目覚めよ!

文明批判と美の探求と

結局社会の罪こそが最も罪深ひものだ。―+映画評『戦場のピアニスト(字幕版)』ー

もしUFOに遭遇したら... 河野防衛相「近く対処方針」発表へ

ほれ、UFOは必ずや近く来るぞ!

UFOの大編隊が来て人類は馬鹿と利口に分けられるのだ。

 

わたくしは勿論利口側に選別されやう。

だがみんなは大抵が馬鹿の方に入っちゃふことだらう。

 

 

其処が永遠のお別れとならう。

みんなは其の後宇宙人の飼ってる宇宙肉食獣のエサとなる他は無ひ。

 

 

可哀想だが其れは運命だ、もはや如何ともし難ひことだ。

わたくしは👽の専属ラヒターとなり👽の文明の礼賛者となって行くことだらう。

 

其の年間の契約料は勿論壱億円だ。

 

 

と此のやうに書ひてれば話は面白ひのだが根のところがふざけてるので此れでは親戚一同には読んで頂けぬ。

 

おまへは親戚一同が読めぬやうなものを見ず知らずの全國の読者に読ませて居たのか!

 

知らん奴等がどう読もうが屁とも思ひませんはよ。

 

じゃが知ってる人に読まれると極めて恥ずかしひ。

 

おまへにもまだ羞恥心があったとは!

 

さうして人前で言葉の屁はこくは、人類を🐒だ🐜だと貶めるは、其れに人間は皆ウンコたれだ、みんな肥溜めに落ちよとそればかりを言ふて居るではなひか。

 

ですから其れがまさに恥ずかしひ限りなのです。

 

何故なら知人でもって読まれて居る方も實は数人ー四、五人ー居られますのでもう恥ずかしくて皆に顔向けが出来ませぬ。

 

 

すると眞面目路線への移行か?

もしやまたカタひ話ばかりになるのか?

 

其れはさうなりませうが兎に角作品を世に遺すつもりで書ひて行きたひ。

何故ならネット上で此処まで不眞面目と云ふか不謹慎な内容のものは他に見当たりませんものですから。

 

 

正直新ブログへの移行をも含め考へて居る最中です。

但し自分ではあくまで此の方が楽なのだ。

 

其の楽なのを許さぬのが人間が属す社会的関係なのだ。

 

さて此処暫くわたくしが何をして居たか?

 

以下より選べ。

1.お寺巡り

2.👩遊び

3.アマゾン プライム・ヴィデオでの映画視聴

 

3.でせう。

 

当たり!

良くぞ分ったな。

 

さて何を視たか?

 

1.バットマンシリーズとスーパーマン関連

2.ナチス

 

である。

 

1.に関してはバットマンVSスーパーマンと云ふ映画も初めて視たが大層面白かった。

 

但しフィクションとしての作品の限界と云ふことまでをも其処にて考へさせられた。

 

其れはどういふことか?

 

即ち此処2020年に至り虚構と現實の境界が曖昧になり且つ壊れつつある。

 

どだひ感染症の流行にて観光業がダメになるなどとは誰も思ってもみなかった訳だ。

 

だが事實として観光業は今ダメなのだし、また飲食業でもって家賃が払へぬ店が続出し店崩壊の一歩手前まで来て居る訳だ。

家賃どころか👪の生活費にもこと欠く有様だ。

 

で、其れは誰の責任なのか?

 

バットマンのやうに悪人をやっつければ其れで済む話なのか?

 

ところが、其れはあくまでフィクションとしての話なのだ。

 

では現實上では一体誰の責任なのか?

 

 

結局政府であり官僚機構なのだ。

國としての統治組織の方にこそ問題が生じて居る=悪其のものなのだ。

 

何故なら國家と云ふものは民衆を束ねることが可能な権力を持つ代はりに社会を継続させる責任を常に負ふのである。

権力とは其れ即ちさう云ふことなのだ。

 

其の責任をまるで回避して仕舞って居る。

いや放棄しさへして来て居る。

 

其れも肝心要の安倍氏が逃げて🐵が何処からともなく出て来お🐒の政権が築かれやうとして居るぞ。

 

そんな🐵共に任せて居て君等は其れでも良ひのか!

 

わたくしは🐵なんぞ嫌ひだ!

 

政治権力と云ふものはそんなものでは無く常に備へて置かなければならなひものだった。

 

だが自民党の政権には其れが出来なかった。

 

派閥政治、しがらみ政治が結局のところずっと続きやりたひ放題をやって来た。

 

無論のこと此れは安倍+麻生体制が築きし非理性的な政治の流れのことだった。

 

 

対して枝野立憲民主党代表は理性が大事だとさう言って居るではなひか。

 

かと言って枝野が首相の器かどうか其れはまるで分からぬ。

 

さらに理性的なわたくしは首相だの書記長だのと云った役職其れ自体に最近は疑問を持って居る。

 

おそらくは人間ではもう無理なのやもしれぬ。

むしろ首相だの書記長をAI化すべきなのやもしれぬ。

 

 

枝野幸男

枝野、弁護士、ガンバレ、もはや君だけが頼りだ。

 

石破は石破でもってあんなヲタクでもってまさにヲタクにしか人気が無ひ人間だ。

後の奴等は皆🐵か🐜だけだ。

 

さてもひょっとして石破は🐻か?

さう言へば何となく🐻に似て居るぞ。

 

でも枝野は弁護士だから人間だ。

 

枝野代表、わたくしは今夜宇都宮の餃子を焼ひて食おうと實は思ってる。

 

 

ちなみにわたくしの好きな政治家は不破元書記長である。共産党「不破哲三元議長」は90歳 最高指導部に居座るのは森の中に大豪邸があるから

 

其れも東大出の相当なインテリ爺さんだ。

しかもまだ生きてるのださうだ。

 

 

 ー今回の党大会で、常任幹部会委員は26人が選出されている。それにしても、なぜこのポストにこだわるのか。

「不破氏は、神奈川の津久井町の山の中に家を構えています。場所柄、完全引退すると生活ができなくなるからです」(同)

 不破氏の自宅は、別荘地としても知られる津久井の山中にあり、敷地は3265平米(約988坪)。敷地内には4棟の建物がある大豪邸だ。門から屋敷までは車で森の中を走るという。

「不破さんは、共産党本部まで党の車で通っています。党本部の食堂の料理人も自宅に常駐しているんです。だから引退して、ただの一党員になってしまうと、車も料理人もなくなってしまいます。彼の妻は年上で90代ですので、毎日食事を作るのも大変でしょう。不破さん自身も出掛けることもできなくなる。だから、今の地位にしがみついているのでしょう」(同)

 公団の分譲マンションで慎ましく暮らす志位和夫委員長とは大違いである。共産党も14年前に議長を辞めた人を、いまだにここまで優遇するとは……。

共産党綱領を読むと、中国も駄目になり、ラテンアメリカも駄目になったことが分かります。社会主義への流れはほとんど消えています。残っているのはベトナムだけですよ。かつては、資本主義から社会主義へと発展する展望を持っていましたが、今はなくなってしまいました。党大会では、常任幹部会委員に、幹部会副委員長の浜野忠夫氏が再任されていますが、彼も不破氏とかわらないくらいの高齢です。90歳近い党員を2人も最高指導部に残しておくなんて、党としてはいよいよ末期症状に来ていると言われても仕方ないでしょう」(同)ー共産党「不破哲三元議長」は90歳 最高指導部に居座るのは森の中に大豪邸があるからより

 

 

まさに羨ましひ限りではありますが、不破さん、其の大豪邸は然し思想の上から言ってもマズひことでせう。ー但し山の中の豪邸とのことながらー

尚、社会主義は今復権の可能性が出て来て居るものとわたくしは捉へて居る。

 

謂はば備へられぬ資本主義が破綻を迎へ始めて居る。

さうした自然からの限定が今まさに資本主義を追ひ詰めつつあるのだと言へやう。

 

其の自然からの限定は年を追ふ毎に増して来ることだらう。

グローバル資本主義ー虚的領域での余分な資本主義ーは事實上破綻し今後縮小ー低成長化ーされて行かざるを得なくならう。

 

社会主義キューバのやうに上手く行って居るところもまたある。

 

 

逆に巷では社会主義の破綻を指摘する声が多かった訳なのだが、今年の前半までの僅か半年で世界は根本的に変はりつつある。

わたくしは以前からグローバル資本主義の崩落を直感的に予知して居た。

 

尤も其れはしぶとひのでなかなか死滅せぬことだらう。

 

豊かになるのが何故イケナヒことなの?

 

豊か過ぎるのは誰にとっても一文の得にもなりません。

 

また資本家や特権層だけが肥へ太る資本主義の論理は元来搾取を前提とするものだ。

つまりは不平等による偏った富の構築のことだ。

 

 

要するに資本主義は馬鹿なんです。

 

馬鹿なのでやっちゃう。

馬鹿は👩を手籠めにするのも素早くまた金儲けに就ひても素早ひ。

 

ところがみんなは資本主義がお利口で資本家や銀行家は偉ひ、嗚呼早くボクもワタシもああなりたひなあ、などと思って居ますが其れは誤りです。

おおまさにソヒツ等こそが皆肥溜めに落ちるべきなのです。

 

 

ー公団の分譲マンションで慎ましく暮らす志位和夫委員長ー

 

偉ひ!何て潔癖な社会主義者魂をお持ちのことか!

 

但し志位 和夫氏は今一つ迫力か又は個性がありません。

 

其の意味では不破さんには個性が強く御座りました。

 

 

さて、お利口な左翼諸君。

 

君等は其の潔癖さだけが取り柄だ。

 

だが左翼にもまた大きく問題があるぞ。

 

其れはわたくしが長々と此処で述べて来た通りでのことだ。

 

必然として思想は矛盾を孕むので左なら良ひと云ふことでは金輪際無ひぞよ。

 

だから利口だからと言って威張ってはイカン。

 

 

確かに社会主義の方が地球にとっては優しひのだし社会体制としてより望ましひこともまた確かだ。

 

わたくしは右の馬鹿を治すことで何とかイケるのではなひかとさう考へて来て居たが其れは甘ひ考へだった。

 

事實自民党は、かの自民党こそが🐵の集まりでしかも🐻やら🐜やらまで混じって居り人間と云へる人材が居なひことが今回初めて分かった。

 

 

特に麻生財務相、アレなどはどう見ても映画のバットマンに出て来る悪人の面だ。

 

悪人はもうイヤと云ふ程にバットマンに殴られまたスーパーマンにやられなくては目が覚めぬものだ。

 

ところで安倍氏は一体何処へ逃げた?

 

安倍氏はまだ生きて御座るのか?

 

全責任を放棄しアノ女房と山口へでも逃げる御積もりか?

 

 

でも安倍氏は責任を取り是非「断頭」されるべきだ。

 

左翼でもってそんな非人道的なことを言ふ奴など居ませんよ。

其れに🚺を奴隷にするだのそんなことも左派は決して言ひません。

 

だからわたくしは単なる左派では無く共同体主義アナーキストだと何度もさう説明して来て居る筈だ。

 

 

其れにつけても九十歳の不破氏はいまだに日本共産党の黒幕なのか?

 

分からんなあ、みんなが平等な筈の其の日本共産党もまた。

 

 

事實上コロナ禍は経済成長を止めたものと思はれる。

 

ところが資本主義とは経済成長を前提としたシステムなのだ。

 

だから其処に矛盾が生じシステムが崩壊する可能性が高まる。

 

コロナ禍だけでは無く温暖化による環境の大変化にて資本主義が崩壊して行く可能性は今後常に高くある。

 

いや、其ればかりかむしろ労働其れ自体の矛盾の蓄積により資本主義が崩壊して行く可能性も常に高くある。

 

尤も資本主義だからこそコレクターやヲタクで居られるのだが。

 

 

だが社会が本気で変はるのであればコレクターやヲタクであることなんぞもう止めても良ひのだ。

 

資本主義が悪であった可能性は左様に高ひ。

 

 

ところが資本主義が元気だと都市化が進み便利に暮らせしかも長生きさへもが出来るやうになる。

でも其れはおそらく誤りなのだ。

 

其れも本質的な人間の幸福には繋がらぬ誤りなのだ。

 

でも其処で味噌カツや🍤が食へるぞ。

ノーブルオパールも買へるぞ。

 

🐈のエサさへも用意出来やう。

 

ああー、悩む、苦しむ、イエス様、さうしてお釈迦様、此の悩みを聞ひて下され。

 

 

資本主義は👿だ!

さうか悪の手先こそが其の資本主義だ。

 

わたくしはこれまで間違って居た!

 

でも元々アナーキストなのだらう?

 

さうか、元々はさうだった。

 

つひ其のことを忘れておった。

 

 

次にナチス物の映画につき述べたひ。

 

ところで先に個と國家の関係に就き述べて置ひた筈だ。

 

結局其れはバランスの問題である。

 

國家に権力が集中すれば封建制にせよ全体主義にせよ其処に個の権利が顧みられることなどは無ひ訳だ。

だから其れを止めやうと云ふことで民主制となったが大衆は馬鹿なので其れが衆愚化し易ひ訳だ。

 

だから民主制となってるのに安倍政権の如くに権力の私物化が行はれもうやりたひ放題をされて仕舞った。

 

其処で枝野が左を代表し留保金の多ひ大企業から税を毟り取ると言ったがまさに其れをやるべきだらう。

第一わたくしがこんだけ言ってもTOYOTAはびた一文金を出しはしなひぞ。

 

 

TOYOTAは一体全体タンマリ貯まった金を何に使おふとして居るのだ?

おそらくはTOYOTAシティを創ろうとして居るのだと思ふ。

 

するといつか日本はTOYOTAに占領されるのですか?

其れは分かりません。

 

ですが、大TOYOTAの大金の力を決して甘く見て居てはイケません。

 

日産などもはや今や昨日の屁のやうなものなので幾ら公的に助けやうがそんなものは大TOYOTAの敵では無ひ。

 

ズバリTOYOTAは日本國を全TOYOTA化しトヨタ🚙だらけの國にしやうとさう目論んで居る筈だ。

 

きゃあー、怖ひ、全部がTOYOTA方式ですか。

 

さうです、全部がTOYOTA方式でもって徹底的に合理化改善されて行きませう。

 

 

話が飛びますが左翼も其の合理化改善しやうとして居るのでせう?

まさに其れをおまへは批判して居たではなかったか。

 

より大きひシステムの部分は合理化改善された方が良ひ部分もあります。

其の合理化の範囲と云ふか対象こそがまさに非常に難しひ訳だ、社会的なバランスを如何にして取るかと云ふことこそが。

 

國家を究極的にバランス化すれば其れは無政府主義となることでせう。

統治単位をミニマムに抑へると云ふ意味でさうして共同体主義へと必然的に至る訳です。

 

石破氏は其の地方の再生を目指して居ますので彼は頭が良く🐻其のものでは無く矢張り人間でせう。

其れも🐻っぽい人間なのでせう。

 

 

TOYOTAは日本國を全TOYOTAして其れからどうするのですか?

おそらくは宇宙進出を目論んで居る筈です。

 

愛知の天下取りの血統は生半可なものでは無く最終的には宇宙征服を企んでおるのです。

 

然し其れでは👽との戦争状態になりませんか?

 

さうです、所謂ハルマゲドンとは👽とTOYOTAとの最終戦争のことです。

 

ナチスの話が全然出て来ずTOYOTAの話ばかりですが其れで良ひのでせうか?

 

 

嗚呼、さうだ、ヒトラー

 

實はヒトラーこそが信長なのです。

 

ヒトラーコミュニケーション能力にいささか問題があったようで、シュペーアによれば「彼は気取らないリラックスした会話ができなかったようだ」と観察し、「不機嫌な時の言葉は学童とほぼ同じ程度だった」と証言した。粛清されたエルンスト・レームも「彼は批判されるのが嫌いで、党内で彼の提案が疑問視されるとすぐさまその場から消え、自分が通じていない話をするのも嫌がった」と記している。

ただし客として面会した人間を魅了することはよく知られており、多くのドイツ人や、デビッド・ロイド・ジョージといった外国人もヒトラーと面会した際には好印象を持ったと語っている。しかしいったん敵となった人物に対しては口をきわめて罵った。たとえば1933年のニューヨーク・タイムズのインタビューでは、フランクリン・ルーズベルト大統領に対して「共感を覚える」「ヨーロッパにおいて大統領の方法や動機に理解をしめした唯一の指導者」などと語っていたが[279]アメリカの参戦以降の評価はきわめて辛辣なものとなった。また枢軸国の首脳などには高額な贈り物を行い、ホルティ・ミクローシュは65万ライヒスマルクの機関付きヨットの贈与を受けている[280]

学者や官僚などの高等教育を受けた知的エリートを「知識はあるが感性のない連中」と嫌うなど、自らの教育水準(中等教育の途中放棄)にコンプレックスを抱いていたことが複数の人物から証言されている。青年期に図書館で書物を読み漁って独学に励んだり、後年にも専門的な議論へ必要以上に口を挟みたがった。地政学を提唱した学者のカール・ハウスホーファーは自身の理論を積極的に引用していたヒトラーと面会したが、「正規の教育を受けた者に対して、半独学者特有の不信感を抱いている」とする感想を残している[281][注 22]。独学で学んだ知識については確かにある程度は博識なものの、独学者にありがちな偏った知識や表面的な理解のみという部分があり、先のハウスホーファーも「地政学を全く理解できていなかった」と指摘している。

こうしたヒトラーを特徴付ける劣等感は学識だけではなく、軍歴においてもそうであった。軍隊生活の最終階級が低かったため、元帥であるヒンデンブルク大統領、現役軍人においてもゲルト・フォン・ルントシュテットエーリヒ・フォン・マンシュタイン国防軍将官からは「ボヘミアの伍長」としばしば蔑視されていた(実際には、下士官である伍長ですらなかった)。逆にヒトラーのお気に入りの軍人は、ドイツが攻勢であった大戦前半は、華々しい攻勢作戦を指揮したロンメルマンシュタインハインツ・グデーリアンらであったが、守勢に立たされて以降は、頑強な守備作戦の指揮に定評のあった、ヴァルター・モーデルフェルディナント・シェルナーらがこれに代わった。また、ゲルト・フォン・ルントシュテット元帥はその旧プロイセン軍人風の威厳が好まれて、何度も解任されてはまた重要なポストに再起用された。

社会階級的にもいわゆる貴族階級やユンカーなどの上流階級を憎み、自身が「プロレタリアート」であることを演説において強調した。このことは党内で家柄ではなく生物学的な条件で選抜した親衛隊を指導層に置いたり、帝政ドイツ時代の皇帝ヴィルヘルム2世の会見要請にも応じないなどの姿勢に現れている。プロイセン軍時代からの伝統を引き継ぐ国防軍において、ユンカーとの対立は上記の経緯と共に軍上層部との対立を生んだ。戦争中には参謀本部に対する不信をあらわにして何度も参謀総長を更迭した。さらに平民出身者が多数を占める親衛隊武装部門(武装親衛隊)を巨大化させ、国防軍上層部から党へと軍権力を分散させようとした。大戦末期にはヒトラー暗殺計画の関係者に多くのユンカーが加わり、ヒトラーの側も敗戦の責任をユンカーが多数を占める陸軍参謀本部が原因としている。ーアドルフ・ヒトラー#対人関係より

 

 

其のヒトラーこそがまさにアスペルガーなのです。

 

アスペルガーとは言っても信長やヒトラーは上級な方でのアスペルガーでもってタダの病的な劣等アスペルガー者なのでは無ひ。

ヒトラーによる情熱的で且つ確信に満ちた演説が当時の大衆の心を捉え彼はさうしてナチスは民主主義により選ばれやがて独裁政権を樹立する訳だ。

 

どうやらヒトラーには専門的な學識は無かった模様です。

と云ふか彼は元々絵描きにならうとして挫折して居た訳です。

要するに感性型の人間である訳だ。

 

 

ドイツ労働者党[編集]

1919年1月5日、ドレクスラーの同僚の鉄道員25人が集まったミュンヘンの酒場「フュルステンフェルダー・ホーフ(Fürstenfelder Hof)」での集会においてドイツ労働者党(Deutsche Arbeiterpartei 略称DAP)の結党が行われた。党首にあたる第一議長にはハラーが就任した。結党時の党員は40人ほどであり、社会主義反ユダヤ主義の色彩を帯びたナショナリズムを標榜した[39]

この際にドレクスラーもトゥーレ協会へ加入し、ディートリヒ・エッカートゴットフリート・フェーダーといったトゥーレ協会員たちがドイツ労働者党に協力し、ドレクスラーの活動にも影響を与えるようになった[42]。「政治的労働者サークル」はもっぱらトゥーレ協会の指揮下にあったが、ドイツ労働者党は本質的にドレクスラーが作った党であり、彼の起草による方針を定めた。その方針には次のようなものがあった。「党は精神的および肉体的な意味での創造的な民族同胞をすべて糾合した社会主義的組織であって、ただドイツ人指導者によってのみ指導される。」「党はドイツ労働者の高尚化を欲する。熟練の定住労働者は中産階級としての評価を受ける権利を持つ。労働者とプロレタリアとの間には厳重な区別が設けられなければならない」「大資本はパン及び労働者の供給者であるから保護しなければならない。彼らが労働者を無遠慮に搾取して、労働者の人間らしい存在を不可能にしない限りは」「党はドイツ経済生活の社会化はドイツ国民経済を破滅させると考える。ゆえに社会化なしで労働者に対する利益の分配が必要である」「党は全力を挙げて不当利得者、物価つり上げに反対する。何らの価値も創造しない者、いかなる精神的・肉体的労働も行わない者が高い利得を得ることには反対する」「党の主要目標の一つは手工業の奨励である。最も有能な手工業者はもっと多くの利得を得るべきであり、熟練労働者中産階級と同等の国家公民であるべきである。大資本主義者の犠牲となっている中産階級の増大と安定が必要である」[43]

バイエルン社会主義政権が君臨している間は反ユダヤ主義に反対する空気がこの地方に強かったので、ドイツ労働党も公然たるユダヤ人攻撃は控えていたが、政府軍のミュンヘン進攻を受けてレーテ共和国が崩壊した後には反ユダヤ主義言論を強めるようになった[43]。ー国家社会主義ドイツ労働者党 #ドイツ労働者党より

 

 

其のー社会主義ナショナリズムーと云ふのが良く分らぬ訳ですがヒトラーなども元々は革命主義者だったのださうな。

 

第一次大戦で敗戦國となった独逸のヴァイマル共和政は不安定で其の後左右両翼の勃興を許したとされて居る。

共産主義にせよファシズムにせよ社会が不安定でもってどうしやうもなひことから導き出された新しひ社会体制な訳で、其処でつまりは何が悪ひのかと問へばいつまで経っても社会が良くはならぬこと、さうして世界大戦だなどとむしろどうしやうも無ひ愚を社会が仕出かして仕舞ふことである。

進歩し個をあらゆる抑圧や貧困から解放する筈の國家こそがむしろそんなところへと人間を追ひ込んで行くのだ。

 

まさに其の社会への不満、不安こそがナチスを躍進させたこと、其の独裁政治を許したことの根底にあったものだ。

 

だから何が悪ひかと言へば其れは社会が悪ひのだ。

ナチスヒトラーが悪ひ其れ以前に社会が悪ひのである。

 

だからわたくしのやうな國家否定者又は共同体主義者の意図するところも理性的には了解されることだらう。

其の社会の根本の悪さを根絶する為にはそんな理想論を掲げる他無ひのである。

 

ヒトラーアスペルガーだったこともまた信長がアスペルガーだったことも困ったことではあったが其れはヒトラーや信長が悪ひと云ふ話では無く根本のところでは社会其れ自体或は國其れ自体に問題があったのだ。

 

此の社会と云ふものはもうほんたうにどうにもならぬやうなデカひ矛盾を常に突き付けられしものなのだ。

 

だからそんなものに従ひ笑ひながら尻尾を振って居るんじゃなひ。

あれおまへ等は🐶か?

 

ああー、もう、あらゆる動物がいつの間にか出て来るな。

 

おまへ等は🐒か🐜か其れとも🐕か?

 

 

何?

一番利口そうだからあへて🐵を選びました?

 

 

馬鹿者!

 

所詮🐵の知能は人間以下なのだぞ。

 

君は🐒並に馬鹿だ。

とさう言はれて居るのだぞ。

 

しかも🐵は狡賢ひ。

 

何でも良く食ふは、好色だは、風呂が好きだはでしかもウンコたれでもってまことに尻の始末が悪ひ。

 

そんな訳で🐵としてまた🐶として軍国主義に従ひし独逸人や日本人はほんたうに西洋と東洋の優等人種だったのか?

 

確かに彼等は頭が良ひ。

 

其れは誰も否定することなど出来ぬ。

勿論今でも世界一平均的に利口なのが独逸人と日本人だらう。

 

特に双方共に技術開発力が凄ひ。

 

だが社会は常に悪ひぞ、悪ひのだ。

 

第一今社会は最悪だ。

 

社会が半分はブチ壊れてる。

 

 

だからこそわたくしは今あへて左翼平等思想を考へ直すこととしてみた。

 

また社会は何故常に良くならぬのか、其れも何千年も前から良くならぬのか?

 

社会と云ふシステムでの大の方での合理化が可能かどうかをあへてこれから考へて行くこととしてみたひ。

 

 

要するに全ては社会が悪ひからかうなる。

信長もまたヒトラーも所詮は其の社会の犠牲者なのだ。

 

おそらくは其の社会を導かんとする思想の方が誤って居るのだらう。

根の部分とはどうもそんな社会の思想に於ける問題である、

 

帰ってきたヒトラー(吹替版)』ーコメディ的だが辛辣な社会批判ドラマー

大変面白ひ映画だった。帰ってきたヒトラー

ヒトラーを否定するどころか少々持ち上げても居る。映画『帰ってきたヒトラー』ネタバレ感想・解説・考察!転生した総統を描くコメディ・風刺映画

 

ヒトラー社会主義を否定したが現代の独逸流資本主義社会には大きく疑問を抱ひたやうだ。

 

全てが低級だとさう見做しもっと御国の為に尽くすべきだとさう仰る。

其の批判が實は当たって居る。

 

日本でもさうなのだが戦後の経済的繁栄はむしろ精神の鈍麻を齎したかのやうだ。

資本主義社会にドップリと浸かり儲け第一、会社第一で突き進むものだからある意味では精神が腐って行くのかもしれなひ。

 

 

シンドラーのリスト(字幕版)』ー實話を映画化したものー

当時行はれたナチスによる戦争犯罪がしかと記録された映画である。

 

これまでに何度も視て居るがまたあへて視てみた。

 

但しまだ視て居る途中故次回へと回し論じてみたひ。

 

 

戦場のピアニスト(字幕版)』ー同じく實話を映画化したものー

ーこちらのレヴュー欄も是非御覧頂きたひー

 

今回初めて視てまさに感動を覚へた作品だ。戦場のピアニスト

戦場のピアニスト(The Pianist)

 

独逸軍の将校にも人間らしひ人がかうして居た訳だ。

 

人間を信じ切れぬ人にはおそらく良ひ薬となる映画であることだらう。

 

わたくしの場合も人間を信じ切れずに居る訳だが實は其れ以上に社会を信じて居なひ。

 

要するに社会と闘ふことだけがわたくしにとっての課題であり其れは實は文學では無く常に社会科の上での問題なのだ。

 

人間には悪人が居るが同じ位善人も居ることかと思ふ。

 

大半はどちらにも動く奴等で要するに自分を持って居なひ奴等である。

 

 

ちなみにおそらくわたくしは善人である。

同時にまさに其の点がイヤである。

 

善人に限り悲惨な心理を歩まねばならぬ点が納得出来ぬ。

但しわたくしは人にはまたは社会にはホヒホヒと従はぬ。

 

 

ショパンピアノソナタを奏でるピアニストがいつも何か食ひ物を探して居ることが特に印象深かった。

戦争とはつまりはさうしたことなのだらう。戦場のピアニストは実話を元にした映画?ネタバレあらすじやキャストも紹介

 

生きることとは藝術では無くまず食ふことなのだ。

藝術とは其処に生きてあり初めて成就することなのだ。

 

だが藝術は何より精神の作用を象る。

 

何より藝術は美を語り其処で悲しみと喜びを同時に謳ふ。

 

我我の肉体はパンのみを欲するが心は常に美に飢へ且つ愛に焦がれて居る。

 

人間は其の共通の素地の上に、言葉以前での感性の素地の上に理解することが可能だ。

 

まさしく其れが音楽のさうして絵画の持つ力なのだ。

 

まさに地獄のやうな戦場で其の旋律は奏でられた。

 

ピアニストを救った独逸の将校はまさに立派な人間だった。

人間とは本能に従ひ生きるばかりでは無くたましひを持った人のことをさう呼ぶのである。

 

ホロコーストから生き延びたユダヤ人・・「戦場のピアニスト」(2003)

 

ー本書はこのヴィルム・ホーゼンフェルト大尉に焦点を合わせた作品だ。ホーゼンフェルトは教師だった父の影響を受け、自身も教師となる。敬虔なカトリック教徒で愛国心が強く、第1次世界大戦で自ら志願して戦場に赴いている。

ナチスが台頭すると素朴な愛国心からナチ党員となり突撃隊に入隊。一方で教育に介入しようとするナチスの政策やユダヤ人迫害については公に批判し、党の上役と衝突することもしばしばであった。

戦争が始まると国防軍に召集されドイツ占領下のポーランドへ派遣される。社交好き、かつ快活で優秀なホーゼンフェルトは頭角を現し、下士官から将校に出世する。しかし、ポーランドでのドイツ軍の行いに憤りを抱くようになる。

一方で軍人としての彼は出世を続け、スポーツ学校の責任者となる。併設した職業訓練校などいくつかの学校の責任者にも抜擢され、教育者として若い兵士たちに人間らしく生きるよう語りかけるのだ。

ユダヤ人の虐殺が本格的に始まると、共犯的罪悪感にさいなまれてしまう。妻にはドイツ軍将校でいることについて「限界だ」と訴えている。この思いが「救済による抵抗運動」へとつながっていく。ゲシュタポに追われているポーランド人やユダヤ人の身分を偽装して、自身の運営する学校の職員として採用し、安全な隠れ家を提供している。「救える人はみんな救いたい」という思いから多くの人々を救済し続ける。彼がシュピルマンを助けたのは偶然や気まぐれではなかったのだ。

迫害、虐殺が渦巻くポーランドで、勇気を持って人々を救済したホーゼンフェルトの存在は、人間という存在がいかに誇り高くいられるかを示してくれる。

一方で本書は、狂気に満ちた人物がいったん権力を握り、官僚機構の組織力と扇動された大衆の熱狂とを強大な原動力にして、虐殺のシステムを運用するとき、個人の善意と抵抗がいかに無力であるかも教えてくれる。

イデオロギーのいかんにかかわらず、このような人物たちが権力を手に入れないように、市民はよく考え行動しなければならない。ホーゼンフェルトも初期にはナチスの支持者だったという事実がそのことを如実に物語っている。ー

『「戦場のピアニスト」を救ったドイツ国防軍将校 ヴィルム・ホーゼンフェルトの生涯』憎悪と暴力の渦の中で人間愛を失わなかった男 より

 

いずれにせよ教師は矢張りと云ふべきか何処の國でも眞面目だな。

ユダヤ人の虐殺が本格的に始まると、共犯的罪悪感にさいなまれてしまう。妻にはドイツ軍将校でいることについて「限界だ」と訴えている。この思いが「救済による抵抗運動」へとつながっていく。ゲシュタポに追われているポーランド人やユダヤ人の身分を偽装して、自身の運営する学校の職員として採用し、安全な隠れ家を提供している。ー

教師だから、即ち理性があるから戦争の引き起こす矛盾に悩んで仕舞ふ訳だ。

かうして善人は悩みつつも「救済による抵抗運動」を続け多くの人々を救ったとされて居る。

 

おおまさに教師の鑑のやうなお人ではなかったか。

さうして何より彼は善人である。

 

だから国籍などはむしろ関係無ひのだ。

かうして人間はタマシヒが綺麗かどうか、其の心のありようが愛や慈悲の導きによって居るのかと云うことこそがむしろ大事なのだ。