目覚めよ!

文明批判と心の探求と

其の反抗の意義ー私たちの望むものは社會の為の私では無いー

55.其の反抗の意義ー私たちの望むものは社會の為の私では無い

 

 

 

私たちの望むものは  岡林 信康 - YouTube

 

私達の望むものは生きる苦しみでは無く生きる喜びである。

私達の望むものは社會の為の私では無く私達の為の社會である。

 

今ある不幸せに留まってはならない。

まだ見ぬ幸せに今跳び立つのだ。

 

 

 

私たちの望むものは 生きる苦しみではなく
私たちの望むものは 生きる喜びなのだ

私たちの望むものは 社会のための 私ではなく
私たちの望むものは 私たちのための 社会なのだ

私たちの望むものは 与えられることではなく
私たちの望むものは 奪いとることなのだ

私たちの望むものは あなたを殺すことではなく
私たちの望むものは あなたと生きることなのだ

今ある不幸に とどまってはならない
まだ見ぬ幸せに 今跳び立つのだ

私たちの望むものは くりかえすことではなく
私たちの望むものは たえず変わってゆく ことなのだ

私たちの望むものは 決して私たちではなく
私たちの望むものは 私でありつづける ことなのだ

今ある不幸に とどまってはならない
まだ見ぬ幸せに 今跳び立つのだ

私たちの望むものは 生きる喜びではなく
私たちの望むものは 生きる苦しみなのだ

私たちの望むものは あなたと 生きることではなく
私たちの望むものは あなたを殺すことなのだ

今ある不幸に とどまってはならない
まだ見ぬ幸せに 今跳び立つのだ

私たちの望むものは
私たちの望むものは…

岡林信康 私たちの望むものは 歌詞 (lyricjp.com)より

 

 

さてもこんな社會がまともだと言えやうか?

もうどう考えても社會が悪いのだぞよ。

 

さうして社會が悪いから人間は不幸だ。

其れは然し考えが靑い…。

 

なあにが靑いのか?

俺はもう63だぞよ。

 

しかもお前等の拾倍程は御勉強を重ねて来た文人だぞよ。

 

 

俺はな、むしろ其の考えが靑い頃は社會が悪いとは必ずしも考えては居らなんだ。

だが其れから四拾年に亘り熟考した挙句にな、結局社會が矢張り悪いとの結論に至った。

 

だから兎に角もう救いやうの無い程に社會が悪い。

 

 

サア、自転車に乗り其の社會が悪いことを声高に叫ぼう。

 

私たちの望むものは 生きる苦しみではなく
私たちの望むものは 生きる喜びなのだ ♪

私たちの望むものは 社会のための 私ではなく
私たちの望むものは 私たちのための 社会なのだ

 

さうだ、もう革命だあーーーー!

 

 

アンタやっぱりもう頭がオカシイ。

早う病院へでも行きなさい。

 

でも其の社會が悪いと云うことはウソでは無くほんたうのことだ。

 

ええいー、死にさらせ此の悪の権化資本家共め!!

 

アンタやっぱりもう頭がオカシイ。

早う精神科へ行きなされ。

 

ええいー、死にさらせこんなクソ資本主義社會!!

 

 

アンタやっぱり考えが正しい。

日本共産党の人だけにはさう言われても居るのだが。

 

 

 

私たちの望むものは〜“フォークの神様”と呼ばれた男が紡ぎ出した強烈なメッセージソング|TAP the NEWS|TAP the POP

 

實際に世界広しと雖もまさに此の歌こそが最強の社會批判ソングでせう。

其れも此の歌は汚い言葉でもって社會を罵って居るのでは無い。

 

あくまで平易且つ理性的な範囲で当時の社會のあり方を批判したものです。

 

但しわたくしは所謂左翼思想の信奉者では無くむしろ性の解放だの🚺の権利拡張の部分に関しては其の左翼思想に対し否定的です。

つまるところ我は保守思想と革新思想を両面に亘り學んで来た者だ。

 

ですので部分的にはむしろタカ派のやうなところさえあり逆に人権思想の壱部に関してはほぼ左傾化して来ても居る。

但し本質的にはアナキストですので政党政治などはそも認めて居りません。

 

 

で、問題は前回から述べて居りますのですが現行の文明に今壱番求められて居るのは理性による判断であり選択であると云う部分です。

其れも政治的な意味での思想の選択はそも理性的な選択とはなり得ぬ可能性が高い。

 

 

右⇔左

保守⇔革新

 

其の選択其れ自體が哲學的に申せば単独で自立出来ぬものとならざるを得ない。

ですので誰しもが其の右と左の間で揺れ動いたり又は逆に右なら右、左なら左と云うやうに其処で示される思想に固執し且つ其れを信じて居りませう。

 

ですがあくまで其れは単独の立場にて正邪、善悪の区別を付けることが出来ぬ抽象的概念とならざるを得ない。

なので其のアナキズムと云う考え方は其の概念的対立其れ自體を縮小するか又は消し去って行かうと云う概念的展開なのだと思われる。

 

とは言えあくまで壱般の方方には其れは「なんのこっちゃ?」の思想的展開ですのであえて其れを事細かに述べて行ったとしても余り役には立たぬことかと思われる。

但し其の政治的立場から述べることが出来るのは右の思想もまた左の思想も不備であり不完全なので其れを信奉し社會正義が實現されるとは思って居ない方がより理性的であると云うことだ。

 

なんですが、あくまで最近のわたくしの思想的傾向からすれば左の思想の持つ批判力のやうなものにむしろ親近感を覚えて来て居ります。

かと言って保守思想の持つ慎重さのやうなものにも共感を覚えて居り其処はあくまで両者の立場共に良いところもまた悪いところもあると云った結論となります。

 

 

だが、其の社會の悪いのを、社會が矛盾に苛まれ続けて居る事を今は是非直視しなければならぬのだとさう思う。

つまりは社會に対するプロテストの気持ちを再確認するつもりであえてこんなプロテスト・ソングの特集をして来て居る。

 

 

岡林信康  山谷ブルース - Bing video

 

其の社會が悪くて何だか知らぬが何時まで経っても生きにくいと云うのは我我庶民の率直な實感です。

勿論かうした社會の底辺を生きる人人にとっては其れがもっともっと切羽詰まった形にてもう随分前から實は突き付けられても居りました。

 

しかも其れがかのマルクスの時代であれさうだったのであり要するにもっと以前での農耕文明が始まり余剰の富が蓄えられるやうになった其の時からむしろ其の人間の不平等は運命付けられて居たのです。

尚現代は確かにさうでは無いやうに見えて其の搾取過程はむしろ拡がって来て居る可能性が御座ります。

 

壱言で申せば現代人が封建時代や其れ以前の人間に比べ圧倒的に豊かになったのは物質面だけでこと精神性の面では逆に貧しくなって居るのだとも言える。

おそらくは其の搾取過程が善意にて偽装されたりまた其れこそ保守の論理では無いが體制を守ることこそが善、などと言う片寄った考え方を信奉すれば最終的には其処に人権は無視されまた再び特攻に出なくてはならなくなる虞さえもがある。

 

また戦後憲法とは言っても其れは其れこそ今後五拾年、百年と其の侭に保持されるものだとは考えにくくよって例えば「改憲」と云うことも常に視野に入れて置かねばならぬことだらう。

 

 

問題はさうした大きな変化に対して現代の日本人は思想的に弱いと云う面が挙げられるのではないか。

現代の日本人は壱般にそんな思想だの宗教だのと云った本質的価値の部分にあえて踏み込んで行く契機をほぼ失って来て居る。

 

ズバリ其れは抽象的な問題に対し心より考える機會、本気でもって其れに対峙して行く精神性の部分を欠いて居ると云うことにも等しい。

日本人はむしろ頭の良い民族なのに何でまたそんな非自立的な精神の持ち主に変わり果てて仕舞ったのだらうか?

 

ですので其のどっちつかずの考えはアナキストの如くに御勉強を徹底的にした挙句にさう決めた立場では無くそもまるで考えて居ない立場であるに過ぎぬ訳だ。

 

 

そも何でそんなに考えられて居ないのか?

 

だって生活こそがつまりは👪こそが大事なんです。

じゃあ君は生活を守らんが為にそんな社會の奴隷になっても良いのか?

 

其れはお前になんぞ言われたくはない。

第壱お前には妻も無ければ子も孫も居ないだらう。

 

さうでしたね、確かに僕には守るものがありませんでした。

其の読書と石と万年筆だけは守りたいのですが結局其れは違うんでせうね。

 

 

さうか、確かにアンタ方も辛い立場ですね。

其処からすると其の守ると云うことが考える力を失わせる元凶なのかもしれないね。

 

であれどうであれ、我には今此の岡林 信康氏の歌こそが心に直に響いて来るのです。

 

 

 

私たちの望むものは 生きる苦しみではなく
私たちの望むものは 生きる喜びなのだ

私たちの望むものは 社会のための 私ではなく
私たちの望むものは 私たちのための 社会なのだ

私たちの望むものは 与えられることではなく
私たちの望むものは 奪いとることなのだ

私たちの望むものは あなたを殺すことではなく
私たちの望むものは あなたと生きることなのだ

今ある不幸に とどまってはならない
まだ見ぬ幸せに 今跳び立つのだ

私たちの望むものは くりかえすことではなく
私たちの望むものは たえず変わってゆく ことなのだ

私たちの望むものは 決して私たちではなく
私たちの望むものは 私でありつづける ことなのだ

今ある不幸に とどまってはならない
まだ見ぬ幸せに 今跳び立つのだ

私たちの望むものは 生きる喜びではなく
私たちの望むものは 生きる苦しみなのだ

私たちの望むものは あなたと 生きることではなく
私たちの望むものは あなたを殺すことなのだ

今ある不幸に とどまってはならない
まだ見ぬ幸せに 今跳び立つのだ

私たちの望むものは
私たちの望むものは…

岡林信康 私たちの望むものは 歌詞 (lyricjp.com)より

 

 

もしや私達は高望みをして来て居るのでせうか?

いいえ、さうでは無い。

 

私達は身近な幸せを感じつつ只生きて居たいだけのことだ。

かうして残業にも追われず、不当な低賃金を押し付けられることも無く、只普通に小さな幸せを感じつつ生きて居たい。

 

そんな高層ビルだの世界壱のタワーだのデカいものばかりに圧迫され生きて居たくは無い。

そんなソーシャル・メディアだのゲームだのに浸け込まれてアホになんぞはなりたく無い。

 

おまけに👩が學を付けより馬鹿になったお蔭でもはや誰も結婚が出来ぬ。

ああ、どうも不幸だ、其れでは女子高生にでも手を出さう。

 

仕舞った!結局逮捕されちまった。

 

 

 

さてもアナタが心より望むものとは何ですか?

 

さうですね。

まずソーシャル・メディアとゲームを此の世から放逐して頂きたい。

其れから高層ビルとタワーを全部破壊して頂きたい。

 

さらに悪い奴を全員断頭台へと送りたい。

 

 

其の悪い奴とは誰だ?

政治家及び資本家と科学者及び偽善者だ。

 

 

其の道端に咲く🌸の壱輪の香りを嗅ぐだけの心の余裕を奪うやうな社會ではそもダメだ!

其の悪い社會は此の際みんなでもって浄化してみやう。

 

 

 

岡林信康 / 昔のTV出演の動画 - Bing video

情熱大陸 「岡林信康」 2009年 - YouTube

 

其の岡林氏自身はかうして次第に思想的なシフトを遂げかってのやうな強烈なプロテストを社會に対し示すことは無くなった訳だった。

だけれども、其の謂わば思想的に丸くなった氏の歌よりも矢張りと云うべきか彼が若かりし頃の強烈な體制批判の歌こそが今の我が胸には突き刺さる。

 

 

もしや私達は高望みをして来て居るのでせうか?

 

いいえ、さうでは無い。

 

私達は只自然に囲まれ生きて居たいだけのことなのだ。

かうして人の目を常に気にすること無く、時には山野を駆け巡り地球上に生きる喜びを實感してみたい。

 

其れは抽象的に齎される現代的な価値とはむしろ対極に拡がる具象的な場のことだ。

 

戦争、利潤の追求、思想的な価値の対立、さうした全ての抽象的概念から解放され歌を歌いつつ生きて行きたい。

 

 

歌を?

 

さても其処にてどんな歌を歌うのだ?

 

まあ其れが岡林 信康並に批判力の強い新曲です。

 

其れをお前が創ったのか?

まだ創って居ません。

 

何せ曲作りが苦手でどちらかと云うとお絵描きや作文の方が得意なのです。

 

 

「今ある不幸に とどまってはならない」

 

其の不幸を成り立たせて来て居るのは壱體誰だ?

さても誰なのだ?

 

結局は其れが力のある者だらう。

 

力のある者がわざと我我をして隷属させチュウチュウと其の生き血を啜って御座る。

だから其れが不幸では無くて何なのだ?

 

 

どんな不幸だこんな不幸だお前等がさうさせて来た不幸だ!

さうして依然としてお前等は銀座のクラブのママの尻をさすりしかも弐号を囲いわっはっはっはーのはーだ。

 

 

くうー、此の悪い奴等め!

 

とりあえずはアベと🐊アソーこそが大罪人だ!

其れにコイズミも是非斬首すべきだ。

 

 

ではプーチンの処遇は?

いや其のプーチンに対し實は壱つ謝らねばならぬ。

 

壱體何を?

 

いや、アノプーチン氏による裸での沐浴の件だ。

どうやらアレは露西亜正教での儀礼の様であったものらしい。

 

プーチン大統領 氷点下15度で沐浴(2021年1月20日) - YouTube

 

 

なる程、すると君はプーチン氏が単に露出狂だとさう勘違いをして居た訳だ。

いやだからプーチン氏の論理であり思想はあくまで露西亜の體制維持の観点からすれば別におかしなものでも何でも無い。

 

するとプーチン氏の暴走を認めるのか?

いやそんな露西亜のことなんぞはむしろどーでも良いことだ。

 

但し将来日本が侵略戦争に巻き込まれた場合に日本を守ると云う観点のみでは其れを守り切れない。

何故なら米國は日本を守り切るだけの體力をもはや失いつつある。

 

従って日本と云う國家には今何より自立性が求められて居ることだらう。

自立性即ち自分の頭でもって考え且つ行動出来る力のことだ。

 

 

其の自立性とアナキズムとまたさらに反抗とでは皆違うもののやうに思われますが果たして何が壱番大事なのですか?

どうも個人的には「反抗」が壱番大事なのかもしれぬなとさう思いますのです。

 

其の岡林氏によるかっての反抗も結局は時の流れと共にさうして消え去りました。

ですが其れが藝術作品である限りかうして今も其れが生きて居ます。

 

現に僕などは今毎日其れを歌って居るのです。

其の『私たちの望むものは』と云う静かなる反抗の歌を。

 

 

アンタさうして守るものが無いものだからまた学生時代に戻って居やあしないか?

確かに戻りつつある。

僕はかうしてまだ大学生だから兎に角沢山御勉強をするのだ。

 

しかもさうして毎日歌を歌い社會に対し反抗して行くのだ。

 

私たちの望むものは 生きる苦しみではなく
私たちの望むものは 生きる喜びなのだ ♪

私たちの望むものは 社会のための 私ではなく
私たちの望むものは 私たちのための 社会なのだ