目覚めよ!

文明批判と心の探求と

夏こそが地獄だ

さて今や文明はかの大焦熱地獄へ堕ちたのだとも言えやう。



大焦熱地獄


大焦熱地獄とは、焦熱の下にあり。縦広前の如し。前の六つの地獄の一切の諸苦に十倍して重く受くるなり。-顕謗法鈔-
この地獄は何の因縁が有って大熱悩(大焦熱)大地獄と名為けられるのか。彼の大熱悩大地獄の中の衆生は諸の極卒に捉えられ、頭は下を向き、脚は上に向かって釜の中に放り込まれる。其の釜は猛熱であり、湯火も沸騰して炎々としている。罪人は上下に煮られ打ちのめされる。当に是の時、極めて重い熱悩を受ける。この故に大熱悩獄と名為けられる。また彼の獄中の所有の鉄甕・鉄盆・鉄鼎・鉄鐺は皆激しく燃え盛り、罪人は其の中に放り込まれ、煮られ、或いはいぶられ、諸の苦悩を受ける。何度も悩まされながら熱悩は大切迫する。是の故に、最熾猛熱極悩地獄と名為けられる。罪人は其の中で極めて重い苦を受けること、前に説かれている通り。
また彼の地獄人の身は一由旬と大きいが、身は極めて柔軟で生酥(クリーム?)よりも軟らかい。このように、眼を初め、五根などの全ての身が軟く、声・触・色・香で猶能く殺されてしまうほどである。言うまでも無く、余の苦が有る。彼が作った悪業が重きが故に、身心はこのように皆悉く軟い。彼の人は悪業力の故、極苦悩を受ける。
彼の悪業人が死に臨む時にも、現に業報を受け、大苦悩が有る。前の活地獄中の所有の苦悩を悉く受ける。此の罪人が死に臨む時、先の三日に於いて、このように苦を受けて、其の命が尽きる。音声を失い、語ることができず、大きな怖畏を憶え、驚く。このように次第に色に怒り、極苦悩を受ける。
寿命
其の寿命は半中劫なり。-顕謗法鈔-
大焦熱地獄に堕ちるのは
殺生・偸盗・邪淫・飲酒・妄語・邪見の上に浄戒の比丘尼を犯せる者、此の中に堕つべし。又比丘、酒を以て不邪淫戒を持る婦女をたぼらかし、或は財物を与えて犯せるもの此の中に堕つべし。当世の僧の中に多く此の重罪有る也。大悲経の文に_末代には士女は多くは天に生じ、僧尼は多くは地獄に堕つべし_、と説かれたるはこれていの事か。心あらん人々ははずべしはずべし。-顕謗法鈔-
殺生・偸盗・邪婬・妄語。酒を以って人に飲ませ、邪見にして不信で、或いは比丘・比丘尼戒を破ぶる。この因縁を以て、大焦熱地獄に堕ちる。
また持戒で禁戒を犯さない浄行の童女、善比丘尼など、未だに欲を行わず、如来の法を行う者を退壊させる。この人は仏法を信ぜず、心にこのように言う。「仏は一切智人に非らず。仏が一切智者でないなら、何に況や弟子・比丘尼僧の清浄の行いが有るものなど、―このような事は皆これ妄語。虚誑にして不実。この仏法は悪処であり、此に布施する所に非らず。涅槃を得るものは、此れ凡人僧であり、比丘尼の女の禁戒を破れども、罪を得ず。」彼の人はこのように悪く思惟した後、彼の童女を壊す。比丘尼戒を退かせ、犯戒させる。彼の人は身業・口業・意業の悪不善行により、身壊れて命終し、悪処-大焦熱大地獄の中に堕ちて大苦悩を受ける。
以上より引用




かように<前の六つの地獄の一切の諸苦に十倍して重く受くる>地獄の責め苦の様である。

此処にあるが如くに殺生・偸盗・邪淫・飲酒・妄語・邪見の上に女を犯すとかの地獄の様へと突入する。



かように何故か女を犯すと決まって大焦熱地獄へ堕ちる。

尚是は明らかにフリーセックスへの罪であり罰である。

即ち女犯の仏罰であり大宇宙の理法が定めし女犯への罪状である。



無論のこと其は法秩序の上での罪刑法定ではないがあくまで真理に対する大罪である。



我我現代の大衆は皆いつの間にか此の大罪を犯して仕舞って居やう。

よって今現代人は皆地獄の底へと叩きおとされて居やう。


其の様やまさに罪深い。
しかも毛深い。


毛深い?


其の毛深い欲望にてまるで獣のやうに女と交わることだけが一般大衆の唯一の愉しみじゃ。




十六小地獄 (大焦熱地獄)


一切方焦熱処(いっさいほうしょうねつしょ)[編集]

仏教の在家の女性信者を犯した者が落ちる。全ての場所、空にまで炎が満ちており、罪人たちは常に焼かれる。また、獄卒が罪人を巻物のように足から巻いていき、全身の血が頭部に集まったところで釘を打ちつける。

大身悪吼可畏之処(だいしんあくくかいしょ)[編集]

出家はしたがまだ僧にはなっていない女性を犯した者が落ちる。獄卒が毛抜きはさみで、全身の毛を肉もろとも一本ずつ抜いて苦しめる。

火髻処(かけいしょ)[編集]

仏法を正しく身に付けて正しく行っている女性を犯した者が落ちる。弓の弦のように細長い体に、鋭い牙を持った虫がたくさんおり、獄卒に縛られた罪人の肛門から侵入、内臓から脳まで食い尽くして頭部を食い破り外に出る。

雨縷鬘抖擻処(うるまんとそうしょ)[編集]

国家の危機的状況の混乱に乗じて、戒律を守っている尼僧を犯した者が落ちる。回転する刀があちこちに生えており、身動きするとたちまち切り裂かれる。死ぬとすぐ再生し、また切られて死ぬ。

吒々々齊処(たたたざいしょ)[編集]

受戒した正行の女性を犯した者が落ちる。激しい風に吹き上げられてバラバラになり、肉があちこちに撒き散らされる。また、金剛の鼠に喰い散らかされ、芥子粒のように細かくなる。

雨沙火処(うしゃかしょ)[編集]

仏門に入ったばかりの尼僧を犯した者が落ちる。500由旬の大火炎の底に金剛の砂の巨大な蟻地獄があり、灼熱の砂に飲み込まれる。砂の中には鋭く尖って突き刺さるものも混ざっている。

内熱沸処(ないねつふっしょ)[編集]

三宝に帰依し、五戒を受けた女性に対して非法な事を行った者が落ちる。あたりが炎に包まれている中で、五つの火山だけが木が茂り池がある。それを見て火山に行くと暴風に巻き上げられ火山内部で焼き尽くされる。

普受一切資生苦悩処(ふじゅいっさいしせいくのうしょ)[編集]

僧侶でありながら戒を受けた女性をたぶらかし、財物を与えて関係した者が落ちる。炎の刀が皮膚をはぎ、肉がむき出しになった所をさらに炎で焼く。また、獄卒が溶けた鉄を身体に注ぎ込む。

鞞多羅尼処(びたらにしょ)[編集]

嫌がる女性と無理矢理に関係した者が落ちる。暗黒の中で高熱の鉄の杖が雨のように降り、罪人に次々と突き刺さる。

無間闇処(むけんあんしょ)[編集]

善を治めた人物を女性に誘惑させて堕落させた者が落ちる。金剛さえ突き破るほど鋭い嘴を持った虫が、文字通り罪人の骨の髄まで食い荒らす。

苦髻処(くかいしょ)[編集]

自分と関係しなければ王に讒言して罰を受けさせると脅迫し、立派な僧を誘惑して堕落させた女性が落ちる。獄卒に鉄のヤスリで肉を削り落とされる。

髪愧烏処(ほっきうしょ)[編集]

酒に酔って姉妹を犯した者が落ちる。灼熱の炉に入れられ、獄卒がふいごで火力を強める。また、太鼓の中に入れられ、獄卒がそれを激しく打ち鳴らす。

悲苦吼処(ひくくしょ)[編集]

特別な儀式の最中であるにも関わらず、姉妹と関係を持った者が落ちる。一見すると平和そうな林があり、みんなそこに逃れるが、実はそこには巨大な千の頭の竜がたくさんいて、罪人を口の中で噛み砕く。罪人は口の中で生き返り、また噛み砕かれ、同じことのくり返しになる。

大悲処(だいひしょ)[編集]

教典などを学んでいる善人の妻や娘などをだまして犯した者が落ちる。びっしりと刀が生えたヤスリのような床があり、獄卒にそこにこすり付けられ、形がなくなるまで擦り減らされる。

無非闇処(むひあんしょ)[編集]

自分の子の妻を犯した者が落ちる。沸騰する釜の中で他の罪人共々煮られた後、杵でつかれて一塊の団子にされる。

木転処(もくてんしょ)[編集]

命を救ってくれた恩人の妻を犯した者が落ちる。沸騰した河の中で逆さに煮られ、巨大な魚に喰われる。

以上より引用





大焦熱地獄へ堕ちる者


仏教の在家の女性信者を犯した者
   
出家はしたがまだ僧にはなっていない女性を犯した者

仏法を正しく身に付けて正しく行っている女性を犯した者

国家の危機的状況の混乱に乗じて、戒律を守っている尼僧を犯した者

受戒した正行の女性を犯した者

仏門に入ったばかりの尼僧を犯した者

三宝に帰依し、五戒を受けた女性に対して非法な事を行った者

僧侶でありながら戒を受けた女性をたぶらかし、財物を与えて関係した者

嫌がる女性と無理矢理に関係した者

善を治めた人物を女性に誘惑させて堕落させた者

自分と関係しなければ王に讒言して罰を受けさせると脅迫し、立派な僧を誘惑して堕落させた女性

酒に酔って姉妹を犯した者

特別な儀式の最中であるにも関わらず、姉妹と関係を持った者

教典などを学んでいる善人の妻や娘などをだまして犯した者

自分の子の妻を犯した者

命を救ってくれた恩人の妻を犯した者




かように邪淫であるSEXへの罰こそが其の大焦熱地獄を齎す。

よって地球温暖化にて文明が滅びるのは須らくが此の邪淫の罪によるものだ。

しかも其れは犯す側と犯される側の合意、此の合意の上での邪淫であることこそが現代人の気付かない盲点の部分である。



だからズバリ合意の上での邪淫も其の須らくが罪である。

即ちSEXは全部が罪であり謗法であり反キリスト=悪魔の行ひであり即地獄へと至る道のことだ。



其の一発こそが、其の夜の営みの愉しみ♡こそが、其の愛の名の元に繰り広げられる様々な痴態の限りでの、其の良い子が決して見てはならない秘密の儀式こそが地獄の様を生み出す。


人間の欲の、其の邪な欲の大元であるつまりは元凶であり、しかも其の愛の営みの元にかの女共の大欲望は限りもなく成就され此の世の全てを、かの大世界の大宇宙の、其の一発の、まさに其の現在と未来との混淆の、客体と主観との混じり合ひ、其の一瞬に於いて全ての生への信仰が生まれやう。

欲望はもはや止めどなく、もはや遮るものは何もなく自由かつ際限なく其処でドロドロに交わり挙句に宇宙を破壊し地球を蹂躙し生を其のあってはならぬ矛盾をば開闢せしめる。



ああー、其の欲望、かの姉ちゃんとの一発の夜の営みが。

まさに其れこそが神をも畏れぬ、また佛を貶める大罪の内容であり、かつ永遠に、まさに永劫に亘る罪咎への極限の接近であり破壊そのもののことである。




おおー、其の誰も知らない大人としての罪こそが。

さうしておまへらが大人だと言っては居るがどう考へても罪深い淫欲の行ひそのものが。


うわー、そこいら全部を性器と化しまさにドドメ色の、其のドドメ色の欲望の解放の数々を、まさにまさに校舎で一発署内で一発、夏休みに一発おまけに勤務中に一発。


其こそが大欲望としての大権現だ、もはやまるで欲望の王様級の、其の性欲の大大大解放こそが人類をして大焦熱地獄へと叩き堕とした。





たとへばここにあるやうに、

国家の危機的状況の混乱に乗じて、戒律を守っている尼僧を犯すと即地獄行きだ。

僧侶でありながら戒を受けた女性をたぶらかし、財物を与えて関係すると即地獄行きだ。。

自分と関係しなければ王に讒言して罰を受けさせると脅迫し、立派な僧を誘惑して堕落させた女性は無論のこと即地獄行きだ。

特別な儀式の最中であるにも関わらず、姉妹と関係を持った場合にも、また自分の子の妻を犯した者や命を救ってくれた恩人の妻を犯した場合にも間違いなく其の大焦熱地獄へと堕ちやう。




勿論其の地獄の本質とはあくまで心理的内容のことである。

そしてあくまで真理に対してSEXは罪なのである。

其処では謂わばSEXそのものが罪なのである。

だが大衆的な心性のあり方には其のことが理解出来ない。

逆に性の営みこそが生を営む上での基本であり善き事、望ましき事、目出度きことなのだ。



対して聖なる者は性を否定する方向へと精神のあり方を導くが無論其れでもって生が満足され得やう筈もない。

だがあくまで欲望の満足=謗法であり其の欲望の成就でもって真理を放棄するものなのだ。


だから常に聖なる者の歩む道は仏教にせよまたキリスト教であるにせよ厳しく険しい精神の次元を歩む道でのことだ。


精神の浄化への道は必ずや狭き門より入らねばならずかつ犀の角の如くにただ独りでのみ歩むべき道なのだ。



事実其のやうに釈迦は晩年に語って居る。

自らを灯となし犀の角の如くに歩めと。


尚是は世間は真理が寄って立つ場ではないことを如実に示す言葉だ。



結局世間は俗なる迷信により沿い動いて御座る。

一言で言えば其れが其れこそが女の子宮の魔力としての欲望のことだ。




尤もこんな地獄の論理ではまるで女を犯す男が悪いばかりのやうだがさうではなく犯される女が居ること自体が罪そのものでありかつ悪業そのものである。

第一女を犯したいのは男の本能で本能が悪いのならば結局女の本能=子宮力こそが一番悪く尚且つ地獄への道案内人のことでもある。



本能が悪いのなら人間は此の世に居ない方が良くでもそんなのは余りにも極端だと思って居たらあながちさうでもないことが近頃ようやく分かって来た。



即ち地獄はもはや近い。

もはやすぐ其処に地獄が来て御座る。



第一此の灼熱地獄は文明が齎したものでもはや誰も変えられぬ類でのものだ。

其はマッドな西欧近代があへて地球を壊して齎したもので本来仏教徒の我我とは関係がなかったものながら日本国は西欧近代国家其れも先進国の一員なのでもはや其の罪からは永遠に免れ得ない。



よってこのままに静々とかの大焦熱地獄へと突き進んでいかう。

そしてそのままに仏罰を受けそのままに皆焼け死ぬのじゃ。




さうして其の原因はあくまで性の乱れにあったことが、まさに其のことが今此処でよーく分かったことであらう。

何が怖ひと言ってこんなに怖いこともまたとない。

ああ、怖ろしや。

何の因果かそんな無理やりに女を犯すやうなことをするから文明が全部地獄へと真っ逆さまだ。



かの不倫や淫行の数々が、其れも知識人層がストレス解消と称して軽ーく行って来し邪淫の数々がかくの如きにもはや取り返しのつかぬ現実をば生み出すのじゃ。



あーあー、怖い、ただただ怖い。

逃げやう。

一刻も早う何処かへ逃げやう。



地獄など無いところへ行きたいが生自体が実は地獄じゃった。

ちなみにキリスト教にも確りと地獄は御座います。

でも地獄があるだけで何だか少しは暑さが和らぐやうな気も致します。



どうも夏は其の地獄こそがよろしいもののやうで。

さうです、夏は海や山、川や高原ばかりではなくかの地獄界の有様を見詰めるべき季節だ。


さうだ夏は何故か死の季節である。

性の爆発じゃない生の爆発であると同時に死を見詰める為の季節なのだ。

さうして夏こそは地獄だ、そんな地獄フェチであること、まさにこれで決まりなのだ。