目覚めよ!

文明批判と心の探求と

一度位人間も動物に食われてみよう


「科学技術が生み出す快適さや便利さの中にずっとひたり続けて居るとどうも人間存在自体がおかしな方向性に向かって飼育されていくのではないだろうかというのが今の私の考えなのである。

然しもしそうではあっても実際には近代以降の人間存在は皆知的水準が高く科学技術の言いなりの人はなかなか存在しないものなのだが、それでも必然として近代以降の人が創った制度、枠組みの中で所謂予測されるべき未来をのみ我我は日々生きていかざるを得ない。

そういうのは必然として脳内願望に沿った未来の実現という構図からは逃れられず、また其の度合いが進んでいけば其の脳内願望の中に人間存在自体が全的に閉じ込められて仕舞う事にもなりかねない。

近代以降の価値観とは畢竟そうした人間存在自身の欲望の実現のことであり、其れは何よりまず自己中心的な欲望の解放であり、同時に唯物論を据えて進む非精神的な即物領域の拡大のことである。


たとえ其のような世の中でも、現代人にはしっかりと心の面はあるのだから全然大丈夫でむしろお前のように時代錯誤な精神論のようなものを振りかざして居るような奴の方が頭がおかしいのだ、第一俺は科学技術の力の方は信じて居るがたとえば科学の思想などというものにはまるで興味が無い。

などと結構多くの人がそう思い込んで居るのではないかと思われるのですが矢張りそりゃ少しおかしいのだぜ。

だからそも其処で科学の思想が分からないのに何で科学技術の発展、進歩の方については信じられるのでしょうか?


他方で科学が進んでも唯物論的にこの世界が規定される訳ではなく、実際には多くの人が心の豊かさ、精神性の方での充実を求めて居るが仕方が無いので其れに従って居るまでだ、という説もネット上には散見されますがどうも其れも私にとっては言い逃れのような気がしないでもない。

何に対しての言い逃れかと云えば己の批判精神の欠如に対するか或は精神性自体の欠落をむしろ正当化する為の言い逃れなのである。


実際現在私の周りには私以外に現代文明ないしは現代科学技術文明を批判して居る人などは居らず、彼らの頭の中では現代文明ないしは現代科学技術文明の行く末などは大きな問題だとは言えず、むしろそれよりも今日の自分、明日の自分、また今日の家族、明日の家族、さらに今日の仕事場、明日の仕事場位までのことしか考えられないのが我我庶民の実際の姿である。

そうした近代生活教の信者で居ることが現代人にとっては一番楽なことでもあるのでそうして居るまでのことなのである。


然し昔から現実に堕してー妥協してー生きるか、それとも理想に殉じて死するか、という選択肢が往々にして人間存在、わけても知識人の中には存在して居た筈だったのである。


また科学が進んでも科学思想の方の理解は全く進んで居らず、其処ではただ単に科学技術が生んださまざまな製品と技術の価値のみを現代人は信奉して居るのだという説もある。

が、果たして人間存在とはそんなに器用に立ち回れるものなのだろうか。


私はむしろ其の一貫性の無さ、現代人が科学に対して観念的に疑義を抱くことに対する諦めの気持ちの部分にこそ現代人の精神性の希薄さをそして精神の衰退の様を感じて仕舞うのである。

だから唯物論的な世界観の浸透により現代人の精神性は限りなく薄められて来て居るのではないかと考えて来て居るのである。


其れがそも薄いから、科学精神、科学思想といったことに対しては興味が無いが自分の生活に直接影響を齎す科学技術の成果の方には結構な関心があるのだ。

と同時に科学とは対極の世界にある宗教に対してもほとんど関心が無い。


だから上記の言い訳はなかなか成り立たず、本当の本当は別に皆が心の豊かさ、精神性の方での充実を求めて居る訳ではなく多少の疑いが生ずるにしてもあくまで便利で快適な生活の方がずっと楽だから其れでも良いと思って居るに過ぎないのだろう。

そして其のようにしてある種器用でもある我我大衆はいつの間にか科学が提供するところでの真の唯物主義的な傾向の中に組み入れられていくのである。


どういうことかと云うと、其れは精神性の解体ということである。

もし人間存在の精神性そのものが解体されつつあるのだとすれば、其処に於いてまず自己中心的な諸の傾向が社会問題として噴出して来ることだろうし、同時に宗教など精神に対するより大きな規範の部分に対する無関心ということが顕著に見られるようになる。

さらに倫理観や道徳観の欠如、刹那的に享楽を求める傾向の増大、思考の幼稚化、陳腐化という傾向も其処に読み取れるようになって来ることだろう。


其れ等の傾向はひょっとすれば社会の現状を上手く言い表して居るのではないだろうか?

其れも世界的にと云うよりはこの日本国に於いてそうした傾向が強く現れ出て来て居るような気がしてならない。ーたとえば国によっては宗教が規定するところでの精神性に大きく寄りかかって居る場合もあるのだが。」





うーむ、此の人なかなか利口なことを言っていますな、あ、何だわたくしが四年前に此処で書いたことそのものでした。


ま、言うてること自体の内容はかっても今も変わりは御座いません。


ですが最近は何故か私自身が不真面目になりつつあります。


余りにバカバカしい世間または大衆に対してすでに幻滅を通り越して真面目に向き合うことを止めつつあるので必然としてさうなりましょう。


そんな不真面目でもってして實にイヤらしいクソジジイになりたいです。



そして見廻り爺さんにもなりたい。


特に危険ななりをしたふしだらな娘共を正しき道へと導くオオカミ爺さんにでもなりたい。



オオカミ爺さん?

其は何か?


知らぬ。
知らぬが仏じゃ。


此の世にはな、知らんで良いと云う事が仰山御座らう。


知らぬが仏、知るが地獄、ゆえにな。



ところでわたくしはかって夏休みになると楽しみにして居ることがありました。


いや、夏休みと云うのは実は此の二十年程取ったことがありません。


実は今も無いです。


世間の人々が休むお盆とかが逆に忙しいので普通ではない時に三、四日休むだけのことです。


かっては研究所、そして今は病院勤務ですので所謂お盆休みが無いのです。


研究所勤務の頃は自然科学に深く興味を持ちつつ其の種の知識を常に磨いて居りました。


とは言え自然科学者のやうな専門的な知識では無論のことありません。




其の頃は休みになると自分の部屋に閉じこもりまずはガンガンにエアコンをかけ部屋を冷やします。


そして本を読みます。


其れも「地球絶滅恐竜記」と「地球絶滅昆虫記」を読むのが何より楽しみでした。


両方とも明らかに一般向きの本ですが分厚くデカい本で絵なども魅力的ですので物凄く楽しめるものでした。


今も其れ等の本が本棚に入って居ます。


其れから「太古の世界を探る」と「生物の大絶滅」と云うのがまたお気に入りの本でした。


要するに古生物学関連での其れも絶滅に関しての興味が強くあり其の種の本を夏休みに纏めて読んで居たのです。



さういうのは勿論図書館でも出来ますが実はわたくしは余り図書館が好きではなくまさに独りでもってさうした図書館に置いてあるやうな本を家で読むことこそが楽しみでした。



古生物学関連での絶滅に関する理論などはもはや覚えて居ませんが兎に角絶滅した生物にこそいたく興味がありさういう生物の絵が描いてあったりすると決まって其処に浪漫を感じて仕舞い現実的な女の裸の写真などよりもむしろそちらの方に惹かれて居りました。


其の浪漫も畢竟ヤバい浪漫ですがヤバいことこそ実は面白いと云うのが此の世の常でもあり兎に角絶滅種、それもとんでもないやうな姿をした滅んだ生物が好きで其れをガンガンにエアコンが効いた部屋で一日中眺めて居るのです。




だから自然科学と云うのは一概に否定し得るものではない。


自然科学があるから絶滅種のことも良く分かって来て居る。


さらに人間の病気や老化の仕組みなども非常に良く分かって来た。


ですが、大元ではあくまで其れのみではダメです。




自然科学が無かった方がむしろ人類はより長く繁栄出来たことでせう。


科学とはおそらくさうしたものであったと云う事なのでしょう。


良く云われるが如くに科学は諸刃の剣なのです。


其処に仕込まれた矛盾が多過ぎると云う事なのでせう。



研究所が勤務地となり、其処で長きに亘り仕事をして居た訳ですが勿論自然科学者との交流のやうなものも御座いました。


ですが其処で、其の偉そうな肩書の付いた自然科学者に、たとへば人類はいつ滅亡するのですか?とか、温暖化はいつ文明を呑み込み死者は何人ほど出ますか?などと云う事を聞く訳にもいかない。


そんなことではなく太陽電池がどうのこうのだの燃料電池はどうのこうのでだの、さうした技術開発に於けるごく簡単な説明のやうなものは技術系のチームの人から教えて頂いたことがありました。


が、そんなものは勿論すぐに忘れましょう。


そうではなく生物学系チームーバイオテクノロジーーのリーダーにほんたうに絶滅のことを聞いてみたかったのですがもはや其れもかなわぬこととなりました。




ズバリ言えば自然科学と云うのは絶滅生物とかを調べてワ~とか言って居る位のことが一番罪がなく楽しい分野です。


第一恐竜、コレなどは流石に人気がありまさに夏休み向けの話題でありしかも浪漫に溢れて居りさう悲観的に其の絶滅を捉えなくても良いものです。


でも恐竜は鳥に進化して生き延びたんですよ、皆様はご存知でしたか?


今や恐竜は鳥なんですよ、ワニでもトカゲでもないんです。


恐竜の絶滅とは良く云われるところですが彼等は実は鳥に進化して居るので何のことはない、まさしく恐竜は今でも生きて御座る。



其れも若鶏の丸焼き、手羽先、或いはスズメの丸焼き、クリスマスの御馳走である七面鳥の丸焼きなどと云うやうに食ってますがな、しかも毎日モリモリと食ってるぞ、何と人間は恐竜の子孫を好き放題に食って参りました。


ちなみに手羽先はかって焼く前の状態のものをかの風来坊だったかの厨房の裏手で見たことがあったが物凄く気持ち悪く何やら汚いやうなものでもあった。


尚わたくしは手羽先の皮は食いません。


あのブツブツのある鳥の皮が大嫌いなので鳥の皮は食わないのであります。



然しローストチキン、其れも少し高級な奴には目がないのでありまして、いや其処まで高級なものではなくともローストチキンと云うのは矢張りと云うべきか御馳走であり特にあの足の筋繊維の部位の噛み心地の良さ、これなどはもはやウナ重と同じ位に好きだと断言出来やう。