目覚めよ!

文明批判と心の探求と

コアなファンは願って居る、仏教の復権を



どうのこうのと云うことではなく、今や合理的に構築された日本の社会に於いて他国に比しべらぼうに葬儀費用が高いと云うことが問題なのである。
葬儀費用が高くとも社会がまともに賃金を出して居ると云うならまだしもバランスは取れていやうが派遣社員ばかりの合理化をしておいて一方では高額な冠婚葬祭費を出せと云うのであればまさしく其れが矛盾社会、非合理的前近代的社会の典型的な資質だ。
阿部政権を始めとする統治組織の上でのアホが国民をいたぶり首を括らせる方向性を生み出しておりコレぞまさしくゆゆしき問題であり逆に首を括って頂きたひのは安倍政権であり日本共産党でありあらゆる組織、あらゆる国家の管理職であり即ち其処でのうのうと甘い汁を吸ひ酒池肉林の暮らしを満喫する悪党共だ。



  
しかしながら寺は寺で葬儀を合理化されてはたまらん訳だ。
寺は寺で飯を食わねばならず世襲はしたいわ寺の修繕費は数千万もかかるわでまさにたまったもんじゃない。

即ち御坊様の全てが不倫やら高級クラブのホステスにいれあげて居る訳ではなくむしろ多くの御坊様方は真面目に大乗仏教をやり仏法を護持していかうと思って御座る。

問題点は日本の社会の特殊性にあらう。

たとえば欧米の社会ではキリスト教にせよ中東やアジアの地域でのイスラム教にせよ宗教と社会のバランスが此処日本国ほどおかしなものにはなって居ない。
が日本国では其のバランスがグズグズだ。

何故さうなるかと言へば日本の社会ではいまだに慣習が社会的常識化されて居るにも関わらず生活の方は思ひ切り合理主義化=新自由主義化されて居るからだ。
世界一合理化されたので今や派遣社員ばかりだわ性を恥ずかしがらぬとんでもない小娘ばかりでウワー何だこんなものまさに宇宙一マズい状況=亡国の一歩手前での状況ではないか。

そんな腐れ社会を生み出したのが誰あらう小泉政権から阿部政権へと連なる流れでのことだ。


だから元より寺は大事だよ。
寺を存続させて来し社会的伝統も勿論大事だよ。

なのでそんなのは合理化出来なひよ。
出来なひのに何故か仕事やら給料、また年功序列そのものを合理化して仕舞った。

だから其れは社会の問題だよ。
より正確には小泉政権及び阿部政権と日本共産党のキチ外振りがこんなもはやどうにもならぬ矛盾の様を生んで仕舞って居る。


だから今日本の精神界は大変だよ。
それに元々日本の大乗各派は甘え過ぎて来ても居たのだ。

其の堅固な慣習としての宗教、慣習と融合した宗教としての地位に甘え過ぎて居たんだ。
なので正直申しますと「滅亡」の危機を迎へて居りませう。

何がって国家ではなく寺がです。
でも仏法其れ自体は滅びませぬ。


ちなみにわたくしの場合ですが無論のこと葬儀などは望んで居りません。
音楽葬も樹木葬も散骨も全部お断りして行方知れずにならうかとさう思って居ります。

つまり消えて仕舞ふ。
あれいつの間ににやら宇宙から忽然と消えた!

もしやデカい熊に食われたのか、はたまたデカい鮫にでも呑み込まれたのか?
其れすらも分からぬままに多分其の辺の山の中の洞窟の中の深い穴にでも落ちて永遠に発見されることなく白骨化していくことでありませう。

だからわたくしー我が家ーから「離檀料」など毟り取ることは出来ません。

其の葬式仏教としての仏教の抱える問題点は今後次々と現実化し尚かつ矛盾化して来ることでせう。
まさしく其れは合理化との闘ひが始まって居る、いや、合理化との最後の死闘が繰り広げられていく、と云うところでせうか。

ただしキリスト教にせよイスラム教にせよ其の合理化との闘ひから免れては居ない。
其のやうに宗教の領域は近い将来合理主義との全面戦争を迎へ即ち其れこそがかのハルマゲドンと云うこととなりませう。

尤も其の前に日本の寺は総じて貧乏化致します。

だからわたくしはむしろ其れが良いことである、貧乏をして初めて分かることがありまさに其れこそがあったかい御飯の有難さであり人さまからの声援や現ナマで頂くお布施の有難さであらう。


左様三十年後に寺に十万を出す奴はもはや日本国には居りません。

なのでまさに乞食の如くに僧侶は生き抜いていかねばならぬ。

嗚呼まさに素晴らしひことではないか。

まるで釈迦の苦行の如くだ。

おお、あんなところに若くて美しひ御坊様が行き倒れになって居るではないか!

其れもコレも社会が悪ひからさうなったのだった。