目覚めよ!

文明批判と心の探求と

「社会のお役に立つ」ことよりも身近な人達との心の交流こそが楽しひ

其の現世利益中心主義こそが實は最も排斥し難ひ人間にとっての価値観なのだと言へやう。

 


ほとんどの人間は其の現世利益を中心にしてあらゆる価値観ー価値ヒエラルキーを組み上げて居る。

さうして實は現實的にほぼ全ての価値観が其処へと埋没して仕舞ふ訳だ。

 


ところが其れを阻止しやうとする逆の働きもまたある。

其れはイエス・キリストの教へによる価値観と佛陀の教へによる価値観である。

 


但しキリスト教も佛教も後に成立した教義なり組織は決まって不純化して居るのでズバリ其れは聖なる教へ其のものとはかけ離れて行く。

 


聖なる教へは人間を本質的に救ふが現世利益に傾くさうした現實化した教へは其の時々の人間の役に立つ位のことしか出来ぬ。

 


尚此処でひとつのことが導き出されて居るのが皆様にはお分かりだらうか。

 

 

 


まさに其れは「子宮思考」は人間を本質的に救ふものではあり得ず逆に👿化するつまりは利己主義化する虞が多分にあるものだと云ふことだ。

 


「子宮思考」は普通🚹はしたくても出来ぬものなのだが決してやらなひとは言ひ切れぬものだらう。

其れは男性でも女性的な人がまた居るからなのだ。

 

 

但し🚹の思考法はむしろ観念的、統合的、全体的なものなのであらう。

対する「子宮思考」=現世利益中心主義は感覚的、刹那的、部分的なものに傾き易ひのではなからうか。

 


わたくしが今危惧するのは人間の精神其れ自体の合理化によりさうした純粋なる宗教の教義の上での「永遠を見詰める眼」が理解されなくなって行くことである。

 


もっと具体的に端的に言へば今人間の認識が極めて現金化されて来て居るのだと云へやう。

 


現金化即ち計算高ひ価値観、また他の価値を認められぬ狭量な価値観の中に全てが埋没して居るのだ。

 


其の現世利益化こそが「子宮思考」化であり其れがズバリ女性化である。

 

 

 

即ち人類は今限りなく女性化して来て居る筈だ。

其れはものの見方が現實的になり過ぎて居ると云ふことだ。

 


対して男性の価値観は基本的に夢を追ひ求めて行き易ひ。

 


其の夢には社会的な夢ー起業し其処のCEOになるだの、プロスポーツで活躍するだの、また凡人なら凡人で兎に角長く勤めたひだのと云ったーもあるが非社会的又は反社会的な夢もまたある。

社会を否定しルンペンになるだの、共産党員となり日本の伝統の社会秩序と闘ふだの、オウムの如くにテロをやっちゃふだのと云った。

 


然しあくまで其れは男性の浪漫なので否定などして居てはいけなひ。

其の夢の追求こそが「子宮思考」にとっては全く理解出来ぬ部分なのだ。

即ち其れが観念的、抽象的思考であるが故に具体的に展開される現實思考の価値観を外れて仕舞ふが故にまるで理解出来ぬのだ。

 


逆に👩の現實性、現金さに辟易する部分は明らかに男性側にはあらう。

 


女共はたとへ死んでも其の後利益主義、現世利益中心主義を手放したりはしなひ筈だ。

 


さう云ふ部分こそがより生臭ひ👩としての罪であり且つ煩悩なのだ。

しかも其の罪障はまさに計り知れぬ。

 


またつまりは女共には基本的に浪漫を解する能力に欠けて御座る。

 


ところが、だ。

まさに今其の男女の持つ本質的性質の部分が解体され女性が男性化し男性が女性化して居る可能性が高まりつつある。

要するに男性が夢を抱けぬ社会となりつつあり逆に女性が夢を追ひ求め其れに敗れると案外簡単に自殺する世の中ともなって仕舞った。

 


昔の女性は、まさに家の維持及び子の養育並びに旦那様の世話こそが其の生の目的のほとんど全てであった。

 


ところが戦後男女同権となり次第に逆に男性が家の維持及び子の養育並びに奥様の世話をやっても非難されぬ社会的価値観が醸成されつつある。

すると女性は男性化して行かざるを得なくならう。

 


また男性は女性化してもまた良ひことになる。

すると其の「子宮思考」も解体され家やら育児やら旦那様の世話などむしろどーでも良ひ女共が生じて来やう。

 


其れでもってマニア👩化する訳だ。

また女中扱ひされるのを兎に角嫌がり👩としての浪漫の世界に生きやうとするやうになる。

 


即ち金や肩書や名誉を得ようとして必死になる。

まさにさうして現世利益中心主義がより強化されて行くのだ。

 

 

 

では其れが何故イケナヒのか?

まさに現世利益中心主義が蔓延し男性の浪漫指向の方が弱められるが故に絶対にダメなのだ。

 


男性の浪漫は同時に藝術や宗教を成立させる為の精神の源泉でもまたあらう。

ところが女性の浪漫はむしろ現世利益中心主義の方へと走り易ひ。

 


要するに現ナマ主義なのだ。

つまるところは此の嘘の現実をほんたうのものだと信ずる力ー愚かさとしてのーが彼女等にはしかとある。

 


対する男性は精神的にまさに半分死んで居り生命としては女性の半分位の馬力しか實は無ひ。

 


其れでもって近代以降は特に男性を社会の中に囲ひ込み常に働かせて来たので男性と云ふ性其れ自体に實は疲労がたまっておる。

 

 

 

あれ、久し振りです。

 


ああ、お久し振りです。

 


さても今年はまさにエラヒことになってますね。

 

 

どこかエラさうですが大丈夫ですか?

 


エエ、實は体調が悪ひのです。

 

 

 

彼は定年まであと二年間は医家向けの薬の配達をしなければならなひ。

わたくしが病院に居た時に良く話し込んで居た人だ。

 


彼もまた最初からやる気が無かった。

 


35歳位の時に希望を出し営業から配送に変はったとさう言って居た。

 


わたくしには其の気持ちが良く分る。

 


労働のあり方も、實は様々だ。

 


バリバリとはやりたくなひ人もまた中には居る。

 


だが社会が其れを許さぬか或は穿った見方をすれば「子宮思考」が其れを許さぬ訳だ。

 


だがこんなコロナまみれの御時世の中コロナまみれの病院やクリニックへ薬を配達する者の気持ちにもなってみろ。

 


いやだがそんなものはまだ序の口なのだ。

コロナまみれでもって患者と接せざるを得ぬ看護師や医師の気持ちにもなってみろ。

 


いやだがそんなものはまだ序の口なのだ。

第一日本國中の食ひ物屋はこれから一体どうなるのだ?

 


政治家の🐵共や🐶共は其の危機がほんたうに分かって居るのか?

多分分かって居なひ筈だ。

 


だから其れは断頭台へでも出頭せねば決して分からぬことだらう。

 

 

 

もう彼は労働など辞めた方が良ひことかとも思ったがとりあへずは「頑張って!」とさう言ふしかなかった。

 


わたくしも今はパート勤務なので早く年金を貰ふことも考へて居る。

何せ社会が悪く将来はどうなるかと云ふことさへもが分からなひ。

と近況を伝へつつ。

 

 

 

基本的にわたくしは此の現代文明の酷ひ体たらくの原因こそが其の現世利益中心主義即ち精神の合理化にこそ存して居るとさう結論付けて来て居る。

 


つまるところ精神は合理化などして居てはイケナヒのだ。

 


しかも其処に女性特有の精神の傾向である現金なところー現ナマ主義ーが實は大きく絡んでおったと云ふ訳だ。

 


つまりは女性が家のことをやりたく無ひ、そんな古ひ制度に縛り付けて置かれるのは御免だ。

そんなものはまるで奴隷だ!

 


そんなドレイではなくアタクシは自由に羽搏き韓流ドラマやアイドルグループの追っかけになりそのうちに大不倫もしたるはよ。

 


まさに其の一点から世は乱れはじめておる。

 

 

 

此の馬鹿女共、其れもほとんど何も考へぬ♀🐈共めが!

 


アレ、🐈は好きだった筈ですが…。

 


いや、最近はエサをやる野良猫に何故かシャアーと威嚇され一体何の為に🐈可愛がりして居るのかまるで分からなくもなりつつある。

 

 

 

「ほとんどの人間は其の現世利益を中心にしてあらゆる価値観ー価値ヒエラルキーを組み上げて居る。

さうして實は現實的にほぼ全ての価値観が其処へと埋没して仕舞ふ訳だ。」

 


現世利益を中心とするあらゆる価値観こそが+の価値観である。

其の+の価値観ばかりを追い求め人が生きるとむしろダメになって行き易ひ。

 


文學や宗教は逆に-の価値の方をこそ見詰めて来た。

だからこそ諦めや絶望、また程の良さと云ふ部分でのバランスの仕方が分かって居る訳だ。

 


ところが政治家が🐵や🐶ばかりだと経済成長だの技術立國だのまたスポーツ大國だのまさにどーでも良ひやうな価値を奉じて歩んで行かざるを得なくなる。

要するに彼等には人間としての知性が欠けて御座るのだ。

 


まさにお目出度きことに彼等には其の大事な-としての価値が分からなひ。

 


なので宗教もまた本物の場合には現世利益中心主義ではイケナヒのだ。

 


逆に言ふと現世利益を中心に謳ふ宗教こそが邪教である。

 

 

 

こんにちはー。

 


へひ、こんにちは。

 


家の松の枝の剪定をするそろばんの先生から声をかけられまた嬉しかった。

 


家の二軒西隣のそろばんの先生はもう七十歳なのだがまだそろばんを教へて居られる。

 


同じく独身なので何かと話が合ひ昨年の夏は町内会の夜間パトロールを共にして居た仲だ。

 


意外かもしれぬがわたくしはかうした人とのコミュニケーションが案外好きなのだ。

 


逆に言ふとより抽象的に社会化された人間関係こそが大嫌ひなのだ。

 


なので基本的にはどこか主婦っぽい。

 


女共とは其処で行ふ思考の質がまた違ふがかうして家及び家の周りで生きてることこそがわたくしにとっての實は幸せ♡なのだ。

 

 

 

さうかうするうち、また家の家事の手伝いに来て呉れた従妹と口喧嘩をし外で野良🐈にエサをやって居たら何と近くに住む従兄がやって来た。

話をするのはでも廿年振り位だらうか。

 


お元気さうですね、まだ働ひて居られるのださうで。

 


さうなんだ、今82なんですけどね、〇✖の清掃の仕事でやってるんです。

 


エッ?八十弐歳?

まさか家の母とさう変はらぬではなひですか。

 

 

 

いやーわたしくしももう定年を迎へパート勤務なのですが、其処へ来て居る清掃員の方々がほとんど七十代ですよ。

 


まーさうだらうねー。

 


はあー、しかし凄ひなー、何でそんなに働くのですかね?

 

 

 

ー如何にも得意さうに、また如何にも楽しさうにー

いやー、働ひてるからこそ元気なんだなー。

 


事實七十歳位にしか見へぬ其の締まった体つきと血色の良さ。

 


それじゃあまたお元気でー、お仕事頑張って下され。

 

 

 


でもわたくしはまさに其の時に悟った。

 


人間には二種類があり、其れは社会の言ひなりになることがむしろ喜ばしく重要な価値であるとする人とむしろ其の社会を貶すことだけが楽しひ人との二種類だ。

 


つまりはさうして労働が楽しひ人と労働が楽しくは無ひ人との二種類がある。

 

 

 


其の薬の配達の彼とわたくしは労働が楽しくは無ひが従兄の場合はむしろ其れが楽しくて仕方が無ひ訳だ。

従兄は昔八百屋さんを夫婦でもってやられて居た。

 


だからまあインテリでは無ひ訳だが働くのが楽しひと云ふ単純な人の方が或は幸せなのかな?とさう思はぬでも無ひ。

其れも八十弐でもまだまだムキムキだったのだぞ。

 


其処からしても人間の幸せとは一体何なのだらうか?

みんなは社会でこきつかはれるのが何故そんなに楽しひのだ?

 


そんなんだといざ軍国主義化した場合にまた赤紙が届き「喜んで戦地へ赴かせて頂きます!!」とか女房やら親戚一同に格好つけて宣言し戦地にてドカーンとやられもはや體がバラバラだ。

 


もはや君は人間では無ひ。

いや生命ですらもが無ひ。

 


ひょっとすればみんなはまだまだ御國の為に死んでも良ひとさう思って居るのではなからうか。

でも其れだけはイヤだなあー、さうだ、では早速逃げやう。

 


御國の圧迫からまた現世利益中心主義から出来る限り遠く逃げ何処かで霞を食って生きて行かう。

 


駄目だ、まさにおまへにこそ軍隊へ行って貰はねばならぬ。

其処でシゴかれ其の逃げ腰を治し立派な帝國軍人となるのだ。

 

 

 

でも役には立たなひですよ。

何せこんな動けぬ人間ですから。

 


むしろ御國の為に何かを書かせた方が得策でせう。

其れも軍國主義を賛美する詩位ならむしろ幾らでも書けませう。

 


金輪際其れはダメだ。

おまへは國家を貶しまくるからだ。

 


さうではありません。

まさに此れはじぶんにとっての特攻です。

 


まさに其の特攻精神にて御國の為に頑張って居ります。

 


さうか、其れではたった今より教練に出向け。

ハヒ、ワカリマシタ。

デハサッソクシュッパツサセテイタダキマス。

 

 

 

はーれーたーそらー♪

おや、こんなところにお花が咲ひて居るぞ。

 


此のお花の香りを嗅ぎ其の印象を是非詩にでもしてみたひ。

 


さうして暫く独り遊んで居りましたところ、「教練」から逃亡した「不適格者」と見做され同時に非國民ともされ軍隊からは永久にソッポを向かれて仕舞った。

 

 

 

ああー、良かったあ。もうコレで藝術から引き裂かれずとも良ひ。

 


と云ふのがまさに正直なところでのわたくしの価値観。

 


でも三島先生の場合はまるで違ひ、結局は思想的に戦死することを選択された。

 


だがわたくしには社会性がそも無ひ訳なので社会がどうならうが正直知ったことでは無ひ。

 


タダ社会がバカだと人類の業病は治らぬとずっとさう思って来た。

 

 

 

尚、重要なのは其の「働ひてるからこそ元気」と云ふ一般的にある価値観だ。

 


其れも実際に話を聞ひてみると65歳以上の高齢者にはさうした価値観を持って居る人が非常に多ひ。

 


其れはつまりは「社会のお役に立つ」ことで自己の存在意義を価値として規定して居るのだらう。

 


でもわたくしは「社会のお役に立つ」為にはまた自己實現の為にはむしろ自分らしくありたひとさう願って居る訳だ。

 

 

 

要するに拘束すればする程わたくし自身を発揮することなどは出来なくなる。

 


わたくしはさうして長く我慢しつつ働ひて来たつもりだ。

 


なので定年後はかうして言ひたひことを述べつつまさに自分流に過ごしてみたかったのだ。