目覚めよ!

文明批判と美と心の探求と

文明ー人類ーの滅亡に就いて1ー「ユヴァル・ノア・ハラリ」氏による歴史解釈及び「梅原 猛」先生による近代思想批判ー

文明ー人類ーの滅亡に就いて1ー「ユヴァル・ノア・ハラリ」氏による歴史解釈及び「梅原 猛」先生による近代思想批判ー

 

 

 

 

サイバートラックってどこまで防弾? 50口径弾を撃ってみた | ギズモード・ジャパン (gizmodo.jp)

 

 

【公式】アニメ『北斗の拳2』ED映像:TOM★CAT「LOVE SONG」/ Fist of the North Star (youtube.com)

Ken il guerriero 2 - Love Song (Sigla completa, 1988) (youtube.com)

【北斗の拳】オープニング & エンディング曲集(フルVer.) (youtube.com)

 

尚『北斗の拳2』でのエンディング曲が「LOVE SONG」となり其れが大層良い曲となる。

 

【北斗の拳2】 LOVE SONG/TOM★CAT(cover)Seina & Ikuya (youtube.com)

Love Song (Tom Cat) - Parimpampum cover (youtube.com)

 

こちらは其のカヴァーバージョンの歌。

 

 

天才ではない「ただのサラリーマン」が資産10兆円の富豪になれたワケ (msn.com)

 

逆に申せば天才や若しくは其れに準ずる知性は所謂「金儲け」のことになどほぼ関心が無いものだ。

特にEQが高い系での天才的知性はさう云うのをむしろ「嫌う」傾向がおそらくは高くあらう。

 

では何故さうなるのか?

「金儲け」とは所詮牌の奪い合いのことであり要するに「搾取」を前提となす思想のこととなるからなのです。

 

但し其れこそ「快適な隠遁生活」を営む為には其れこそ「壱億円」ばかりが有るとほぼ万全である。

故にわたくしの場合は「コノ腐った社會のあり方を無視し其れとはまるで別の人生を送らんが為に」其の「壱億円」をこそ欲する。

 

だから其れはTOYOTAかまたは愛知県人であるかのイチロー氏がアドヴァイス料として地元の詩人に是非払わねばならぬはした金のことぞ。

そんなもんくらいココの購読料としてはむしろ最低料金だらう。

 

また米國流の投機的蓄財の思想は此処🗾の経済感覚とは常に合って居ない。

どだいココ🗾では額に汗して働き其の賃金でもって古來より「暮らし」を成り立たせて來て居る。

 

だからむしろ其れで良い。

良いのですがわたくしに限りなにせ「螽斯詩人」ですので其の「壱億円」が要るのです。

 

尤も其れもまた半額程にまけても良い。

さういっそ御安くして置きますので皆様是非御寄付下され。

 

先にも述べたやうに金とはそも文明が自然を略取することで成り立たせる価値でありよって所謂大富豪などの大金持ちは「大犯罪者」とならざるを得ぬ。

故に奴等はまず「地獄」へ堕ちる。ーたとえ其れが正当に得る報酬であれあくまでさうなるー

 

また其のことは御釈迦様であれまたイエス様であれ同じことをおそらくは申される筈である。

 

 

さて文明をイビることをし忘れて居たので本日は眞面目にさう致します。

尚4~5月は我に取り地元の「自然」と戯れイノチの息吹を感ずるが為のなくてはならぬ「シーズン」となる。

 

よって此の時期はむしろ「休む」ことにして居る。

故に此処へも週壱位のペースでしか出て参りません。

 

それにしても奴はどうしたのだ?もしやビョーキなのか?

いいやさうでは無くむしろタップリ自然と遊んでおるのじゃ。

 

さうむしろ野山を駆け回り其処にて🌸の香りを嗅いだり石を拾ったりして御座る。

さうしてついでにお空でもって雲に乗りまた神秘の湖に潜水し怪物に遭遇したりもまたするのじゃよ。

 

 

人類に残された猶予はあと10年しかないってホント? →渡部雅浩 | 東京大学 (u-tokyo.ac.jp)

「今の世界は簡単に滅亡する」学者が明かす怖すぎる理由【書籍オンライン編集部セレクション】 | 上流思考 | ダイヤモンド・オンライン (diamond.jp)

 

さて人類の絶滅 - Wikipediaはそも何故起き得るのだらう?

でも其のことも所謂「頭の良い」人人にはほぼ自明のことです。

 

そんな「頭の良い」人人が人類の中には壱定数居られ其の方方は其其に「文明」に對し警鐘を鳴らし続けて來た。

またわたくしなどもまた其の種の人人のうちの壱人でせう。

 

ですが個人的にはあくまで其の「頭の良い」ことで得をしたことはほぼありませんでした。

むしろ其のことで所謂「悩み深き人生」を此れ迄歩んで來ざるを得なんだのだと言える。

 

またつまりは其れが「文明」や「ニンゲン」との格闘の様のことだ。

さう云う意味での「格闘」なんぞは普通誰もがやらねばならんことでは決して無いのです。

 

だからそんな余計な負担を精神的に背負わねばならんと云うことが兎に角理不尽なことに思えて仕方が無かった。

だけれども最近分かりましたのは其れがまさに「高知能者」としての宿命であるとのことなのです。

 

なのでヤッパリコソコソと何時迄も隠しては置けないな。

むしろ自分は「高知能者」でありみんなとは違いますとさう宣言して置くべきだ。

 

でもソレを言えばすぐに「村八分」となるからむしろ「バカ凡」=「アホ」の方も是非入れて置かう。

實際に我は案外「アホ」でして要するに「天才的な頭のキレ」と「アホ」とが同時に発現し得る稀有なタイプなんだから。

 

 

今後20~40年以内に人類文明社会は90%の確率で崩壊する。理論物理学者が予測(英・チリ共同研究) (2020年7月31日) - エキサイトニュース (excite.co.jp)

東大名誉教授が警告「人類に残された時間は20年」―地球温暖化の猛威が現実化、急がれる対策(志葉玲) - エキスパート - Yahoo!ニュース

「人類の文明はあと30年で滅亡する」衝撃的な結果が報告される | Buzzap!

やっぱり人類は滅亡することがNASA出資の調査で判明。資源浪費と貧富二極化で | ギズモード・ジャパン (gizmodo.jp)

「2050年までに人類は滅亡する」オーストラリアが発表した文明崩壊のシナリオは防げるか - ナゾロジー (nazology.net)

 

まあかうして常に此の種の御話がネット上には出て参ります。

ですが此れ等の記事は参考程度に視て置き是非以下の部分でもって論じてみたいと思う。

 

『サピエンス全史』の著者に聞く「人類滅亡」の現実的シナリオ(ユヴァル・ノア・ハラリ) | 現代ビジネス | 講談社(1/5) (gendai.media)

 

其のハラリ氏は高名な歴史学者でありまさに世界的に活躍される知性の御壱人です。

また此の方は宗教の分野などにも御詳しく其処は自分の立場などともまた近いかとさう思われますのでまずはこちらを「人類滅亡」に関するテキストとして選ぶこととする。

 

ーたとえば中国では、歴代のどの王朝も、既知の領域を支配することに力を注いでいました。モンゴルの元朝は例外かもしれませんが、どの王朝も、古くから中国だった領地さえ支配できていれば満足しており、地平線の向こう側の土地の支配など、企てようとはしませんでした。ー『サピエンス全史』の著者に聞く「人類滅亡」の現実的シナリオ(ユヴァル・ノア・ハラリ) | 現代ビジネス | 講談社(1/5) (gendai.media)より

 

さて梅原猛 - Wikipedia氏の哲學的態度に以前我は心酔して居りー主に40代の頃ー其の梅原先生が名誉村長を務められる碧南市哲学たいけん村無我苑 - Wikipediaへと當時屡

通って居たものでした。

其処にて先生の講演を聴きまた碧南市の他所で開かれた先生の講演の催しなどにも参加して居りさらに其の「無我苑」の會員ー有料會員ーともなって居た。ー其れも當時はー

 

また當時地元の中日新聞に先生は「思うままに」と云う哲学的エッセイを連載されて居られ其の記事を逐壱くりぬきスクラップして居りましたのです。ー其れも読めなんだ記事は瑞穂図書館へ行き記事をコピーして來たものだったー

其の梅原先生の哲学的な視座とハラリ氏の視座とがまずは似て居るやうに個人的には思う。

 

と云うのもハラリ氏は非クリスト教及びイスラーム教徒でありむしろ佛教などの東洋思想にこそ通じて居られる訳です。

また梅原先生の場合にも佛教にはひとかたならぬ理解を御示しになって居た筈である。

 

故にまずは其処に「西洋文明」自體に對する懐疑の眼差しが存するやうだ。

例えば中國が共産國化されたのはつい最近の御話であり其のずっと以前から黄河文明圏としての進歩の歴史が有った訳なのです。

 

即ち此処にてハラリ氏は其の壱党独裁國家の中國よりも其れ以前での東洋文明としての中華文明のことをより重視し見詰められて居るかに見える。

また其のことは梅原先生の場合にも同様であったことかと思われます。

 

梅原先生は何よりも近現代文明への辛辣な批判者であり且つ近代哲學其のものへの批判者でもあられた。

最終的には「西洋起源の思想」なんぞ全部がダメだ、位に思われて居たことだらうフシが強くある。

 

 

梅原猛 #人類哲学- Wikipedia

 

尤も個人的に影響を受けましたのは其の「人類哲学」の方であり所謂「梅原日本学」の方はスルーして來て居ります。

 

尚梅原先生の本もまた近頃読んでは居りますのですが以下の本を是非読みたいとさう思ううちにすでに五年程が過ぎ去って居ます。

 

『老耄と哲学 思うままに』梅原猛 | 単行本 - 文藝春秋BOOKS (bunshun.jp)

 

さうしてニンゲンも所詮は「限定物」ですのでなかなか思うやうには事が運ばぬものです。

尤も自分の場合は酒と👩とギャンブルにはまず飛び付かぬ分所謂身軽ですので其のうちに此の本なども手に入れることでせう。

 

 

ーその信念は、間違っていませんでした。結局、ヨーロッパ諸国は、アメリカ大陸を征服して、そこで得た力と富をバネに、世界を支配する勢力になっていったのです。

もっともいまでは、「探検と征服」というこの精神構造は、ヨーロッパ人の専有物ではなくなり、世界の人々が共有しています。自然科学の研究者であれば、日本人も、中国人も、インド人も、みなこの精神構造を持っています。ー『サピエンス全史』の著者に聞く「人類滅亡」の現実的シナリオ(ユヴァル・ノア・ハラリ) | 現代ビジネス | 講談社(1/5) (gendai.media)より

 

歴史的過程としての近世~近代以降はそんな所謂「フロンティア・スピリッツ」と「資本主義」がさうして世界を「支配」して行くに及ぶ。

 

しかしながら其の「探検と征服」と云う言わば「支配の論理」は確かに珍しいものです。

其の「支配の論理」は所謂「クリスト教」に於ける壱神教的な意味での「普遍的支配」と言い換えることなどもまた出來ませう。

 

ではそんな「普遍的支配」が人類に何を齎したのか?

 

1.物質的な意味での豊かさ

2.抽象的価値への信仰

3.科学的探究心

 

其の3.は2.にもまた含まれる。

要するに「科学は無条件にて偉く信ずべきもの」であると近現代人は皆さう「信仰」するに及んで居やう。

 

ですが🏥へ行かずに病気を治したりワクチンを打たずにコロナにもまたインフルエンザにも罹らぬとのまるで我のやうな例もまた他方にはあります。

また養老 孟司先生などは医者なのに物凄く其の医者が御嫌いなやうです。

 

でもってわたくしは「抽象的価値」なんぞは其れもハナから信じて居りません。

でも確かに🚙や🚲には乗ります。

 

でもアナログの🚙や🚲にだけ努めて乗る。

だから今のPC🚙なんぞは乗りたく無い。

 

そもアナタは科学を信じますか?

半分しか信じませんが「現代」と云う時代の枠の中では其れが無いと不便なのでイヤイヤ其の成果を使っては居る。

 

但し1.に就きギモンがまた生じる。

何故なら、

 

4.ブータンみたいな國の方がむしろずっと「豊か」かもしれないこと

5.そもトーキョーなんて物価が高くして逆にビンボーなのではないかいな

6.其れに似たり寄ったりでオーサカやナゴヤも結局はビンボーなんだらう

 

つまりは「資本の論理」によりさらに近代と云う「支配の論理」に常に晒され続ける大都市圏は所詮皆ビンボーなんだ。

なんでそんなにビンボーとなるかと言えば「搾取」が酷く有るからだな。

 

そんなビンボーでも石が買えるだらう、其の石が!

いや石は大都會からは出ず「糸魚川」や「富山」や「奥秩父」や「奥三河」から出るものとさう相場は決まっとる。

 

さうした石を略取するのが結果大都會の石コレクターなのだった。

 

おいどうでも良いが余り話を膨らませ過ぎるなよ。

いやだから話が面白くなるのさ、へへへへへへのヘ。

 

 

其の「近代マインド」への「洗脳」の御話はけだし「眞實」となる御話でせう。

「近代マインド」は「虚」としての「快い価値」をさうして我我人類に對し常に刷り込もうとする。

 

因みにハラリ氏の「思想」としての根幹部はさうして「虚構」としての価値に踊らされ続ける近現代人の根本的不幸であり精神的不毛の部分を突き其れをまさに批判的に解釈して居る部分なのだと思われる。

つまりは「虚構」としての「文明」であり何より持続不可能な其の文明のあり方の様を其の根本の部分より否定的に見詰められて居るのだらう。

 

 

ー世の中には、「昔の人は、自然や動物と調和して生きていた。人類が自然の生態系を破壊するようになったのは、社会の近代化と工業化が進んでからだ」と考える人がいます。しかし、これは事実誤認です。

人類は、いつから生態系を破壊してきたのか。ー『サピエンス全史』の著者に聞く「人類滅亡」の現実的シナリオ(ユヴァル・ノア・ハラリ) | 現代ビジネス | 講談社(1/5) (gendai.media)より

 

さう人類が自然の生態系を破壊し其の価値を略取するに及んだのはあくまで本質的に言えば所謂農耕や牧畜の文明が始まった時にすでに行われて居たことです。

即ち「文明」其のものがむしろ最初からそんな「抽象的な価値」をこそ成就させんとするものであった。

 

ですが其の破壊の速度を其れこそ幾何級数的に増して行くのが近代以降の歴史過程であるとのことなのだ。

でもって何でワザワザそんなことをしたのかと申せばまさに其れは西洋人の思い込みのやうなもので此の西欧型の近代文明こそが「普遍的」に最上の価値を生み出すに至る唯壱の「神」の如き御業ぞ。

だから御前等遅れた未開人はワシらの足元にひれ伏さねばならずつまりは奴隷として売り買い自由なんだ。

 

また實際に日本人ってかって奴隷として売り買いされて居たのです。ーさうしてポルトガルの船に乗せられ現地で売り捌かれて居たー(其れも欧羅巴でか?)

うわああー、酷え話です。

 

しかも当時中國なんぞは世界壱の先進國家であり其のほぼ属國であるココ🗾は立派な文明國であり文化レヴェルなども相当に高かった訳だ。

ですが坊主が腐り切ってもまた居たのでかの信長公は比叡山を焼き討ちしさう破戒坊主共を焼き殺したのであります。

 

にも関わらず毛唐共は日本人をナメ切って居りよって多くの貧しい日本人が連れ去られさうドレイ生活を余儀なくされて居たのでした。

後に漱石は倫敦へと國費留学し「西欧近代」の酷い矛盾の様に直面することとなり要するに文學もクソも無く近代社會に對し心より絶望して仕舞います。

 

だから別に「漱石」が病気なのでは無くまさに其の「近代文明」の方こそがビョーキなのだ。

其の「近代文明」こそがビョーキであることを見抜く為にはそんな漱石ばりでの高い「見識」が其れこそ常に必要となる。

 

さて問題は農耕文明を営むかの🗾であれさうして常に自然から略取し封建時代を生き抜いて居たとのことなのです。

よって本質的には其処に、

 

文明⇔自然

との弐項對立がどうしても引き起こされて仕舞う。

 

ところが、です。

ところが🗾の農耕文明であれまた中華文明であれさらに西洋の前近代型での封建體制であれ其れ等はあくまで地球の「破壊」を促進するやうなものではあり得なんだ。

 

何故なら其の「破壊」の度が至極緩やかなものであり要するに大規模な環境汚染も無ければまた大規模な生態系の破壊に繋がることなどもまずは無かった。

だが近代以降の所謂「進歩主義」にて其の弐項對立に於ける極としてのバランス化が崩れ要するに、

 

自然<文明

と何時の間にかさうなるに及んだ。

 

でもって現在の21世紀は其の「自然」が弱り切りまさに「文明」に飲み込まれんとする其の末期の時を迎えてさえ居るやうだ。

ところが感度の惡いーハッキリ申せば頭も惡いー大衆は愈愈文明による「洗脳」をむしろ「信仰」するに及んで居り要するにもはや如何ともし難き状況へと我我人類は日日追い込まれつつある。

 

 

であるからこそ其れこそ頭の良い學者の方方やさらに感度の良い藝術家や宗教家の方方などが「コノ侭ではヤバい、是非にでも悔い改めよ。」とさう仰ったりもまたするのです。

尚ハラリ氏の場合は其れこそ「梅原 猛」先生型での思考のタイプなのではないかと個人的には思う。

 

其れ即ち世界の価値観は欧米による「普遍的近代原理」によるものばかりでは無く例えば亜細亜型もあれば中東型などもまたある。

また同じ欧米近代にせよ独逸と米國、また英吉利と米國では其の「進歩概念」に於ける捉え方が可成に異なる。

 

例えばかのマルクス・ガブリエル氏などは我が國の西田哲學の影響を大きく受け最終的には日独と其れから伊太利亜?をも含めての「参國同盟」の復活をこそ考えられて居るのではないか?

 

いやいずれにせよガブリエル氏はむしろ独逸観念論を復活させたいことであらう「哲學的國粋主義者」でもあることだらう。

其の独逸人も🗾人と同じで頭が良い割りに「洗脳」され易いとの國民性を有して居る。

 

だからネオナチみたいなものが膨らんで來てまたヒトラーみたいな人が出て來大衆を扇動すればむしろ容易に独逸國民は御國の為に働きませう。

と同時におおさうして此の🗾、此のジミントーが腐った其の🗾にとある大作家が突如現れ「眞理」をば説くのです。

 

正直申せば其れが誰あらうボクのことなのさ。

其処に彼が曰く、

 

「欲しがりません、勝つ迄は。」

 

すると矢張り第参次世界大戦は有り得るのだと?

まあ有り得ることでせう。

 

其れも中國と露西亜北朝鮮の問題國家が集まればもはやコレは侮れません。

中國と露西亜北朝鮮が核ミサイルを同時に千発位米國本土に撃ち込めば即亜米利加合衆國は崩壊致しませう。

 

いや其れマズいですよ、ココではまさか言わん方がエエ。

何せアノプーチンは本気で核でもなんでも撃ち込みますよ。

 

いやあー、考えてみればほんたうに怖い御話で…。

其の時についでに🗾へも撃っとけとあのデブが考えココ🗾の大都市はほぼ焦土と化すのだった。

 

さうか、だから今のうちに田舎へ逃げとくんだ。

さうなんだ、だからこれからの時代は田舎に居る方が明らかに生き延びるチャンスがより高くもなる。

 

するとドコが御勧めですか?

まあ白神山地の近くだとか北海道や九州また四國の僻地だとかまた奥三河だな。

 

但し自分はナゴヤと気候がより近い「奥三河」が壱番好きである。

また奥三河ならば「赤味噌」などもまた豊富にあるのだし。

 

其れにまさか其の「奥三河」の🏔の中にまで核ミサイルは撃ち込まれぬ。

何故ならソコへ撃ち込んでもドーショクブツが焼け死ぬダケで決して人は死なないから。

 

さて次回は「エマニュエル・トッド」氏や「ジャレド・ダイアモンド」氏の記事などを参考にして今後の文明世界の有様を思い描いてみたいとさう思って居ります。

「頭が良い」人の特徴と『北斗の拳』に就いてー「天才」級の知性の癖の部分と『北斗の拳』に於ける「愛」に就いてー

「頭が良い」人の特徴と『北斗の拳』に就いてー「天才」級の知性の癖の部分と『北斗の拳』に於ける「愛」に就いてー

 

 

 

 

高いIQを持っていることを示す驚くべき性格の特徴 (msn.com)

 

澤山読書をする

謙虚さ

言葉遣いが惡い

共感出來るーIQ(論理的知性)EQ(感情的知性)が共に働く

自制心ー計画、目標、予想

好奇心ー學習への情熱と壱致する

壱人でも快適ー孤独を樂しむ=社交嫌い

枠に捉われずに考えるー故にルールや常識的思考、伝統などに縛られず逆に其のことで最善の解決策を導き出す

散らかって居る

観察者

創造性ー想像力が常に豊か

夜型ニンゲン

限界を認識出來るー人や自らの限界を認識するからこそ分からないことは「分からない」と言える。

オープンマインドーあらゆる側面から物事を見其れ等を参考にして意思決定をするので時間がかかる

自己の判断を信じるーイザ意見が決まれば其れを信じ貫き通す

愛猫家ー内向的で且つ敏感

とっても面白いー特にブラックジョークに長けて居る

自分自身と對話するー其れは狂気なのではなく高知能者の兆候となる

寛大

心配症ー特に社會的状況に就き懸念が多い

長男長女

適応性

ー以上よりー

 

 

尚自分は上記22項目中19項目に就き◎で3項目のみが「どちらでもない」でした。

其の3項目とは、

 

1.自制心

2.寛大

3.適応性

 

としての部分です。

何故ならワタシは常に計画的なニンゲンのやうで居て時にモノについ飛び付いたりもまた致します。

 

また寛大と言えば寛大で普通人にはむしろ優しいのですが攻撃された場合には倍返しするやうな器量の狭さがまたある。

さらに「適応性」にはむしろ欠けて居り要するに「同じこと」を繰り返しすることは得意なのだがさうでない場合での臨機応変な行動の變更などがむしろ不得意である。ーまさに其れが「自閉症スペクトラム障碍者」の典型的な資質かー

 

ところが他の部分ではまさにこれでもかと言わんばかりに「大當たり」して居りましたものです。

特に、

 

4.澤山読書をする

5.好奇心有り

6.壱人でも快適だ

7.枠に捉われずに考える

8.創造性有り

9.限界を認識出來る

10.自己の判断を信じる

 

部分などは此処の読者の方方ならば其れがまさにワタシの資質であることが即お分かりになる筈です。

また、

 

11.愛猫家だ

12.とっても面白い

13.自分自身と對話する

14.心配症だ

 

とのことが全て当て嵌まることなどもまた此処の読者の方方ならばまさに「ピーンと來る」話でせう。

どだいワタシはいつも「Sirius α」と「Sirius β」とに分かれ此処にて「漫才」を展開して居るではあーりませんか。

 

だから話がいつも面白いのだしさうかと言ってタダの御笑い芸人なのでは無く其れとは逆に深刻な文明評をも展開することだらうこんな壱文化人類學者であり壱哲學者なのです。

またワタシは長男です。

 

とのことで余りにもズバズバとソコに嵌まり込んで居りますのでおそらくワタシは「高知能者」なんです。

いやあーさうだったのか、いえね、其れもウスウスさうは感じて居てひょっとしてアノキチ外の人人と紙壱重なのかなあ、とはむしろ五拾歳頃よりさう感じ始めて居りましたのです。

 

 

でもって其の「高知能者」なのであれば當然に其れなりのことを書いて來た筈ですのでもしやと思い読み返してみたらヤッパリ可成に普通じゃないことが多く書かれて居ました。

ああー良かったー。

 

ソコにもしもウソが書いてあったらイケませんでしたがちゃんと「本心」が述べられて居たので何だかホッと致しました。

ですがもしもわたくしが「高知能者」なのであれ「自己實現」する状態にはむしろ程遠いとさうも言えるのです。

 

何かかうもっとより「高尚」なことや「御笑いではない面白い話」を常に書きたいのですが別に作家ではないのだしココで何を述べても誰も壱銭も恵んで呉れずさうかうするうちに性格がより惡くなりつまりはいじけて参りむしろつまらんことに喜びを見出すやうに特に最近はさうなりつつもある。

 

ーIQ(論理的知性)及びEQ(感情的知性)が共に働くー

 

さて此の点はまた特に大事なこととなる。

其の論理的能力と感度が豊かに有る点が同時に働くことこそが眞の意味での「天才」の資質でせう。

 

其の意味では確かにワタシは「天才」其のものかどうかは分からねども少なくとも「天才的」な資質を持つニンゲンの壱人でせう。

でも當の本人は其れとは全然別のことで實は悩んで居る。

 

つまりはこんなことで彼の「老後」は大丈夫なのか?

とのことなのだ。

 

彼はさう「半天才」なのにどうも自活力には欠ける。

其れも大勢の🐱を引き連れ今後をどうやって暮らして行くのか?

 

其れもまあやるだけやるさ。

 

15.限界を認識出來る

 

また此のことなどもワタシの場合は特に其れが強く出て居る。

例えば、

 

「限定的認識論」

 

とでも言えそうな「限定論」をワタシはずっと此処にて展開して來て居り其れは独逸の哲學者である「ハイデガー」の影響などが或はあるのやもしれません。

尚ほんたうに頭の良い人は例えば「論」を張ることなどに長けて居る。

 

即ち「論理的」に物事の解決策を自ら提示することが常に可能となる。

ですので我もまた文明のあり方に就いての解決策なり改善策なりをトコトン考えた上で提案書なり論文なりとして示すことは常に可能となる。

 

尤も経済的余裕と心理的余裕さえあればの話です。

 

でもかう毎日「生活」に追われまた「物質の蒐集趣味」に浸り切りおまけに🐈共の世話や老いた母の世話とまるで現實世界に繋がれたかのやうな状態では其れは「無理」と云うものです。

だから👽が此の暮らしから救い出して下さればまた其のこともやります、さう御約束して置いても良い位なのだ。

 

ですが👽の方方は幾ら御待ちしてもまさかココへ來ては下さらない。

そんな👽の奴等は我が「知性」には至って無関心なのだった。

 

まあ兎に角「やるしかない」のさ。

さう「やるしかない」のはそんな我に限らず惑星地球の住人であればニンゲンであるかどうかに限らずむしろ全てがさうなのだから。

 

 

<独自>自民党青年局近畿ブロック会議後の会合で過激ダンスショー 口移しでチップ渡す姿も 費用は党が支出 - 産経ニュース (sankei.com)

自民過激ダンスショー、男性参加者が女性の尻2度たたく 動画で確認 歓声や笑い声も - 産経ニュース (sankei.com)

 

なんだ、コノ裸踊りは!!

ジミントーは即刻政治其れ自體を辞めよ!!!

 

静岡県・川勝知事の「牛の世話と違う」職員訓示に「職業差別」「資質欠く」 SNSで批判 (msn.com)

 

なんだ、此の第壱次産業への差別発言は!!

川勝氏は即刻静岡県知事を辞めよ!!!

 

より正確に申すと「高知能者」は逆に「第壱次産業こそが國家の根幹である」とさう言うのです。

例えばワタシは常にさう申して参りました。

 

 

さて「北斗の拳2」を視終わり要するに「北斗の拳」の全話に亘り視終えたのだった。

其処で語られる「愛」に就き暫し考えてみたのだが其の「愛」は基本的に👪愛と同胞愛のことに就き語って居るかに見える。

 

またそんな「右の思想」に於いて敵もまた戦いを交えた後には「朋」となるのである。

よって北斗神拳 - Wikipedia伝承者の「ケンシロウ」は戦いに勝つと共に同朋としての敵の力をも蓄えつまりはより大きく強くなって行くのだった。

 

まさに其の力にて「カイオウ」に勝つのかと思ったらさうではなく其の北斗神拳以前に榮えた北斗宗家 - Wikipediaに伝わる「愛の力」のやうなものがまた登場し最終的には

世紀末最強の漢としての「カイオウ」も朋の力をも得た「ケンシロウ」に敗北することとなる。

 

ところが「カイオウ」にもまた「ケンシロウ」にも其の北斗宗家の血が色濃く流れて居たとのまるで🗾の村社會さながらに實に血縁の濃いつまりは其の村の中での「愛と憎しみ」での御話となる。

左様に結局は「国際的」な舞台であるやうで居て實に🗾的な封建體制と云うかムラ社會と云うか兎に角そんな狭い範囲での「愛」の御話なのだ。

 

故に其の「愛」なるものはクリストの如きに「普遍の愛」を説くものでは無くむしろ大日本帝國に於ける「國及び郷土への愛」=「同朋愛」に近いものなのだらう。

 

ところがイザアニメ作品に没入して視る限り世紀末覇者としての「ラオウ」や其の兄の「カイオウ」に於ける「愛の不毛」の部分にはまたどうしても涙が流れる。

要するにそんな最強の漢達に限り「愛」に飢え特に「母の愛」には限りなく見放されて居る。

 

すると最終的にはそんな「愛」として實権を握るのは其の「生命を生み出す母」である👩達のことともなる。

其の辺りはまた流石に良くシナリオが練られて居る。

 

絶え間ない暴力や権力闘争の背後には實はそんな「愛の不毛」の世界こそが拡がるとのことをまさに此のアニメ作品はしかと描き出して居るではないか。

 

 

其れと「漢が戦う」ことの意義を此のアニメは同時に描き出して居る。

さう👨は常に闘わざるを得ない。

 

最終的に其れは外部との戦いから内部での闘いへと移行するがまずはさうなるものとまさに此の世での相場は決まっても居やう。

近年では其の闘争の世界からむしろ外れる如き価値観が所謂Z世代辺りより噴出するに及び最近の学校の先生や企業の経営者などは相當に困って居るのださうだ。

 

だが其れなどもまた「愛の不毛」の問題なのだとさう言い得るのやもしれぬ。

Z世代が可哀想なのは此の社會が本質的には「愛するに値せぬ社會」と化して仕舞って居ることだらう。

 

従ってZ世代に對し「愛」を守らんが為に戦え!とさう押し付けるのは流石に荷が重からう。

むしろ問題はそんな「愛するに値せぬ社會」と化して仕舞った還暦以降の世代の「先見の明」無き認識の部分にこそ存するのやもしれぬ。

 

いずれにせよ「北斗の拳」に於ける闘争の世界が個人的にはあくまで新鮮に感ぜられた。

若い頃をちょっと思い出したと言うかそんな気さえもがしてだからヤッパリワシもまだ戦わねばならんのかなあ。

 

 

アア嫌だけどまた「常にキビシイ現實」との闘争世界なのかなあとの諦めの心がまた生じよって👽などには頼らず👨は自身でもって道を切り拓く他は無い、などと云うまるで自衛隊員のやうな戦闘態勢の様が何時の間にか我にも突き付けられて居たのでした。

 

いや兎に角休みたいのですが何せ休んでは居られぬ世の中なのだ。

其のことが「暴力」としてキビシクもまた壱面では「愛」に包まれた如くに優しく語られるのがまさに此の物語なのです。

 

思えば昭和の頃のアニメ作品はさう主題がハッキリとして居り其れは「休ませる」やうなものでは無く兎に角常に「戦う」ものでした。

其の価値観自體が古いやうで居て實は昭和の時代以上に戦わねばならんのが此の21世紀であるやうにさう思えてならない。

 

其れ即ち「放棄する」ことや「平等」であることもまた確かに理想的なことではあれ此の世界が現實的な意味で常に「ヒエラルキー地獄」を築く世界である以上は其の「ヒエラルキー」の頂点を漢が目指すことで最終的には「愛に溢れる漢」が覇権を握ることでこそ此の世其れ自體を「愛の苑」と化すとの其の右の人の論理が分からぬでもないのであります。

ところで「ケンシロウ」は其の最強の「カイオウ」に勝ってからどうなるのですか?

 

ケンシロウ」はまた新たな「闘争世界」へと旅立つ。

其れ即ち其の「愛」をこそ守らんが為に「惡」と戦う道を選ぶ。

 

うわあー、漢らしい。

さうなんだ、さうあくまで漢は漢であり👩は👩である。

 

だからまさに其のことが右翼の人の論理です。

でも先生には左翼が多いですよ、其れも漢だか👩だかまるで分からぬやうな。

 

うん、だから其れこそが今の先生方の弱点だね。

だから先生はもっと暴力教師にでもなり其れも「あっちょー!」とか言いながら聞き分けの無い生徒を殴ってもイイのです。

 

うわあーでも怖い先生だなあ。

いや昭和の頃なんてドコの学校にもそんな暴力教師がまさに🏔と居たものでした。

 

我我還暦世代はなのでこそ躾けられたと云う部分もまた御座りますが故に。

正直言って個人的にはまたそんな先生に躾けられてみたくも思う今日此の頃です。

 

ねえ、體育のMIYOSI先生。

あれっ其れはダレですか?

 

ワタシが中学壱年の時の担任の教師です。

其の人は身長が180センチ程もありしかも投げ技が得意でもって惡いことをすると教室の後ろで皆が投げ飛ばされて居たものだった!!

 

そんな熱き教師にこそたった今是非投げられてみたい今の軟弱なわたくしなのだ。

尚當時良く巷で聞いた言葉ですがこんなものがあったものでした。

 

曰く、

「愛の鞭」。

 

昭和の頃学校の先生は其の「愛の鞭」をふるっても場合により問題とはされなかったものでした。

また当時の学生も普通に「殴り合い」の喧嘩などをして居たものでした。

 

あくまで「暴力」を賛美する訳では無いのですが普通に「殴り合う」位はむしろ當たり前の話だった。

逆に言えばさう小さく「暴力」が解放されることで眞の意味での大きく破壊的な暴力が抑えられて居たとさう言えなくもないことだらう。

ーまさに其のこともまた所謂「右の論理」ながらー

そんな「奇跡」の「糸魚川産ピンク翡翠」に就いてー+とある💎ハンター氏の人格にこそ感動すー

そんな「奇跡」の「糸魚川産ピンク翡翠」に就いてー+とある💎ハンター氏の人格にこそ感動すー

 

 

 

 

さて此の世に何か良いモノが有るかどうかと云うこととなれば其れは本質的にはむしろ「無く」あくまで妄想的に其れが「有り」其の妄想の本質部とは「美」であるとさうも言い得ることだらう。

何故其のことが「妄想」となるのかと言えばモノは劣化することが免れ得ぬからなのだ。

 

故に物を前提とし構築される諸価値はむしろ「破壊」へと傾いて行き易い。

そんな美としてのモノが「劣化」するが為に躍起となり「構築」しやうとニンゲンは試みるがむしろ其の行為によりモノの「劣化」以上に「破壊」を促進することとなる。

 

とまああくまで哲學的な意味での所謂本質的論議からは左様な人為による「破壊論」もまた幾らでも組み上がるが故にさう云う認識に生きる限り人生は苦しくもなる。

だがそんなことまでイチイチ考えて居ると此の人生が回っていかないのでソコを反故にしワイワイ、ガヤガヤとした喧騒の中にみんなで生きて行くのが「眞理」とはまるで無関係な人の世の営みとなる。

 

でも中には其の事がすでに分かって居る人もまた居てさう云うタイプでの「意識の高過ぎる」人などは世間の認識とは距離を取り其れこそ「天才」やら「變態」やら「ゲージツ家」などをしかとして居られることであらう。

 

またわたくしの述べることもまた常に人とは違いますがタダ壱言述べて置くとワタシの場合は常に「両極ニンゲン」なので其のドチラをも立場的に分かる、とのことである。

其れこそ感覚的には「両極の境界」にこそ立って居るやうな気持ちであらうか。

 

だからまさにソコから「言葉」を紡いで行けばまたほんたうに「詩人」にもなれ其れも賞位は取れさうな連作詩位は幾らでも浮かんで來るのですが其れをしても余り面白くはないのであえて面白く何かに就き語りたくも思いますのです。

 

其の「何か」とはまさに「美」のこととなる。

「美」とは其れこそ本質的には「妄想」の類のものであらうが其の「妄想」ソレ自體を切り取り此の世に示すことは可能であらう。

 

またつまりは其れが所謂「創造的次元」での「美」への近接のことである。

尤も「創造的次元」での「美」とはむしろ「個による美的構築」の世界のもので常に其れは「美其れ自體」なのでは無い。

 

最終的に「藝術」を超越する次元に於いて初めて「美其れ自體」は開陳される筈なのであり其のことはむしろ「藝術」以前での無垢なる目でもって「藝術」として捉えられる世界を「美」として見詰めることなのではないか。

 

 

とまた「訳の分からぬ」ことを言い始めたのでもう放って置いた方が良いことだらう。

何せ此の人は常に思考が深くしてつまりはまともでは無いのだから故に。

 

また要するに感覚として捉えられる世界に拘泥するのがむしろ「美の世界」での原則となる。

 

感覚⇔論理ー理性ー

具象性⇔抽象性

 

其の弐項對立に於ける「両極」をこそしかと認めやう。

其の對立の様がむしろ「等価」であり「優劣」では決して無いことをしかと考えやう。

 

要するに認識論的に「眞理」レヴェルへ近づくと価値對立がまさに「等価」となり且つ「美」として其の對立自體が輝き始める。

まさに其のことは「認識」が變わることなのであり外部がどうかうする訳なのでは無い。

 

「美の世界」は其れでも分別世界としての「妄想性」を離れて居る訳では無い。

分別世界はさう「妄想」しつつ「美」に惑う世界なのであるが故に。

 

さう其のやうに「幻惑」されるのだ。

さう「幻惑」されつつ我我ニンゲンは木を🏢を空を地面を眺めまた其れを「美しい」とさう思い込み生きて居る。

 

だが常に其れは「ほんたうに美しいもの」なのではあり得ず要するに本質的には「美しい」とさう妄想されるものであるに過ぎぬ。

即ち「美しい」とさう妄想されるものに限り我我ニンゲンは認識上飛び付いて居るのである。

 

だから我が妻は常に美しい。

でもソレはむしろ「幻想」である可能性が高い。

 

ほんたうは「不細工」である可能性の方がむしろ高い。

 

だから文明は常に美しい。

でもソレはむしろ「幻想」である可能性が高い。

 

ほんたうは「不細工」である可能性の方がむしろ高い。

 

だからモノは常に美しい。

でもソレはむしろ「幻想」である可能性が高い。

 

ほんたうは「不細工」である可能性の方がむしろ高い。

 

美しい⇔不細工ー醜さー

 

まさに「美」と「醜」は紙壱重でありソレをあえて「美しきもの」であり「良きもの、好ましきもの」とさう見るのは我我ニンゲンの認識自體がむしろ破壊的に壱方通行であるからに他ならぬ。

なので常に「両義的」にモノを見詰めて置きたい。

 

するとソコに新たな「認識上の地平」が生み出されることとならう。

まさに其れが「創造的な次元」による認識でありつまりは「ブッ飛んだ認識」其のものとならう。ーさうTAROさんのやうにぶっ飛び且つ爆発するのだ!ー

 

 

カシミールサファイアとは?特徴と稀少性について【簡単に分かる】 | ダイヤモンドジュエリーが好きな私のブログ (rarakuma.org)

 

其の印度産のカシミールサファイアとはまさに「幻の💎」のことです。

💎にはそんな「幻の💎」とされるものが屡有り其の種の石は例えば「ダイヤモンド」などよりも高価で取り引きされることが多いやうだ。

 

「ダイヤモンド」にせよ所謂ファンシーカラー(色石)の場合は概して高値にて取引されて居たりもする。

「ダイヤモンド」の場合でも其の色付きでの石はある意味で「究極の💎」となり得る。

 

カシミールサファイアは幻の宝石?一度見たら忘れられない、その美しさとは | カラッツ Gem Magazine (karatz.jp)

 

こちらでの五番目の写眞に所謂「コーンフラワーブルー」でのカシミールサファイアが出て参ります。

要するに「靑みが強く黑っぽくない」サファイアのこととなる。

 

其れも最高品質の物ともなればさうまさに「靑く輝かんばかり」でのモノとなる。

 

カシミールサファイア | ユアエメラルド (your-emerald.com)ー其の産出と歴史ー

 

そんな「カシミールサファイア」は基本的に得難いであらう「幻の石」となる。

 

1.すでに採掘が終わった石

2.高所に産し採掘が困難

3.産出量が限られて居り大層高価

 

La Legende | ラ・レジョン | La Legende | ラ・レジョン

コーンフラワーブルーとカシミールサファイア | La Legende ラ・レジョン | La Legende | ラ・レジョンコーンフラワーブルーとカシミールサファイア

 

ちなみに下の方でカシミール産とスリランカ産のコーンフラワーブルー・サファイアの比較が出て参ります。

どう違うかと言えばカシミール産は空色っぽくスリランカ産は海の色のやうな感じですか。

 

要するにカシミール産は靑味が強くあり藍色では無く靑色の石となるやうだ。ーまさにヒマラヤ山脈の上に輝く靑き空のやうな色ー

 

カシミール産のサファイアの原石が安く手に入るやうなことはなかなか考えられぬことでせう。

ですので今回ワタシが手に入れたサファイアの原石なども基本的に胡散臭いのではありますが實際其の色合いが可成に靑いので或はカシミールに近いところで採掘された石である可能性だけは可成にあります。

 

其の後はもはや信じ込むこと=信仰のみ。

「信仰」すれば其れはホンモノでありしかもアナタは救われやう。

 

信じよ!

されば救われん。

 

ハイ、是非ワタシは其れを信じます。

 

曰く、

「鰯の頭も信心から」

 

 

サファイアの原石は以前手に入れた小さな石がゴチャゴチャとあるが其の色味は「藍」に「黑」が混ざったやうな物です。

サファイアやルビーの其れも大きな原石はなかなか得難く有ったにせよ普通其の価格が萬単位となる。

 

其処からしても此の原石はますます怪しい。

なんでコレが四千円と少しなんだ?

 

もしや騙されてる?

いいやさうでは無い。

 

此の色合いは明らかに「藍」では無く「靑」だ。

だからまさにコレがカシミール産のサファイアの原石なのだ。

 

そもこんな石は世界中で何処にも無い。

其れも嗚呼我が机上にしかないではないか!

 

 

カシミール産のサファイアの原石


ちなみに此れ迄にカシミール産のサファイアの原石が売られて居るのを見たことは無かった。

今回得た石が最初で最後の物となる可能性が66パーセント位はある。

 

 

では次に糸魚川産の奇跡の翡翠の御話をさせて頂きます。

 

此の翡翠がウソつまりニセモノだと今皆様はさう思われたことだらうが明らかに其れは間違いです。

さう残念ながらコレは本物の糸魚川翡翠の其れも上物なのです。

 

先日ヤフオクをして居たところ變な翡翠原石が出て居て其れがどうも胡散臭く応札する気は無かったのです。

ところが其処に「本物であることは保証します」とさう書かれて居り他の出品物もどうも全てが本物のやうだった。

 

でもって届いたのがこちらの石となる。

 

 

極上品!糸魚川翡翠 天然石1

 

まずは其れが「💎質」の翡翠であることに驚いた。

其れも翡翠の結晶が細かく石全體に出て居りつまりは本物となる。

 

また其の色合いは、

 

4.基本的には白い

5.内部がラベンダー色

 

であるので基本的に「ラベンダー翡翠」となる。

其のラベンダー色が白い翡翠の中に薄く拡がって居るやうなそんな石となる。

 

ところが、

 

6.透過が素晴らしく良い

7.ピンク色に透ける

 

のであった。

 

此の翡翠は壱方向から懐中電灯にて照らすだけで光が全透する。

しかも其の色合いや赤紫を通り越し桃色=ピンクなのだ!

 

尚言うまでも無くピンクの翡翠などは普通出ては來ない。

だが此の石に限り「ピンク翡翠」とさう申しても良いことだらうレアーなタイプの石であった。

 

極上品!糸魚川翡翠 天然石2

 

かうして見たところは「白っぽいラベンダー系の翡翠」であり物凄い石には見えぬ。

ところが石の質が良くライトの光でさう全透するのである。

 

極上品!糸魚川翡翠 天然石3

 

おおっ!何だ此のピンク色は!

こんなものが有る訳が無くコレはウソの翡翠なのだろ?

 

いいえ違います。

まさにコレが「糸魚川産のピンク翡翠」なのだ。

 

ウソだウソだウソだウソだ!!

マジだマジだマジだマジだ!!

 

 

さて糸魚川産の翡翠原石でもって得難いのが、

 

8.黄翡翠と赤翡翠

9.ロウカン質の緑翡翠

10.ロウカン質の靑翡翠

 

となることかと思う。

また黑翡翠なども良い質の物は得難くもならう。

 

だがむしろ壱番得難いのは「黄翡翠と赤翡翠」である。

また糸魚川産の「黄翡翠と赤翡翠」は無いものとさうされて居るのであった。

 

11.糸魚川周辺の専門店をもれなく回り其れに近い売り物を探す

12.ヤフオクなどネット上で大金をかけ其れに近い物を得る

13.其れに近い物を8.~10.として信じ込む

 

が、其れはむしろ「有る」ものとして見ておくべきものだらう。

 

14.糸魚川周辺の山を掘れば多分翡翠は幾らでも出て來るぞ

15.でも捕まれば即刑務所行きとなる

 

尚9.及び10.はヤフオクでも入手可能です。

但し常にカネが要ります。

 

また今後もずっと入手可能となることだらう。

 

但し此処🗾国は大災害國ですので何時どうなるかはまさに分かりません。

例えば南海トラフ地震などで中部圏や関西圏が壊滅しついでに富士山が大噴火しますれば関東圏などもまた火山灰の下のものとならう。

 

そんな時に石を愛で遊んで居られるのはいち早く田舎に逃げた「意識の高い馬鹿」のみとなるのです。

 

いずれにせよ其の意識のあり方ー認識のあり方ーがどうあらうと物として糸魚川産の「黄翡翠と赤翡翠」は「有る」のです。

いや「無い」のだがさう信じ込むことでむしろわたくしのやうにそんな胡散臭い石が何故か自然と手に入るのです。

 

 

こちらが其の黄ーレモンー翡翠

 

糸魚川産の黄翡翠

 

こちらが其のピンク翡翠

 

糸魚川産のピンク翡翠

 

アア、何だかやり切ったと云う感じですか、其れにしてもとても疲れた。

いや現金採集の方は意外と疲れるものなのだ。

 

個人的には鉱山跡での鉱物採取よりもむしろ疲れる感じが致します。

尚今年が始まった時点でまさか「レモン翡翠」と「ピンク翡翠」を得られるとはまるで思っても居なかったものでした。

 

されど「レモン翡翠」と「ピンク翡翠」は今机上の同じ瓶の中でかうして光輝く。

しかも其れ等はほぼ同じ値段でもって壱万円以下となる。

 

どちらも質の良い石で細かく結晶が煌めきライトの光でほぼ全透する。ー「ピンク翡翠」の方がより光が通るー

 

其れと特に此の「ピンク翡翠」を得てから気付くことがありました。

 

16.「標本」レヴェルの翡翠であれ光を通すことがまずは大事

 

質の良い糸魚川翡翠原石は付加価値を付けるが為に「加工」され逆に高価なものと化す。

個人的には其の人為的「加工」を嫌うのでそも「加工物」には興味が無い。

 

でもって問題は「加工」に適さぬ翡翠原石が「標本」として回って來るのだとしたら其のことがまずは頭に來るとのことである。

ワタシは石は石でニンゲンでもまた文明でもないとさう考えて居りどだい石とはまさに「詩」の世界の産物でありニンゲンが手を加えてどうなると云うやうなものには非ずして。

 

つまりは石コ賢さんと呼ばれたかの宮澤 賢治の如き「詩人級」の認識の所持者ですのでごくたまに瓶へ石を入れんが為に石を割ることなどはあっても金輪際其れを割ったり磨いたりしてはならんのだ!!!

またワタシは別に「資本主義」が好きなのでは無く只石が好きでたまらないので仕方が無く其の「資本主義」にて石を集めて居るのです。

 

 

いずれにせよかうしてようやく曲りなりにも糸魚川産の「黄翡翠と赤翡翠」と言えるやうな翡翠原石をついぞ今年得られたった今わたくしは可成に満足だ。

うーん、どう此の気持ちを形容すれば良いのか?

 

さうだおお、まさに極上の美女を我が手に抱く感じであらうか?

いいやさうでは無くそんなにカネがかかって無いから其の辺の美女に飛び付いたばかりなのであらうよ、わーはっはっはっはっはのはー。

 

尚「ピンク翡翠」の方には面に軽く磨きがかけられて居る。

白っぽい石なので其の白っぽいのを取る為に日日洗いに勤しむ最中だ。

 

ーかうして翡翠は洗うと白っぽいのが取れることが多い。概ねソコにより緑や他の色が出たりもするものだ。實際に此の「ピンク翡翠」の場合もさうなりつつある。但し「ラベンダー」系の翡翠は強い光に当て過ぎると「退色」するとのことであるから其の点は是非注意した方が良い。ー

 

 

【翡翠】市振のヒスイ市に行ってお宝をたくさん見せてもらいました (youtube.com)

 

例えばこんなヒスイ市へ出向けば御寶翡翠を得られる可能性がまた出て参りませう。

ですがもうヘロヘロでもってまさかソコまでの気力が出ない。

 

いやだが其れもまた壱つの「夢」のやうなものなのだ。

おそらく其れは叶わぬ「夢」なのやもしれぬがかうして今は「現金採集」にて「夢」を追う自分ですので兎に角ヤフオクを中心にして鉱物展などでコレゾと云う「翡翠」との出合いを待つ他は無い。

 

但しこのところ独走し疲れたので暫くは森歩きなどをし充電期間を是非つくりたいところです。

 

 

 

尚こちらの翡翠も今年になり得た糸魚川産の翡翠原石ですが形が派手なので置物に向いて居る。

握り石の方では以前に新潟の人より得た黑と緑が混ざる🍙型の翡翠原石などが最も向いて居る。

ー「翡翠」が國石に指定される前の拾年程前はそんな大きな翡翠原石が弐、参千円でもって多く売られて居たものだった。其の折に幾つもそんな大きな翡翠原石を得て居る。大きい石は「観賞石」としてまた「握り石」として樂しめなかなか良い。ー

 

尚此の石の場合も毎日洗って居たところ白い地色の部分が灰色系に變化して來た。

 

【翡翠】海色の宝石!博物館レベルのヒスイを見つけました。【おまけ付き】 (youtube.com)

 

其れにつけても此の💎ハンターさんは所謂「引きが強い」人です。

異様に石の引きが強い人でもって障碍者の人ー大阪の人ーをかって知り共に石の採取をして居りました。ー洞戸鉱山や田口鉱山にてー

 

そんな彼は金持ちでもってBMWか何かに乗って居た。

其れも妙に石の「引きが強い」人は「自閉症」である可能性などもまた無いでは無い。

 

ちなみに自分の場合は特に石の引きが強い訳ではないが最近は特に「自閉症」の度が酷くなったのか可成に引きが強くもなってる。

いやさうでは無く「現金採集」での引きの方がまた物凄く強くもなりつつある。

 

【翡翠】こんな緑は初めて!!!ある意味激レアな石を発見しました。 (youtube.com)

 

うわああー、コレは所謂「緑の石英」です。

ですから其れをタダの「石英」だと言ってバカにしてはならない。

 

石英」つまり濁った水晶。

其の「石英」こそがむしろ石の基本中の基本でせう。

 

此の最高に美しい緑の石英ですがまさに💎級であり普通の翡翠や屑翡翠よりもずっと価値があります。

其れとそんな「緑の石英」は愛知、岐阜辺りでは採れません。

 

特にナゴヤでは黄色とピンク色の石英が採れるのだ。

ありゃ?黄色とピンク色だって?

 

 

【日本初】これまで発見してきた宝石の今後についてお話します (youtube.com)

【宝石】自分で拾った石を高く販売できるか挑戦してみた!!! (youtube.com)

 

さて先日ヤフオクで此の方の石が出品されて居るのを発見致して居ます。

また其の石が売れたこと、さらに其の売り上げ金が地震の被災地に寄付されたことも後に知りました。

 

此の方は「人格者」なのだと正直思う。

我は「欲張り」ですので何でも飛び付き得て其れでもって「自己満足」の世界に浸り其れでもって終わりですが此の方に限りさうでは無く非常に「意識が高く」おありのやうだ。

 

17.「物」は「自分」のものには非ず

18.寄付の精神ー社會への貢献ー

 

ニンゲンは「死ぬ時」に石を持って行けないと彼は仰る。

だからと言って小さな石は人に配るとさう仰る此の方は基本的に「無欲」な人だらう。

 

でもそんな「無欲」な人でもまた石は採りたいのか?

また「社會への貢献」とはむしろ社會を罵倒し無視することでも可能なのやもしれぬのですが…。

 

いずれにせよ此の方の考え方にまさに感じ入り教えられた部分こそが今回は石を得たこと以上に大きかった。

其れと此の方は若い頃の弟に何故か顔や体形がソックリなのです。

 

どうもありがたう、💎ハンターのホーリーさん。

でもアンタどうやって生活して居るの?其れもまだ若いのに。

 

 

ニンゲンは「死ぬ時」に石を持って行けないが「死ぬ時」迄石と連れ添うこともまた可能です。

要するに其れは妻や子と同じ話ででも石は生ものでは無くさう生きて居ない分毎日静かです。

 

他方では緑を身に纏う「植物」などもまた良いものですが其れもまた石よりは世話がかかるし結構何かとウルサイものです。

すると矢張りと云うべきか石が壱番なのか?

 

まあ冷たい石には所謂「温かみ」は無いが其の癖ピンクやレモン色の石ですとたまに其れが感ぜられぬ訳でもありませんのです。

 

極上品!糸魚川翡翠 天然石4

印度の山奥より來しサファイア原石ー常に夢見て居たカシミール・サファイアとの出合いー

印度の山奥より來しサファイア原石ー常に夢見て居たカシミールサファイアとの出合いー

 

 

 

 

「人間は2000年以上生きていますけど、何か罰を与えて世の中が良くなったことはまだ1度もない」

「日本人って世の中に引っ張られるように、ほとんど奴隷のように生きていて――」

Fuck you heroes Fuck you capitalism》

「47歳でこの発言は恥ずかしい」伊勢谷友介、俳優復帰後の“イキリ”言動連発に賛否 (msn.com)より

 

伊勢谷友介 - Wikipedia

 

其の伊勢谷氏は東京芸大出の人で其のクラスともなると「認識が人とは違う」可能性が高くありませう。

其の発言の内容は所謂「常識外れ」でのものですがわたくしに限りまずは其れを言うことの出來る勇気に感服致します。

 

山本寛斎 - Wikipedia

 

尚其の伊勢谷氏に取り山本 寛斎氏は異母兄となるやうだ。

山本 寛斎氏は「岐阜」の人ですが名古屋の北部ー一宮市などを含めーには所謂「洒落者」が多くつまりは身なりを気に掛ける傾向が強くある。

 

尤も自分は其の逆で身なりなどは何でも良い方です。

されど服や帽子にブローチなどを兎に角付けたがる。

 

つまりは意外と「漢」なんですがまたさう常に女女しくもある。

 

クローズド・ノート - Wikipedia

 

此の「クローズド・ノート」なる映画が2007年当時🖋愛好家の間で話題となった。

何故なら文房具店の御話であり其処に「万年筆」が出て來る訳です。

 

ところが主演の沢尻エリカ ♯騒動・不祥事- Wikipedia氏が世の中に對する態度が惡く其の後も色色とあり最終的には違法薬物をやり捕まった。

また伊勢谷氏も同様に違法なクスリをやり捕まった。

 

尚クスリは「意識が高い系」の人には案外縁が深いものとなるが案外知られて居ないのがPL粉末が催眠剤の代わりとなることです。

PL粉末は完全に合法のしかもタダの風邪薬ですが神経が過敏な人などには案外役に立つものとなる。

 

但し薬局にて其の侭買えば頗る高価です。

 

とどのつまりは此の弐名の方の何処かに「反抗心」があるが其れはまさかボク程には洗練されては居ないとのことでせう。

 

 

ありがとう、吉幾三 5年で50億の二階俊博に「ばかやろう」という怒りを私たちは諦めてはいけない 北原みのり (msn.com)

 

其の吉 幾三氏もまたそんな「反抗心」のカタマリのやうな老人なのか?

でも偉いですね、そんな年寄りになっても「バカ野郎!」とさう言えるのは。

 

いやむしろ高齢者ともなると「アホンダラ!」とさう言えるのです。

要するにすでに半分死んで居るので此の世がどうならうがまるで構いません。

 

特に妻及び子並びに孫が居ないとまるで僕みたくに「言いたい放題」でせう。

またつまりは其れが彼に取っての「ほんたうのよろこびであり幸せ♡」なのだから。

 

其の政治の世界に限らずたった今🗾國の特に精神的な秩序がオカシいですがまずは世の趨勢とは逆のことが言えるかどうかと云うところにこそそんな「洗脳」を解く鍵はあると個人的にはさう感じて居ります。

 

 

さて今回は「カシミールサファイア」の御話をさせて頂きます。

 

でもって何故そんなモノの話ばかりをするのかと云うことがまずはありませう。

壱言で言って其れは「観念の不毛性」により個人的にさうシフトして來ざるを得なかった部分をこそ語って居るのだ。

 

要するに其の「観念の不毛性」がある限り眞の意味での「建設的」な場を築くことは出來ぬ。

しかしながら「物」は常に「建設的」な場を築くことの可能性を蔵しつつもタダソコに有る。

 

つまりはむしろ其れが語り継ぐであらう内容の方がより「眞實」に近いのではないか。

 

例えば此の世では権力者がさうして其の力を惡用し私腹を肥やしたりまた戦争を始めたりもする。

また文學者を始め多くの學者や藝術家が此の世の様を嘆いたりもするが何時迄経っても此の世は直りゃあせぬ。

 

其のことは「観念の不毛性」と云う「言葉」としての自己矛盾領域より齎されることなのではないか。

要するに其処にて抽象的概念を弄ぶことのみに終始し其れを解決へと導く契機を失うこととなる。

 

だったらまだしも「物に就き語る」方がマシと言うものだ。

何故なら具象物はあくまでソコに「有る」ものなのだから故に。

 

 

有⇔無

 

但し「本質的」な意味で「物」が其処に「有る」訳なのではむしろない。

あくまで其の分離される認識上の癖の上から言えば其れが「有り」且つ其れが所謂質量や色彩を帯びさらに元素としての性質を帯びるのだから。

 

どだい「有る」モノを「無い」と云うのはヒネクレタ「哲學的認識」だけである。

また「宗教的認識」の方もまたヒネクレテ居て釈迦は「解脱せよ」とさう仰りクリストは「神と共に生きるのだ」とさう仰るがそんなものは我我低級なケモノニンゲン共に分かる筈もない至極高級な認識論であるに過ぎぬ。

 

だがどう見てもたった今アナタの目の前には其の「モノ」が有る。

 

また無論のこと其れは「宗教」をやらずにタダ黙ってソコに有る。

また無論のこと其れは「認識論」を語らずタダ黙ってソコに有る。

 

だからさう云うのこそが「観念」を離れたところでの「具象的限定」の様なのだ。

つまりは其れが「考えない」力のことであり「考えない」価値としてのことなのだらう。

 

 

「さう感ずるが侭に其れを見よ」

 

もしや其れは印度の山奥の聖者様の御言葉なので?

さうですね、自分には其の印度の山奥の聖者様にどこか憧れて居る部分が確かに御座る。

 

♪印度の山奥でーしゅーぎょおをしーてー♪

 

もしや其れは究極の變身番組「愛の戦士レインボーマン - Wikipedia」の主題歌なのですか!

 

Amazon.co.jp: 愛の戦士レインボーマン 全巻セット 2YE3X : おもちゃ

 

さうです、ですが其の「レインボーマン」はとてもカラフルな御話となる点が如何にもわたくし向きです。

ところが内容がカルト過ぎるのか再放送されずだからもう半世紀程も其れを視られずに居ります。

 

レインボーマン 主題歌 (youtube.com)

愛の戦士レインボーマン:七つの化身の超能力 - YouTube

 

♪印度の山奥でーしゅーぎょおをしーてー♪

 

昭和時代に人気あったが、再放送できないレインボーマン - YouTube

【ゆっくり解説】再放送できない理由 昭和の名作「愛の戦士レインボーマン」がすごかった (youtube.com)

【ゆっくり解説】ヤバい!放送禁止作品⁉「愛の戦士レインボーマン」ヒロインは善悪ともにハイレベルな美貌の持ち主⁉美人幹部多数タイプは誰?最終回も解説 (youtube.com)

 

なる程。

さう「再放送」が無い故に余計に懐かしく且つミステリアスでもってカルトな作品となるのだらう。

 

 

さて此の番組の歌詞にも登場する「デーヴァダッタ」はそも「惡人」だったのか?

 

ー釈迦は提婆達多が自分の元で出家した場合、一時は地獄に落ちるものの最終的に苦しみから脱すると知り、あえて出家を許したとする[18]提婆達多は死ぬ前に前述の詩を述べて釈迦に帰依したため、地獄を脱したのちにアッティッサラ(Aṭṭhissara)という名前の「独覚」になるという[17]。ー提婆達多 - Wikipediaより

ー「法華経提婆達多品第十二では、提婆達多天王如来 (devarāja) という名前の仏となるという未来成仏が説かれている。これは、のちの日本仏教、特に鎌倉以後の諸宗に大きな影響を与え、この期以後の禅、念仏、日蓮の各宗は、この悪人の成仏を主張している。ー提婆達多 - Wikipediaより

 

「デーヴァダッタ」は「地獄」に堕ちたとも言われますがかうしてむしろ大乗各派に於いて其の成佛が認められて居る。

 

ー「五事の戒律」を提案するも受け入れられなかったので、分派して新しい教団をつくったという。彼が釈迦に提唱した「五事の戒律」は以下の通り。

  1. 人里離れた森林に住すべきであり、村邑に入れば罪となす。
  2. 乞食(托鉢)をする場合に、家人から招待されて家に入れば罪となす。
  3. ボロボロの糞掃衣(ふんぞうえ)を着るべきであり、俗人の着物を着れば罪となす。
  4. 樹下に座して瞑想すべきであり、屋内に入れば罪となす。
  5. 魚肉、乳酪、塩を食さず。もし食したら罪となす。ー提婆達多 - Wikipediaより

 

 

此処から見る限り彼「デーヴァダッタ」はむしろ大變眞面目な人です。

そんな根が眞面目な人に限り「融通が利かぬ」面が強くあるが故におそらくは誤解された面などがまたあったことだらう。

 

いずれにせよ「宗教」が何故「ニンゲンの欲求」とはあえて逆方向を向き歩むのかと云う部分だけは考えて置く方が良いことだらう。

例えば「資本主義」や「近代科学」はむしろ「ニンゲンの欲求」に忠實な観念的価値の流れであるがむしろ其れが宗教的に希求されるだらう精神世界とは逆方向の流れを生み出すことにも及ぶ訳だ。

 

さらに個人的には其の「デーヴァダッタ」が惡人だったかどうかに就き大きく興味がある訳ではない。

 

善⇔惡

 

佛教はそも壱神教とは異なるだらう「相對的価値観」での産物なので其れこそ大乗各派に於ける見解のやうに「デーヴァダッタ」が「成佛」するにせよ其れは不思議なことでも何でもない。

 

相對的価値=相對性の賜物

絶對的価値=絶對性の賜物

 

絶對的善⇔相對的善

絶對的惡⇔相對的惡

 

其の「絶對的善」もまた「相對的善」と相互作用するものであり故にあくまで「縁起」関係に於ける枠内では其の「絶對性」が担保されない。

其の「絶對的惡」もまた「相對的惡」と相互作用するものであり故にあくまで「縁起」関係に於ける枠内では其の「絶對性」が担保されない。

 

とのことで實は「論理」的に「善惡規定」を為すこと自體が不可能となる。

其れは要するに「論理」的に「善」が「善」であり「惡」が「惡」であることを決定し得無くなるとのことである。

 

つまりは正命題と反命題が共に成立し得ることともまたなり所謂「弐律背反」の状態へと至ることとならう。

でも本日はそんな哲學の御話でしたっけ?

 

確かにさうではありませんでした。

つい先程迄東京から出張買取に來た業者の対応をして居てそれどころではなかったのです。

 

ええっ?

またまた其処にて失敗して弐束参文でもって大事なモノを売って居ませんか?

 

はい、腕時計を弐つ売り🖋を四本売りましたところです。

ソコには確かに大事なタグホイヤー機械式腕時計ー限定生産品ーなどもまた含まれて居ました。

 

でもアンタ何をやって居るの?

はい、何せ今年は石を買って居ますので其の支払いに追われて…。

 

ですが別に高い石を買って居るのでは無い。

では何を買ったのか?

 

其れがまずはコレです。

コレこそが念願のカシミールサファイアの原石なのだ。

 

 

カシミール産天然サファイアコランダム 400ctラフカット原石 鑑別書付き-1

 

尚其の東京の業者にも言って居たのだったが「モノ」はニンゲンより長生きし其の価値を此の世に留め続ける。

但し其の「モノ」の価値が暴落することは有り得またカネの価値が失われることなどもまた有り得る。

 

「モノ」はさうして其の価値が失われる迄の「旅」を続け言わば「流転」し続けて行く。

「モノ」は常にさう何処かに固着する物なのでは無くさうして移ろって行く。

 

また其の意味では此の「地球」などもまさにさうである。

 

但し石に限れば其れは元元地球の骨格を成すものとなる。

「惑星地球」は元元其のやうに星屑より生まれし「石の惑星」なのだ。

 

おおたった今まさに其の石と戯れることこそが我が生涯に於ける筆頭での目標となりつつある。

 

 

カシミール産天然サファイアコランダム 400ctラフカット原石 鑑別書付き-2

 

かうして何よりも其れは靑い。

さうして「静けさ」にこそ充ちている。

 

そんな「静けさ」の中で「太古」よりの「☆の呟き」が封印される形で保存される。

さうして石は余りにも寡黙でしかも饒舌なのだった。

 

カシミール産天然サファイアコランダム 400ctラフカット原石 鑑別書付き-3

 

其れが印度産の石であることは匂いでもってすぐに其れと分かる。

さう其れには「香」が焚きしめられて居り兎に角「臭い」のである。

 

其の「臭い」のは例えば印度製の🖋などもまさにさう臭い。

其の印度人は果たして何をやってるの?

 

うん、何だか知らんが兎に角何にでも其の臭い「香料」を擦り付けたがるのさ。

だが其れ故におおまさに此の石が「印度の山奥」より來し石であることがしかと分かる。

 

♪印度の山奥でーしゅーぎょおをしーてー♪

 

するとコレがもしや其のレインボー・サファイアなのですね?

いやレインボー・サファイアなるものは此の世には無いのです。

 

ですがまるでレインボーマンのやうな色を其れが纏って居ることだけはまた確かなことでせう。

尚其の臭いカシミール産のサファイア原石を参日間程オレンジ香料入りの界面活性剤に浸け込み其の臭みを和らげたものでした。

 

すると何と着色した其の染料が染み出て來其の洗剤水が眞っ靑に染まりましたのです。

 

すわそんなインチキの石か?

いいえさうでは無くつまりは「エンハンスメント」が為された石なのだ。

 

ですがさう何せやり方が稚拙ですのでまた脱色の方なども容易であった。

でもって石は確かに「コランダム」でありまたそんな香臭いサファイアなのであればまず「カシミール産」とのことで間違い無い。

 

 

嗚呼わたくしは此れ迄にどれ程其の美しい靑い石を夢見て來たことか。

いつかは「カシミール産」のサファイアを得ること。

 

其れだけが望みの全てであり嗚呼まさにわたくしが此の世に生きる目的だった。

…また其れは如何にも大袈裟過ぎる。

 

いやだから其の大袈裟なのが「文學」としての常套手段なのだ。

文學はあくまで大袈裟に語るからこそさう文學足り得るのさ。

 

また其れを懐中電灯の光に翳すとまさに「此の世のものでは無い」やうな輝き方をする。

其の美しさや尋常のものにはまるで非ずして…。

 

さう其れは海の底ともまた蒼穹ともつかぬ靑き骨格を顕わとなす。

兎に角光でもって照らし出し此れ程に美しい石を我は他に知らぬ。

 

カシミール産天然サファイアコランダム 400ctラフカット原石 鑑別書付き-4

でも色付きなのでせう?

いいえ染色の方はほぼ抜きました。ーさう色を抜いても全體の印象はほとんど變化せずー

 

また臭みの方も抜いて居ますがでもまだ何だか臭い。

 

うーん、さうか、もしやソレはアナタの印度趣味に於ける総決算としての石なのでは?

はい、其れもおそらくはさうなりませう。

 

だから印度の山奥でもって出來得れば修行をしたいのと印度的なわちゃわちゃへの愛とカレーへの愛、さらに「カシミール産」のサファイアへの憧れの部分などが微妙に混じり合いかうして此の原石が我が手元へと引き寄せられて來たのだらう。

 

まさに物は情熱ー欲望ーにこそ引き寄せられむしろ向こうからやって來る。

つまりは熱望されるところにこそ寄り沿って來る。

 

カシミール産天然サファイアコランダム 400ctラフカット原石 鑑別書付き-5

 

でもって此の石は五千円以下です。

されど此の石はデカく所謂「握り石」となる大きさを持つ。

 

でもソレは胡散臭い!!!

ですから、前前より御話をして居るやうに石の世界は筆記具の世界程理性的なものではむしろ無くつまりは實に「胡散臭い世界」でのものです。

 

ところが「胡散臭い世界」の石が全部胡散臭いかと言えば其れは必ずしもさうでは無くむしろ半分は「やったー!」と言える程の石ともなる。

事實として今年は其の絶好調なのが続いて居りつまりは昨年末から毎月のやうに四連続にて「引きの強い」ところを見せて居ります。

 

でもってとりあえず其処でのNo.1かNo.2の座を争うのがまさに此の「カシミール産」のサファイアの原石となる。

因みに其の「石灯篭」をした場合に最も美しく光輝くのが此の「カシミール産」のサファイアの原石となる。

 

何せサファイアコランダムであり翡翠などよりもより硬質で透明度が高くある感じでせうか。

故に壱方向から光を通すだけでほぼ八割方光を通す。

 

故に鉱物標本としてはまさに自分に取り壱級品の物となる。

そんな訳で今回はそんな印度の山奥より届いた「最高の靑い石」の話をさせて頂きました。

 

さらに次回予定分はまた其れにも劣らぬことだらう「奇跡の糸魚川産ピンク翡翠」の御話をさせて頂く積もりで居ります。

「有無」判断に於ける哲學的随想ー宗教論を交えたところでの壱つの現象論ー

「有無」判断に於ける哲學的随想ー宗教論を交えたところでの壱つの現象論ー

 

 

 

 

松田聖子が中大法学部の通信課程を卒業…愛娘の急逝経てアラカンで“学び直し”の深謀遠慮 (msn.com)

 

かうして此の人は實は頗る頭が良かったのだった。

 

 

さてつい先程3時間程かけて書き込んだ「哲學的内容」の作文が全部消えて仕舞いました。

其れも非常に良い作文だったのですが残念ながら皆様は其れを読むことが出來ぬ。

 

でもとりあえず自分は読んで居ますので其の内容をカンタンに御浚いすること位は出來る。

 

まずは高IQ者は🐈が好きだとのことがとある記事に書かれて居た。

さらに「不安症」にもなり易いのださうだ。

 

また他者を理解する能力に長け夜更かしをするとのことである。

要するに「気付く力」が並みでは無い。

 

ワタシは正直ほとんどの項目で其れに該当して居ました。

でもワタシの持ち味はむしろ高いIQでは無く「思考力」の方でせう。

 

其れも宗教論などを交えつつ「哲學する」ことが得意ですので其れこそそちらの分野でならば僧侶や司祭様などと法論を戦わせることなども可能なのだらう。

ですので其の部分を絡めつつ所謂哲學上の課題に就きまた長長と論じて居りましたのです。

 

でも其れが突如全部消えましたのです。

 

 

0.此の世は現實か否か

1.「死後」の世界の有無

2.「神」の有無

3.「自由意志」の有無

4.ニンゲンと動物の違い

 

と其処迄書いたところで其の記事をも含めて全部が消えました。

其の消えると云うことは余りにも情けない話です。

 

さて其の「有無」の問題ですが、ワタシの場合は全てを「弐元論」並びに「對極主義」にて考えることにして居る。

まさに其のことが自分に取っての哲學的帰結であり哲學的方法論なのです。

 

つまるところニンゲンに取っての此の世とはそんな「弐項對立」として妄想されるー認識上さう構築されるー世界なのだから。

でもって「有無」の問題は其の全てが、

 

有⇔無

 

の命題へと帰する。

 

ところが「有」と「無」は其れ等単独では「現象」することが無い。

言ってみれば両極があってこそからうじて現象しまた「有」と「無」とに分離される訳だ。

 

故に「有其のもの」と「無其のもの」はそも此の世に無い。

では何が此の世に有るのかと言えば其れは其の分離して捉えるだらうニンゲンの認識上の癖のみだ。

 

ですので0.より3.迄は全て其の論理にて説明することが可能となる。

 

たとえば1.は、

 

生⇔死

 

とのことですがさうして分離し認識する限りは「死」もまた有りませう。

でも「ほんたうの死」が何であるのかはニンゲンの認識にまず捉えられない。

 

「ほんたうの死」やまた「ほんたうの生」やさうしたより本質的な認識領域ではニンゲンの認識はまるで役に立たぬ可能性が高くあるが故に。

其のことをかって哲學者のカントが「物自體」とさう述べて居る。

 

但し佛法ー釈迦自身や禅宗の捉えるところでのーでは其の相對分別認識自體を否定的に扱うが故に「生も死も無い」とのこととならざるを得ない。

要するに其の概念による「区別」をむしろ消し去る訳ですので、

 

5.生も死も無く

6.貴賤も何も無く

7.本來無壱物でもって平等

 

となるのですが其の「平等」とはニンゲンはバカさ加減がむしろ平等との御話のことですね。

ですので釈迦自身や禅宗の場合には「死後」も無く「神」も無く「自由意志」もまた無い。

 

 

と申しますかそも其のやうに分けては考えぬ。

ところがクリスト教やイスラーム教などでは間違い無く「死後」は有る。

 

何故なら其のやうに教義が組んであるからなのだ。

なのでみんなが教會やモスクへと出向き其処にてまさに御釈迦様のやうなことを述べると邪教徒としてまずはソコから追い出されることであらう。

 

まあでもボクならやらんでも無いことなのですが…。

教會やモスクへ御経を持って乗り込み法論をば挑む。

 

あれ何やら恰好が良い。

 

其れと重要なことがあり「浄土教」はむしろ「死後の世界」をほぼ絶對化して居る部分です。

其のことは「浄土教」が純粋な佛法では無くむしろ壱神教に近いものであることを論理的に明らかにして居る。

 

また日蓮宗なども明らかに壱神教的な排他性を根強く持ち合わせて居る。

さらに密教に至ればほぼヒンドゥー教化して居りまあほとんど佛法とは言えぬことなのでせう。

 

ですが自分は不純な佛法をむしろ否定しません。

 

正教⇔邪教

上座部佛教⇔大乗佛教各派

 

何故なら其れ等もまたさう「分離」されて居りますが故に。

まさにソコには「相剋」し且つ「相即」する関係性がしかと認められますが故に。

 

「相互依存関係」

まずは其のことをこそ知って置いて頂きたい。

 

其のことが佛法で説かれるところの「縁起」に於ける極同士の関係性のことなのだ。

例えば、

 

漢⇔👩

 

コレなどは全然違うやうに見えて元は「同じ」である。

其れが分化して🚹と🚺とに分かれる。

 

さう「縁起」するものは其れ自體で完結しない言わば中途半端な不良品ー瑕疵品ーのやうなものであるに過ぎん。

つまりは其れ自體で「完結」することが出來ず「自立」すら出來ぬものとさう相場は決まって居る。

 

「自立」すら出來ぬのだからソコには「自己」も何も無い。

但し其処へ認識上の「眞我」を設定することだけは或は可能なのやもしれぬ。

 

 

神⇔佛

自由意志⇔決定論

 

此れ等の命題もまた同様。

 

「神」も「佛」もまた「絶對」の存在では無いとあくまで自分は考える。

考えるが其れは「信仰」とはまた違う。

 

「信仰」=絶對的⇔「思考」=相對的

 

とならざるを得ぬが故に。

即ち「信仰」と「疑い=観念」の對立もまた此の関係性にこそ帰結する。

 

絶對的価値⇔相對的価値

 

此の価値對立ですらかうして弐元分離する。

故に「絶對的価値」其のものや「相對的価値」其のものはむしろ此の世に存在し得ない。

 

言わば事の「本質」方面での価値對立はかうして自然と「両義的」な方向へと向かわざるを得なくなる。

 

4.ニンゲンと動物の違い

 

ニンゲンとドーブツは果たして本質的に異なるや否や?

 

ニンゲン⇔ドーブツ

 

ニンゲン=本能+理性

ドーブツ=本能

 

だからまずは違う。

 

違うのですが、あくまで多分にニンゲンはドーブツなのでもまたある。

逆に申せばニンゲンはまたすぐにドーブツへと落ちて行く。

 

「酒池肉林」

 

たとえばココへは實に堕ち易い。

またギャンブル、其れも億単位での金を賭けた遊びなどが。

 

だから🗾の希望の星であるアノ大谷君がもしもダメにでもなったらどうするの?

其れも此れも結果として其の賭博が招いた「惡」のことなのではないの?

 

だから漢は普通👩か酒かギャンブルでもって大抵の場合は身を持ち崩すものとさう相場は決まって居るの。

 

兎に角ニンゲンは純粋な「理性體」では無く半分はむしろドーブツなの。

其れも🐈にも🐕にもさらに🐼や🐊や🐍などにもすぐになれるのです。

 

じゃあ👽などにもまたなれるのですか?

残念ながら其れはなれません。

 

ワタシなども實は何遍か本気になり👾化しやうとしたが其のことばかりは流石に無理でした。

 

「ニンゲンもまた所詮はケモノ」

 

まずはさう思って置く方が無難なことであらう。

 

 

0.此の世は現實か否か

 

かう云う部分こそが映画の『マトリックス』などでも描かれる部分なのですが、其のこともまた「弐元論」並びに「對極主義」にて其れに就き考えることが可能となる。

 

現實世界⇔仮想現實世界

 

まずは其れがどちらの極であるかと云うことはむしろ「問題」だとは捉えられぬことです。

つまりどちらにせよ同じやうに「破壊」は生じ其の「破壊」を食い止めるが為には「他方を認める」=「認識上の『愛』に目覚める」以外のことではあり得ない。

 

「破壊」を食い止めるが為にはさう『愛』を重視して行くより他は無し。

例えば「北斗の拳」などでも始終其の『愛』と云う言葉が出て來ますのですが…。

 

其の『愛』とわたくしの語る『愛』とはまた別物となる。

つまるところ『愛』とは其の分離である。

 

さう引き裂かれた認識としてのニンゲンに對する「慈悲」の思いこそが其の『愛』としての核心部なのだ。

またうまいこと佛法とクリスト教の教義とをくっつけて…。

 

あれ見破られましたか?

もう其れを無理やりにくっつけて置いて早く逃げやうとさう思って居たのだがついに正體を見破られたのか!

 

でもってそもドッチなのだ?

此の世はバーチャル世界なのか其れとも非バーチャルの世界なのか?

 

だから其れはドチラでもエエ御話なのだ。

またどちらとも決めかねぬ話と必然としてなる。

 

何故ならそんな極としての要素が自立して居ないのだから。

此の世の全てー現象界の全てーは其のやうにむしろおしなべて非自律的且つ自立的なまるで浮草の如き事象ー現象ーである。

 

つまりは移り變わり行く其の場其の場での刹那の記録ー記憶ーのやうなものであるに過ぎずよってソコには實體は無くまた意味も無く本質的にはまさに「空」なる「無壱物」であるに過ぎん。

また上手いこと「空性」やら「禅」の思想やらとくっつけて。

 

あれヤッパリ其れもまた見透かされて居たの?

じゃあ君に見えないことを言うには果たしてどうしたら良いの?

 

でもそりゃあ無理だぜ。

何せ君は僕で僕は君なんだもの。

 

さうか、さうだったのか。

御前はヤッパリワシの惡の片割れなのだな!!

 

…では無く、むしろ君が僕の片割れでありしかもまさしく「惡」の片割れなのです。

うーん、なんだか何が何だか分からんわい。

 

 

もう御前もろとも滝の上から飛び降りてやらうか。

おいおい、ちょっと待った。

 

何故ならたった今ココに綺麗な石が有る。

ええっ?其れは果たしてどんな石で?

 

コレは遠い印度より我が國に輸入された物凄い石の壱つなのよ。

さても印度の何処から届いたのでせう?

 

そんな遠くの印度のカシミール地方だな。

印度のカシミール地方だって?

 

するとまさか其れは「カシミールサファイア」のことなので?

さうだ、まさに其の「カシミールサファイア」がたった今机上に有る。

 

其れは無いのでは無くちゃんとかうしてたった今ココに有る。

もしや其れもまた「空」なる「無壱物」の壱つなので?

 

まあ本質的にはまさにさうであらう。

だが「本質」と「現象」とはまた常に違う。

 

本質⇔現象

 

其れは互いに無関係では無いがかうして「極」として成り立つだらう何かである。

其の「極」として成り立つだらう何かは「美しいもの」である可能性が半分位は常に有る。

 

美⇔醜

 

まさに其処にて「美」は「醜」と對になることでこそ光輝く。

「醜」はまた「美」により磨かれさらに醜くもならう。

 

「有」とは畢竟さうしたことよ。

其の時初めて「有」は「無」の軛から放たれ己が體に光を纏う。

 

「光あれ」

あら今度は旧約聖書の方ですか?

 

尚クリスト教によれば光とは「神」其のものなんださうです。

であるとすればアノ「大日如來」などもヤッパリ神の化身なのか?

 

とのことで本日壱回目の作文以上に色色と考えを書き込んでみました。

「両義的」に見詰めたところでの『北斗の拳』評ーTVアニメ『北斗の拳1』に於ける「右の思想」より是非學ぶべきことー

「両義的」に見詰めたところでの『北斗の拳』評ーTVアニメ『北斗の拳1』に於ける「右の思想」より是非學ぶべきことー

 

 

 

 

さて本日是非語りたいのがTVアニメの『北斗の拳』のことである。

自分はマンガやアニメの論評もまた好きなので是非其れに就き語りたい。

 

但しマンガやアニメはそれが即「藝術表現」足り得るかと云えば其れはさうでは無く基本的に「藝術作品」よりもよりフィクション性が強いものとならう。

であるからこそかって音樂や繪画などの藝術は学校の教科となってもマンガやアニメはさうならなかったのである。

 

但しすでに時代は移り變わりよってマンガやアニメーションなどの専門の学校や教科などがすでに存在することだらう。

 

でもって現在わたくしはTVアニメの『北斗の拳1』の方をほぼ見終わる頃にさしかかって居る。北斗の拳 (テレビアニメ) - Wikipedia

そも何でさうなったのかと言えば、

 

1.『仮面の忍者「赤影」』を視たく東映ヴィデオチャンネルに入るつもりで居て間違えて東映アニメチャンネルの方に入って仕舞った

2.ところが東映アニメチャンネルの方にも評価は低いが「赤影」シリーズがある

3.其れを視て居た処『北斗の拳』の方も視られることに気付く

4.『北斗の拳』は1の方ダケで100話以上もあるので其れを東映アニメチャンネルに入らずに視ることはほぼ不可能だ

5.丁度良いので急遽『北斗の拳』の方に切り替えて視聴中

6.わたくしがまだ廿代の頃にTVに流れていたアニメとなる

7.当時は其れをヴィデオに録画し塾の方が終わってから視て居た覚えがある

8.当時『北斗の拳』からは案外精神的な意味での影響を受けて居る

 

其れも『ガンダム機動戦士ガンダム - Wikipedia』とはまた違う意味で大きく影響を受けた。

 

9.「右の論理」であり価値観の話

10.世紀末的な「乱世」を統壱へと導く英雄であり豪傑の御話

11.非合理的な誇張が多く要するに「力の論理」での御話

 

故におそらくはPTAや左翼の人人には評判の惡いTVアニメだったことだらう。

 

12.所謂體育會系での価値ヒエラルキーにより雑兵の人権や力の無い庶民の人権はほぼ無視される

13.だが英雄であり且つ豪傑である将達はそもニンゲンの出來が違うので無論のこと優遇されまた場合により「神」や「王」とも崇められる

14.英雄であり且つ豪傑は常に雄雄しくしてさらに👩に優しいー男尊女卑ながら左様に👩に優しくするのがまさに「漢の世界の論理」となるー

 

逆に言えば其れはヘナヘナしたまさに👨👩の如き所謂「中性的」な生き様であってはならずソレ即ち常に「生きること其のもの」に立ち向かいしかも其れを気力及び胆力とさらに「たとえ死んでも👪や組織を守り抜く」とのそんな美しい漢としての生き様でなくてはならないのだ。

 

まあやうするに「右の馬鹿」が嵌まり込んで行き易いそんな「美學」の世界にこそ其れは刺し貫かれても居らう。

 

だが案外其の「ケモノ」的で非理性的な世界がまた面白い。

ソコにはゲージツも何も無く要するに「食うコト」と「👩を奪うコト」さらに「権力を握るコト」の此の単純な闘争世界が展開するのですがさうかと言って其処にデリカシーの如きものが皆無なのでは無くまさに其んな葛藤や逡巡の部分が諸将の苦悩として様様な形にて描かれて行くのだった。

 

 

武論尊 - Wikipedia自衛隊の出身者とのことー

原哲夫 - Wikipedia

 

おそらくは原作者と作画家共に「右の思想」の持ち主なのだらう。

 

15.漢が「困難」に立ち向かうことの重要性

16.漢は「強く」あってこそ「優しく」もなれる点

17.👩は強く優しい漢にこそ惹き付けられる点

 

特に此の参点にいたく感じ入った。

 

 

尚個人的には自分は「中性者」でありそんな『北斗の拳』とは對極の世界を生きる者であらう。

ですが自分は變わって居て實は「両方」がやれるタイプなのだ。

 

なので「自然」を心より愛する平和主義の理性的ニンゲンである反面特に若い頃は意外に喧嘩っ早く實は殴り合いの喧嘩迄生涯に弐度程経験しても居る。

だが其れはグレたりヤクザなのでは無く学校はちゃんと進学校だったのだしなんでさうなって仕舞うのかまるで分からぬ経験だったのだった。

 

其れに意外とパワーがあり昔は兎に角速く強い🚙などが好きだった。

 

ランボルギーニ・カウンタックのデザイナー死去…愛車はスズキの軽自動車「外出するときはこれしか乗らない」の素顔 (msn.com)

 

2003y HUMMER H2! フルカスタム・ハマー!

 

H2(ハマー)の歴代モデル・グレード別カタログ情報|中古車なら【グーネット】 (goo-net.com)

HUMMER JAPAN INC.

 

其の「ハマー」と云うのを最近とある家で實物を観てコレなどが良いかなとさう思いはじめて居る。ー其れもまた所謂「男らしい」🚙だらうー

 

 

18.「性」や「姓ー氏素性ー」が確立されるからこそ良い世界を築ける

19.傑出した将に「力」があってこそ良い世界が築ける

20.さういてこましたれ!

 

結局のところ「右の論理」とはまさにさうした部分より醸成される「世界観」のことだらう。

また其の事は我が國ではかの「戦國時代」での世界観のことなのでもあった。

 

結果『北斗の拳』とはまさにそんな「核戦争」後の「乱世」の様を描き出す未來に於ける戦國時代劇なのである。

故に其れは常に「暴力」や「奪取と搾取」とに彩られるだらうまさに「修羅」の世界を描くものとなる。

 

ところが「資本主義社會」にもまた少し違う意味でのだが本質的には其れとほとんど變わらぬであらう「圧力」や「奪取と搾取」が常に生じて居るものなのだ。

従って此のTVアニメを視るにつけ次第に「身につまされる」気にもまたなるものなのだ。

 

特に90年代以降の我が國に於ける民への圧政や経済的な意味での「奪取と搾取」の様の酷さを観るにつけまるで此の物語が現實の様のやうに感ぜられるが故に「嗤い飛ばして」視るやうなものではまさか無くむしろ「ほんたうの話」として次第に我には感ぜられて來たのだった。

其れは其れは怖ろしい話で…。

 

いや確かに怖ろしい話なのだ。

 

でもって此のTVアニメでは「愛と平和」なるものがまた枢要な作品のテーマともなる。

ところが其の「愛と平和」は例えば左翼のやうに「ヒエラルキーの解體」では實現されぬものともなる。

 

例えば「聖帝サウザー」なるまるでナポレオンかヒトラー並みに強い西洋の拳法家が結果そんな國粋主義のケンシロウに倒される。

「聖帝サウザー」は「愛」を信じないと言うが實は心優しきまた師匠を敬うであらう拳法家なのだった。

 

其のケンシロウは「愛」こそが大事だと言う。

だが其の「愛」はおそらく「👪愛」であり「祖國愛」であり要するに「右の愛」なのだ。

 

逆に「環境への愛」や「地球への愛」を説くのが普通左翼なのであらう。

「聖帝サウザー」はそんな「愛の自己矛盾」のことを知って居るので自己を信じまるで信長公ばりに自力での天下壱統を目指す。

 

或はむしろキリスト教で言う「アガペー」の方を目指したのか?

 

だが「聖帝サウザー」はケンシロウにやっつけられる。

だから此れは「大日本帝國」が未來に於いて復活し地球を征服せんが為の御話なのだらう。

 

 

で、「大日本帝國男児であるならば無論のこと常に雄雄しく敵に體当たりをして👩子供や祖國を守らんが為に散華して行かねばなるまい。

即ち漢は「命を懸け」た上で其れ等の美しき価値を何処までも守って行かねばならぬ。

 

兎に角其処にて語られるのはまさに命を懸けた漢の力にて地球を統壱せんとする其の権力闘争の様其のもののことだ。

が其の闘争の本質的な意義とは「ケモノ性」である。

 

何故なら其の「愛」が「アガペー」に迄昇華されることが決して無いからなのだ。

また「力の論理」による「平和」がほんたうの「平和」に繋がるかどうかに就いてもまた疑問である。

 

例えばかの「大日本帝國」や「ヤクザ」やまた「暴走族」などの方方は普通自らを強くして其の力にて國や組織やまた👩を守るとのことである。

また政治家で言えばかの岸 信介や其の孫のアベなどがまさにそんな考え方であらう。

 

さらに言えば三島 由紀夫氏などが確かにさうなのだらう。

だから三島 由紀夫氏はヘナヘナ左翼の太宰 治などを酷く嫌っても居た。

 

ところが三島 由紀夫氏も元元はヘナヘナ人間でもって虚弱體質ですらあったのだった。

なので彼三島氏はむしろ「ケンシロウ」のやうにならうとしたのだった。

 

さう三島 由紀夫氏が自決したのは「天下」を取らんが為のものであり國を良くせんが為の闘争に負けて死んだ訳なのではまさか無い。

ヘナヘナ左翼はアノ大宰のやうに👩に溺れ且つ其れに頼り仕舞いにはどうにもならんやうになり共に死んで貰うこととなる。

 

其の武士の死と単なる情死はしかしながらおそろしく対照的である。

 

だが「愛」とはそも何であるか?

其の三島 由紀夫氏や「ケンシロウ」の「愛」と例えばジョン・レノンとヨーコ・オノが「愛と平和」を説いた其の「愛」は同じものなのか?

 

わたくしには其の「愛」は違うものなのだとさう感じられてならん。

またわたくしの説く「愛」とはジョン・レノンとヨーコ・オノが「愛と平和」を説いた其の「愛」と似ているのではなからうか。

 

何故ならジョン・レノンとヨーコ・オノが「愛と平和」を説いた其の「愛」とはむしろ精神的な意味での「革命」のことでありよって其れは「祖國愛」でも「力の論理」でも無く要はソコに資本主義による「資本の論理」やまた「神」による「愛の秩序」が認められるものでは無いのである。

 

左様にジョン・レノンとヨーコ・オノは「信仰」を持って居なかった可能性が高くある。

がわたくしの場合は其の「信仰」をも半分は認めるので本質的には其れともまた違う「愛と平和」だと云うこととなる。

 

わたくしにとっての「愛」とは本質的に「ヒエラルキー秩序」の解體のことであるが例えば佛教は明らかに其の「ヒエラルキー秩序」を解體して居りさらにクリスト教もまた原理的に捉える限りはむしろ「ヒエラルキー秩序」の解體をこそ行って居る。

 

但しイエス・クリストの後にむしろ其の「ヒエラルキー秩序」が堅固に築かれて行ったことは皮肉な話となるのだが。

 

 

「愛と平和」

 

でもソレは佛陀の教説とはまるで関係の無い概念ですね?

さうですね。

 

そも愛とは、

 

愛⇔憎しみ

愛⇔戦争ー闘争ー

 

との弐元的對立世界に於ける相剋し且つ相即するだらう関係性のことなのだから。

 

つまりは純粋な愛=愛其のものや純粋な平和=平和其のものと云う概念がそも成立し難い。

故に佛陀の教説の場合は其の「分離としての概念」其のものを放棄して行く訳だ。

 

また其のことをクリスト教の教義としてよりカンタンに述べれば「敵」ー對立概念ーをあえて愛さないと「神なる認識」は實現されぬとのこととなる。

 

でもケンシロウは其のどちらもして居ないことでせう。

じゃあヤッパリケンシロウはあくまで右翼大日本帝國型での要するにアベ型での「救世主」となるのですね?

 

どだい🗾人のケンシロウがまたなんでイエス様のやうに「救世主」になどなれますか?

さうだなあ、確かに其の点はオカシイ。

 

いやマンガとかアニメなんて所詮はそんなもんですよ。

要するに其れは原作者や作画者の「思想」が色濃く反映されるものですので余りソコにベッタリと貼り付くべきではありません。

 

じゃあ「ガンダム」が命でもって「ボクは今行きまーす!」などと考えて居る還暦世代は皆バカだと云うことなのですか?

だって「行きまーす!」と言っても果たしてドコへ行くのですか?

 

まさか「ガンダム」のやうに宇宙戦を展開する訳では無くあくまで此の地球上でイクのでせう。

さうした意味ではアノ「グレタさん」の方が遥かに大人でせう。

 

じゃあ「ケンシロウ」も「アムロ」ももうアホ其のものではないですか!

いや其処迄は流石のわたくしも言っては居ませんのです。

 

まあマンガなんて元元アホですから、アノ「マジンガーZ」にせよ「宇宙戦艦ヤマト」にせよ皆さうだらう。

でもアナタ、よりによりそんなイヤらしい見方でもって其の『北斗の拳1』を通して視たのですか?

 

だって自分は曲りなりにも文人ですもの。

だから其のものの見方がみんなとは違うのはむしろ当たり前のことですよ。

 

あー「ヒエラルキー」をさうして創った。

いやことゲージツに関しては其の「ヒエラルキー」が其れもしかと有る。

 

 

尚わたくしが今感ずる『北斗の拳』での良いところとは、

 

21.漢の頑張りー踏ん張りー

22.生きんが為の本能的充實

23.諄いばかりでの性欲

 

ズバリ此の参点です。

 

では何故👨は頑張らねばならぬのか?

其れは生物学的に男性は女性よりも弱く要するに死に易くも出來て居る。

 

逆に殺しても死なんのが此の世に溢れる👩共です。

 

でもってむしろほぼ全ての👩共の方が生命力が強いこととなる。

だから元元生命力に乏しい👨はむしろなるべく雄雄しく生きた方が良いこととなる。

 

要するに其の生命としての本質的な強弱の部分が男性と女性とではまるで異なる。

ですので其の部分に限り「右の思想」が語る部分には整合性が取れて居るのだと言える。

 

じゃあ「男尊女卑」の方が良い、また「良妻賢母」である方がより良いのですか?

まあ其の通りです。

 

其の意味では所謂左翼的な「男女同権、男女平等」での思想はまさに其の点を鑑みぬバランスの惡い考え方だらう。

ですので所謂「イデオロギー」に固執すればする程にまたそんな間違いのやうな部分が生じて仕舞うことだらう。

 

 

ではアナタもまた頑張るのか?

文明から「逃げたい」ばかりのそんなアナタが…。

 

いえ元來男性型の生命には壱つの「使命」であり「宿命」があり其れは己が命を充實させて生きんが為に常に「頑張る」ことだ。

エエッ?

 

よりによりそんな「ヤル気無し」のアナタがそんなことを言う?

いやどうのかうのでは無く男性型の生命は常に「ヤルしか無い」のです。

 

何故なら「ヤラ無い」と落ちるダケなのですから…。

 

例えば作品中にケンシロウの属す北斗勢と對になる南斗勢の将としての「ジュウザ」なる人物が描かれる。

彼は美男でもって👩たらしの享樂主義者であり基本的に「仕事」には興味が無くいつも草笛を吹きつつ雲を眺める。

 

まさに彼は「詩人」であり「戦闘には向かぬゲージツ者であり且つ隠者」なのだ。

だが同時に彼は「運命」としての南斗の役目を担っても居る。

 

故に拳法の上での鍛錬は欠かさずよってそんな彼は「弱い」👨なのでは無い。

最終的に彼は北斗最強の将である「ラオウ」と戦うこととなり其処にて命を落とす。

 

其のことはまさに「ヤルしかないのが漢だ」とのことを物語る部分でなくて何であらう?

 

そんな「戦うこと」こそが漢の甲斐性なのか。

まさにそんなことを言って居るやうで居て此の21世紀での感覚からすれば其れが「粗暴」ですらある。

 

ところが何の為に戦うのかと言えば其れは「己の命を救うが為に」戦うとの我が発想とはまた異なりあくまで南斗の最後の将である「ユリア」と云う👩の為に戦うのだ。

だからまずはソコが完全に「右派としての防衛の思想」其のものとなる。

 

右派は兎に角👩や子供を守りついでに天皇制や諸諸の組織やらを死守しやうとしたがる。

あくまで理屈の上ではさうなるのだが實は其の考えには基本的に矛盾が潜む。

 

だが右派はまずソレ以上のことは普通考えない。

 

即ちたとえ「特攻」してでも其れ等を守らうとするのである。

だから其れはワタシの考えとは基本的に違うがワタシの場合もまた個としての自分を救わんが為に同様に「ラオウ」と戦うであらうとさう結論せざるを得ぬ。

 

もしやそんなアナタと「ラオウ」が戦う?

さうだ、我にもまた秘儀がある。

 

其れは秘儀「観念捻じ込み」と云う技でとどのつまりは「次から次へと哲學上の難題をふっかける」との精神技のことです。

もしや其れでもってアノ「ラオウ」に勝つ?

 

さう勝つ。

またたとえケンシロウであれ決して負けやせん。

 

そんな訳でマンガやアニメとはそもフィクション性の強いものであり其れに浸り切ることはむしろ御勧め出來ないが事實上ソコにはむしろ「藝術表現」にはやれぬことであらう現實的な意味での「教訓」の如きものが含まれて居るやうに思えてならない。

 

また左翼の人人は此の『北斗の拳』に相当な違和感を抱くことでせう。

何故なら「暴力」や「奴隷制」や「女、子供に對する差別意識」が満載の此の御話には我慢がならなくなることだらうから。

 

でも個人的に我は両方イケるのでさほどソレが気にならない。

 

 

また面白いのが此の物語には例えば「村の長老」として良くジジイが出て來て其のジジイが惡漢である兵隊達に決まって何か文句を言うのです。

すると何せ足腰の弱った耄碌ジジイですのでほとんど壱撃でもって彼等ジジイは殺されて仕舞います。

 

其れも今なら物凄い問題となる話でせう。

また其のこともババアはやらんでも良いのですがジジイには其の村の長としての役割があるので「やらないかん」こととなるのです。

 

故に個人的には其の耄碌ジジイ達が壱番可哀想に思えましたものです。

かうして男性に對しては「やらないかん」ことが多い右の思想ですがまあ確かに「ヒエラルキー秩序」ダケはキッチリ守られて行くのやもしれん。

 

逆に申せば近代人権思想を振り翳す左翼思想にはむしろ其の「ヒエラルキー秩序」を解體して行くであらう役割こそがある。

だが其れはどちらが正しいと云う観点にては見詰められぬものともならう。

 

さて「思想」の全てはさう壱義的に「正義」とはならぬ性質を抱えて居ざるを得ない。

故に常に「両義的」に其れを見詰め且つどちらからでも學べるやうにして置かねばなりません。

ー極論を言えば「両義的」な価値判断がやれぬ故に概念對立へと陥り「平和」であることが壊れやがては「戦争」や「紛争」に至るものと文明に於ける相場はさう決まって居る。ー

宮澤 賢治の宗教観及び藝術観とまた自分の食欲とー其の「銀河を包む透明な意志」とは?ー

宮澤 賢治の宗教観及び藝術観とまた自分の食欲とー其の「銀河を包む透明な意志」とは?ー

 

 

 

 

 

寒い。

さうして「うどん」や「そば」が兎に角美味い。

 

明星 すうどんでっせ | 明星食品 (myojofoods.co.jp)

明星 かけそばでっせ | 明星食品 (myojofoods.co.jp)

 

安い。ースギ薬局では共に98円となるー

さうしてツユの方も兎に角美味い。

 

だがソコに是非「小松菜」を入れてみやう。

「小松菜」弐束を料理挟にて切り刻み其れを具として其の侭にぶちまける。

 

ソコへ熱湯を注ぐ。

五分程待つ間に小便と🐈のエサやりとを済まして置く。

 

そろそろ頃合いか?

おおとても良く出來ておる。

 

だがインスタント物は兎に角壱度湯がくべし。

 

さうすると丁度美味い具合に小松菜が茹で上がりやわらかくなる。

 

では食してみやう。

うまい!!

 

うまいうまいうまいうまいうまい!!!

 

無論のこと「七味唐辛子」もすでにかけてある。

 

兎に角寒いので突如本を読む。

其れも丁度先日の続きで「宮澤 賢治」のところを読んでみた。

 

其の「宮澤 賢治」は矢張りと云うべきかまた相当な「自閉症スペクトラム障害」者であらう。

だが無論のこと農学校の先生なので頗る頭が良い。

 

其の彼「宮澤 賢治」のことはかって参拾代の頃に熱心に研究した。

其れもほぼ學者並みに作品を読み込み兎に角あらゆる論評などもまた読んでみた。

 

其の結果彼が相当な變わり者であったことが明白となった。

だが其の「變」なのは常識的な尺度からすればさうならざるを得ぬとのことでしかない。

 

「宮澤 賢治」は所謂「自閉症スペクトラム障害」者の中でもまた自分のタイプに近いのではないかとさう感じられても居る。

自閉症スペクトラム障害」者には「性的な放逸さ」と「性的な潔癖さ」の部分が同居するのださうですが賢治や我はあくまで後者のタイプである。

 

だが我は「中性的」な人間であるつまりは両性具有的だとさう述べて居るのですが賢治の場合は必ずしもさうではなかったのやもしれぬ。

 

其れと彼賢治にはあり他方で自分には無い経験となるのが所謂「幻視や幻聴」の類のことだ。

兎に角ワタシは別に變なモノは見ないしまた金輪際聞こえても來ぬ。

 

變なモノを見てたった今宇宙人に攫われ人體實験にかけられたなどとさう云うことを思うことはあってもまず其れが無い。

また宝籤はほぼ絶對に当たらぬことなども良く良く分かって居る。

 

ワタシは案外「現實派」なのであり別に「妄想」の中を常に生きて居るタイプのニンゲンには非ず。

だが現實として彼賢治にはさうしたものが常に見えて居たのださうだ。

 

またつまりは其処が彼の「天才」としての証拠の部分だったことだらう。

ワタシはむしろ其の部分が弱いから其の「天才性」の部分もまた弱くしか出せずつまりは其れが半分位しかないのであらう。

 

さて本を読んで居て可成に気になる部分がまたあった。

其れは「宮澤 賢治」が「理想」=「思想」に生きた人であった部分である。

 

さう彼「宮澤 賢治」はむしろ大層「思想的」なニンゲンだった。

特に「宗教的自我」の部分や「社會主義思想」などにも大きく影響を受けた人である。

 

彼はかって「羅須地人協會羅須地人協会 - Wikipedia」なるものを設立し其処にて「農民」としての樂園を築かうとしたがすぐに其の試みは頓挫した。

其れも教師を辞めてからそちらの方向へと進んで行くのである。

 

其れは教師を続けて居ても「此の世の中が根本的には何も變わらぬ」ことにおそらくは嫌気がさしむしろ行動の方へと走ったからのことではなかったか。

此の「社會」こそがむしろ壱番厄介で要するに其の侭にして置けば「搾取」にて腐って行くのであるしさりとて「革命」するにしても此処🗾では其の實はずっと「封建體制」なので「革命」も何も無く「革命」其のものがまるで犯罪のことでもあるかのやうに扱われる始末である。

 

まあ確かにかっての極左テロリズムなどは怖かった。

其れも何時何処で爆弾が炸裂するものか分からぬので其れは怖いでせう。

 

「絶望」

うん、確かにそんな「絶望」的状況にも陥る。

 

もう滝の上からでも飛び降りたい。

おい待て、ココに美味しい素うどんが有るよ。

 

えっ?

今なんと仰りましたか?

 

だから小松菜入りの美味い饂飩が有るよ。

さうかでは其れを食ってから飛び降りやう。

 

ところが饂飩を食った後には食後のデザートなどもまた是非食いたくなるものなのだ。

左様にニンゲンに取り自決を踏み止めさせるものとは畢竟其の「欲望」のことなのだ。

 

其のデザートとは何か?

スギ薬局のチョコバナナロール。

 

うわあまた贅沢な…。

 

まさに其れが半年に壱度位しか買わぬモノだ。

はい、コレが其のチョコバナナロールだ。

 

では早速其れを食ってみやう。

うん、美味かったが最近はもう何でも良くなって來たぞ。

 

例えばローソンのレジの横に置いてある「どら焼き」やファミリーマートのレジの横に置いてある「ヨモギ饅頭」でもう充分ともなりつつもある。

さうか甘味はもう何でも良くなったんだ、其れはまた目出度い話ですな。

 

 

さうして彼「宮沢賢治 - Wikipedia」は「国柱会 - Wikipedia」に入り右翼的な「純正日蓮主義」の活動家となる。

つまりは其れが法華系での原理主義団體であり故に賢治の作品に込められるのがまず其の「法華的世界観」の成就でありまたつまりは其れの「広宣流布」のことであった。

 

尚本の方にはまるでそんなことは書かれて居ない。

左様にまずは彼「宮澤 賢治」がむしろ非常に「宗教的」なニンゲンであったことこそが彼の文學を根本より解く鍵となる。

 

ところが文藝評論家や大學の先生は壱般に其の「宗教」のことには疎くよってわたくしはむしろ其の点からこそ「宮澤 賢治」の文學世界を語って行きたいのである。ー何せかうして宗教には元元強いのでー

さて「宮澤 賢治」の家の方はあくまで「浄土眞宗」の家で彼賢治もまたそちらの方での壱佛教徒であった訳である。

 

宮沢賢治(みやざわけんじ) | 田中智学先生に影響を受けた人々 | 宗教法人 国柱会 (kokuchukai.or.jp)

賢治と仏教|花巻市 (city.hanamaki.iwate.jp)

 

ところが其の「田中 智学」なる人物の宗教思想に心酔し其の日蓮系の原理主義団體の方に入ることとなる。

また實はわたくしもまたさうなのである。

 

わたくしもかっては宗教団體は違えど其の「法華経」をこそ信じて居たのであった。

だが今はどちらかと言えば「法華経」はヤバいとさう考えつつもある。

 

また左翼の部分がぶり返し「法華経」どころか「革命」だ、其れも何革命でも良いから兎に角今此の國に壱番大事なのはむしろ「自立的反抗」だとさう思い込むに及ぶのだった。

さう賢治さんと似たやうなもので「思想」の方が案外過激だ。

 

だが別に日蓮系の原理主義団體を「否定」する訳なのでは無い。

何故ならワタシはたとえ「邪教」でもニンゲンが幸せとなれる可能性は常に有るとさう考える故に。

 

邪教」と言えば其れこそ厳密に言えば釈迦の直接の教え以外はみな「外道」であり同時に「邪教」となる。

但し「禅宗」ダケは御釈迦様の教えを重視するので「邪教」とはなりにくい。

 

でも「邪教」となる可能性がまた無いでも無い。

宗教なんぞそもまあそんなもんだ。

 

ところが、である。

ところが彼賢治は同時に「社會主義的」な世界観の持ち主でもまたあった訳です。

 

ジョン・ラスキン - Wikipedia

ウィリアム・モリス - Wikipedia

 

ソレ即ち此れ等の社會主義者に大きく影響を受けて居たやうだ。

またわたくしなども特に其のモリスの方が大好き♡です。

 

其のモリスの美的センスが此の世界を覆えばニンゲンのケモノ性の部分が放逐され其れこそゲージツ的な価値観が其処に醸成され少なくともより上品で且つ平和な世界が實現する筈だ、などとも此処拾年ばかりはまた時折思う。

 

では其の賢治に於ける「右」と「左」の思想の分裂とは壱體何なのか?との御話とならう。

またわたくしの場合などもかうして「愛」を説きますのに「佛教徒です」とさう申して憚らぬ訳だ。

 

だから何ですか、そも其の概念に於ける分裂は。

でもって其の答えは「宮澤 賢治」もまた「わたくし」も基本的に「分裂気質者」だとのことではないか。

 

さて「宮澤 賢治」の場合病跡学の方では「躁鬱気質」だなどともされて居りますが其の變なモノが見える部分やさうした意味での思想的な意味での整合性の無さと云う観点から鑑みれば彼は明らかに「分裂気質者」でせう。

 

 

でありますので其れは多分頭が良過ぎてさうなるのでせう。

いや心の底より困ったな、またそんなに頭が良く生まれて仕舞い。

 

「天才とキチ外は紙壱重」

ソコに其の紙を是非挟んで置きたいものです。

 

また出來得れば紙を弐重にして挟み込む。

そんなキチ外の方へとまさか心が落ちて行かないやうに。

 

 

ところで今日は気候がまさに其のキチ外の如くに荒れ狂って居る。

つまりは暴風が吹きすさぶそんな壱日である。

 

尚彼「宮澤 賢治」は大天才ですのでたったの37歳で死んで居ります。

自分はどんなに良く見積もっても半天才ですのでもうすぐ65歳にもなる。

 

そんな長生きのゲージツ家はそも居ないことでせう。

だから自分には「ウソゲージツ」をやる位がむしろ見合って居るのです。

 

また宗教の方にせよワタシが説く説はなんかウソっぽい。

ですが其の「食い気」ばかりは本物です。

 

つまりは「思想」よりもまた「宗教」よりもより「具體的」な話なのです。

其れもまた全てがさう。

 

 

彼「宮澤 賢治」には「教師」であることが合って居たものと思われます。

「教師」として生きれば彼はおそらくもっとずっと長生きが出來たことでせう。

 

多分還暦位まではイケたのではなかったか。

ですが🗾の封建的な「農村社會」に絶望した彼はさう法華的な世界観の方をこそ選んだ。

 

なのではあれまさに其のことにより「宮澤 賢治」の文學世界は🌸開いたのです。

ところで晩年病を得て其れと闘った彼はむしろ其れ迄の生き方を悔いて居ましたものです。

 

つまりは「教師」以降でのそんな生き方を悔いて居たのだった。

 

まあワタシも「コレクター」をやったのは果たしてどうだったか?とさう思わないでもありません。

そんな「コレクター」などやらずにもっとマジメに「塾の先生」をやって居れば今頃は有名講師としてTVにも出てガッポリと稼いで居たのではないか。ー其れもアノ林みたいになってー

 

でも其の御陰で石とペンの「コレクション」がかうして曲りなりにも完成致しましたのです。

 

さて参拾代の頃自分は新修版の「宮澤 賢治全集」を手に入れ其れを読み込むと共に主に其の文語詩編の方を独自に研究して居りましたものでした。

 

宮沢賢治 農民芸術概論綱要 (aozora.gr.jp)

 

ですが何故か最近はこちらの方ばかりを繰り返し読むやうになった。

 

 

農民芸術の産者

……われらのなかで芸術家とはどういふことを意味するか……

 

職業芸術家は一度亡びねばならぬ
誰人もみな芸術家たる感受をなせ
個性の優れる方面に於て各々止むなき表現をなせ
然もめいめいそのときどきの芸術家である
創作自ら湧き起り止むなきときは行為は自づと集中される
そのとき恐らく人々はその生活を保証するだらう
創作止めば彼はふたたび土に起つ
ここには多くの解放された天才がある
個性の異る幾億の天才も併び立つべく斯て地面も天となる

 

 

宮沢賢治 農民芸術概論綱要 (aozora.gr.jp)より

 

若き日の賢治は「農民」の生活と「藝術」とを融合させたかったことでせう。

ところが現實の農民は「藝術」どころでは無く米の不作や東北の寒冷な気候との現實的な闘いの場にこそ立って居た。

 

そんな水吞み百姓に「藝術」をやる余裕などはそも無い。

また結局賢治の實家は裕福ですので結果として賢治は教師として得た給料をレコードや浮世絵などのコレクションに充てて居たとされる。ーつまりはそんなコレクターだったらしいー

 

でありますから兎に角彼は「恵まれた立場」に立つ御坊っちゃんでしか無かった。

坊っちゃんだからそんな「コレクター」がまたやれるのであり其のことはむしろ「社會主義思想」とは矛盾することでもまたある。

 

其の「御坊っちゃん」の戯言がまさに其の「農民藝術概要」ですが其れを読むと其処には物凄い「理想論」としての痕跡こそが読み解ける。

其の「灰色の勞働」から農民を開放したいとのそんな利他の精神の航跡が其処にこそありありと見える。

 

例え其の「理想論」が「教師」としての自分の延長線上のものであるにせよさうして彼賢治は其れを語って憚らぬ。

其の「若さゆえの改革のエネルギーの奔流」の如きものをたった今自分は此処に読み込まずには居られない。

 

また「幾億の天才」も併び立てとさう述べて居ります。

まあ今ならさしずめ「自閉症スペクトラム障害者」としての「天才」よ並び立て!とのことでせうか。

 

はい、さう仰る通りに立ちまーす。

 

しっかし此の世の中は變わらないものでせう?

其の大正~昭和初期の時代の苦しみがたった今どんだけ良くなったのか?

 

相變わらず政治は汚ねえのですしつまりはそんな惡代官が壱杯でしかもソイツらの首を切ることが極めて難しいことと來てる。

 

 

農民芸術の綜合

……おお朋だちよ いっしょに正しい力を併せ われらのすべての田園とわれらのすべての生活を一つの巨きな第四次元の芸術に創りあげようでないか……

 

まづもろともにかがやく宇宙の微塵となりて無方の空にちらばらう
しかもわれらは各々感じ 各別各異に生きてゐる
ここは銀河の空間の太陽日本 陸中国の野原である
青い松並 萱の花 古いみちのくの断片を保て
『つめくさ灯ともす宵のひろば たがひのラルゴをうたひかはし
雲をもどよもし夜風にわすれて とりいれまぢかに歳よ熟れぬ』
詞は詩であり 動作は舞踊 音は天楽 四方はかがやく風景画
われらに理解ある観衆があり われらにひとりの恋人がある
巨きな人生劇場は時間の軸を移動して不滅の四次の芸術をなす
おお朋だちよ 君は行くべく やがてはすべて行くであらう

 

 

宮沢賢治 農民芸術概論綱要 (aozora.gr.jp)より

 

おお友よジミントーを早う潰して其のゲージツをこそたった今やらうではないか!

 

いやまずは其の前にエッセンシャル・ワークに於ける賃上げこそが必要なのだ。

嗚呼まさしく此処は銀河の太陽🗾、陸続きでの野原である。

 

其の美しい國土に潜む惡の組織ジミントー。

 

まずもろともに輝く宇宙の微塵となりて無方の空に散らばるのだ!

でもってまずはみんながさうして此の地球上に散らばるのだ!

 

するとソコに我等に理解ある観衆が有り我等に壱人の戀人が有る。

故に巨きな人生劇場は時間の軸を移動して不滅の四次の藝術を為す。

 

 

結論

……われらに要るものは銀河を包む透明な意志 巨きな力と熱である……

 

われらの前途は輝きながら嶮峻である
嶮峻のその度ごとに四次芸術は巨大と深さとを加へる
詩人は苦痛をも享楽する
永久の未完成これ完成である

理解を了へばわれらは斯る論をも棄つる
畢竟ここには宮沢賢治一九二六年のその考があるのみである

 

 

宮沢賢治 農民芸術概論綱要 (aozora.gr.jp)より

 

確かに我等の前途はキビシい。

我等の前途はすでに眞っ暗暗の暗だ。

 

其れもまたジミントーが築き上げし暗ーい未來の様となる。

だが詩人は「苦痛」をも「享樂」する。

 

なんだソレもしや變態か?

いえおそらくは「両面」をイケるとのことでせう。

 

永久の未完成コレ完成でアル。

うわああー、また凄い御言葉で…。

 

 

……われらに要るものは銀河を包む透明な意志 巨きな力と熱である……

 

宮沢賢治 農民芸術概論綱要 (aozora.gr.jp)より

 

…なる程。

嗚呼まさにそんな巨きな力と熱、なのか。

 

確かにさうだ、我我🗾國民はアノジミントーの御陰で不幸のドン底に居ざるを得ぬ。

其のジミントーを粉砕したった今我我をしてゲージツへと導くのは誰あらう、おおまさに其の「銀河を包む透明な意志」でなくて何であらう?