目覚めよ!

文明批判と美と心の探求と

物の世界を旅する「旅人」よりの壱言ーよりdeepな意味での「モノとの付き合い方」に就いてー

「観念」を離れし具象的、現實的な意味での我が「寶物」とは?ーよりdeepな意味での「モノとの付き合い方」に就いてー

 

 

 

 

富豪から貧乏へ:一文無しでこの世を去ったセレブたち (msn.com)

 

はあー、また如何にも面白そうな論題で…。

 

さてまずは🗾國のことに就き手短かに論じて置きます。

自分はかうして壱インテリですがモノのことばかりを述べて居るとまるでバカのやうにも見えるので決してさうでは無いことをまずは証明して置きたい。

 

1.本日サンモニにて寺島実郎 - Wikipedia氏と青木理 - Wikipedia氏が、またサンジャポにて岸博幸 - Wikipedia氏が「政府批判」をなして居た件

2.🗾國は間違い無く「政府の暴走及び無策」により「衰退」した件

3.だが🗾のみんなは「洗脳」状態に有りまさかさうは思えない件

 

論題としてはまさに其の「🗾の國力の衰退」のこととなる。

では何故さうなりましたか?

 

なにせ御前も元塾の社會科の先生なら其の位のことは答えられる筈ではないか。

はい、確かに其の通りに其の問いに御答えすることは可能だ。

 

其のコタエとは壱言で申せば、

 

「🗾政府の失策であり失敗」

 

まさに其のことに尽きて居る。

またもう壱言言えば、

 

「🗾のみんなはそんなバカ政府にこそ騙された」

 

とのこととなる。

 

尚其のことは残念ながら「眞實」です。

「眞實」ではあれ何せ「全體主義」が進んで居るのでもはや誰もほんたうのことが言えない。

 

其れもそんなインテリ學者さん方を除いては。

 

4.政府主導での合理化政策ーしてはならん人的合理化を含む政策ー=米國からの圧力=米國の言いなり

5.政府主導での「國」を富ます論理

6.政府主導での「洗脳」過程

 

尚4.もまた5.のうちのものとなる。

要するに此の参拾年余りのうちに主に自民党政権により「政府主導」での亡國政策が断行されて來て居たのである。

 

では何故其れが「亡國」と言えるのかと云うと、

 

7.民百姓ー國民ーがたとえビンボーになっても良いから「國」をこそ金持ち(立派な體裁)にしたい

 

とのコイズミ、アベ、さらにアソーにカンにキシダなどと云ったジミントードーブツ政権により政治が「ケモノ」化するに及び其の「ケモノ」により國民の「洗脳」が推し進められた。ーキシダはバカでは無いが惜しいかな「👪主義」でのそんな「ケモノ」の壱匹となる=壱ワンコー

 

なのでまずは「亡國」としてのカラクリの部分を壱個人として理性的にヨクヨク吟味してみて頂きたい。

即ち其の「🗾國の衰退」とは他でも無い🗾政府が自ら招いたであらう必然的帰結の様なのだから。

 

さう其の通りのことをやったのだからむしろさうなったことであるに過ぎません。

 

尚「米國」が惡いのではむしろ無く其の言いなりになる「ワンコ=🐶」の方がむしろ惡いのだ。

どだい此処🗾には昔から「忠犬ハチ公」なる立派なワンコが居て其れは確か銅像化されてもおる。

 

だが御前等が其れをやりどうするのだ、エエッ?🗾政府よ!!

 

故につまりは「🗾政府が惡い」か又は「🗾社會が惡い」とのこととなる。

御仕舞い。

 

ワアーン、ワンワンッ。

因みにアノトランプ氏は「犬が大嫌い」なのださうな。

 

なんだか僕と良く似て居ます。

尚僕はすでに其のカラクリを見切って居るので他の分野へと逃げて行くことをこそ目論んでも居る。

 

さうモノやゲージツへとかう逃げて行くのです。

 

 

さて11日土曜日にまたカインズへと出向いた。

其れは主に以下の菓子を買う為にである。

 

米倉製菓 落花煎餅 18枚 | 株式会社創健社-自然食品の企画・製造・卸売 (sokensha.co.jp)

 

8.限りなく軽い味と食感の🥜🍘

9.壱枚食うと止まらず弐枚、参枚と手が伸びるタイプの菓子

10.此処愛知県では意外と伝統的な菓子

 

さう言えば昔から何故か🥜🍘を食うことが結構多かったものだ。

また🦐🍘などもココ愛知県での特産品となる。

 

🦐🍘などもまた「止められない、止まらない」ものながら今回弐番目の「止まらない」菓子を見出したと云うこととなる。

 

其れを5袋買う。ー全部ー

壱袋で340円也。

 

所謂「昔ながらの駄菓子」にも近いものながら實は其れとは違い「ライト」に仕上げられて居て少し洋菓子風ですらもがある。

兎に角「絶品」として我が家でもってさう認定した。

 

 

Amazon.co.jp: 米倉製菓 落花煎餅 18枚 ×4セット : 食品・飲料・お酒

 

かうしてアマゾンにも有ったわ。だが送料がかかるわ。

 

Amazon.co.jp: 米倉製菓 黒豆せんべい(平袋) 120g×12個 : 食品・飲料・お酒

 

こんなのも有ったわ、しかもアマゾンの會員なので送料もかからぬわ。

 

創健社 さばカレー煮 190g(固形量140g) | 株式会社創健社-自然食品の企画・製造・卸売 (sokensha.co.jp)

 

コレは!

 

其の「カレー煮」のサバを食ったことが無い。

いや誰も其れを食ったことが無い筈だ。

 

いやあかうして世の中には凄い物が澤山有る。

さうした部分を見詰めるにつけ少しは気が晴れるやうな気がまたしないでも無い。

 

ものが分かり過ぎるであらう理性體は左様に心勞ー絶望ーが多い故にむしろかうした部分でもって是非遊んで置くべきなのだ。

くれぐれも思い詰めてアノ藤村 操氏のやうに大滝などから身を投じてはならぬ!

 

また高層ビルから身を投じてはならぬ!

 

 

でもってカインズでは今回安時計の方を見てみたがまるでオモチャのやうなものばかりでどう見ても中國の廉価な腕時計の方が良いやうだった。

またバックパックの方は中國製の方が使い易くしかもしっかりと作ってある。

 

故に物凄く軽い訳でも無くまたデザインもさう御洒落でも無いが高齢者にはむしろピッタリだ。

さう何故か「昭和」の匂いがどことなくして居るぞ。

 

また例えば90年代の英雄などの中華万年筆なども金ペン先の鍛えの過程が壱昔前のものなのか相當に優秀なのだ。

だが🗾人はもしや中國が嫌いな人が多いのか其れをちゃんと評価出來る人がまず居ない。ー僕などを除いてはー

 

🗾や韓国などを始め所謂欧米圏では「経済圏」其のものが身分化されて居り其れがまずは「高級品」であり「中級品」であり「下級品」へと分かれて居たのである。

ところが此処🗾國では政府主導での亡國政策により「中級品」がむしろ失われつつありと云うことは「下級品」か「高級品」を選ぶ他は無い。

 

だが「高級品」を選ぶのはまさに壱部の亡國の徒としての「金持ち連中」とならざるを得ぬ。

すると我我ビンボー庶民はカインズにてそんなオモチャみたいな腕時計を買うより他は無くなる。

 

 

いやだが「チープカシオ」などをアマゾンにて買うのはむしろ是非おススメしたい。

我も日頃御世話になる「チープカシオ」は凄い腕時計ぞ。

 

だがそんな「チープカシオ」は纏まり過ぎて居るのか選択の幅が狭い。

其れもまた丁度我我🗾人が選挙にて投票するに結果何となく流され「ジミントーの誰誰」へと票を投じて仕舞うが如くに。

 

だったらもう革命腕時計の方を選ばずしてどうする?

そんな「革命腕時計」って例えば露西亜製などもまた有るのでせうか?

 

いや知らんねえ。

見たことも聞いたことも無いがでも確か壱つだけ旧ソヴィエト製の機械式時計を持って居た筈だった。

 

 

要するに「🗾の社會が惡い」からあえて「TEMU」でもって買い物をしやうとさう述べて居られるので?

はい、其の通り。

 

「🗾の社會が惡い」のはもはや直りやうが無く其ればかりか此処🗾國は何時大地震にて壊滅的な被害を受けるか分からん。

即ち、

 

11.こんな🗾國はヤバい

12.そんな🗾國からは出來れば逃げたし

13.田舎へでも堀っ立て小屋を建てて住めばまさにソコが都となる

 

なる程、すでにソコ迄追い詰められて居たのか僕等は。

いやさうなんですが其れも御安心召されよ、みんなはまさかそんなことを考えては居ない。

 

むしろ逆に「🗾程エエ國はネエんだ」とさう逆向きでの情報を仕込まれて居る。

 

しかしながらアア中華料理が食いたい。

さうだ冷蔵庫に何か無かったか?

 

おお王将の餃子が有ったがもしや腐っては居らぬか?

では今夜はそんな王将の餃子の弐袋分をフライパンにぶちまけソコにゴマ油を垂らしスタミナ餃子を焼くぞ。

 

 

さて昨日はさうかうして買い物を済ませ帰りにまた龍泉寺へより寺の掲示板を眺めた。

するとソコに「不生」であり「不死」との釈尊による精神的な流れのことが書き記されて居る。

 

不生ということ | 臨済宗大本山 円覚寺 (engakuji.or.jp)

 

生⇔死

 

あくまで御釈迦様の御考えでは両極相對分別ー相對的認識法ーを「全否定」せんが為に極要素の同時否定を行います。ー「中道」に於ける根本原理ー

すると「生」と「死」は共に幻の如きものと化す。

 

逆に凡夫の認識とは其の幻の様を絶對視してのヒエラルキー形成のことですので「幻」としての価値を「眞」なるものとしてさう信じ込んで居るのです。

つまりは「幻」としての価値を「眞」なるものとして信じ込まぬ限り「ヒエラルキー形成」することが適いはしない。

 

あえてもっと酷い言葉で言えば「ウソ」のものをあえて「ホンモノ」だと言い張りつまりは信じ込んで我我凡人は生きるのであるからそりゃあほとんど全體主義でありつまりはほぼ「社會的洗脳過程」でせう。

 

だから僕の場合はむしろ其の「社會的洗脳過程」の方をこそ脱するべきだとさうずっと述べ続けて來たのです。

 

また逆にカンタンに申せば「ウソ」のものと「ホンモノ」とに分かれるやうな見方其れ自體がダメであるとのことでせう。

「生」と「死」とに分かたれるクセのある認識をして仕舞うから「救われ難く」なって仕舞う。

 

またソコからしましても、

 

富裕層⇔貧困層

 

とにさう分かれる現代社會はまさに「大間違い」です。

 

要するにさう分けるな、ニンゲンは皆平等であり其のカネはむしろみんなのもんだ!!!

其れを御前等金持ちが独占し其のことはおおまさにかのイエス様が壱番嫌われた偽善的行為のことぞ。

 

つまり富裕層である大谷君やイチロー氏やまた大TOYOTA🚗などはむしろ喜んで「寄付」を行うことこそが大事なことなのです。

いや富裕層でも金をバラ撒かぬ限り心は決して救われぬことでせう。

 

なのでまずは御布施を。

何?こんなに良い御話を毎回して下さるワタシに是非其の御布施がしたい?

 

さうですか、其れは其れはまた殊勝な心掛けで。

嗚呼アナタはニンゲンの鑑であり社會の模範だ。

 

其の御布施の額などに関し是非そんなアナタと御話がしたい。

アナタがさう御布施をすることで新興宗教の壱教祖であるワタクシに救いが訪れ同時にアナタ御自身が救われやうぞ。

 

 

なる程、まさに其の「不生」にて「不死」なのか。

すると御釈迦様は「生き」もまた「死に」もしないのだ。

 

だがそんなことをやれるのは御釈迦様ダケなのではないか。

ではイエス様の方はどうなったのだらう?

 

エス様はまた別の「愛の苑」にて「神」と御戯れになって居るのであらうや?

では御釈迦様はたった今ドコにおわすのか?

 

御釈迦様はすでに「現象」其れ自體を離れられおそらくは純粋な「精神的存在」となられ例えば「竪穴式住居」にて独居して居られやう。

いや其は「高床式」の御住まいなのやもしれぬ。

 

さう「高床式」か又は「竪穴式住居」でないと「解脱」は出来ないので?

おそらくはさうであらう。

 

「高床式」か又は「竪穴式住居」に住まうこと、おおまさに其のことこそが🗾人の責務であり理想なのだ!

印度人の御釈迦様が何故日本式の古代住居に御住まいなのだ?

 

日本人でもカレーが好きだらう、まさに其れと同じことよ。

 

 

 

尚イエス様の方でもまた「不生」にて「不死」なのを「あの世」でやるものと思われます。

まさにニンゲンの認識を捨て去るー神への帰依ーと云う意味にて佛法とクリスト教に共通項が生ずる。

 

ですがクリスト教は所謂「常見」を目指す教えである点で釈迦の思想からは「外道」と見做されませう。

逆に所謂終末観や人類滅亡論は所謂「断見」に傾くので其れもまた釈迦の思想からは「外道」と見做されませう。

 

じゃあ果たしてドコにおわすの、其の御釈迦様は?

御釈迦様はもう此の世には居ない。

 

よって御釈迦様はもはやカレーも食べられず印度製の腕時計なども使われぬ。

例えば御釈迦様はカレーと味噌汁とではどちらが御好きですか?

 

いやあー味噌汁は飲まれたことが無いのでカレーの方でせう。

ではアナタはカレーと味噌汁とではどちらが御好きですか?

 

はい、不肖わたくしはカレーの方がより好きです。

もしやアナタは釈尊の生まれ變わりの方で?

 

さうです實は我こそが其の釈迦族の出の者でイエス様ともまた御友達の者です。

 

 

龍泉寺の駐車場の際に咲く芍薬の香りを再び嗅ぐ。

だがすでに🌸の盛りは過ぎて居て前回のやうな強い香りはしない。

 

嗚呼諸行無常

全ての🌸の命はかうして至極短い。

 

 

さて、物の世界を旅する「旅人」のやうな感じを自分はたった今感じて居ります。

此の世界にはそんなモノがむしろ溢れて居り機縁によって特定の物と對話することが常に可能となる。

 

そんな世界にせよウクライナ危機の如くに國自體が争って居たりまたこんな平和な國🗾であれ政府に「洗脳」され切って居ては物集めも何も無いのやもしれません。

其れでも物と對話する世界は其れとはまさに別箇に成り立って居るやうに思われてならない。

 

さうした意味でのモノと實存との関係性にこそ我が興味は向いて來て居るのである。

極端な話モノとイデオロギーや置かれた立場とはまた別の御話となる。

 

つまりは金の有る無しや病気の有る無し、さらに思想的な立場や人類が今置かれて居るどんな苦境などとも本質的には無関係な話となる。

いや無関係ではまさか無いのやもしれぬが其の物的な實存はたとえどんな立場であれ成立させ得る立場となる。

 

そんなモノとのある種「自由」な個との関係性のことに尽きたった今物詩人は考え込んで居る。

 

 

其れでもってまた昨日夜にヤフオクの方を覗いて居たところ恐るべき石の出品者を兵庫の方で見つけたところです。ー矢張り関西は石の本場か?ー

丁度緑のジャスパーのやうなデカい原石が出されて居り其れに参百円ほど入れて置いたが其れは得られなんだ。ー送料が750円もかかるので予算が333円でしたー

 

ところが過去のオークションの履歴を調べてみたところとんでもない石がとんでもなく廉価にて売られて居たのである。

其れはデカいアクアマリンの標本×3とデカいトパーズ原石のオークション履歴であった。

 

しかも共に五千円以下です。

ですが石の質は壱級で逆に共に五萬円程の原石なのでした。

 

「万年筆」の方では相場と云うものがほぼ決まって居るのでさうした経験をしたことがほぼ無いのですがコレにはほんたうに驚いた。

但し稀には壱級のヴィンテージ萬年筆が弐、参萬程で得られる場合などもまた有る。ー主にイーベイ・オークションの方でー

 

いずれにせよ恐るべきdeepな物の領域の話です。

「石」の世界は騙されることなどもまた有る代わりにかうした幸運などがもしやあちこちに転がって居るのやもしれません。

 

ところが其れ等の石が出されたのが4月の終わり頃でした。ー4月21日ー

さても其の4月21日に果たしてワタシは何をして居たのか?

 

丁度神奈川より出されて居る翡翠原石への応札にかかり切りでもってまさかそんな凄い石が即決で出されて居ることなど分かりはしない。

 

糸魚川翡翠原石ー鮮緑タイプー

 

さう物の世界の蒐集は「機縁」こそがまず第壱でありさう知らなければ知らずに「機縁」其れ自體が終わって仕舞うのです。

 

そんな訳で以降は暫くそちらの出品者の出品物ー原石ばかりーを追いかけて行く積もりですので其のリンクを貼ることは出來ぬ。

しかしながら「物の世界」はそんな驚愕にも満ちた實存に取っての「最後のフロンティア」でせう。

 

實存に取ってコノ現代文明社會は「最後のフロンティア」どころか「最惡のディストピア」である可能性がまた高く有るがさうしてことモノの領域に限ればむしろ其れは「天國」=「極樂世界」でもあり得るのだ。

 

だから其れはイエス様の教えや御釈迦様の教えの内容と矛盾する話ながらあくまで事實です。

 

 

ー求不得苦(ぐふとくく、yampiccha dukkha)[1] - 求める物が思うように得られない苦しみー四苦八苦 - Wikipediaより

 

其の求める物が得られぬことは確かに「苦」です。

確かに「苦」ですが、ソレが得られず落ち込んで居るうちに今度はまた別の「欲しい物」などがすぐに出て來るものだ。

 

と云うことは欲の対象としての「物」は交換ー交代ーが可能なのだ。

 

愛別離苦(あいべつりく、piyehi dukkha)[1] - 親・兄弟・妻子など愛する者と生別・死別する苦しみ。愛する者と別離すること

怨憎会苦(おんぞうえく、appiyehi dukkha)[1] - 怨み憎んでいる者に会う苦しみー四苦八苦 - Wikipediaより

 

ですがコチラはニンゲン関係の方での「苦」のあり方ですのでつまりは相手が有ることであり要するに「生もの」での實存的関係となるが故に交換も交代も何もありません。

左様に「生ものでの實存的関係」はより苦しく且つ辛いものとなる。

 

其の分「👪愛」などで励まされることが有るにせよ其れを失う場合に心理的なダメージでのリスクがより大きくならざるを得ぬ。

また憎い奴はもうほんたうに即死んで欲しいものです。

 

ソイツが死ねばコノ宇宙が樂園に變わると云うのにまたさう云う奴に限り逆にのさばり僕等を虐める。

従って個人的には「求不得苦」の方へと「苦」と申すか「愛」の方をシフトしあれこれとやって居ますと逆に執着心が減りサッサと大事な物を売る境地にもなれ良いのではないかとさえ思うのです。

 

ですが「生もの」は結局売り買いすることが出來ぬ。

なのでよりタチが惡いことにもまたなりませう。

 

ですので「物」と實存との関係性は壱種サバサバしたものとなり要するに壱時的に其れを保管して居るに過ぎないことなので完全な意味での所有などはそもやれやしません。

また其れでもさうして物探しの旅を続けて行くこと自體に「苦」はむしろ無くむしろ其れが「樂しく」すらもある。

 

また物との付き合いは次第にdeep化して行くやうで五年前、また拾年前とはまた全然別の地平が突如開けたりもまたするものですので本当に面白い。

最終的には物的な意味での権威化ーヒエラルキー化ーの方が崩れ去ったりもまたするものでだから五年後に自分がどんなモノを愛でて居るのかと云うことすらもがまるで分かりません。

 

其のやうな意味でのモノとの不思議な付き合い方の部分が書けたら政治や文明への批判を書き連ねることよりもずっと有意義な筈です。

兎に角ワタシはさうモノの世界が好きです。

 

モノは決して語らないがソレ自體にはちゃんと物語ー履歴ーが有る。

また食い物などもまたモノです。

 

 

さて現在はさう主に石を集めて居るわたくしですが不思議なことにさうして居るとむしろ次次と新たな展開が有り昨年のやうに万年筆の方を集めて居るとそちらの方で新たな展開が次次に出て來たものでした。

其のやうにある意味では「壱念」の力がさうした外部の世界に影響し其の新たな扉をこじ開けて行くのではないか。

 

でもって「デカいナマの石」が兎に角欲しいとさう思って居たところ何故か兵庫県の方でとんでもない出品者が現れたのです。

そんな「デカいナマの石」?

 

さう、もはや普通の石では満足出來ないの。

だからもっと素っ裸でもって自然の侭の石こそがイイんだ。

 

結局其のdeepなモノとの付き合いの世界は、

 

14.物の金額にはむしろ関係が無い

15.「壱念」の有無のみ

16.壱分野に専念し長くやると拓ける世界

 

であるやうに思えてならない。

そんな「deepなモノとの付き合いの世界」がたった今やれて居るとの自覚がわたくし自身には何より有る。

 

故に其れこそがまさに具象的且つ現實的な意味での我が「寶物」なのだらう。