目覚めよ!

文明批判と心の探求と

筆記具は思い出の揺り籠のやうなものだー筆記具から思い出す過去の様々ー

 

其の廃番筆記具と云うことが一種物の世界の哀しさのやうなものを指し示しても居ることでせう。

此れ迄に私ももうどんだけ其の「今はもう無い品」を探し回ってきたことか。

 

また不思議なことに其の「今はもう無い品」に限り物凄く魅力がある訳です。

つまり失われゆくモノー文化ーや人ー生命ーには幾らでも有る物、またこれから幾らでも出て来そうな物とはまるで別次元での価値があるのです。

 

だから其処に拘る奴等こそが眞の意味での蒐集家であるつまりはコレクターなのです。

なのだが私が今筆記具に於いてやって居るのは其の過去の物としての価値を分解しあえて異質な物同士をくっつけることにより自らにとっての新たな価値を創造して行くことです。

 

 

筆記具系の物マニアの中にはさうした改造や創造にむしろ全情熱を捧げて居る方々なども意外と多く居られます。

其れは腕時計などとは違い万年筆やボールペンが其処まで精密な製品では無く適当に弄れる部分が多分に残されて居るからなのだと思われる。

 

ですが私の場合かうして感覚は細かい訳ですが観念人間ですので元々手が動かずよって工作だの何だのが得意では無いのです。

工作して居るよりは本を読んで居たりかうして何かに就き語って居る方が性に合う訳だ。

 

が、そんな私でもカンタンな改造にはかうして嵌って仕舞う訳です。

おそらく此れは女性には無い男性としての特質なのだと思われる。

 

 

實際にクーラーを含め何でも創って仕舞うやうな🚹が世の中には居るものです。

ー昔YOSHIOさんが家に🚙のラジエターを利用しクーラーを造って呉れた。エアコンなどがまだ世に出回って居なかった時分の話であるー

また何でも改造出来る方も居られる。

 

ですが私は機械物には大変弱くまた数学などもまるで出来ません。

其れでも其の技術工作系の愉しさと云うものは少しだけですが分かる訳です。

 

尚大掃除により他にも色々と筆記具が出て来て居ります。

例えばこんなデスクボールペンが出て来た。

 

 

デスクボールペン | 製品情報 | PILOT

Amazon | デスクボールペン【黒】透明ブラックボディ BDE15TBB | 油性ボールペン | 文房具・オフィス用品

 

此のボールペンはお洒落な所謂羽根ペンデザインで世界的にも稀な物なのだと思う。

私は拾年と少し前にボールペンに凝ったことがあり其の折に緑区の大きな文具屋でコレを弐本求めました。

 

但し其の色は白です。

其の白はすでに廃番になって居るやうだ。

 

ところが此のデスクボールペンにJS芯ー大ーを組み込んでみたところ何と其の侭にピッタリ嵌りました。

パイロットなのですが何故か三菱鉛筆のJS芯がピタリと嵌る訳です。

 

さて其の白いパイロットのデスクボールペンがとても美しい訳です。

ですが壱本は軸内でインクが暴発し軸内がインクだらけになりおまけに首の樹脂部も折れほとんど再起不能なのですが其れを何とか甦らせやうとして居るところです。

 

 

かうして筆記具の世界に於ける筆記具コレクターの筆記具に対する愛の如きものはほぼ筆記具の値段とは関係無いものです。

勿論大事な物は大事に保管されても居る訳ですがむしろ使うペンの方に愛着が涌く訳であり従って本質的にはさうして手に触れ使う物の方にこそ維持する執念を燃やす訳です。

 

また私の場合は其れこそアンティークの高級な西洋骨董から百円のボールペン、シャープペンシルまで筆記具ならば何でも好きな訳ですから自然と数が増えて仕舞い困ると言えば其処が困る。

だから定期的に使う筆記具の整理をしないとイケナイ訳だ。

其れだけでもおそらくは千本位はある筈なので何処にドレがあるものやら次第次第に分からなくもなるのです。

 

ところで其の改造無しでJS芯ー大ーが組み込める軸はほとんど無いことかと思われる。

ですがデスクボールペンのやうに単純な構造の軸の物は概ね簡単にJS芯ー大ーを組み込むことが可能です。

 

 

さうして筆記具を整理して居て思う事は其れ等の筆記具が「思い出」と結び付いて居ると云うことです。

之を手に入れた時私はまだ参拾代だったなあ、だとか昔付き合って居た👩から貰ったペーパーナイフだのペンーパイロットのミューーだのに其の思い出が滲み付いて居るのです。

 

またカランダッシュの金張りのボールペンが出て来ますと今は行方をくらましたかっての友のことが思い出される。

或る日彼がアナタの其の「早川式繰出鉛筆」とボクの此のカランダッシュの金張りのボールペンとを交換しようと云うものですから其の通りにしてあげました。

 

ASCII.jp:これがシャープペンシルの先祖「早川式繰出鉛筆」だ!

早川式繰出鉛筆 (ishidabungu.co.jp)

 

より正確には私の「早川式繰出鉛筆」は0.7ミリ芯の物でより貴重な初代の復刻版でした。

大事にして居た物でしたが当時彼が兎に角欲しがるので交換に応じて仕舞った。ー其れも今から四半世紀程前のことですー

 

エクリドール シェブロン ゴールドプレート ボールペン 紛れもない定番。 | Caran d'Ache 

私の物となった其のカランダッシュの金張りのボールペンも勿論良い物です。

私の好きな角軸ー六角軸ーでもって装飾が彫り込まれて居ます。-機械彫りか?-

 

ですが金さえ出せば何時でも買える物ではある。

 

では今私は其の筆記具の交換を悔いて居るのでせうか?

いえ私はむしろ其れで良かったとさう思って居ます。

 

何故なら其の後彼は失踪して仕舞ったからなのです。

何故失踪したのかと言えば彼は會社の代表者でしたが弐度會社を潰しどうにもならなくなって夜逃げをしたやうなのです。

 

私は彼の結婚式にも出ました。

彼はカトリック布池教会と云うところで式を挙げたので私も招かれ其処で歌を歌いました。

 

其の歌は「徳永英明  輝きながら」と云う当時流行の歌でした。

此の曲が流行った1987年の頃私共はまだ廿代後半で確かに結婚適齢期の頃なのではあった。

 

で、Gが来て「輝きながら」を結婚式で歌えと言うので兎に角其れを🚙の中で弐人で歌い練習も致しました。

ちなみに私はボーカルが出来そうな位に實は歌が上手いのです。

 

 

またカラオケなども趣味で拾年位前迄は始終独りで練習に行って居ました。

要するに純粋に歌うのが好きなのでみんなでカラオケに行くのは其れ程好きでは無い。

 

ですが凄いのです。

其れこそ何でも歌える訳だ。

 

其れも「もののけ姫」だの藤 圭子だの宇多田 ヒカルだの倉木 麻衣だの何でもイケます。

ちなみに歌うと私はまるでカストラート系なのでX JAPANでも何でもイケますが尤も好きなのは小椋 佳や井上 陽水などです。

 

またテレサ・テンなども十八番でした。

ですが一般的な🚹の歌の趣味では無い訳です。

 

また私は唱歌や讃美歌のやうなものを實は好みます。

また其れを歌わせると上手いのです。

 

かの由紀 さおり姉妹が歌って居たやうな歌が壱番好きでした。

 

アヴェ・マリアとかも多分イケることかと思う。

かうした特殊な歌は特別なところで歌の練習をせねばなりません。

 

其れでもって私は研究所勤務時代ー電力會社のーに夜に四階迄吹き抜けの階段で歌ってみたところ凄いエコーでまるでプロ並みに歌が上手いではありませんか。

其れでもって其処で暫く歌って居た覚えが御座ります。

 

兎に角私は音樂や絵画の話をし出すともう止まらなくなりますのでここらにして置かないと其の歌の話ばかりが無限に続くこととなります。

 

 

尚普段の私の声は徳永 英明や森 進一並にハスキーです。

また声も小さくて周りは何を言って居るのだか良く分からぬやうですが怒った時と歌う時の音量だけが酷く大きいのです。

 

でもX JAPANのボーカル並に高音が出せるのでつまりは特別製なのです。

演歌系でも坂本 冬美などの歌はコピー出来ませう。

 

そんな訳で筆記具の話よりも是非歌の話をしたくなって仕舞いました。

 

 

彼はブランド物が兎に角好きでした。

私とは違い読書したり勉強したりするタイプでは無く👩遊びも常にして居るやうなタイプだった。

 

ですが私には新鮮に感じられるタイプの人間だった訳だ。

だが結婚式の前日に何を思ったか彼は金を借りに来ました。

 

元よりそんな額の金は無いので断りましたがさうしてカネ使いが荒いと申しますか兎に角動かす金の額が違う訳です。

 

ですが壱度會社を潰した後に再起を図ったのは偉かったのだと思う。

でもまた會社を潰せばもう後は行方をくらますばかりだったのだらう。

可哀想にそんなところへと追い詰められて行ったのだらう。

 

さても彼はまだ生きて居るのだらうか?

 

 

そんな経緯があっただけに私は「早川式繰出鉛筆」を手放したことを後悔しては居ないのです。

さうして交換したカランダッシュの金張りのエクリドール・ボールペンはかうして今も手元にある。

 

其れを見る度使う度に彼のことを思い出します。

 

エクリドール・ボールペンはノック機構が単純で丈夫でもって長持ちします。

クリップ部の金張りだけは剝げましたが今でも全くの現役です。

 

其の後エクリドールラインに廉価版が出ましたので緑の樹脂軸の物を壱本だけ求め其れに緑色のインクの芯を入れ時折筆記したりして居る。

 

 

其のカランダッシュの限定万年筆ではかって「ガウディ」と云う物凄い品を持って居ましたが其れも兎に角重いペンなので早々に手放して仕舞いました。

カランダッシュ リミテッドエディション ラ・モデルニスタ | 筆記具専門店キングダムノート

 

此のペン、六角形の軸で個性的なのは良いのですが兎に角クソ重い訳です。

しかも値段がバカ高い訳です。

さうして意外とペン先がチンケであり宜しくありません。

 

ですがまあ個性だけはありませう。

 

カランダッシュの限定万年筆が全て悪い訳では無いことでせうが個人的にはカランダッシュはエクリドール・ボールペンが壱番良いとさう思って居ります。

 

 

また他にも父母が昔使って居たプラチナ万年筆だの、👪でもって信州へ旅行へ行った折の民芸ボールペンだのさうしたモノが全て思い出と共に手元にある訳です。

また初めて買った万年筆や探し回ってようやく手に入れた筆記具などもまたある。

左様に筆記具には皆其々に思い出や思い入れが宿って居る。

 

良く考えてみれば其れもまた凄いことなのだらう。

そんな風に記憶や思いが残せる物であるところこそが。

 

後にコレクターとなり様々に他のコレクターと交流もした私でしたが、さうしてペンを交換し合ったりまた改造して貰ったペン先などを見詰めるにつけ其の人々のことが思い出される訳です。

 

 

ところでオリムピックを視ながらまたぞろペンを改造したりしては居ませんか?

まあして居ります。

 

何せオリムピックを視るのは長丁場なので其ればかり集中して視て居ると何も出来なくなって仕舞いますので。

今度は何を作りましたか?

 

今日は万年筆とボールペンを壱本づつ作りました。

壱本は台湾のREGALのカラフルな軸に中國金星の首軸を付け其処にセミ・フレキシブルな鉄ペン先を組み込みキャップはパイロットのストリームラインの物を被せてあります。

 

もう壱本は現代のWATERMANの限定品の軸ー此れもまたクソ重いーの首軸に錐で穴を開け緑インクのJS芯ー小ーを挿し込みボールペン化してみました。

 

其のWATERMANの限定品とはフォンテーヌ・ブローでフォンテーヌ・ブローの森の木を使い作られた木軸の限定万年筆です。

 

【楽天市場】【即納】【WATERMAN/ウォーターマン】【Le・Man/ル・マン】100超希少!フォンテーヌブロー グリーンウッド ボールペン1993年限定品 樺の木 森をイメージした美しいボディ【送料無料】:筆記具専門店ペンライフ

但しこちらは万年筆とセット販売されたボールペンの方です。

 

ですが此のボールペンの方は今行方不明となって居るのです。

其れでもってフォンテーヌ・ブローの万年筆はある訳ですが其の金ペン先を他に使って居りもはや万年筆としては機能して居りません。

 

で、昨夜此のペン先の無いフォンテーヌ・ブローをしげしげと眺めて居りましたところ、其処でもってハタと気付きました。

さうか、此のペンもかうしてクソ重いのでいっそのことボールペンにした方が向いて居るぞ!

 

で、結構厄介な作業が伴いましたがとりあえず本日ボールペン化することに成功した。

 

我が好む緑の木軸でしかも緑インクのボールペンです。

しかも其れを松山の活躍を視ながらやっておったのです。

 

ところが松山プロは最後の方でパットが入らず結局銅メダルを逃したのでした。

其処からもゴルフに於いてパット程重要なものは無いのだと申せませう。

 

ゴルフとは左様に難しいスポーツなのです。

嗚呼さう言えばゴルフクラブの整理、コレが實は大変なのだ。

 

私は其れを多分百本程も持って居ります。

其れを中古ショップに持って行くだけでもはや大変な労力です。

 

しかも私のクラブは其の辺の奴等が使えるやうな代物では無い。

謂わば非常にマニアックな道具ですので其の辺のオヤジではまるで振り切れぬ物ばかりなのだ。

 

いや其れよりも何よりも此のクソ暑いのに其れを携帯ケースに入れて中古屋へ持って行くだけでもう死にさうです。

 

 

いっそのことまたゴルフをやってみてはどうか?

正直ゴルフをやる金がもう何処にもありません。

 

其れに今はゴルフよりも改造ペンの方が面白いのだ。

 

其れにつけても今の私にとり大問題なのは社會が悪いことや人類の存続がどうのかうのと云うことでは無く其のフォンテーヌ・ブローのボールペンが今何処に隠れて居るかと云うことのみだ。

 

勿論其れは失くした訳では無く必ずや部屋の何処かにはあります。

ですが何処にあるかがまるで分からぬのです。

 

 

確か五木 寛之先生だったかと思いますが自分は筆記具を良く失くすと云うやうなことを述べられて居ました。

作家の部屋はそんなに汚いのかと当時は思いましたのですが私は作家では無いが結果的に管理が悪く筆記具を良く失くすところは先生方とまるで変わりありません。

 

特に汚かったのがかの坂口 安吾の書斎です。

坂口 安吾は天才だと思いますが兎に角部屋が汚く其の中では多分色んなものが腐って居たに違いないことだらう。