目覚めよ!

文明批判と心の探求と

#その他人文科学

映画「空海」よりーⅠ ー密教に救われたひのはむしろじぶんだー

アマゾンプライムヴィデオで今「空海」を視聴することが可能だ。空海 空海 (映画) 此の映画は35年も前の映画で当時は結構話題となって居た映画であった。 が、わたくしに限り初めて視た。 「弘法大師空海入定1150年を記念して全真言宗青年連盟映画(以下、…

プライムヴィデオ鑑賞の日々ー最近のSF映画にも嵌るー

思ふにSF映画と云ふものはひとつの現実としての可能性の開示である。 実現可能な世界の開示そのものが其のSF映画なのだ。 SF映画からインスパイアされることが実は意外と多ひ。 むしろSF以外の映画から影響を受けることよりも其れが屡なのだ。 SF…

ルソーの考へが好きなのでこの際近代も認めますールソーの悲観論より學びし楽観的な近代主義解釈ー

其の保守としての守り、其の護りこそが結果的に何かを破壊に至らしめると云ふことがあらう。 また其の何かとは何かと云ふ問題も同時に其処に生じやう。 即ち人間とは何か? さらに其の人間が何を護り生きていくのか? 其処でまずは個と社会に於ける守りの対…

資本主義の矛盾としての今

其の大問題と云ふものは、普通庶民には論じ切れぬものだ。 さて大問題の中でも大問題なのが此の人間の生存のあり方=自己認識である。 さうして人は普通じぶんに都合の良ひ価値ヒエラルキーに基づき世界の価値観を決めて居やう。 其処には社会的自我なるもの…

日本国が常に抱える大問題

ノーベル賞・野依博士「本気で怒っている」日本の教育に危機感 かように怒る良識ある大人の方が是非居て下さらねば困る。 然し問題は教育のみにあるのでは無ひ。 おそらくは大問題のせめぎ合ひとなって居るのであらう。 日本国の現状とは其の大問題だらけな…

シンポしてさへ居れば人間は幸せなんですか?

元より此の世の諸事象の成り立ちとは相克的ー相剋・相克ーであり同時に相即不離ー相即不離ーなものなのである。 さういふのを直観者は常に眺めて居るが感度の鈍ひ方々には其れは決して見えては来なひ。 わたくしは其の感度の悪さをも批判して居るのであり同…

安倍先生は不倫のせいで早く亡くなったのではないか

安倍 公房氏は惜しひかな早くに亡くなられたのだったが、其の著作や対談などを今読んだり視たりする限り高度な理性的能力をお持ちの方だったやうで、わたくしの場合遅ればせながらも其の的確な社会時評に感服して居る次第である。 実際此の方が今生きて居た…

相対化としての脱思想的な絶対化

其の価値ヒエラルキーに於ける破壊と創造の意味の捉へ方こそが重要なのだ。 所詮価値ヒエラルキーも二元分裂しやうから破壊と創造の意味が其処で固定化され得る訳ではなく其処でもって相対的にしか規定し得ぬこととならう。 するとたとへば以下のやうな対立…

映画鑑賞の日々Ⅱ

やんごとなきダブル不倫 重要無形文化財“宮内庁楽部ナンバー2”が教え子と…… 特に此のやうなことは絶対にしないやうに。 不倫をすれば即地獄へ堕ちます。 キリスト教でも仏教でも或はイスラム教でも不倫は認められて居りません、其れは大罪だ。 アマゾンプラ…

映画鑑賞の日々Ⅰ

アマゾンプライムヴィデオで視たSF超人ヘラクレスがとても面白く其ればかりかとても懐かしかった。 中学生か高校生の頃に深夜放送か何かで視た覚えがあり其れが兎に角懐かしく思える。 期待して見る程の映画ではないのに神々とヘーラクレースと、ヘーラクレ…

大掃除よりーアノ岡林 信康の歌にしてやられるⅢ

左翼=インテリ層?の考へて居ることにも勿論一理ある。 どだい社会=人間は腐り易く其れも長く続く制度または組織程さうなり易い。 などと人間じゃねえ個は批判するがイザ組織の中に属すともはや其れには逆らえなくなる。 其処をあへて逆らうのが真の意味で…

大掃除よりーアノ岡林 信康の歌にしてやられるⅡ

岡林信康ファーストコンサート 兎に角面白いコンサートの模様だ。 友よ 社会と闘ふことが難しいのは、其れが人間そのものであるからなのだ。 さう社会とは人間そのものなのだ。 つまり個とは人間ではない。 だからこそ個は自然の延長線上にある。 だが社会と…

大掃除よりーアノ岡林 信康の歌にしてやられるⅠ

人間にはかって社会と闘わねばならぬ時代があり其れは六十年代後半から七十年代前半にかけてのことであった。 ヴェトナム戦争に於ける反戦運動やヒッピームーヴメント、またインテリ学生達による全共闘運動はまさにさうした歴史の必然によって社会に齎されし…

大掃除よりー近代こそが矛盾を増幅している

今回掃除をして居て気付いたのは自らの潔癖さに就ひてである。 昔新聞の記事などを切り抜き所謂スクラップ帖にして居たのである。 其れが余りにも几帳面にしてあるので流石は彼だなとさう感じたのだった。 中でもとりわけ多かったのが梅原 猛先生の「思うま…

大掃除よりー常に癒される音楽、でも批判もまたあり

大掃除するのは大体十年振りだ。 掃除中は、決まって音楽をかける。 音楽は何でもかける。 お気に入りと云うか定番なのはベートーヴェンと久保田 早紀である。 ベートーヴェンはピアノ・ソナタのみなのでさうウルサクは無い。 CD盤を整理して居たら、忘れ…

大掃除よりー「死に急ぐ鯨たち」より

掃除中に色んなことをしながら其れを行ふのは、そも掃除することが嫌ひで何だか其の時間が至極勿体ないからだ。 だがこれまでに掃除中に本を読む、などと云ふ余裕と云ふか不真面目さと云ふかさうしたほかごとをする気持ちにはとてもなれなかったの筈なのに何…

ゴルフこそが国際平和に一役買って居る

トランプ米大統領と安倍首相、仲良く自撮り 首相官邸が写真公開 いやー、お二方ともまるで少年のやうに晴れやかな良ひ表情です。 かようにゴルフは男性を真に解放して呉れるのだ。 たとへどんな立場にあろうと、さうして其の重責に押し潰されさうな時であれ…

暑ひ

人類滅亡。 其れにしても暑ひ。 我が家では二階のわたくしの部屋ー八畳+六畳の二部屋ーが最も暑く夕方で32度もあり先ほどから炭酸水を飲み氷菓を食って居たのだが其れでも尚暑ひ。 でも風は気持ちが良ひ、あいにく今日は余り風が無ひのだが。 昨今の異常な…

社会は何故シンポしなければならぬのか

所詮生きることとは其の価値ヒエラルキーの構築其のものでありコレは観念的に追求すればする程抽象化していくことなのだ。 其の逆に肉体的にも其の価値ヒエラルキーを追求することは出来やう。 スポーツの世界が其の肉体的な価値ヒエラルキーの追求なのだと…

食い過ぎりゃ死ぬだけー激辛に嵌るー

昨日はまた特訓にて練習場での540球の打ち込みでもって約五時間もの肉体的格闘を行ふ。 本日はお買い物にて複数の店へ。 何故複数の店へ行く必要があるのかと云へば無論のこと店舗により商品構成が異なって居るからだ。 ところがわたくしの場合食品をも含め…

かくして絶滅は必至だ、だがもう全てを赦さう

「100万種が絶滅危機」IPBESが生物多様性の報告書 IPBES総会第7回会合の結果について 生物多様性と生態系サービスに関する地球規模アセスメント 地球規模の生物多様性及び生態系サービスを評価した報告書が受理され、政策決定者向け要約(SPM)が承認・公表…

たとへ近く滅ぼうとも我はゴルフと心中したい

ゴルフ界に激震「テーラーメイドはどこへ」 ナイキがついに決断した「ゴルフ撤退」の衝撃 日本ゴルフに「全米ゴルフ協会」が熱視線の事情 ゴルフ人口の減少、「今後も下がっていく」ミズノ社長 左様に「ゴルフ離れ」が止まらぬさうである。 其れも世界的にさうで…

薔薇荊ーⅠ

ノムさん、サッチー亡くし外食の日々「男の弱さを痛感」 では何で男性は弱ひのか? 何で男性はマイナス思考に陥り易く対して女性はプラス思考なんでせう。 だから其れは男性が観念的生物であり女性が非観念的生物であると云う部分に尽きておる。 つまり男性…

有性生殖が死を齎すにせよ我我は永久に死ねぬ

有性生殖が死を齎すにせよ我我は永久に死ねぬ Newton別冊『死とは何か』 (ニュートン別冊) ムック、と云う本を本屋さんで立ち読みして来ましたが其処には主に科学の目で見たところでの死の定義が示されて居るやうに思へた。 皮肉なことに有性生殖其れ自体が…

マイナス思考の怪物である川岸が何故か好きだ

中嶋 常幸 1992年練習場で居合わせた堀田大介に「毎日どのくらい打ち込むの?」と質問し、「だいたい3000球くらいでしょうか」との回答を得たが、その時の中嶋の判断は「数えられるうちは練習とは言わない」というものであった。当時、練習量の多さは数いる…

絶対にやるんだと云う尾崎家の其の闘志より學ぶこと

男子プロゴルフトーナメント中日クラウンズでの宮本プロの優勝どうもお目出たう御座ひます。 其れも46歳の高齢優勝まことにお目出たう御座ひます。 勿論46歳ともなればプロスポーツの世界ではもう爺さんだ。 其の爺さんが優勝出来たのは若手男子プロが不甲斐…

美は世間の価値観に背を向けた自らの心の中にこそあり

我我の社会は今合理化の極を迎へて居ると言っても過言ではない。 事実自然科学の方では遺伝子のスイッチが云々などと言い始めた。 いざ其の新たな遺伝子のスイッチが入れば宇宙での生活に適応していけるなどとも言い始めた。 つまりは人間の可能性は∞だと云…

何処かに落ちて居ることだらう宝石のやうな人の心

世界の軍事費「最高水準」=米中が押し上げ-国際平和研 決まって日本の左翼インテリが軍事費など要らないといつも云ふ訳ですが、其れが皮肉にも軍事費をタンマリと使って居た方が世の中平和になるんです。 ですから、此の世の本質はさうした矛盾領域にこそ…

五木 寛之 「人間の覚悟」よりー弐ー

わたくしはこれまでに様々な本を読んで参りました。 本を読み人生のことにつき考へることである意味余計な時間、余計な思考を抱へ込んで来たのかもしれない。 けれども其処でもってまた同時に思ふのです。 其の余分な時間、其の余分な思考こそがわたくしが此…

五木 寛之 「人間の覚悟」より ー壱ー

わたくしは現代社会の抱える問題が須らく合理化の問題であるとさう捉へて来て居るのです。 まさに全部がさうです。 合理化それも数的還元による現実の構築が現代社会の基本的価値観です。 だから生活の全てがまさに数的還元ですね。 つまりは数学だ。 数学は…