも関東にも苦しむ人々が大勢居やう。

 

況や東北だの北海道だの九州だの、そんな金の儲からぬ処で苦しんで居らぬ人が居らぬ筈が無ひ。

 

 

だから誰が其れを苦しめて居るのだ。

其はかの豊かで美しひ日本の國土がさうなさしめて居るのでは無く所詮は社会制度、其の統治機構の上での能足りんさがまさに其れをなさしめて居るのだ。

 

つまりは社会科の大事さが誰も分かっては居らぬ。

 

確かに社会科の教師は現実をイヤと云ふ程に學ぶ故其処でもって気が狂ひ易くもならう。

 

声高にいつも人類滅亡を叫んで居りし高校の社会科の教師が一人昔居たさうだ。

 

 

実際此の社会のタチの悪さ、實はコレだけが人間にとっての大問題の全てなのだ。

 

其の社会がダメ=悪ひから人間の社会はおかしなところへと行って仕舞ふ。

 

其れも思想が悪ひ。

 

即ち社会思想がなってなひ。

 

 

社会學者もまたなってなひ。

藝術の方でも作家や詩人もまるでダメだ。

 

 

即ち社会と云ふのは巨大な悪である。

 

其の強大な悪からどう逃げ回るべきか?

 

むしろ其のことだけを考へていきなされ。

 

 

さうして逃げて同時に叫んで居るのがかのグレタちゃんなのだ。

 

逃げて同時に叫んで居るのがわたくしなのでもある。

 

だがわたくしの逃げ方は中途半端だった。

 

だから社会に役立つことさへして来て仕舞った。

 

 

其れを偉ひとさう皆様は思われるのであらう。

 

だが本質的には其れは謗法だ。

 

ほんたうはルンペン生活の方が余程に精神の上での貴族的な生活なのだ。

 

 

だからそも価値観が異なる。

 

むしろ其れに尽きる。

 

 

社会は必ずやカネやチカラ=地位=権威、権勢と云った価値観で生を規定するが故に其処で社会的に矛盾化し脱落者を生み出すこととなる。

 

其の価値観自体が誤りなのだ。

 

しかも社会はまさに夢のやうなことを考へつまりはつひ空想をして其れにしがみつかうとする。

 

即ち酒池肉林の夢を追ひ求め楽をしたひとさう思って居るがそんなものはハナッから誤りだ。

 

 

正しくは額に汗をして田畑を耕し又は山野を切り拓き妻は夫につき従ひ子は父ちゃんに殴られてこそまともに育つものじゃ。

また常に教師は鞭を携へ其の空想を破断せよ。

 

政治家は青雲の志を抱き賄賂を受け取らず不倫に勤しまず其ればかりか神仏への帰依を怠るな。

 

さうしてマニ屋は何処までも逃げよ。

 

何処までも逃げ最終的にはルンペンにでもなれば其れでヨシ。

 

 

かってかのトルストイは地位も名声も金も妻も全部投げ捨てて放浪の旅へと出其の途上で野たれ死んだのだった。

 

地位も名声も金も妻も全部がウソだと見抜ひたが故にまさに彼はルンペンのやうにあへて死んで行ったのだ。

 

 

左様に此の世界は誤った価値観に基づき構築されし顛倒の世界其のもの。

 

眞の理性とはまさに其の倒錯の価値観と闘ふもののことを云ふ。

 

即ち酒池肉林としての文明の未来を思ひ描きし理性は眞の理性には非ず。

 

 

其こそはウソの理性ぞ、つまりはかのSFマガジンの中だけでの理性ぞ。

 

第一人間の生を苦しひものにして居るのはSFなどではなく現実上の搾取による様であらう。

 

 

さうか、左翼思想にも確かに一理はある。

 

一理はあるが所詮は其れも夢物語だ。

 

夢物語を追ふと云ふ意味では或は自然科学も其れに付随するものなのでは?

 

 

 

實に鋭ひ指摘だ。

 

おおまさに近代の思想の本質を突く指摘のことよ。

 

 

よって、其処からは、

近現代の思想=抽象化され過ぎし絵空事を追ひ求める思想。

 

との結論が必然的に導き出されやう。

 

 

其の虚の価値を何処までも追ひ求めていくことだらう虚の欲望の成就こそが近現代の思想としての其の正体だ。

 

其の虚の欲望の成就こそが結局は破壊を齎すのだ。

 

故に社会的に規定されし欲望を追ひ求めるべきでは無ひ。

 

 

社会的な欲望とは縁を切り是非欲望を具象化しやう。

実際其処では何を追求しても良ひのだが半世紀後の楽チン社会などを望んでは金輪際ならぬ。

 

 

半世紀後にはこんな未来社会への空想も何も、其れこそ飢餓や争ひや殺し合ひがあらゆる領域にて引き起こされることであらう。

 

また其れは今庶民が生活の上で舐めて居る辛酸を社会が舐めねばならぬと云ふことでもあらう。