目覚めよ!

文明批判と心の探求と

不倫した女は磔の刑に処するべき


懲りもしない現代の日本社会の風潮、このふしだらかつ色キチ○×の有様をとくと見るがいい。


そして普通人はこんなこと位、と思うことだろう


こんなこと位は大目に見て置けと。



然し聖なる領域、魂のステージの段階ではむしろこうしたことこそが地獄へ堕ちるか否かの決定因となる。


魂の潔癖さの度合いこそが何度も生まれ直し永続的に苦を味わうか、それともそうはならないかの根本因となるのだ。


だから兎に角浮気は大目に見てはいけない。



それも女の方の積極性が絡んだ浮気などもってのほかである。



現代の日本社会は近代主義の悪しき風潮をモロに受け精神の滅びへの坂を転げ落ちていく。


だからこうした女をのさばらして置いてはいけない。


いや、そのやうな女の頭の中身を拵えてはいけない。


絶対にいけないのだ。



そもそも左翼教育が悪いのは無論のことながら、右の方は右でストレスを性的に解消したいのが古よりの日本社会のあり方なのでより一層悪い。





さてこの事件ではこの度大層好ましい判決が下された。不倫に激高、妻を死亡させた夫に判決


つまるところ執行猶予付の有罪判決が言い渡されたのだ。




(13日の判決で大阪地裁は「抵抗しなかった被害者に対し、暴行を繰り返したことは厳しい非難を免れない」とした一方で、「被告人が激しい怒りを覚えたのは理解ができ、重大な傷害を負わせる意図はなかった」として、本間被告に対し懲役3年執行猶予5年の判決を言い渡しました。)


そんなもの、妻の不倫への怒り位は当たり前のことである。


どだい女の方が浮気するなど、戦前の日本社会ではまず考えられないことであった。



そんな女は昔ならば打ち殺して当然でありそればかりか不義密通の罪で磔の刑である。


こんな性根の腐った女は兎に角こっぴどく罰していかねばなるまい。



そればかりか奴隷の如くにこき使い生涯座敷牢にでも幽閉しておくべきだ。




尚、今年の七月にある年配の男性からこれに似た酷い話を聞いたことを思い出した。


其の方は68歳位だったかと思うが、暫くの間私の職場にパートに来られて居てたまたま夜一緒に働く機会があり其処で色々と身の上話を聞かされたのである。



其の方は昔F大病院で医学関係の講師もなされて居たことのある人でなかなかきちんとされた方のように見受けられた。


ところが二年前に離婚されたのだと仰る。



それも妻の不倫により離婚せざるを得なかったのだと云う。


そしてある日家に帰ると妻が男と床に入って居たということだった。



其の時私は激しい怒りを感じた。


其の元妻である看護師は結局そういう女なのであろうか。


いや、女とは元々そうした至極ふしだらで厄介な悪魔そのものなのであろう。



そのことにより其の方は人生に対して不信感を植え付けられて居たのではなかったか。


何だか元気がなくて根本のところで何かが虚ろであった。



それもこれも、女共の狂った肉欲の犠牲となりそのやうにされて仕舞ったのである。



即ち女共の不倫を野放しにすると今後日本の社会はとんでもないことになろう。


それから生理用品の宣伝を各TV局は即刻自粛せよ。


全くもう胸が悪くなるわ、飯を食って居るところだと云うのに。



何度も繰り返し云うが女共は悪魔じゃ。


女の不倫は磔の上獄門に処すことを断固として要求する。日本における磔刑


さらに男性は不倫女を打ち殺したにせよ皆無罪放免となすべきである。


悪魔は人間では無いので人間ではない扱いこそが是非妥当かと思われる。