目覚めよ!

文明批判と心の探求と

人類は其の衆愚性により滅びる


衆愚性とは集団による自己陶酔的、自己催眠的に展開される無分別な事象であると定義すればもう其れ以上に恐いこともない。

どだい自然が怖いとは申しますが、自然の恐さはあくまで自然としての理性の暴走であるだけなので其れはまだしも理に適って居よう筈。



たとへば自然の暴虐で五十年後に文明が破壊されるのだとしても其れは理の範囲内である。



然し衆愚といふ愚かさ、此の人間存在が愚かなことによる破壊の度は謂わば壊滅的である。

わたくしには此の人間の馬鹿により世界は滅ぶのだとそう思われてならない。



第一鬼畜米英をやっつける為に原爆まで落とされたかっての日本の国の莫迦は一体誰が拵えて居たのだろうか。

無論のこと其れは其の衆愚性が創って居たのである。

軍部であるとか、天皇であるとか、そんなものでは勿論ない。


そうではなく大多数の、即ち最大多数の国民のバカがそうした悲劇を創っていったのだ。
つまり原爆は其のバカ即ち愚かさに対して落とされたものだった。



ピカッ、そしてドーンとな。



しかも戦後は経済成長といふものを成し遂げた。

其の経済成長のお蔭で我我は今うな丼が食えしかも菓子も食える。

のみならず何でも好きなことが出来るやうになった。



もうまるで自由で、実に実に何でもありでふしだらだ。

されど其処へ安住して居れば愚かさが増すばかりである。



だからかの三島先生のやうな精神を學ぶことも大事だ。

また左翼思想の潔癖さを學ぶことも大事だ。


反対のものを両方やってみることが何より大事なのだ。

ところが此のバカだけは治らない。


馬鹿だけは何をやっても治らない。


昔塾の先生をして居た頃に、利口な子は元々利口でバカな子は元々バカだといふことを知ったがまさにさうしたことだ。



其れが人類レヴェルに拡張しても矢張り馬鹿な人類は元々馬鹿であり利口な人類は元々利口なのである。




其の莫迦からは衆愚性が否応なく生じて仕舞う。

衆愚による無分別な動き、即ち理性による統御が為されて居ないことだろうバカに流されて小泉、安倍改革もフリーセックスもまた文明の営為も進んで行くのである。



といふことはとどのつまりはズバリ、文明を自己矛盾領域に閉じ込めて居るものの正体とは此の集団としての人類のバカさ加減のことなのだ。



此のバカさ加減が文明をつくり近代を生みよりバカな世界へ導こうとして来た。

そして訳の分からぬ巨大な虚のネットワークをつくり上げ馬鹿どもが即反応出来るやうな檻の世界を築きあげた。

無論のこと其れが其れこそが此のネット世界である。



此の便利な世界は然し人間から考える力を奪う。

何故なら思考とは孤独なものである。

本質的に孤独なものこそが思考をなさしめて居る。


然し此の馬鹿の連なる虚のトモダチ世界で、一体何が形作られどう人間を変えて行くというのだろうか。


それはもう人間をよりバカにしていくだけのことだ。

理性による統御が崩壊する方向にしか其れは進まないことだろう。



そしてやがては最大多数の人類のバカが集まり人間を衆愚のカタマリと化しバカの檻の中へと理性を永遠に閉じ込めて仕舞う。



だからナゼ気付かないのだ?

其のばかこそが罪でありふしだらであり無明の源泉なのである。


第一イエス様とお釈迦様は其のバカを赦したりはして居なかった。

むしろ其のバカを治す為におふたりは法を説かれたのである。



最大多数の馬鹿、コレがコレこそが人類にとっての最後のいや最初の、兎に角最終的な、最終的に突き付けられし難問である。



すると、如何に此の大衆性から脱け出すかといふことが課題となる。

ところが幸か不幸かわたくしは、生まれつき此の大衆性が欠けて居り其れで幼稚園児の頃からすでに詩人をやって来ざるを得なかった。



だからどう大衆性を殲滅するかといふお話をさせて頂こう。



まず、其処で、一人になる。

するとアナタは孤独で狂いそうになろう。

然し其処を踏ん張り、独りで考え独りで生き抜くのだ。


すると世間とは反対に繋がらない自分が出来るのでコレを核にし藝術乃至は宗教の方面のことが全て見通せるやうにもなろう。



なのでまずは孤独、其の孤独こそが大事だ。

衆愚を脱し理性つまり分別のある知を自らの心に灯す為には其のやうに孤独を友となしお勉強を重ねることこそが大事だ。

然し其の分別の知には限界がある。



往往にして其れは昂じると発狂、絶望、自殺などにも繋がりかねない。

然し其処を踏ん張り知を築くことには意味があろう筈だと最近のわたくしは考えて居るのである。


其の衆愚性と闘い真の知恵を築く為には是非其の位の腹を括った上での努力が必要である。



ただし、其の分別知は真の知恵では無い。

解脱する為のどんな智慧でもない。



解脱するには、むしろ其の分別智の放棄こそが求められて居て、たとへば禅家などはまずさうした努力を積み重ね無分別化した智により現在に生きることを諭すのである。


だが、わたくしはさうした大乗の智慧をとりあえずは否定しておきたい。



何故かと云うと、現代の精神の問題はそんな高級な問題なのではなく須らく低級な、謂わば条件反射的に涎がタラタラ流れ出て居るやうなそんなレヴェルでの本能問題であるに過ぎぬのだから。

要するに何かが在るとワーッとなだれ込んでいく感じ。



ビートルズとかAKBとかが居るとワーッとなだれ込んでいく感じ。

スターが居るとワーッとなだれ込み偉い人が来ると皆ワーッとなだれ込んでいく感じ。

さうした大衆性は昔からわたくしとは縁が薄い。



わたくしには逆に分からないのだ。


確かにわたくしにも好きな歌手とかは居るが、だからといってワーッとなだれ込むのは恥ずかしくてとてもやれない。

だから其処に理性があるゆえ。

兎に角ワーッとなだれ込む感じ、コレこそが世界を破滅させるバカの正体なのではなかろうか。



現代はむしろ此の衆愚性の楽園なのではなかろうか。

民主主義、ネット、近代といふ全体主義、などにより大衆のバカは極限にまで研ぎ澄まされつつありもはや何が起きてもおかしくない状況にある。



まあ、そうしてワーッとなだれ込むところが地獄の底にならないことだけを一応は心より祈っておこう。



其の衆愚的な全体主義は最終的には遺伝子工学による生命の改変や人間のロボット化などを推進していくことだろう。

そして其れにより人間は何か違うものにされていって仕舞うことだろう。



尤も其の前に人間の精神が壊れる。

人類の精神のふしだらさは今後加速しついには合理性といふ檻の中に閉じ込められて仕舞うことだろう。

即ち見せかけの理性のみが支配する究極的な合理主義社会の到来がもう其処まで来て居る。



尤も其の前に自然が壊れる。

第一突然とんでもない風が吹いて大量の雹が降って来たりもする。



どう見てもこりゃもう自然が怒って居りますわな。

第一我我が子供の頃は自然はもっと安定して居て、丁度わたくしの誕生日の頃には決まって雷雨があり梅雨が明けたものだ。

そしてそのまま夏休みへ入るのである。



最近は其れが何だかケジメが無いと云うか其れともふしだらとでも云うべきなのか兎に角節操が無く気候からは夏休みなのかどうかさえ分からない。

其れはわたくしにはもはや夏休みが無いとふことが一番の問題なのだが矢張り其れ以上にかうした異常な地球、異常になりつつあるある地球の気候といふことが勿論最大の問題だ。



第一グローバル化して何ぞ良いことなどあったと云うのか?

グローバル化なんぞして、そんな毒々しい🐜とかを輸入して一体何をやって居るのだ、何を。

そんなものは保護主義にしてしかも徳川幕府のやうに鎖国政策を布いて居ればまるで入って来たりはしない。



グローバル化自由主義かぶれの一部のキチ○イ学者と金儲けを是とすることだろう政治家どもが行いし愚挙で、其れにかの衆愚性つまりは大衆のバカが組み合わさりこのやうな惨状を呈するに至って居る。



どだい、自由、自由っていったい何が自由なんだ此の大馬鹿共等めが!

釈迦とキリストが否定してかかって居た其の本質的自由を、一体何を根拠に自由だと抜かすのであるか此のバカ近代主義者等めが。



まさにまさに自由だシンポだ、シンポだ自由だ、で此の限りない悪の巣窟である近代は進んでいくがひょっとすると其のシンポと自由は滅びの為のシンポと自由なのかもしれないよ。



で、此の自由とシンポを喜んで居るのは今まさに大衆化された社会である。

其れもキャーキャー言いつつ、其の自由だシンポだ、シンポだ自由だ、を喜びまるでアイドル並に其れ等を信奉し日々を希望に夢を膨らませ歩んでいくのである。



おお、何と愚かなことよ。


自らの仕出かすことが、自らの愚かさが、まるで分からぬ侭に、衆愚は一丸となり駆け出し、其れも何処を走って居るのやらまるで分からぬままに走り出し、しかも自らは頭が良いとそう信じ込まされて居る始末だ。


だからそれこそ始末が悪い。

馬鹿の癖に利口だと云う其の倒錯の認識が逆に大衆化されて仕舞ったのだ。



キャーキャー、そしてケロケロ、其のケロケロとは衆愚化された大衆の一つの典型的な特徴であり、即ち彼等は頭が悪いので打たれ強く何があってもケロッとして立ち直りが早い。

然し其のやうにケロッとして自然の恐ろしさを忘れふしだらな文明を喜んで居るともうすぐにヒ🐜の地獄に堕ちるのである。



そして蟻地獄は何処までも何処までも続く。

自由が欲しい、シンポが欲しい、Hが好きだとそのやうにまさにそのやうに欲しいものばかりを並べ立て大切な筈の古典のお勉強を忘れネットにばかり浸って居るともうロクな人間にはなれない。



いや、君の其の愚かさ、衆愚性への親和性こそが戦争でのかっての大量虐殺を生み深刻な破壊の未来を生み世界の全てを否定するに至るのだ。

ゆえにAKBに対してキャーキャー言いおまけにケロケロして居る奴は皆無間地獄に堕ちるぞよ。



繰り返し言うが、軍国主義も、かのヒットラーも、また原爆も、科学による過去と未来の破壊も、全て衆愚が拵えしことでつまりは大衆としての思考の過ちの直接責任だったのだ。

近代以降の全ての悲劇は大衆社会即ち多数派の意見が社会の構造を規定すると云う其の衆愚性により齎されしものだったのである。