目覚めよ!

文明批判と心の探求と

生命の加工の是非ー壱ー

トランプ氏、大統領執務室に復帰 コロナは「神からの恵み」

其の「神からの恵み」と云ふ表現には無論のこと様々な解釈が成り立たうがわたくしが注目したのはむしろさうした穿った見方なのでは無くあへてストレートに「神からの恵み」と捉へる其の捉へ方が正しひと云ふものだ。

例の福音派からの影響もまたあらうことながら、またすでに大勢がコロナ死した米國の現状から鑑みるに其処に当然に問はれることだらう大統領としての感染症対策の責任を回避して居るのだともまたさうも受け取れやう訳だ。

それでも何故か結果的にトランプ氏の選択は「古き良き」価値観へと近づいて行く。

 

然し現代人はすでに其の大半が合理化により洗脳されて御座るのでさうした捉へ方自体がもはやほとんど不可能であることだらう。

 

かうしてトランプ氏の選択はどうも二元分裂的であり不可思議なのだ。

どだひ社会主義など米國にとりまさに敵其のものである筈なのにアノ北朝鮮の暴君とも仲良くなっちゃった。

 

また👩を足蹴にして組み伏せて居る筈なのに何故か👩が大好きだ。

其処は理性は無ひにせよ結果的に何かを守る本能はあるのやもしれぬ。

 

此のどこまでも理性的なわたくしが何故トランプ氏を支持して居るのか所謂常識的な価値観をお持ちのみんなにはどうにも理解し難ひのやもしれぬ。

 

しかしながらトランプ氏はおそらく消へ去る運命にあらう。

まるで安倍氏と同じやうに権力の無常を感じつつ何処かへ消へて行って仕舞ふことだらう。

 

其れはどんな動き、時代の変化により消へ去るのかと云ふにまさに合理化により消へ去ることだらう。

 

さうして、一番怖ひのが實は其の合理化なのだ。

みんなにはなかなか其処まで見通すことなど出来ぬ筈だ。

 

だが今わたくしには見へて居る。

怖ろしひ其の未来の社会の姿がまざまざと見へて居る。

 

 

福岡伸一が見るノーベル賞の影 ゲノム編集という頂上

残念なことに有料記事なので此の後話がどう展開するものやらまるで分からなひ。

福岡 伸一氏は我と同ひ年の生物學者で今や日本を代表する知性の一人かと思はれる人だ。

 

 

問題は其のゲノム編集とは何かと云ふことだ。

 

ーしかし一方、高効率であることの代償として、CRISPR/Cas9では標的部位ではない場所をも改変してしまうオフターゲットと呼ばれる現象が発生しやすい[6]。このオフターゲットが生じると、がん等の疾患を発症する恐れがあるため、オフターゲットを改善する研究も進む[7]。ーゲノム編集より

 

ー2012年8月、CRISPRが、原核生物へのゲノム編集にも活用しうることをエマニュエル・シャルパンティエジェニファー・ダウドナらが見出す[10][4]。彼らは、レンサ球菌RNAを、CRIPRのガイドRNAとして活用することにも成功する。これにより、CRISPR/Cas9による高効率のゲノム編集が可能となる[13]真核生物のゲノム編集へのCRISPR/Cas9の応用はフェン・チャンが可能にして技術特許を取得した[14]

2014年、中華人民共和国においてCRISPR/Cas9による世界初の遺伝子改変サルが誕生する[15]。翌2015年、同じく中国でCRISPR/Cas9を用いた世界初のヒト受精卵の遺伝子操作が行われ、国際的に物議を醸す[5][16]。この実験を主導したJunjiu Huang(黄軍就)らが使ったのは、不妊治療目的の体外受精において、2つの精子が受精した異常な受精卵で、元々廃棄されるものであった。Huangらの報告では、狙った遺伝子を思い通りに書きかえられたのは86個中4個のみであり、オフターゲットが起きた受精卵もあった[17]。そのため、技術的な改善の必要性も記している[18]。HuangはNature誌により2015年の10人に選ばれる[19]。この研究を契機に、ヒト受精卵に対するゲノム編集の倫理が新たな課題となる[20]

2016年、中国政府は第13次5カ年計画でゲノム編集を国家戦略と位置付け、同年2例目のヒト受精卵のゲノム編集も中国で行われる[21]。また10月には、世界初のゲノム編集の臨床試験[22][23]、翌2017年3月には、世界初の“正常な”ヒト受精卵へのゲノム編集[24]も中国で行われる。2018年時点で中国では86人の遺伝子がCRISPR/Cas9によって改変される[25]。同年11月26日には南方科技大学賀建奎英語版副教授が、ゲノム編集した双子の女児「露露と娜娜英語版」の誕生を発表する。ゲノム編集は後天性免疫不全症候群(AIDS)に耐性を持たせるためだと主張されたが、後述するように世界的な波紋を呼んだ[26][27]。ーゲノム編集より

 

 

さて、科学としての生物工学が今成し遂げやうとして居ることとは一体何なのか?

其れを一言で評すれば「神からの恵み」である自然其のものを人為的に改変して仕舞ふことだ。

 

まさに其れぞ生命の加工である。

だがそも生命は加工すべきものなのだらうか?

 

まずは其の辺りから考へてみやう。

 

ちなみにわたくしは元々文系理性のカタマリのやうな人間なのだ。

だから非常に潔癖でもって一面では可成に合理的だ。

 

其れは所謂計算高ひのでは無くむしろ計算ー現世利益ーを放棄する程に合理的だと云ふことなのだ。

 

よって廿代の頃わたくしは自分の部屋をまさに塵一つ無く磨き上げ毎日掃除ばかりをして居たのだった。

 

尚其れは父方の祖母の血であり其の婆ちゃんは女中上がりでもって兎に角綺麗好きで人嫌ひであった。

 

ところが母方の祖母は農家の出でもって余りと云ふかほとんど掃除をしたりはせぬ性分で逆に人には優しひ婆さんだった。

 

で、わたくしの母が今まさに其のタイプでもって潔癖さには欠けるが人からは好かれる婆である。

 

 

だからわたくしもまた實は両面持って居るのだが本質的には女中上がりの婆ちゃんの方の潔癖な資質をまさに多分に受け継ひで居る。

なのでわたくしの潔癖度は並大抵のものでは無ひ。

 

其れでもって幼ひ頃などはほぼ強迫神経症の世界に住して居たのだった。

 

故にそんな人はまさに根っから合理的な人なのだ。

 

 

だが其の反面わたくしは文學をやって来た。

 

其の文學は合理主義ではあり得ぬことだらう。

 

だが文の根の部分にも言葉と云ふ合理領域が拡がって居る。

なので文を志す人もまたある面では合理的なのだ。

 

 

たとへばプロの作家による小説に於ける緻密な文章構成やフィクションとしての物語の構築性などは其の合理領域が無ければ決して成し得ぬものだ。

 

よって藝術にせよまた宗教による教義にせよまた一面では人間の理性による合理化としての産物なのだ。

 

藝術にせよまた宗教にせよ感度即ち直観能力が必要とされる訳だが其の直観だけでは藝術作品や宗教的教義の成就は成らなひ。

まさに其れは子供は感性の天才だが其処から必ずしも藝術作品や宗教的教義が生み出される訳では無ひことを指し示して居る。

 

と云ふことは、人間にとっての「価値ある」認識とは其の直観と論理との複合領域にて成し遂げられて居る訳だ。

 

逆に言へば自然界では其の論理=言語による抽象化などは成らぬ訳だ。

 

合理化とは即ちさうしたことなのではなからうか。

 

合理化とはまさにさうした脱自然化、脱感覚化、脱肉体化のことなのでもある。

 

 

で、まさに其処にこそ矛盾が存して居ることに果たして皆様は気付かれたことだらうか?

 

即ち脱自然化、脱感覚化、脱肉体化を推し進めれば推し進める程に人間の持つ具象的性質が弱められて行くこととなる。

 

 

🚙や🚢や✈にばかり乗る➡足腰が弱る

大都市にばかり住む➡さらに足腰が弱り価値観も腐る

何でも食ひ過ぎる➡デブデブとなり死が眞近となる

 

会社、家、墓、にばかり拘る➡現世利益主義化=功利主義化し大馬鹿となる

ネットでばかり何かを買ひ込む➡足腰が弱りデブデブとなり死が眞近となる

ネットでばかり何かを視て居る➡足腰が弱りデブデブとなり便通も悪くなる

ネットでばかり全てを愉しんで居る➡足腰が弱りデブデブとなりしかも功利主義化し大馬鹿となる

 

 

かやうに兎に角ロクなことにはならぬ。

 

かうして進歩、其れを信じ込み歩む現代人はもはや頭がオカシヒことだらう。

 

 

では先の生命工学の問題へと戻らう。

重要なことは、まさに其れが不可逆的な進歩だと云ふことなのだ。

 

たとへば電気、つまりは電力、此れこそが其の不可逆的な進歩の産物なのだ。

だが今、此の電気、つまりは電力に対し疑義を呈し其れを否定する奴など何処にも居らぬ。

 

たとへ詩人でも否定出来ぬとさう仰るのか?

 

さうさな、電気などはまるで否定出来ぬぞよ。

また冷蔵庫や電子レンジの類も否定出来ぬ。

 

と云ふことは、原発や火力発電による発電もまた否定することなど出来ぬ。

要するにいつの間にか其れが人間の生にしかと組み込まれて仕舞って居る。

 

 

だが電気などもはや鬱陶しひ。

だから山奥へ逃れやう。

 

色んなタヒプの山奥の宿などが實は日本各地にある。

金さへあれば其処を転々として巡り反文明生活をやって行くことさへもが可能だらう。

 

 

第一核兵器、コレがまたいつの間にか人間の生に組み込まれて仕舞って居る。

 

核兵器即刻廃絶!

 

コノばか。

 

おまへが居る其の社会こそが核兵器を欲しておるのだ。

 

要するにさうして心理的現代社会に身を置く限りは電力消費や化石燃料消費とは無関係では居られなひ。

また核兵器や生物工学と無関係では居られなくなる。

 

其れが實は会社、家、墓、にばかり拘るみんなの価値観とまさに自己矛盾化して行く。

 

みんなは世捨て詩人のやうに壱億円持って別荘地へ逃げて行かうなどとはまるで考へて居なひ。

 

何故ならみんなの頭の中には社会こそが大事、社会のお役に立ってこそ仕事をやったとさう思って御座る。

 

でも詩人の場合は社会のお役に立って仕事をやると環境破壊や人体改造や核兵器による地球の破壊に結果的に加担して居ること位はもう分かって居る訳だ。

 

 

さうして何処までもお目出度ひみんなの価値観。

 

78億ものホモ・サピエンスが馬鹿面下げてみんなでもってかうして御遊戯だ。

 

其れでもって科学者が何やらエラさうな顔をしつつ眞面目にかう言った。

 

みんなは変はらねばなりません。

 

今だ、今こそみんなは神になるのです。

 

人類は元々神の子なのだ。

 

 

サア、コレからは寿命が延びて百五十歳までは楽にイケませう。

 

死にさうになればコレコレかうして延命してあげます。

 

ほうれ、かうして死んでも生きてるぞ。

 

かうして我我は死んでも生きて必ずや神となるのだ!

 

 

ほうれ、電気が一杯点きまさに都会は不夜城だ!

 

ほうれ、かうして何でも食へるは、其れに姉ちゃんはキレーだはで。

 

おまへたちはもうこれから決して死んではならぬ!

 

死ぬまえにかうして何でも創ってやる、ほうれ、人工細胞だ、やれ人工授精だ、うはあ人工肛門だ、其れに人工肺だ胃だ、嗚呼まるで人造人間キカヒダーだ。

 

 

キチガヒか?

つまりはマッド博士共の群れか?

 

其のやうに脱自然化、脱感覚化、脱肉体化を推し進めれば推し進める程に人間の持つ具象的性質が弱められて行くこととなる。

合理化とはまさにさうした脱自然化、脱感覚化、脱肉体化のことなのでもある。

 

 

さうして遺伝子改変🐵は誕生した。

また「“正常な”ヒト受精卵へのゲノム編集」も今後行はれて行くことだらう。

 

で、そも何でさうして加工するのだ?

加工しなくても良ひものを何故人間はさうして加工したがる?

 

 

實は其処こそが普遍的に存在する哲學的な命題であり且つ宗教的な課題なのだ。

 

何故なら人間の集団即ち社会はまさに何かを加工することでこそ成り立って来た。

其の加工のあり方をこそ文明と呼ぶのである。

 

逆に言へば文明である限り其の加工とは無縁ではあり得ぬ。

さうして人間は何かを加工しむしろ其の加工其れ自体に生の目的其れ自体を投影して来て居る。

 

まさに其れこそが歴史であり文化なのでもまたある。

さうして歴史であり文化であるものとは其の抽象的加工からは免れ得ぬ。

 

逆に言へば人間である限り其の加工、抽象的改変からは免れ得ぬ訳だ。

 

 

なる程、だから詩人さんはもう人間は辞め植物にでもなりたひとさう仰って居るのですね。

 

まさに其の通り。

 

問題は其の加工の抽象度がより高まって行くことだ。

 

なので其れは不可逆的な変化だと云ふこととなる。

 

進歩とはまさに其の不可逆的な変化其のものなのだ。

 

 

ところが肉体の限定性其れ自体を改変し抽象化させて仕舞ふことは不可能だ。

 

だから其処に肉体の限定性即ち具象性と観念の非限定性即ち抽象性との分裂、分断が引き起こされ人間は次第にまともな生命ではあり得なくなる。

 

より具体的には心理的に破壊されて来る虞が高く存する。

 

かうして抽象的進歩による観念の暴走がむしろ人間の心の領域を破壊しつつあるのだ。

 

 

なる程、さうか、だから最近芸能人の自殺がまた多ひのですかね。

また芸能人に限らずコロナ自殺とか、また動物にやられて死ぬとかさう云ふのが案外多ひのでせうか。

 

動物にやられて死ぬのはまた進歩とは関係の無ひ自然死に近ひものなのやもしれませぬが。

ところで皆様は動物にやられて死にたくはありませんか?

 

個人的にわたくしは可成にやられてみたひ。

🐗の突進にて自称詩人が一人死亡ー愛知ー

 

 

其の人間の心の領域の破壊こそが實は大問題なのだ。

だが其れは基本的には目に見へぬ問題なのでむしろ誰も気には留めて居らぬ。

 

だが今世の中には悪ひ心の持ち主が多くなりつつある。

 

コロナ苦を利用し大儲けしたり高齢者を騙し大金を振り込ませたり見知らぬ👩を刺し殺したりと全く酷ひ輩が居るものだ。

 

過去には自称作家の輩が京都で大勢アニメーターを焼き殺したりもして居ますが自称詩人さんは大丈夫ですか?

 

其れも可成に社会を否定して居るかに見へますが果たして大丈夫ですか?

 

 

もはやわたくしは社会には興味が御座りません。

 

わたくしにとり興味があるのはズバリ「観念」です。

 

全てが其の「観念」との闘ひなのです。

 

 

ひょっとするとまさに其れが最終戦争ですか?

 

まあさうでせう。

但し其れはわたくしにとってと云ふよりは人類にとっての最終戦争なのでせう。

 

即ち人類にとっての最終課題なのやもしれませぬ。

 

其の観念の抽象性にこそ問題がある訳ですね?

 

 

いや、さうでは無く観念が抽象的なのは其れは当たり前のことです。

 

でも観念と肉体、即ち抽象性と具象性のバランスに於ひて現代に至り其れが崩され危うひ状態となって居るのだ。

 

でも其れ、戻せば良ひじゃなひですか、戻せばまたみんなが楽しく明るく生きてイケませう。

 

 

いや、そんな単純な話では残念ながら無ひ。

第一さっき言ったでせう、まさに其れは不可逆的な抽象度の進歩なのだと。

 

 

うはあ、一体どうしたら良ひのだ。

 

困ったなー、また胃が痛くなりさうだ。

 

もう君は医者へ行け、医者へ。

 

つひでに脳味噌の具合も診て貰って来ひ。

 

 

自然科学による進歩に対する哲學的な命題の方は何となく分かりましたがでは宗教的な課題とは一体何なのでせう?

 

 

ズバリ其れが「神からの恵み」と云ふことなのだ。

コロナウヒルスはむしろ「神からの恵み」なのだ。

 

でもみんなにとってはそんな風には思へやしなひ。

みんなはコロナウヒルスこそが👿だとさう思って御座る。

 

其れに自然科学もまたコロナウヒルスこそが敵だとさう思って居る。

だがイエス・キリストは「汝の敵を愛せ」とかってさう述べられた。

 

つまりは敵こそがむしろ「神からの恵み」なのだ。

 

 

論理的に全く分かりません。

宗教の価値観はまるでオカシヒ。

 

いや、さうでは無く、君の其の合理化され切った価値観こそが変なのだ。

 

じゃ、佛陀ならばたとへばどう申されませうや?

 

 

ズバリ其れは「佛からの御導き」じゃ。

 

うーむ、矢張りまるで分かりません。

宗教の価値観はまるでオカシヒ。

 

君等は残念なことに宗教的価値観を排斥する学習環境に育って御座る。

 

尤も其れはわたくしにせよさうであった。

だが元々わたくしは宗教に大きく興味があった。

 

 

だからこそかうして長く宗教を學んだのだ。

 

宗教の本義とは現世利益を乞ひ願ふことでは無く人間の内面の本質的意義につき何処までも學ぶことなのだ。

 

アレ、さうでしたか。

でも父ちゃんや母ちゃんもまた学校の先生も宗教には嵌ってはイケません、そんなものに嵌るとロクな人間にはなりませんよとさう言って居たものでした。

 

事実オウムが社会に毒を振り撒きアルカヒダが911テロをやりもう滅茶苦茶です。

 

其れは父ちゃん、母ちゃんと学校の先生の頭の中こそが狂って居るからです。

 

 

まあ邪教、確かに厳密には邪教であることがほとんどです。

 

現代では必然としてさうなって仕舞ふと云ふことです。

 

なのですが、其れでも神と佛は居るのです。

 

まさに實在して居ります。

 

 

じゃ何処に居るのか?

何処にも居なひじゃなひか。

 

だから君の心の中からは消へ去って仕舞ったと云ふことでせうね。

まさに其れが心の合理化ですね。

 

其の心の合理化が一番怖ひことでせう。

心の合理化がむしろ遺伝子改変だのゲノム編集だのを許すのです。

 

 

嗚呼其れにしても詩人さんの話はかうして毎回毎回決まって難しひ話だ。

そりゃ、ま、コロナのせひなのか最近良くTVに出て来るアホ芸人などとは違ひますのでね。

 

 

ところで「観念」とはどう闘ふのですか?

そんなもん戦ひ様が無ひやうに思はれますし第一學者クラスの知性でもそんなもんとはまるで戦ってなど居ませんよ。

 

いやー、其処は一体何と説明したら良ひのだらうか。

 

 

もうひとつ是非お尋ねしたひ。

そりゃ何でせう?

 

遺伝子改変🐵が出たと云ふことは遺伝子改変🐗や遺伝子改変🐻、またさらに遺伝子改変🐅や遺伝子改変🐈、さうして遺伝子改変🐶、遺伝子改変🐺、遺伝子改変🐊、遺伝子改変🐍などがまた出て来るやうにも思はれますが果たして其処はどうなのでせう?

 

また實に良ひ処に気が付きましたね。

其の改変、改変、さらに改変、とやって行きますともう何が何だか分からなくなりゴチャゴチャ、ゴチャ混ぜの遺伝子となり其のうちに怪物や怪獣の類が誕生致しませう。

 

するとキメラ生物の出現なのですか?

 

 

まあ科学的には可能性は低ひのでせうがまさに何があってもおかしくはありません。

 

其れにしてもまるでSF映画の世界ですね、でもそりゃウソでせう、そんなんなる訳なひでせう。

 

 

では縄文人や戦國時代の農民を現代の夜の都会へ連れて来たら彼等は一体どう思ひますか?

 

其れはもう理解不能な世界のこと其のものです。

 

また原子力発電や核兵器、🚙でも✈でも🚢でさへも彼等には到底理解が及びません。

 

 

あくまで抽象的に推進される文明とは人間にとりさうした理解不能な進歩を齎す訳だ。

其の理解不能な進歩こそが今まさに生物工学の分野で着々と進みつつある。

 

 

さても人間はサヒコーですか?

もうコレ以上無くサヒコーな生命ですか?

 

もうサヒコーです。

サヒコーに馬鹿でせう。

 

もうコレ以上無くバカでとんでも無ひ野郎共です。

 

人間に生まれたことはサヒコーに幸福なこと?

確かにサヒコーです。

つまりはサヒコーに不幸です。

 

 

でもキリスト教の捉へ方に限りそんなんじゃなひ筈ですよ。

いやさうなのかもしれなひよ。

尤も教会にでも出向き聞ひて来なくちゃ正確には分からぬのだが。

 

佛教ではあくまで生はサヒコーに不幸なのですか?

まあ其れにも近ひ捉へ方でせう。

 

でもそんなこと日本の御坊様方は誰も仰って居なひ。

皆様日々感謝、感謝で御利益、御利益、です。

 

何せ日本の大乗佛教其れ自体が不純化しておりますからね。

 

 

そんなサヒコーに不幸だといつか地獄に堕ちるのですか?

まあさうでせうね、より正確には地獄が一番ハッキリして居るのはむしろキリスト教の方でせう。

 

日本の浄土教の方は其のキリスト教的佛教としての流れです。

 

いずれにせよ悪ひ奴は皆地獄に堕ち良ひ人は皆救はれませう。

 

其の良ひ、悪ひは一体誰が決めるのだ?

 

キリスト様ですか、其れともお釈迦様ですか?

 

キリスト様とお釈迦様の双方がお決めになられる。

 

 

キリスト教と佛教を同時に信じよとさう言はれてもまさにそんなことは不可能だ。

 

だが不可能を實現することこそが人文知性の仕事なのだ。

 

人文知性はな、かうして合理主義には決して負けぬのだ。

 

 

ズバリ其の生命の加工の是非をどう判断されますか?

 

さうですね。

何よりわたくしはミニマリストですので有るよりは無ひ方にこそより価値を置ひて居る訳だ。

 

即ちまさにやるよりもやらぬ方にこそ価値を感じて居る。

 

やっちゃへ、では無く止めちゃへの方なのだ。

 

確かに其処が世間の価値観とは眞逆ですね。

 

もしやったにせよ最少限度に抑へることこそが必要なのではなからうか。

 

でなひと何ぞ厄介なことがいつか起きて仕舞ふやうな気がしてならぬ。

 

では生命の加工其れ自体を放棄せよとさう仰るので?

 

 

だって必要無ひことでせう?

 

何で必要の無ひことをあへてやりますか?

 

わたくしには其れがそも分かりませんね。

 

ではオリムピックも万博も不要だと?

 

だって必要無ひことでせう?

 

何で必要の無ひことをあへてやりますか?

 

わたくしには其れがそも分かりませんね。

 

どだひオリムピックも万博も生命の加工其のものだ。(?)

 

 

生物工学其れ自体を全否定されるのか?

 

コロナウヒルスにせよ其の生物工学から発生した虞が否めぬ訳だ。

 

生物工学は原発や高度成長とまるで同じでもって諸刃の剣ですよ。

 

どだひ自然科学の内容は皆諸刃の剣ですよ。

 

いや近代思想其のものがまさに其の諸刃の剣だ。

 

 

近代を全否定なさるのか?

 

近代を全否定し神佛に帰依した上で別荘地へと逃げたひ。

 

實存的に生じる筈の生命の意義をあれこれと弄り回されてはかなはぬと云ふのが正直なところだ。

 

 

此の科学シリーズはまだまだ続くのですか?

 

いへ、科学の論議では無く福岡先生特集をやらうと思って居ましたが此の夏休みに科学はやれずおまけに福岡先生特集も出来ませんでした。

 

みんなはさうして科学が好きですか?

 

科学こそがサヒコーですか?

 

 

サヒコーです。

 

さうですか、まさに其れは危なひですね。

 

 

では科学其れ自体を放棄せよとさう仰るので?

 

科学のヤバさをどう伝へて行けば良ひのか、其処がまさに今思案中の部分です。

 

さても神佛と科学は正反対のものか?

 

神佛とは全体論的實存的ー主体的ー理性のことであり科学とは分析的客観的理性のことでせう。

 

實は共に理性領域でのもので、其の証拠に動物達は科学も宗教も共に理解することが出来ぬ。

 

其れ等は實は抽象的な領域のものなのです。

 

 

事實科学者の中には熱心な信仰者も居れば無神論者もまた居る訳だ。

但し無神論者は心理的には不安定化するとさう思はれてならなひ。

 

人間の持つ特質である抽象的思考能力はさうしてまさに観念を信じる訳だが観念には元々實體が無ひので最終的には数式だの化学式だのを信ずる訳にはいかなくならう。

 

抽象的な思考により遺伝子改変を行ひ人為的に人間を加工して行くことが人間にとっての幸福だの充實だのと云った心理領域と噛み合ふものだとはまるで思へぬ。

 

此処のところでどうも引っ掛かる部分があるのでまた此の問題を取り上げ是非論じて見たひと思って居ます。