目覚めよ!

文明批判と心の探求と

近代合理主義の暴走

ベルギー同時テロ 狙われたEU中枢 厳戒でも防げず パリ実行役逮捕直後

http://mainichi.jp/articles/20160323/ddm/003/030/184000c


今日の様にグローバル化されし社会に於いては、其処に於いていざ発生せし問題が即己の身にも降り掛かって来るのだと言えよう。
然し、考えてみればすぐに分かることながら、本来ならばそんなことは須らく対岸の火事なのであり、ああ、そうか、其れは大変だったね、其れは其れはどうもご愁傷様でした、などということで終わって仕舞う筈のことなのである。



だが近代以降価値の一元化、普遍化が成されしことにより其の様なリスクが増大していくということだ。


そして現代社会は今限りなくリスキーな戦いの場へと形を変えつつある。


言うまでもなく其の様な世界を現出させた原因とは近代合理主義の暴走によるものである。




近代合理主義が暴走し、底辺層の人間を人間扱いしない、いや、それだけではなく中間層さえもが破壊され底辺層へ貶められるようなそんな過酷な現実を生み出したことこそによる。


其処で利益の追求だけが大事である合理主義グローバル経済の世界、其処で神仏を大切にしない合理主義的唯物主義の世界、其処で生殖を快楽の道具として扱う合理主義的男女関係、要するに精神の価値の何たるかを忘れ快楽の追求のみを是とするような下らない世界、其れに対するひとつの疑問がイスラム原理主義の側から投げかけられて居る訳である。



尚価値というものは、元来共有出来ない性質のものである。


世界には元々近代的な価値、イスラム原理主義での価値、仏教観、東洋での価値、南国の国での価値というように色々とあってしかるべきものなのだ。


そして其れは一元化、普遍化されるべきものではないのだ。




だが近代を経て世界は普遍化された。

現在も其の過程にあり、今後は世界中が近代化され同じ様な何か下らない社会になっていくことだろう。


否、必ずしも下らないものであるとは限らない。

一部では其れが上等なものであると見做されて信奉されて居ても良い訳である。


然し、其れを世界全体に押しつけることには大きな問題がある。

其処で多様性が失われ、様々な価値観が切り捨てられていくという意味に於いて問題がある。


だから其れがひとつの巨大な自己矛盾過程そのもののことなのだ。


其の様に世界が普遍化され価値が一元化されると、世界はより不安定化しよりリスキーなものとなって行かざるを得ない。


つまるところ、イスラム原理主義による近代システム及びキリスト教的世界観への攻撃は実は近代が自ら招きし必然の過程なのである。



ただし東洋の思想は其れに比せば大人しい。

だから東洋人は攻撃などしないのである。
武力行使により現代社会をぶち壊そうなどとは考えて居ない。

東洋の闘いとはあくまで内面にて行われる戦闘なのであろうから。





近代合理主義の暴走に於ける一番まずい面は、其れが必然的に格差社会をつくって仕舞うという点にこそある。


人間ならば誰しも此の世で普通に生き暮らしていきたいと願う筈だ。


然し現行の社会体制は其の多数の願いを叶えるだけの安定度に欠けて仕舞って居るのだ。


実際資本主義体制だろうが共産主義体制だろうが今やひどい格差の構造が其処に厳然としてある。


特権階級または数パーセントの富裕層だけが世界の富を独占しやりたいようにし放題である。


そして大金は大金を生み余計に金持ちだけが肥え太る仕組みをかの金融経済が形作って仕舞った。


対して真面目に働き日銭を稼いで居た労働者、其の月給だけで妻子を養わなければならぬ労働者の賃金はドンドン下がっていった。

元々贅沢もせずに懸命に働くことで生き抜いて来た余裕なき庶民は本当の意味での食えない領域を生きて行かざるを得なくなる。



一方ではやりたい放題に生きて、また一方では食うや食わずで生きるか死ぬか、である。

其れも毎日がそうなのでそれこそ女どころではない。

ちなみに女というものは金があるところに必然的に集まるものなので金の無いところには決して寄って来ない性質の生き物である。


其れで職と金の無い元気な若者達はそれこそイスラム原理主義にでも参加せざるを得なくなる。


ただし金が無い五十代の場合は参加したくても其処までの元気が無いのでたとへば仏教のことなどを大人しく考えて居る位が関の山である。


つまりはどうのこうのということではない、全てのリスクは近代以降の社会の流れの中からの必然的な出来事である。




近代合理主義の暴走は、まず、経済学の分野で引き起こされた。
経済の上での合理的な金融化は資本主義を延命させたが結果的に一部の人間を破壊して仕舞うこととなった。

其れも、当然のことながら金持ちや特権層を破壊したのではないのである。
あくまで最も立場の弱い、低所得層の人間の人間としてのプライドを破壊したのである。


金融経済即ち博打経済が最も金の必要な低所得層の給料を圧迫しむしり取っていった。




其れでバスやトラックに乗って居る人々などは何とか食いつなぐ為長時間に亘り過酷な労働を強いられることとなる。

すると、其処でついに体が限界を超えた。
だから必然的に大事故が発生して仕舞うことともなろう。


そしてバスがついガードレールを突き破り森の中へと落ち、トンネルではついトラックが居眠りをして追突し其れにより大火災が引き起こされ多くの人々が死んだ。

合理主義の度が甚だしくなりし資本主義は、このやうに多くの人々の命を虫けらの如くに奪う。


つまり今人間の世界では近代合理主義の暴走により多くの人命が奪われつつある。




イスラム原理主義によるテロの問題も、其れから船やバスやトラックによる大事故で多くの尊い命が失われたのも全てが合理主義による殺人である。
合理主義は人間を家畜化するに飽き足らず、ついには人間の尊厳ー給料ーをも奪い世界を本質的に不安定化させて仕舞った。




かように合理主義は今や殺人鬼となった。
其の一方で、合理主義は金持ちを生み、其の金持ちの連中は豪華客船に乗り飽食とあくどいことのし放題である。
其んな光景を毎日繰り広げて居るので魂を悪魔に売り渡しまさに精神の上ではすでに死んで居るのであろう。
従って金持ちや特権層もまた近代合理主義の生んだ犠牲者である。


彼等はもう死んで居るのだ。

即ちおまへはもう死んで居るのだよ。



とあれ、人間は自分だけが楽しく生きられれば良いというものでは元よりない。
自分はもうどうなっても良いから社会を救いたいという気持ちも一面ではまた大事である。

もっとも、社会は救われないが、努力することは大事である。
何に対して努力するのかと言えば、其れはもうこの社会の矛盾に対して物申すことでしかない。

社会の矛盾に対して武力で訴えかけることは、其処で報復の連鎖を生みそれこそ止めどなき戦いへと突入して仕舞う。


ゆえに社会の矛盾に対しては常に知的範囲から訴えかけることが大事である。




かって哲学者のカントは、世界を認識する知性に限界はない、と見なした合理主義的なidealist等に対して世界を認識する知性と其の知性による合理化には限界があるとも述べて居る。

即ち人間知性には限界がある、のである。



限界があるから、完全にはならない。

不完全だから、時に滅茶苦茶にもなり、やがては暴走しもする。


だが合理主義の暴走はいつしか殺人の範囲にまで手を染めて仕舞って居るのだと言えよう。


何せ殺人ですよ、殺人。
ついに殺人なのですぞ。


そして人間を格差化し自殺者を生み人間をして絶望の淵へと叩き込み、或は不安の頂点へと招き入れることだろう合理主義文明。




合理的思考は、必然として自己矛盾化する。

合理性の追求は、殺人をも生み出す。


しかも其の行為を自らが裁くに必要な知性を麻痺させる。


其処では制御が不可能となり、さらなる知性の麻痺を引き起こす。


このやうに制御が不可能となり、自然を、人間を、相次ぎ破壊していく。



すでに自然を殺しかつ人間を殺し、


所謂グローバル・コスモポリタンとしての人工楽園を今我々は生きて居る。

だから此の世界は究極的にリスキーなものとなる。


謂わば未曽有のリスクに捉えられし世界、それも人間自身の生み出す思想のリスクに直面するようになった世界こそが今なのだ。


即ち何処で何が起きてもおかしくはない世界のことなのだ。