目覚めよ!

文明批判と心の探求と

「インターステラー」は長い映画ながら良く出来た映画だった


久し振りに良いSF映画を視ることが出来嬉しかった。


アマゾン会員ならば字幕版と吹き替え版の二本立ててで視聴出来ます。


インターステラーー内容はこちらで


次回にまた詳しく論じますが単なるHIRO物SFではなく最終的には愛の力で地球を救うと云う結構わたくしが涙ぐむパターンでの結末となっておる。


さらに家族愛の部分もふんだんに盛られて居て情感の部分を揺さぶられたりするのでまさにそんなところが良いのだ。


愛だの恋だのがあった方がたとへ宇宙の中の話でも潤いと言うか感情移入して思いが動かされたりもする。


メカ映画ではなくまさに人類の危機を救う為の宇宙探査なのだがそんなミッションとしての過酷さの中にもさうした愛が散りばめられて居るところがわたくしは好きだ。


愛は人間が生きる上での土台であり基盤であるものだ。


愛でもってまとめられて居る映画は退屈などせず視ることが出来おまけに大泣きすることさへもが可能だ。



いや、わたくしは普段から菩薩の心でもってして優しい人だから兎に角大泣きすることがむしろ趣味なんだ。


まあ常に論理的で冷たくも見えませうがほんたうは大泣きすることの方がむしろ趣味なんだ

2014年と比較的新しい映画で科学的な考証も確りとして居りおそらくは真面目なSF映画の部類だらう。